神楽坂 居酒屋「あまくさ」第2回

居酒屋探偵DAITENの生活 第120回   2008年7月29日(火) 【地域別】  【時間順】



神楽坂 居酒屋「あまくさ」 第2回




神楽坂あまくさ


   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。

   電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←居酒屋短編小説を発表中(無料)。「新岳大典」で検索。



 「よりみち横丁」から出て、「神楽小路」を歩き、神楽坂通り(早稲田通り)に出ると坂を昇り始めた。曾祖父と祖父の代に「世今堂」という「時計眼鏡貴金属商」を営んでいた場所に向かう為である。そこには、現在、万平ビルという小さなビルが建っており、その二階に居酒屋「あまくさ」が入っている。
 前回、この店を紹介したのは2008年1月30日(水)である。「万平ビル」「あまくさ」の店内については、そちらに詳しく書かれている。

 万平ビルの入口に降り立ち、エレベーターで2階に上がった。「あまくさ」と書かれた茶色の暖簾をくぐり、中に入ると目の前のカウンター席に座った。店内には、他に3人連れの客が二組いるだけであった。そして、店内には静かに音楽が流れている。しかし、ジャパンポップなどではない、ちゃんと演歌が流れているのである。

 すでに前の店でかなり呑んでいる。一杯だけ飲んですぐに帰るつもりであった。母は太平洋戦争の東京大空襲の前までこの場所に住んでいた。今日は我が御先祖様方に御挨拶のつもりでちょっと寄ってみたかったのである。
 酎ハイ(330円)を頼んだ。酎ハイと一緒に付きだしが出てくる。お腹も一杯であったが刺身類を何も食べていないことに気づいた。そこで、生タコ刺身(580円)をいただくことにした。

 出てきた酎ハイのグラスを目の前の空間に向かって捧げ持ち、御先祖様と乾杯をする。
私に顔が似ており大酒呑みだったという曾祖父のことが頭に浮かんだ。
 明治の終わりの頃であろうか。田舎から東京に出てきてから、横浜の外国人の元で時計修理の方法を学び、神田に時計の修理工場を建ててから神楽坂時計眼鏡貴金属商の店を出した人であるという。商売も大きくしたが遊びもしたらしい。あまりの大酒のみの為、息子と喧嘩をして、怒った息子(私の祖父)が一斗樽の栓を抜いてしまい、神楽坂中が酒臭くなってしまったという逸話もある。
 もちろん万平ビルが建つ前の戦前の話ではあるが母にとってこのビルの二階あたりは、子供の頃住んでいた空間そのものであり特別愛着があるという。

 生タコ刺身は本当にうまかった。歯ごたえがたまらない。生タコは私の好物の1つである。他にも食べたいものがたくさんあったがすでに深夜近くである。我慢することにした。

 酎ハイ1杯で、約30分の滞在、お勘定は1,280円であった。急いで、東京メトロ南北線の飯田橋駅に向かい城南地区の我が家を目指した。

 ※   ※   ※

 この後、8月に入ってからsakura可久鼓桃(母)と話し合って、お盆の頃に墓参りをして、ここの「あまくさ」で先祖供養の会を開こうということになった。


神楽坂 居酒屋「あまくさ」
東京都新宿神楽坂3-2-4 万平ビル2F
03-3260-9872
定休日 不定休 営業時間17:00~25:30
地下鉄有楽町線、南北線B3出口より徒歩2分
JR線飯田橋駅西口より徒歩3分



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

神楽坂 居酒屋「まつや」

居酒屋探偵DAITENの生活 第119回   2008年7月29日(火)  【地域別】  【時間順】


神楽坂 居酒屋「まつや」



   みちくさ横丁

   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。

   電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←居酒屋短編小説を発表中(無料)。「新岳大典」で検索。


 前回紹介した水道橋の飲み処喰べ処「旅」を出て、すぐ近くの水道橋駅東口改札からJR総武線に乗った。神楽坂へは飯田橋駅西口改札を出ると近い。ゆえに、総武線の車内を進行方向に向かって急いで歩いた。少しでも西口改札に近い場所で降りる為である。
ホームから西口改札まで橋のようになった長い通路を歩く。西口改札を出ると総武線を渡る陸橋の上である。陸橋の上を渡る道は、神楽坂を下り靖国神社前に至る早稲田通りである。

 西口改札を出てすぐ、24年前の記憶が甦った。1984年のある日、友人と二人、「風の旅団」という劇団の公演を見に行く為に飯田橋の駅頭に降り立った。その芝居は法政大学のキャンパス内に建てられた「風の旅団」のテント内で上演されることになっていた。劇団「風の旅団」は、1970年代に活動していたテント芝居「曲馬館」の解散後、俳優・演出家桜井大造を中心に発足され、約10年間活動したテント芝居である。そのテーマ性から権力と対立、公演場所についてトラブルの多い劇団であった。現在も劇団「野戦の月」としてその活動は続いている。

 我々は法政大学に向かった。しかし、行ってみると大学の門扉は閉ざされ、全体が静まりかえっていた。実は機動隊が動員され、全学ロックアウトの中、「風の旅団」のテントが壊されたのであった。
 我々は何も知らなかった。門扉脇の警備室から数人の警備員が出てきた。緊張感が伝わってくる。ただならぬ雰囲気で「中には入れません」という。それもそのはずである。友人は迷彩服を着ていた。おまけに身長180センチ体重120キロで髭面である。私も体格が良く黒いコートを着込んで短髪であった。どこかの右翼団体の構成員のように思われたのかもしれない。

 仕方なく飯田橋の駅に戻ってみると、飯田橋駅西口改札の前に異様な風体の男達がボーリングのピンのような隊列を作り、そこに立っていたのである。ある者は軍服を着ている。血のりをつけている者もいる。舞台衣装のままのようであった。一番前の一人は手に白い紙を掲げている。全員が一点を見据えたまま無言である。演ずることを拒否された彼らの悔しさが伝わって来た。 友人と二人、その日は痛飲したことを覚えている。

※   ※   ※

 思い出話が長くなってしまった。
 飯田橋駅のすぐ脇に立つビルに入る。短いアーケード街のようになっている場所に椅子が並べられて、一番前で若い女性たちが「カントリーロード」を歌っていた。気持ちは解るがあまりうまくない。それから、近くに書店をみつけた。中に入って、しばらくして、同じところを行ったり来たりしながら、ブツブツと何かしゃべっている青年を発見した。店内にはバロック音楽が流れている。人々は気に留めることもない。
 八王子の書店で中央大学の女子大生が刺殺された事件を思い出してしまった。先日、咲良舎「愛と偶然の戯れ」の公開ゲネプロの打ち上げの折、中央大学元学長のS先生とお酒を酌み交わした時にも、先生は本当にかわいそいだと悲しんでおられた。
 書店という平和なはずの場所でも本を選ぶことに没頭できないのであろうか。日本はそんな国になってしまったのか。嫌な気持ちになり、すぐにその書店を立ち去った。外は雨が降りそうな気配である。急いで今日の店に向かうことにする。

神楽小路

 早稲田通りに戻り、いよいよ神楽坂である。目的の店は神楽坂の入口に近い場所にある。神楽坂がまだ昇り坂になる前、右手に「神楽小路」という飲み屋街がある。その「神楽小路」を入って少しすすむと、右手にさらに細い「よりみち横丁」という10メートルほどの長さの路地がある。どこか闇市的な雰囲気を残す路地の中にはバーや居酒屋など10軒ほどの店が軒を連ねている。その一番奥まった場所に居酒屋「まつや」はある。
 
 店に入ったのは、午後8時45分頃であった。入口を入ると、目の前は5人だけのカウンター席である。カウンターの中には大将らしき御老人が座っており、カウンターの外に同年輩の女性が座っていた。客は一人もいない。私が中に入ると、「はい、いらっしゃい」とお二人が動き始めた。
 「雨が降ってきましたよ」と話をする。言うそばから、雨足がどんどん強くなってゆく。
 「レモンサワーお願いします」と言うと、女将さんがゆっくりとしたペースでレモンサワーを作ってくれる。
 「それから煮込みをお願いします」と言うと、大将がまたゆっくりと調理を始める。
 レモンサワーを飲みながら煮込みを食べ始めた頃には、外はどしゃぶりの雨になっていた。
「こちらのお店は何年前からやっておられるのですか」と聞くと、「15年前ですよ。以前は渋谷で店を出していたんですけどね・・・でも、私らの前の人は終戦後すぐからだそうですよ。」と大将が答える。終戦後すぐから建っている建物なのである。闇市的な雰囲気が残っているはずであった。

 他にお客さんも入ってこない。お二人で交代に私の相手をしてくれている。客筋は大学生やOBが多いそうである。また、音楽関係の人も多いらしい。
 次に瓶ビール大瓶(550円)をお願いする。大将は81歳であるという。調理する様子を見ながら、大将が疲れてしまわないように、少し間を置いて注文をすることにした。

 午後9時過ぎになってトイレに行きたくなった。実はここの二階席が秀逸なのである。カウンター脇から急な階段が曲がりながら二階へと続いている。手をそえて昇らなければならないほど急で狭い階段である。階段を昇りきると目の前に木の扉があり、その中がトイレになっている。トイレの窓から外を見ると、隣の建物の瓦屋根越しに神楽坂通り沿いのネオンが見える。外は激しい雨が降っている。
 トイレから出ると、脇にガラス戸がある。中をのぞくと、ちょうど6畳ほどの空間があり、座卓が3つほどあった。窓の外から看板の光が入ってくる。なにやら古い日活映画でこんな光景を見たような気がする。

 今度は玉子焼きをお願いした。この玉子焼き(430円)はこちらの名物料理である。女将さんが玉子を割り、大将が丁寧に出汁巻き玉子を焼いてくれる。
 出てきた卵焼きは予想よりもかなり大きかった。そして、うまかった。この玉子焼きだけで酒を飲む客もいるに違いない。ここで、焼酎ウメサワー(300円)をお願いする。

 お二人は練馬区の大泉学園から神楽坂まで毎日通って来るのだという。ゆえに、電車で帰らなければならないのだけれど、お客さんの中には、こちらの店の二階に住んでいると思っている人もいるのか、午前2時とか3時まで呑んでいる方もいるそうだ。それを御夫婦は辛抱強く待ち、二階で仮眠をとってから朝になって帰るそうである。商売とはいえ大変である。心当たりのある方は気をつけてあげて欲しいものである。

 まだまだ雨は降り続いている。
マグロの竜田揚げがよく出るという。しかし、今日は鳥の竜田揚げしかない。実は私は竜田揚げ好きである。最後に鳥の竜田揚げ(460円)をお願いした。これがまたうまかった。ついついレモンサワー(300円)を追加してしまった。

 お勘定をお願いすると3,140円であった。店を出たのは午後10時30分頃であったろうか。楽しくて1時間45分もおじゃましてしまったようである。居酒屋にこれほど長居して、店の人を相手に話をするのは私としては珍しい。大将と女将さんを疲れさせてしまったのではないかと心配になる。

 外に出ると、雨は止んでいた。実は北区田端駅周辺での落雷の為、信号システムに異状が生じたのが原因で、JR山手線と京浜東北線の全線が午後8時40分頃から1時間半ほどストップしたそうである。気象庁によると、午後9時半までの1時間に東京都練馬区で41・5ミリの雨量を記録。午後10時までの1時間に32・5ミリを記録した世田谷区では、一時、1棟が床上浸水、2棟が床下浸水したという。東京電力によると、板橋区、世田谷区、横浜市、埼玉県川口市で計約3650世帯が停電した。また、東京・国立競技場で行われていた男子サッカーの北京五輪壮行試合、対アルゼンチン戦は、雷雨のため、試合終了まで6分余りを残して打ち切られたのである。私が楽しく「まつや」で呑んでいる間、外は大変なことになっていたのである。誠に申し訳ない。

 ここで帰るつもりではあったが、やはり母が育った場所に建つ万平ビルの中のいつものあの店に行きたくなってしまう。1杯だけ呑ませて欲しい。御先祖様へのご挨拶とでも言おうか。


神楽坂 居酒屋「まつや」
住所 東京都新宿区神楽坂1-14 神楽小路・よりみち横丁内
電話 03-3260-8785
定休 日曜日 営業時間17:00~23:00
交通 JR「飯田橋」駅徒歩2分。東京メトロ南北線・有楽町線「飯田橋」駅徒歩1分。

※本来的には、一番近い駅は飯田橋駅である。飯田橋駅の東側や北側は「飯田橋」という
カテゴリーを作り、「神楽坂」という坂に近い店の場合、あえて「神楽坂」のカテゴリーに入れる。


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

神楽坂 居酒屋「あまくさ」

居酒屋探偵DAITENの生活 第69回   2008年1月30日(水) 【地域別】  【時間順】


神楽坂 居酒屋「あまくさ」

 ある会合の帰り、ASIMO君と待ち合わせたのは神楽坂である。
JR飯田橋駅西口改札を出ると、目の前を通るのは早稲田通りである。右に曲がり、外堀通りを渡ると、早稲田通りはそのまま神楽坂を登ることになる。
 第二次世界大戦の東京大空襲で一面焼け野原になる前、私の曾祖父と祖父の代には、この神楽坂で「時計眼鏡貴金属」の店を出していた。
 今日の目的の店、居酒屋「あまくさ」は、その祖父の店があった場所に建つビルの2階にある。この店には何度も来たことがあるが、来る度に何故か悪酔いをしてしまう自分がいる。「先祖の霊がこの土地を失ったことにお怒りで、末孫である私にそれを知らせているのだろうか」などと思ったものである。

 外堀通りから神楽坂を150メートルほど登った右側に〈万平ビル〉はある。この場所には戦後、「万平」というすき焼きを食べさせる店が建った。入口に柳の木が立っており、とても風情のある店で、私も二十数年前に何度か入ったことがあった。小さな古い木のカウンターがあり、そこにおばあさまが一人いて客の相手をしてくれる。あの有名政治家故田中角栄氏が常連であったそうで、国会の帰りにここで軽く呑んでから裏手の神楽坂の料亭街に向かったとのこと。
 「その席に角さんがいつも座っていたのよ」と、おばあさまがカウンターの端の席を指さして言っていた。
 神楽坂は、午前と午後で一方通行の方向が逆転する逆転式一方通行となっている。午前中は「坂上から坂下」(早稲田から飯田橋)へ。午後は「坂下から坂上」へと一方通行が逆転するのである。
 午前中、田中角栄氏が目白台の自宅から永田町方面に車で出勤し、帰宅する午後に神楽坂で酒を飲んでから帰る。その便宜をはかる為に逆転式一方通行となり、現在に至っているという説がある。
 自分のルーツの神楽坂のこの場所が「居酒屋」や「バー」の入っているビルになっている。生誕の地は川崎駅西口の闇市的飲屋街であり、今は飲食店が多く入っている高層ビルになっている。つくづく酒を飲ませる商売に縁のある身の上であると思う。

 〈万平ビル〉の2階に小さなエレベーターで上る。エレベーターを出ると、目の前に茶色の暖簾がかかっていて、「あまくさ」と書いてある。暖簾をくぐり、細かい格子になっているガラス扉を開いて中に入ると、右手に「くの字カウンター」が続いている。カウンターには10名ほどが座れるだろうか。カウンターの中が調理場になっており、親子であろうか顔のよく似た板前さんが二人仕事をしている。接客や配膳などは女性が一人でやっている。きびきびとよく動く人である。

 すでに、会合の席でビールなどを飲んでいたので、レモンサワー(330円)を頼んだ。他にも青りんごサワーやウーロンサワーなどもあるが、神楽坂としてはこのサワーの価格は安い。
つきだしは、あじの叩き(400円)である。これがうまいのである。チェーン居酒屋でよく出てくる売上げを上げる為の〈冷め切ったきんぴら煮〉等とは大違いである。
つまみは、煮込み(350円)、あつあげ(250円)、たこ刺し(500円)の3品を頼んだ。
どれも安くて、ちゃんとしている。

 レモンサワーの後は、新潟・吉乃川 燗酒大(550円)を呑む。寒い夜である。熱燗が身体にしみてゆく。
 ASIMO君と、旅行の話が出た。SAKURA と、可久桃鼓こと私の母、そして、OZAKI先生、ASIMO君、創間君の5人の「居酒屋探偵事務所」メンバーで、旅行に行こうという話である。以前に我が家で開いた「居酒屋探偵事務所研修会」の後で話が出たまま、立ち消えになっていた企画である。
 次の土曜日の午後に計画している「川崎昼酒ツアー」の際、その旅行の目的地に一番詳しいOZAKI先生と打ち合わせをしなければならないということになった。
 この日、世田谷線の世田谷駅近くの居酒屋「酒の高橋」で鍋を食べるという計画であった。その日がたまたま地元のお祭りの方々18名で店が貸し切りとなったという事実を知り、代替案として浮上したのが「川崎昼酒ツアー」である。

 さらに、とまと(350円)、しいたけ焼き(300円)をいただく。そして、レモンサワーをもう1杯づつ頼んだ。
 約1時間30分の滞在、2人で4,420円であった。つまみ5品、あじの叩きのつきだし2つ、サワー4杯、酒二合でこの価格である。神楽坂という場所にしては安く飲むことができたと思う。

 今回は悪酔いすることもなく、自身のルーツである場所を十分に楽しむことが出来た。お店の方々は大きな声を出すようなこともなく、全体にもの静かで、押しつけがましいところが無い。店全体が良い雰囲気をもっている。これは居酒屋にとって必要な美点である。
 心が疲れた時、静かに飲みたい時は、またこの店に来ようと思う。きっと先祖の霊が何かを教えてくれ、癒してくれるに違いない。


神楽坂 居酒屋「あまくさ」
住所 東京都新宿神楽坂3-2-4 万平ビル2F
電話 03-3260-9872
定休日 不定休
営業時間 17:00~25:30
交通 地下鉄有楽町線、南北線B3出口より徒歩2分・JR線飯田橋駅西口より徒歩3分


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 王子 十条 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる