元住吉 立ち呑み処「夢や」第2回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第640回 2017年2月17日(金)  【地域別】 【池上線】 【時間順】 【がっかり集】

 元住吉 立ち呑み処「夢や」 第2回


  ~ 久しぶりに「夢や」訪問 ~




 
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→



 元住吉駅の西口側の商店街、ブレーメン通り商店街はテレビで取り上げられるので御存知の方も多いかもしれないが、駅の東口側のオズ通り商店街は御存知ない方も多いかもしれない。
 そのオズ通り商店街側を歩いてゆくと、五差路になっている部分がある。その五差路を右へ。次のT字路を右に曲がるとすぐの右手に今日の目的の立ち呑みのお店がある。呑み処「夢や」さん。すぐ前には、串カツのチェーン酒場、串カツ田中元住吉店がある。

 

 紺色の暖簾をくぐって中に入る。以前は縄のれんであった。
 左手には手前から奥へ、そして、左に曲がるL字カウンター。手前から奥にかけて七人ほど、一番奥で入口を見る側に三人ほど立てるだろうか。カウンターの入口を入ってすぐの辺りに二人ほどの先客。一番奥に壁際カウンター。そこに一人の方。
 奥の左手の壁際の液晶テレビがちょうど見やすい場所に立った。カウンターの中には男性の従業員の方、二人。前回のママさんはいらっしゃらない。 
 入れ物は無く、小銭を上カウンターに置くシステムでのキャッシュオン。さっと飲んで、さっと払って帰ることが出来る。
 まずは、レモンサワー(三〇〇円)とマグロぶつ(三五〇円)を注文。
 短冊メニューが背後の壁にたくさん貼ってある。メニューが豊富なのは頼もしい。

 隣の方が「白ください」と一言。
 すると、白ホッピーセットが出てくる。

 ホッピーセットは三八〇円、ホッピー中焼酎は一五〇円、ホッピー外は二五〇円。
 因みに瓶ビールは五四〇円。
 ホッピーセットはやはり四〇〇円ボーダーライン以下で頑張ってくれている。

 やはり、酒場での常連の皆さんの会話で多いのは、近隣の居酒屋さんの噂である。
 こういう話には、私はいつも聞き耳を立ててしまう。
 お店にとってもこういう話は参考になるのでお店の方も聞き耳をたてているに違いない。

 まずは、同じ沿線の新丸子に出店する立ち呑「晩杯屋」新丸子店の話。
 この取材の日、2月17日が開店とのこと。
 平日は午後3時から開店、土曜日曜祝日は午後1時から開店。年中無休とのこと。
 煮込み百三十円、まぐろ刺し二〇〇円といった値段設定。新丸子店が晩杯屋チェーンの神奈川県進出一号店とのこと。
 しかし、後で調べてみると、この晩杯屋新丸子店、関西串カツチェーン「まるりゅう」を展開するマルリュウフードサービスさんがフランチャイズに参加して出店したお店なのである。「まるりゅう」さんのサイトに開店を知らせるチラシが載っていた。

 祐天寺のもつ焼きの有名店「忠弥」の話題も出る。皆さん、いろいろと飲み歩いていらっしゃる。

 二杯目はトマトジュース割(三五〇円)を注文。

 やがて、入口からお年寄りの方が登場した。

 「あの、なかの会はこちらでやってませんか」とおっしゃる。
 何かの飲み会だろうか。
 「なかの会ですか、うちじゃないと思います」とお店の方。
 それからしばらく、「なかの会って何だろう」という話題が続く。
 後で調べてみると、元住吉駅の西、ブレーメン通り商店街の先は井田中ノ町商栄会という商店街であり、井田中ノ町という地名となるのである。その関係ではないだろうかと勝手に思う。

 トマトジュース割に合うのは、マヨネーズ味のマカロニサラダマカロニサラダ(二〇〇円)を注文した。

 常連の重鎮の方が入ってこられ、みなさんお互いに「お疲れ様です」と言葉を交わす。
 
 「中野会こないね」と一言お客様が言うと、笑いが起きた。

 そんな中、若い人が「ごちそうさま」とも言えずに黙って静かに出てゆく。
 清算が済んでいるのでかまわないのかもしれないけれど、店を出る時の「ごちそうさま」の一言は必要に違いない。

 さて、私も帰ることにしよう。
 「お先に」と並びの方々にいい、「ごちそうさま」とお店の方に言って外に出る。
 「どうも~」「ありがとうございます」と言葉がかえってくる。

 二杯二品で一二〇〇円。

 午後六時三五分から七時五分まで三〇分の滞在。

 




元住吉 立ち呑み処「夢や」
住所 神奈川県川崎市中原区木月2-5-10
電話 044-455-3328
定休 年中無休(2014年5月11日より日曜営業)
営業時間 平日16:00~22:45 土曜・日曜・祝日14:00~21:00
交通 東急東横線・目黒線元住吉駅下車徒歩2分。




 「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

 演出家守輪咲良の劇集団「咲良舎」と演技私塾「櫻塾」

 街の手帖については、コトノハ/街の手帖編集部へ。


テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

元住吉 立ち呑み処「夢や」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第557回 2014年5月3日(土) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】





 元住吉 立ち呑み処「夢や」


  ~ 偶然に導かれ理想の立ち呑み店を発見 ~


  

  
 
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→


 5月3日のゴールデンウィークの初日、ある仕事の為に元住吉に行くことになった。
 東急東横線と東急目黒線の元住吉駅は2006年に行われた駅舎の移動新設までは、1階に本線があり地下に改札口のある駅であった。元住吉には車両基地もあるので、そこに出入りする電車も含め、その地下改札口とホーム部分の間の踏切は「開かずの踏切」として有名であった。
 新しく作られた駅は、東横線と目黒線の本線が2階部分を走り、1階部分に残った踏切は車両基地に出入りする電車だけの通る踏切となり、「開かずの踏切」状態は解消された。
 新駅の改札口は3階にあり、踏切を挟んで駅の東西両側にある長いエスカレーターで上がるようになっている。

 改札前にはベンチのあるテラスがある。そこに立つと東京側の武蔵小杉駅方面が見え、そこには次々に建てられてゆく武蔵小杉駅周辺の高層ビル群が見える(下写真)。
 
  元住吉駅改札前より武蔵小杉方面を望む

 駅の西口側に降りればブレーメン通り商店街があり、東口側に降りればオズ通り商店街が始まる。踏切は二つの商店街の境目となっているのだ。

 ある仕事を済ませ、再び元住吉駅に戻り、東横線に乗って帰ろうとしていた。

 オズ通り商店街を散策しているうちに、直接駅に通じる道ではない方へ歩いてみた。
 すると、偶然に立ち呑みのお店を発見したのである。すぐ目の前に、串揚げの田中屋さんのある場所だ。
 時間はまだ午後3時過ぎであった。
 仕事に疲れ、少し飲みたいと思っていたので、うれしくなってしまう。

 お店の外のアクリル看板を見ると、呑み処「夢や」とある。記憶にある名前だ。
 新丸子にある「おでん居酒屋」さんと同じ名前である。

 縄のれん越しに店内をのぞくと大盛況な様子。縄のれんをくぐる。左手に手前から奥まで立ち呑みカウンターがある。8人から10人が立てるだろうか。そして、奥の壁部分には4人ほどが立てる壁際カウンターもあった。
 左手のカウンターに8人の方が立っておられる。新参者の私は奥の壁際カウンター前に立つことにした。奥の左手の壁際の液晶テレビがちょうど見やすい場所である。カウンターの中には男性の方とママさんらしき方。 

 ホッピーセット氷無し(380円)とポテトサラダ(200円)を頼むことにする。

 ホッピーセットは冷えたビールジョッキに焼酎が入り、冷えたホッピーが1本着いてくる。
 ホッピーを焼酎に投入して飲む。休日の仕事だったので、一杯目のホッピーに癒される。
 呑みながら店内を見回す。居酒屋探偵は「情報」を得ようとして店内を必要以上に見回してしまうのだ。どこのお店に行っても、初めてのお店では定休日と営業時間は一番知りたいところである。
 壁に、営業時間が書いてあった。平日16:00~22:45、土曜日と祝日は14:00~21:00とのこと。
 ただし、その下に5月11日から日曜日も土曜や祝日と同じように営業すると書いてあった。年中無休になるのである。
 週末の土日、午後2時から飲める店である。便利なお店を見つけてしまった。

 目の前の小さなカゴにお金を入れておくと、そこから一回ごとにお金を持っていってくれるスタイル。
 ママさんがポテトサラダを持ってきてくれ、お金のやりとりをする時に話してみた。

 「新丸子の夢やさんと同じ経営のお店なんですか?」
 「はい、こちらは会社のお店で、あちらはうちの旦那のお店なんです」とのこと。

 新丸子のお店は、おでん居酒屋「夢や ぽってり」さんという。
 2012年3月10日第475回2012年12月22日第502回に紹介したお店である。
 ママさんにもお会いしたことがあることを思い出した。
 
 時折、カウンター前に立っているお客さんが外へいらっしゃる。最初は理由が解らなかったけれど、実は煙草は入り口脇の台の上にある灰皿前で吸わなければならないシステムのお店であった。実質、「禁煙酒場」となっている訳だ。素晴らしい。

 セロリさっぱり漬け(200円)を頼み、2杯目はレモンサワー(300円)である。
 レモンサワーはビールジョッキでの提供だ。

 そして、周囲にはパチンコ店もあり、景気をつけてから出かける方々もあり、お客様の回転がよい。
 立ち呑み店の出店場所として正しい。
 
 お客様の要望で、テレビの番組は競馬中継に変わる。その方がこちらのお店にはピッタリである。
 一期に店内が浮き立った雰囲気となった。

 生ビール小(320円)や生ビール中(380円)もあるけれど、やはり、胃酸過多を抑える為にアルカリ性の飲み物でしめることにした。
 3杯目は梅酒ソーダ割り(300円)にする。

 梅酒ソーダで口の中もさっぱりさせて、気分もさっぱりした。

 そして、何よりも、「年中無休」「早い時間から営業」「店内禁煙」「ホッピー有」「安価」という、立ち呑み店としての私の理想のお店を偶然にも発見してしまったことがうれしい。

 3時15分から4時15分までの滞在。払ったお金を計算すると1,380円であった。



 

元住吉 立ち呑み処「夢や」
住所 神奈川県川崎市中原区木月2-5-10
電話 044-455-3328
定休 年中無休(2014年5月11日より日曜営業)
営業時間 平日16:00~22:45 土曜・日曜・祝日14:00~21:00
交通 東急東横線・目黒線元住吉駅下車徒歩2分。





ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

元住吉 大衆酒場「亀勢」

居酒屋探偵DAITENの生活 第145回  2008年10月4日(土) 【地域別】  【時間順】



元住吉 大衆酒場「亀勢」

   元住吉亀勢外観   にほんブログ村 グルメブログへ ←「東京食べ歩き」参加。クリックお願いします

 本日は、またOZAKI先生と新丸子のリハーサルスタジオ「studio MUGIC」で音遊びの時間である。今回が2回目、だんだんに面白くなって来る。彼は会ったとたんに「僕の顔赤いですかね」と言う。OZAKI先生は昨晩も第85回で紹介した新宿の「番番」に行き、そのまま新宿ゴールデン街で朝まで飲んでいたそうである。金曜日はそうなってしまうようである。

 スタジオを出たのは午後6時30分を少し回った時間であった。新丸子駅まで行き、東急目黒線に乗った。東急目黒線は2008年6月から日吉駅まで行くようになった。東急東横線と併せて日吉、元住吉、武蔵小杉、新丸子、多摩川、田園調布の6駅の間は複々線化されたことになる。ゆえに、今回の目的地の元住吉まで目黒線でも乗り換え無しで行けるようになったのである。目黒線は終点の日吉で横浜市営地下鉄のグリーンラインに乗り換えることが出来る。さらに将来、相鉄線との相互運転も予定しているという。

 2006年9月に新しくなった元住吉駅は、ホームおよびコンコースの屋根部分に太陽光発電システムを設置、元住吉駅全体の最大使用電力の約15%をまかなえるという。外観、機能共に従来とはまったく異なる駅に変わっている。
 改札を出て左に行き、長いエスカレーターで駅の西口側に降りてみる。しかし、「開かずの踏切」として有名だった踏切は高架になっても何故か残っている。踏切が残っている為、改札を出て右側には、駅の東側に降りるエスカレーターも別に用意されている。実はこの踏切を使って、駅の南側にある車両基地から電車が出入りするのである。ゆえに、「開かずの踏切」「あまり閉まらずの踏切」となったわけである。

 西側にはブレーメン通りという有名な商店街がある。ブレーメン通り商店街は、1991年3月にドイツ・ブレーメン州のロイドパサージュ商店街と友好提携を締結したそうである。

 そのブレーメン通りを少し歩く。十字路が二つあり、3つめは五差路になっている。この五差路を左に直角に曲がると右手に、今日の目的の店、居酒屋「亀勢」がある。以前に2回ほど来店して2回とも満席で入れなかった人気店である。また、この店は、BS放送のテレビ番組「吉田類の酒場放浪記」でも紹介されている。

 味のある外観をほれぼれと見てしまう。
 中に入って見ると、右手にL字カウンターがある。12、3人ほど座れるだろうか。左手は小上がりになっており、6人ほど座れる座卓が4卓あり、融通をして相席できるようになっている。店内の8割は男性。土曜日の為、全員がカジュアルな姿であった。

 OZAKI先生がメニューを確認せずに「ホッピーお願いします」と言う。お店の女性がびっくりしたような顔をして「ホッピー無いんですよ」と言う。
 OZAKI先生は外でホッピーという文字を見たような気がしたそうである。無いものを頼むのはOZAKI先生の得意技である。
 キリンラガービール大瓶(560円)を1本お願いした。壁の短冊メニューを見てキョロキョロしている挙動不審の我々に比べ、回りは全てゆったりとこの場を楽しんでいる常連の皆さんである。 土曜日らしく全員がカジュアルなスタイルである。年齢層は高い。
 まずは、かつお刺身(600円)を頼む。大将が「にんにくすりますか?」と聞いてくれる。今日は土曜日なのでもちろんお願いした。
 ビールで乾杯をすると、ほどなくかつお刺身がやってくる。大きな切り身である。切り身が大きく重く、カツオの脂で滑ってしまい、うまく箸で持てないのである。口に頬張る。にくにくが効いて実にうまい。切り身の数も8切れである。これで600円は安い。

 さらに、鮎のから揚げ(500円)を頼んだ。
 一人前何匹であるかOZAKI先生が店の人に聞いた。一匹であると言う。すかさず二匹頼む。
 「一人前何匹か聞くなんて失礼でしたかね」と気にしているOZAKI先生である。
 「いいんじゃない、鮎一匹は分けようがないし・・・」と私。
 出てきた鮎は子持ち鮎であった。3つに切って食べやすくしてある。これがうまかった。
 誰もが子持ちの部分を食べたいのだから分けようがない。喧嘩になるのである。やはり一人一人前を お願いして正解である。頭、胴、尻尾と3つの部分がそれぞれ違った味わいで美味であった。
 2杯目はOZAKI先生はウーロンハイ(350円)、私はレモンサワー(350円)である。
 3品目は、こはだ酢(500円)を頼んだ。「こはだ」があまいのである。本当に美味しい「こはだ」であった。つまみを3品頼んで3品とも素晴らしいということは少ない。感動的であった。
 
 OZAKI先生が壁のメニューの短冊を見て、「短冊が白くて汚れていないのが旬の食べ物ですね」という。それから「メニューはやはり手書きが良い」ということで意見が一致した。店の2代目、3代目がパソコンとプリンタを使い始めると、店の中が面白くなくなるのである。

 色々と外国を歩いているOZAKI先生は「日本に居酒屋があって本当によかった、ここまでレベルの高いものを日常的な価格で、種類豊富に食べさせてくれる業態は世界にもないでしょう。」と言う。同感である。

 午後7時から午後8時まで1時間ほどの滞在、お勘定は二人で3,360円。
 当然のごとく、次の店を探してブレーメン通りを駅とは反対の西方へ向かったのであった。

(つづく)

元住吉亀勢看板

元住吉 大衆酒場「亀勢」
住所 神奈川県川崎市中原区木月1-32-5
電話 044-411-5439
定休日 日曜
営業時間 17:00~23:30
交通 東急東横線・東急目黒線元住吉駅下車徒歩2分


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

元住吉 串焼「かとりや」

居酒屋探偵DAITENの生活 第63回   2007年12月29日(土) 【地域別】  【時間順】



元住吉 串焼「かとりや」

   元住吉「かとりや」外観   にほんブログ村 グルメブログへ ←「東京食べ歩き」参加中。

 年末の土曜の夕方、SAKURAと下車したのは東急東横線の元住吉駅である。
東急東横線沿線で川崎市内の駅は、新丸子、武蔵小杉、元住吉の3駅である。どの街も物価が安く庶民的な街である。
 元住吉で降りた最初の理由は、「吉田類の酒場放浪記」で紹介された別の居酒屋さんへ行く為であった。しかし、その店に行くと満席であった。仕方なく少し周囲を歩いて違う店を探してみることにした。ところが良い店はあっけなくも簡単に見つかった。
 その店は元住吉駅のすぐ近くである。改札を出て、左方向に行き、長いエスカレーターを降りる。エスカレーターを降りると「ブレーメン通り商店街」である。左に曲がり、商店街をの二つ目の十字路を右に曲がり、少し歩くと左手にその店はある。

 店の表には紺色に赤い文字で「串焼 かとりや」と書いてある。中をのぞくとたくさんのお客さんでにぎわっている。カウンター席の右端が2席だけ空いていたので入ることにした。
 入ってすぐ目の前にL字カウンターがある。席数は14席、満席である。カウンターの左側に4人掛けのテーブル席が3つ、計12席。テーブル席の向こう側には低い壁があり、その向こうに座敷席が見える。座敷席が4人掛けが6卓で計24席。総席数は50席である。思いの外、大きな店であった。

 メニューを見て、瓶ビール大(540円)を注文した。サッポロ赤星だったのである。
つきだしはシラス大根おろしである。つまみは、煮込み(400円)、厚揚げ(250円)を頼む。焼き物は、とり(90円)、かしら(90円)、レバー(90円)を各1本を塩でお願いする。ギンナン(130円)も2本頼んだ。

 煮込みは量、味とも満足のゆくものであった。厚揚げを頼むお客さんが多いのは、自由が丘の「かとりや」を思わせる。
 やがて、焼き物がやってきた。からしと辛味噌がついている。自家製の辛味噌であるらしい。塩は天然岩塩を使用しているという。肉が大きく、これで90円は安いと思った。

 いか刺し(380円)と、サッポロ赤星を追加する。いか刺しは大きかった。新鮮である。
 「○○○やま~」との言葉が飛ぶ。つまり、どんどん品物が売切れになってゆくのである。そして、どんどん客が来店する。本当に盛況である。
 先ほどから、次々にお客さんが来店され、皆断られている。カウンターとテーブルは満席。座敷に少し空きがあるがどうやら予約が入っているらしい。皆、残念そうに帰ってゆく。
 隣の席の5人組のお客さんの1人が焼き台前の店員の方に、「毎日こんなに混むの?」と聞く。すると、「毎日こんなだったら蔵がたっちゃいますよ」と、定番の答えが帰ってくる。

 先ほどから、丁寧にゆっくりと焼かれている「白いもの」がずっと気になっていた。焼きおにぎりである。サイズが大きく、実にうまそうなのである。焼きおにぎり2個味噌汁付(330円)である。今日は帰ってから夕食なので我慢したが、次回は必ず食べたいと思う一品である。

 さて、時間はすぐにたってしまう。1時間ほどの滞在であった。お勘定をお願いする。
2,940円である。安い。
 外に出て、外観と看板の写真を撮ろうとしてポケットを探った。無い。店内に忘れたのでとあった。急いで店内に戻ると、焼き台の店員さんが微笑みながらこちらを見ている。その手には私の携帯電話があった。画面が開いてあったのであきらかに読まれたようである。「お勘定2,940円、安い」という部分を読まれたに違いない。外に出て、外観と看板の写真を撮影をして急いで立ち去る。ちょっと恥ずかしい。


元住吉「かとりや」看板

元住吉 「かとりや 元住吉店」
住所 神奈川県川崎市中原区木月1丁目24-1
電話 044-411-6178
定休日 日曜
営業時間 17:00~23:00
交通 東急東横線元住吉駅徒歩1分


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」





テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

元住吉 平沼橋 天王町 蒲田 吉田町 保土ヶ谷 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 武蔵新田 二俣川 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 王子 十条 世田谷 山下 豪徳寺 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる