久が原 居食屋「23(ふみ)」

居酒屋探偵DAITENの生活 第421回 2011年5月4日(水) 【地域別】  【時間順】




 久が原 居食屋「23(ふみ)」


 久が原居食屋23外観

 
   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。

   電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←居酒屋短編小説を発表中(無料)。「新岳大典」で検索。



 十数年前のことである。蒲田から田園調布までをつなぐ東急バス「蒲12系統」のバスに乗った。バスは、蒲田を出て多摩堤通りから環状八号線に出て、さらに国道1号(第二京浜)へと入り、池上警察前を通ってから左斜めに入って行く。そのまっすぐの通りを走ってから道は左に曲がり、坂を上がって行く。それからバスは狭い道で右、左、右と巧みなハンドルさばきで住宅街の中を進む。そして、「道々橋八幡神社」というバス停でバスは止まる。「道々橋八幡神社」はすぐ目の前である。

 バスの中からいつも古びた赤提灯が見えた。当時、こちらのお店は「久が原苑」という焼肉専門店であった。一度はバスから降りて入ってみたいと思い続けていた。

 それから、2009年12月9日に放送された所ジョージが司会をしているテレビ番組「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」の中の【東京23区半径300メートルの旅】で紹介され、ますます行ってみたい思うようになった。(写真)

 久が原居食屋23表彰状 ← お店の外に貼ってあった番組からの表彰状

 表題に「久が原」と書いた通り、東急池上線の久が原駅から歩くと徒歩15分ほどである。
 
 三連休の真ん中の水曜日、近くに用事があった為、この前を通りかかった。
 
 現在は、「久が原苑」という名前は使われておらず、居食屋「23」としてリニューアルしていた。「23」と書いて「ふみ」と読むそうである。

 思い切って中に入ってみた。
 入ると店内は思いの外広かった。手前から奥に向けて長く、そこに四人掛テーブル席が二つ。右手には広い座敷がある。四人座卓が三つと五人座卓が一つ。その中央辺りの座卓2つをつないで、おじいちゃん、おばあちゃん、お子さんたちと孫といった雰囲気で8人家族の方々が食事をされていた。常連の方々のようである。

 左手には二人がやっと向かい合って座ることの出来る幅の狭い小上がり。その手前に巨大なテレビが置かれていた。ずっと奥の方が調理場になっている。その手前には帳場になっているテーブルが一つ置かれ、余裕のある配置となっていた。

 まずは、マッコリ(400円)をお願いする。

 「生と梨とあるんですけど、今日は梨しか無いんですよ」とのこと。それをお願いする。マッコリは1リットル壺の場合は1500円である。

 マッコリのグラスが運ばれ、目の前の焼肉ロースターに火が入れられる。
 一口、マッコリを飲んでからメニューを眺めた。たしかに、ポテトフライなど居酒屋メニューもあるけれど、やはり焼肉店としてのメニューが中心であった。ホルモン(900円)ときゅうりのチョレギ(350円)を頼む。

 チョレギがやってくる、チョレギとは「ちぎった野菜のサラダ」とのこと。辛いタレがうまい。
 ここで、ホルモンを焼き始めた。煙と香りが店の中に広がってゆく。

 家族連れの皆さんはどんどん頼む、そして、どんどん食べる。子供や若い人たちの食欲は旺盛である。そして、食べ終わると、小さな子供達は遊びたくなってしまう。そういうものである。

 マッコリの次には、瓶ビール大瓶(600円)。銘柄はアサヒスーパードライである。

 焼肉の2品目はぼんじり(650円)を頼む。一つ一つ、眺めながらじっくりと焼く。焼肉は独りが一番かもしれない。優秀な焼き手が一緒なら別だけれど、素人集団では話に気を取られて焼きすぎ、真っ黒にしてしまうからである。

 結果的に「独り焼肉」となった。独りで焼肉を食べたのは何十年ぶりかもしれない。珍しいことである。

 午後5時30分から6時30分まで1時間ほどの滞在。支払った金額は2900円であった。

 外へ出ると、すっかり暗くなっていた。住宅街の中のバス通りに立つ。近くに店は他にまったくない。バスではなく、歩いて帰ることにした。カロリー消費である。



久が原 居食屋「23(ふみ)」
住所 東京都大田区久が原1-6-21 道々橋八幡神社前
電話 03-3753-8022
営業時間 ? 
定休日 ?
交通 東急バス「蒲12」系統の道々橋八幡前バス停下車徒歩5秒。東急池上線久が原駅下車徒歩15分。

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」
 

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

久が原「やきとり・城」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第48回 2007年10月30日(火) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】



久が原「やきとり・城」

    久が原城外観


    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→

 妙に暖かい神無月も終わりに近づいた火曜日である。【2年かがりの「愛と偶然の戯れ」ワークショップ】も佳境に入ってきた。11月19日には両国の劇場、シアターΧで発表会を行うことになっている。今日のワークショップが終わった後、東急池上線の久が原駅の改札口でSAKURAと待ち合わせをした。

 東急池上線の駅は、踏切を挟んで上りと下り別々の改札があり、それぞれのホームから乗車するようになっている、そんな昔ながらのスタイルの駅が多い。戸越銀座、旗の台、石川台、御嶽山、久が原、千鳥町、蓮沼の7駅がそうなっている。
 久が原駅に到着したのは、午後7時少し前であった。SAKURAが来る前に、目的の店を確認することにする。蒲田方面の下り改札口で降りると、踏切を渡り、五反田方面の上り改札口側に行く。踏切を渡ってそのまま直進すれば商店街が続いている。

 五反田方面の改札口の向こう側に線路と平行に通っている道がある。左に曲がり、その道に入って蒲田方面に戻るように歩いてゆくと、左側に書店がある。その書店の向こう隣に今日の目的の店、「やきとり・城」の看板が見えた。白い提灯に明かりが点り、「城」の文字がまず目に入る。かけられた暖簾も白く、「城」の一文字が潔い。店の前には自転車が並んでいた。しばらくして、四人組のお客さんたちが店から出てきた。そのうちの二人が自転車に乗って帰ってゆく。地元在住の常連客も多いようである。

 さきほどの踏切まで戻り、五反田方面の改札の前に立ち、上り方面に顔を向けると、線路沿いに古びた赤提灯が見えた。以前に情報を得ていた店である。前まで行ってみた。ホッピーの提灯もある。次回、行ってみたい店がまた増えた。

 蒲田方面の改札に戻ると、最初に来た電車にSAKURAが乗っていた。さっそく二人で「やきとり・城」へ向かう。渋い外観に期待が高まる。中に入ると、最初に目につくのは右手奥にあるL字カウンターである。手前に横に3人、奥に向けて縦に5人が座ることが出来る。カウンター奥に男性二人、女性一人の先客がいた。
 入口を入って右手に二人席が1つ、その向こう、カウンターとの間に四人席が1つある。左側には四人掛けのテーブルが2つある。そして、カウンターの中にマスターらしき男性一人。

 奥から出てきた女性に「二人です」と告げると、左手奥側の四人席に座った。店内には何故かオールド・ポップスが静かに流れている。店の造りからすると、以前は演歌がかかっていたに違いない。そういえば、自由が丘の「かとりや」にもオールドポップスがかかっていた。今時の居酒屋で酒をのむ世代は、演歌よりもオールド・ポップスを好む世代になって来たのかもしれない。

 最初に頼んだ飲み物は二人ともレモンサワー(三八〇円)である。実は、SAKURAは恵比寿でビール1杯とワインをやってきたそうである。ゆえに、最初のビールは省略である。
 事前の情報を得ていた評判のつまみ二つを頼む。一つはゴーヤチャンプル(五〇〇円)。もう一つは牛モツ煮込み(四五〇円)である。
 レモンサワーが出てくるのに少し時間がかかった。しかし、出てきたサワーを一口飲んで納得した。手間がかかっている。レモンがたくさん入っており、とても酸っぱく、うまい。
 次にお通しが二つやってきた。女将さんらしい女性が「昆布お嫌いじゃないですか?」と聞いてくれる。「大好きです」と思わず答えた。実際食べてみると、これがうまい。
 SAKURAが「おいしいねえ」と言う。お通しがうまい店は信用できる。

 SAKURAが恵比寿で買ってきたハロウィン用のプラスチックの小さなカボチャをテーブルの上に出した。目鼻をしめす切り込みがあり、中で豆電球が点灯するようになっている。
 やきとり屋さんのテープルにハロウィンのカボチャ。ミスマッチである。実は芝居の稽古に使う小道具なのである。

 そこへ、牛モツ煮込みがやってきた。食べてみる。少し甘口であるが、モツが柔らかく煮えていて、これがうまい。
 「汁を全部飲んでしまいたくなる煮込みって初めてだわ」とSAKURAが言う。同感である。さらにやってきたのは、この店の名物料理であるという「ゴーヤチャンプル」である。マスターは沖縄県名護市出身らしい。ゴーヤと卵に、何か別の肉類でごまかすのではなく、ちゃんと「スパム」が入っている。スパムの塩分がきいていて、酒がすすむ。値段も500円と安い。最近、あちらこちらに増えている沖縄料理の店は、どうも高い値段設定の店が多い。そんな沖縄料理店よりも、ここのゴーヤチャンプルはうまいと思った。
 
 さて、ここで焼き物を頼む。女将さんに聞くと、1本づつ頼んでよいという。【2本縛り】がないのである。好きな物を好きなだけ食べる自由、それがあるだけで、とてもうれしくなる。タン(一二〇円)、ハツ(一二〇円)、ナンコツ(一二〇円)、つくね(一五〇円)を各1本づつお願いした。
 やがてやってきた焼き物は、肉質に張りがあるというか、どれも歯触りがよくうまかった。変な言い方であるが「タンはタンらしく、ハツはハツらしい」のである。鳥ナンコツは、にじみ出る油がうまかった。つくねは、叩いたミンチ肉が2本の串に固められている。肉汁が甘く、少し入った骨がよい歯触りを産み出す。

 カウンター席には、常連らしき男性客が次々にやってくる。女将さんが隣にきて、ビールをグラスに注いであげると、うまそうに呑んでいる。口もなめらかになってゆく。その常連客の為にやってきたマグロ刺身(六〇〇円)もうまそうであった。次回は刺身も食べてみたい。
 良い意味で【普通な店】である。言いかえれば【真っ当な店】とでも言えば良いだろうか。そんな店が存在していることがうれしい。
 午後8時となった。SAKURAと再訪を約束して、お勘定をお願いした。約50分程の滞在、二人で三一五〇円であった。


やきとり城看板
久が原「やきとり・城(しろ)」
東京都大田区南久が原2-6-6
電話03-3757-1779
東急池上線久が原駅 五反田方面改札下車徒歩30秒
日曜休 営業時間 平日17:30~23:30 祝祭日 17:30~22:00


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 蒲田 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 二俣川 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 王子 十条 世田谷 山下 豪徳寺 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる