沼部 和食処「花膳」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第548回 2014年2月28日(金) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】





 沼部 和食処「花膳」

   ~ 「桜坂」の街に良き店をみつける ~
 
 沼部/花膳外観

 
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→


 
 前々回東京急行電鉄の元々の社名が目黒蒲田電鉄であること、その目黒蒲田電鉄が最初に開業させたのが目蒲線であること、そして、その目蒲線は2000年8月から目黒・日吉間の目黒線、多摩川・蒲田間の東急多摩川線に分かれたこと等に触れた。
 その後、目蒲線が1923年の開業から半年間、目黒・蒲田間全線開通前、目黒駅から沼辺駅までだけであった頃、現在と同じ目黒線という名称であったことを知った。
 さらに、沼辺駅は開業時には丸子駅という名称であり、翌年、武蔵丸子駅という名称に変わり、さらに、2年後、現在の沼辺駅という名称に変わったそうなのである。
 
 その沼辺駅に降り立った。
 静かな駅である。多摩川方面の改札前には店舗などはまったくなかった。
 多摩川線と平行に走る多摩堤通りは沼部駅の北側で左に直角に曲がり、多摩川線の踏切を渡って多摩川の東岸に出て、丸子橋脇で中原街道と交差する。
 この沼部駅の北西側駅脇の踏切を渡る。まっすぐ坂を登ってゆけば、環状8号線と中原街道の交差点近くに出て、池上線の雪が谷大塚駅方面に出る。
 その坂が福山雅治の歌で有名になった「桜坂」である。

 反対側の蒲田方面の改札前に行ってみると、コンビニ1軒、中華料理店とバーなどがある小さな商店街があった。
 その商店街に入って行き、左に曲がると左手に小さな和食のお店がある。その先で、道は多摩堤通りに再び出る。 
 お店の前には白いアクリル看板があり、そこには「和食処 花膳」と書いてあった。
 実は、ずっと前から気になっていたお店である。

 左手の戸を開けて中に入る。
 右手は7人が座れるL字カウンターになっており、中で飲み物を作れるバーコーナーのようになっている。カウンターの手前部分に先客の方が一人いらっしゃる。左手には二人席テーブルが二つ。手前のテーブルに座ることにした。

 店の奥が調理場となっており、中がよく見える。その調理場には料理人の方が一人。
 そして、女性の方が忙しそうに2階席から降りてきた。
 様子を見て、緑茶ハイ(300円)と真蛸刺(580円)を頼んだ。

 緑茶ハイで口をさっぱりさせて、真蛸刺をいただく。蛸が歯ごたえよく美味しかった。
 どうやら、2階席では宴会中のようである。さらに、2階には次々にお客さんが上がってゆく。どれくらいの広さのお店なのだろうか。1階では解らない。

 熱燗を頼もうと思っていた。しかし、忙しい様子を見ているうちに気が変わった。

 合間を見て「お酒一合冷で・・・」と私。手の掛からない「冷や」にしたのである。

 松竹梅豪快(400円)。

 お酒のことを伝票に書く時に、一緒に食べ物も頼み、書いてもらうことにした。

 「それと、出汁巻き玉子もお願いします」

 少しして、お銚子に入ったお酒とお猪口を持ってきてくれた。

 「お酒、常温です。」

 燗酒でもない冷酒でもない「冷や」をゆっくり飲むのも良い。

 メニューを見れば、基本的には定食のお店のようだ。
 てんぷら定食(950円)、刺身定食(950円)、天刺し定食(1500円)等の定食がある。定食のライスは大、中、小を選ぶことが出来て、しかもすべて同料金だ。
 お茶は、定食屋さんらしくセルフサービスになっている。

 しかし、単品メニューが豊富なので居酒屋としても機能してくれる。
 出汁巻き玉子が美味かった。ちょっと甘く、大根おろしと一緒にいただくとさらに美味。
 ちゃんとしたお店である。しかも高くない。

 トイレが二階なので上がってみた。階段を上がって右手、暖簾の向こうがお座敷席になっている。
 10人くらいは座れるだろうか。宴もたけなわとなっていた。
 階段を上がって左手は独立したテーブル席の部屋になっている。四人席二つ、六人席が一つ。ゆったりとしたテーブル配置である。テーブル席にも二組の方々が座っておられた。

 一階に降りて、残りのお酒をいただく。すぐに若いカップルの方もいらっしゃって定食を頼まれていた。
 お勘定をお願いする。午後7時から7時45分まで45分の滞在。お勘定は1,760円であった。

 静かな街の駅近くのそのお店は、予想を越えた定食屋さんであった。
 この街に来た時、何度も前を通りながら今まで入らなかったことが残念なくらいである。
 次回は刺身定食を食べてみよう。


 沼部/花膳看板

沼部 和食処「花膳」
住所 東京都大田区田園調布本町29-8
電話 03-3721-0121
定休日 第1・第2・第3火曜日
営業時間 11:30~14:30/17:00~24:00
交通 東急多摩川線沼部駅から徒歩1分。



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

沼部 若鳥焼「鳥勢本店」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第493回 2012年9月26日(水) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】



※2012年10月6日 1,040,000カウント通過。感謝!

沼部 若鳥焼「鳥勢本店」



  沼部鳥勢外観

 
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→



 前回「鵜の木駅」近くのお店を紹介した際、「東急多摩川線の7つある駅の中で「鵜の木駅」「沼部駅」の店を紹介したことがない」と書いた。そこで、今回は、鵜の木駅に続いて、沼部駅のお店も紹介することにしたのである。
 
 「沼部駅」近くには、ネットやマスコミでも取り上げられている焼き鳥店がある。すでに、訪問もしており、行ったことのある方からの聞き込みも終わっている。
 しかし、そのお店は、「居酒屋探偵DAITENの生活」としては高級店の部類に入るので、紹介はしないでいた。

 こちらのお店を見つけたのは、前回のお店を出た後に乗ったタクシーの車内からであった。
 調べてみると、インターネットでまったく紹介もされず、マップにもまったく載っていないお店であった。

 沼部駅の蒲田方面の改札を出ると、目の前は細い路地である。
 右手へ進むと、路地は左へ直角に曲がっていた。路なりに行くと多摩堤通りに出る。多摩堤通りを右方向へ歩き始めた。下丸子駅から多摩川駅まで多摩堤通り東急多摩川を線は平行に走っているので、800メートルほど歩けば、前回「鵜の木駅」のそばに出る。
 歩き始めると、すぐ目の前にガードが見えた。ガードの上を通っているのは、横須賀線東海道新幹線である。ガードをくぐり150メートルほど歩くと左手に蕎麦屋さんが見えた。そのすぐ前が一際明るくなっていた。
 蕎麦屋さん側から外観を撮影し眺める。酒場好きとしては、ほれぼれとする美しい光景である(写真)。「アサヒ生ビール」の立てかけ看板が4枚も立ち、「アサヒの丸提灯」が4つ掛かっている。古いホッピー提灯ホッピーの宣伝短冊も貼ってある。左手の方のガラス引き戸には、紺色の暖簾に「若鳥焼」の三文字。
 表のアクリル看板には、こう書いてある。
 「年中生ビールの旨い店 若鳥焼のお持ち帰りできます 鳥勢」
 店名は、若鳥焼「鳥勢本店」である。
 以前、第402回の記事にも書いた通り、城南地区には若鳥焼のお店が多い。こちらもそのうちの一軒である。

 思い切って中に入ってみた。右手には、奥行が狭いカウンター席が6席、カウンターの中の調理場との間には冷蔵ケースがあり、調理場とカウンター席とは隔絶している。左側に狭めの四人掛テーブル席が二つ。その向こうには、ビールやお酒用の冷蔵庫やテレビが置かれていた。

 カウンターとテーブルの間が狭いので、カウンターに五人座っていらっしゃる常連の方々は、カウンター席に貼りつくように、そして、奥に向かってややななめに向いて、座っておられる。奥のテレビを見る為の様子。
 奥側のテーブル席には「予約席」と書かれたテーブルサインがのっていた。カウンターの一番手前の一人分くらいの場所だけ調理場から客席が見えるようになっているようで、そこからのぞかれた大将らしき方と目があう。

 「一人なんですが・・・ここいいですか?」と言って、手前のテーブル席に一人座らせてもらった。

 奥の方から顔を出された大将に一言。

 「ホッピー、氷無しでお願いします」

 こちらのホッピーセットは黒ホッピー(430円)である。

 出てきたセットは、凍らせたビールジョッキに焼酎がはいり、冷えたホッピー瓶が着いてきた。

 鳥串焼五本一人前(400円)とお新香(300円)を頼んだ。

 すぐに出てきたお新香は、いろいろなつけものが盛り合わせである。

 カウンターの手前端から二番目の先客の方から声をかけていただいた。

 「お近くなんですか?」の一言から始まり、カウンターの手前隣の方も加わって、近隣の様々な飲み屋さんの話で盛り上がった。
 あまり、話をせず、黙って飲むのがお好きな方もいらっしゃるので、どこのお店に行っても、私の方から先客の方に声をかけることは少ない。しかし、常連の皆さんから気軽に声をかけていただくのは、取材を考えている私としては、とても助かるのである。
 
 2杯目は、ハイサワー(380円)である。
 ここで、女性の方が入ってこられる。いつもは、カウンターの端の席に座られるそうである。今日は先客の方がいるので、私と同じテーブルに座られた。カウンター席の方ともお知り合いで、皆さんで楽しそうに話されていた。
 そのカウンターの一番手前の席の前に小さな紙が貼ってあり、「特別席」と書いてあった。

 「特別席」という紙が貼ってあるのは、どうしてなんですか?」と、皆さんに聞いてみる。

 そこだけ冷蔵ケースがカウンターの上に無いので、調理場の中の店主の方と話が出来る。ゆえに、特別席なのである。
 しかし、女性の方が「あたしの座る席だから特別席なのよ」と笑顔でおっしゃるのが面白かった。
 さすが常連である。

 3杯目は、ウコン茶ハイ(400円)である。
 お相席になった女性に、おつまみを分けていただいた。
 もちろん、自分から分けて欲しいと言ったわけではないけれど、まるで吉田類さんである。食べたそうな顔を私がしていたのだろうか。

 「特別席」に座られていた方が帰られるのをきっかけに、私も御勘定をお願いした。

 午後7時20分から8時10分まで50分ほどの滞在。
 お勘定は、「三杯二品」で1,910円であった。

 地元の皆さんのお店である。

 女性の方は、後から「特別席」に移動されたに違いない。
 

  沼部鳥勢看板

沼部 若鳥焼「鳥勢」
住所 東京都大田区田園調布南18-6
電話 03-3787-3587
定休日 ?
営業時間 ?
交通 東急多摩川線沼部駅下車徒歩3分。



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

天王町 保土ヶ谷 黄金町 所沢 蒲田 自由が丘 平沼橋 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 武蔵新田 二俣川 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 元住吉 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 王子 十条 世田谷 山下 豪徳寺 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる