赤羽 おでん「丸健水産」

居酒屋探偵DAITENの生活 第57回  2007年12月8日(土)  【地域別】  【時間順】



赤羽 おでん「丸健水産」

          にほんブログ村 グルメブログへ ←「東京食べ歩き」参加中。
 

 今回は、前回のVOL.56からの続きである。
 立ちのみ「いこい」を出た私とASIMO君は、赤羽で一番居酒屋が集中する地域に向かった。
 鯉料理と鰻の「まるます家」が朝九時から営業している。「まるます家」をランドマークとして、その周囲には、有名店が多い。もう一軒の鰻店「川栄」、様々なもつ料理が食べられる「八起」、堀切のモツ焼きの名店「のんき」の支店も最近出来た。

 しかし、今日は時間も早く、次の予定までの残り時間も少ない。そこで、選んだ店は前回の2007年8月18日(土)にも、やはり時間が無く、前を通り過ぎただけで済ませてしまった、おでんの「丸健水産」である。店は赤羽一番街商店街の中にある。商店街のアーケードの下にあり、雨を心配せずに買い物をしたり、食べたり飲んだり出来るようになっている。

 店は角地にある。一辺はおでん種が並んでいる。もう一辺の側がカウンターになっており、カウンターの中の四角い二つのおでん鍋の中で、おでんがグツグツと煮えている。いかにもうまそうである。おでんを買って帰る人の為にカウンターは空けておかなければならない。買ったものを持って、そばに置かれた二つのテーブルに移動して食べるのである。

 飲み物を選ぶ。私は缶酎ハイの王道、ハイリキ(250円)、ASIMO君は缶酎ハイの有名商品、氷結(250円)を選んだ。
 おでんは、生あげ2個、魚つみれ1個、チクワブ1個をお願いした。さらに、「ショウガ揚げの揚げたてがある」と親切に言ってくれる。ASIMO君の好物である。こちらはおでんには入れず、そのまま食べることにした。水産庁長官賞を受賞した「はんぺん」は、すっかり食べることを失念してしまった。

 寒い外での「おでん」。実にうまい。少しすると、店から親父さんが出てきて、私たちのテーブルがガタガタするのを見て、「ワンカップ」のビニールの蓋をテーブルの足の下に入れて、高さを調整してくれた。やはり親切である。

 ここで、本日、ASIMO君の為に用意してあった「サプライズ」の内容を彼に伝えた。
これからバスに乗るのである。この時点で、時間は午後2時50分。午後3時25分発のバスに乗る予定なので、まだ時間はある。
 しばらくして、先ほどの立ち飲み「いこい」で見かけたお客さんが「丸健水産」に登場した。お酒は飲まないが、おでんを食べて、わずか5分ほどで去っていった。
 「あの人も食べ歩きのブロガーなのかな、まるでスタンプラリーのように、すぐに去って行ってしまったね。」と話す。
 すると、ASIMO君が「我々も早めに切り上げて、1本早いバスに乗りませんか。」と言う。良い提案である。

 店に入った時間は午後2時40分。外に出た時間は午後2時55分。滞在時間はわずか15分間である。「居酒屋探偵」最短かもしれない。
 先払いだったお勘定は、缶酎ハイ2個と、おでん5個で1,070円であった。実に安い。

 近くのコンビニでトイレを借りてからペットボトルの水を購入。次に店に向けて、バスの中でリフレッシュ・タイムをとることにする。バスに乗ったのは、午後3時10分である。
 行き先の降車駅はASIMO君にまだ伝えていない。彼の横顔が楽しそうに微笑んでいる。


おでん「丸健水産」
住所 東京都北区赤羽1-22-8
電話 03-3901-6676
定休 日曜日 営業時間 10:00~20:00



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

赤羽 立ち飲み「いこい」

居酒屋探偵DAITENの生活 第56回  2007年12月8日(土)   【地域別】  【時間順】



赤羽 立ち飲み「いこい」


   にほんブログ村 グルメブログへ ←「東京食べ歩き」参加中。


 土曜日の午後である。昼間から酒を呑もうという場合、行く場所として最初に思いつく街、それは赤羽である。
 ASIMO君と二人、赤羽駅についたのは午後2時少し前であった。改札を出て右にすすみ、駅から出ると左方向に道が見える。その道を入って二つ目の十字路に出る、すると、向こう角にはキャバレー「ハリウッド」の巨大な「H」の文字が見える。その角を左に曲がり、少し行くと左手に今日の目的地「いこい」がある。

 この店は、年中無休である。しかし、前回の2007年8月18日(土)に、この店に来た時、私とASIMO君は「夏休み」の文字を店の前に貼られた紙の上に見てしまったのである。ゆえに、今回は今時の言い方をすれば、所謂「リベンジ」であった。

 店に入る入口は2カ所ある。右手の扉から入ると、入ってすぐ右側に、回りを10人程が囲みながら立つことの出来る、高いテーブルが4つほどある。そして、入って左側には、大きなコの字カウンターがある。周囲に30人程が立つことが出来るだろうか。コの字カウンターの真ん中は四角い空間になっており、その中央に店主らしき親父さんが一人立っている。六十代であろうか、矍鑠としており、目が鋭い。

 まずは、私はホッピー(360円)氷無しを、ASIMO君はレモンサワー(210円)を頼む。最初のツマミはマグロブツ(110円)を一つと、煮込み(110円)を二つ頼む。
 ASIMO君と千円札を一枚づつ出して目の前に置く。初めて入る店であるが、この店のシステムは解っている。品物をサッと出した親父さんが素早く千円札を取り、釣り銭を戻した。

 コの字カウンターの中の「親父さん」は、店の人間に次々に指示をする。「鯵を3つ作って」「それは、おばちゃんが一人でやって」「早く洗いものやっちゃって」とドンドン指示をする。
 客は次々と入ってくる。すぐに客に対応をする。常連客にギャンブルの結果を聞いたり、客の相手もサラリやってみせる。この親父さんのリズムとスピードで全体がコントロールされているのである。やや荒っぽいが「商機」を逃さない為であることは理解できる。
 今日は土曜日の午後で空いているが、混み合っている時間帯には、さぞ戦争状態であろうことが予想される。飲む方も飲ませる方も「戦い」に違いない。

 2杯目はレモンサワー(210円)と酎ハイ(180円)を頼む。イカ焼き(110円)、おひたし(110円)も追加。それからイカダンゴ焼き2本(220円)を最後に頼み、ASIMO君は3杯目のレモンサワーを頼んだ。

 ここで、入口から顔色の悪い一人の男性客が入って来た。その手には、最初から千円札が握られていた。千円札は強く握られている為に歪んでいた。その歪みにその男性客の「酒を呑みたい」という気持ちが込められているように思えた。すると、何故か心が少しうずいた。

 お勘定をお願いした。二人で1,940円であった。飲み物5杯とツマミが6品でこの価格である。一人970円。
 さて、今日は3軒廻る予定である。そして、3軒目の店の入店予定時間が午後4時である。先を急ぐことにした。午後2時から35分間の滞在であった。

(つづく)


赤羽 立ち飲み「いこい」
東京都北区赤羽1-3-8
電話 03-3901-5246
JR赤羽駅徒歩2分
定休日 日曜日
営業時間 月~土07:00~22:00 祝日07:00~21:30


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

赤羽「まるます家」~池袋「ふくろ」

居酒屋探偵DAITENの生活  第34回  2007年8月18日(土) 【地域別】  【時間順】



赤羽「まるます家」~池袋「ふくろ」


   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。



赤羽「まるます家」

 連日35度以上の猛暑日が続くこの夏、久しぶりに暑さが一時的に弱まった土曜日の午後、私とASIMO君は、相談の上、昼酒と決め込んだ。
 山手線池袋から田端を底辺として、埼京線の池袋から赤羽を左辺、京浜東北線の田端から赤羽を右辺とする三角形、東京城北地区の「居酒屋ゴールデントライアングル」へ再びの来訪である。

 前回は、王子で山田屋酒場に行き、そこから東十条に移動、東十条から十条まで歩いて、和田屋斉藤酒場の2軒を探訪した。今回は赤羽、十条、池袋の3カ所を訪問する予定だったが、私が午後6時から渋谷で用事がある為、前回訪問した十条は断念することにした。

 埼京線に乗って赤羽駅についたのは午後2時頃であった。赤羽駅東口側に出て、駅から1分の場所にある立ち飲み「いこい」を目指す。最初に目に入ったのは、「キャバレー太郎」こと福富太郎氏が経営するキャバレー「ハリウッド」である。すでに故人ではあるが、私の友人の父親がハリウッドの重役をしていたことがあるので、なんとなく馴染みがある。ハリウッドの斜め前に、有名な立ち飲み店「いこい」はあった。ところが、朝7時からやっている筈なのに、シャッターが閉まっている。前まで行くと、夏休みの告知が貼ってある。残念な気持ちで、次の店へと向かった。

 駅前に向い、道を渡って、駅前から見て北東方面に広がる「赤羽一番街商店会」に入ってゆく。左にカーブしている道を50メートルほど進むと左側の角地に今日の目的地「まるやす家」の提灯が見えてきた。

 中をのぞくと、コの字が二つ連なっている大カウンターがある。右側の端に4席空いているのを発見。二人であることを伝えて座る。ここで、ついつい左右に席を空けて座ってしまう。すると、「詰めて座ってくださーい」と言われる。こういう混んでいる店では当然のことである。

 まず、頼んだのはチューハイである。「チューハイ二つ」と言うと、「徳用にしますか?」と聞かれる。私たちの左隣の人の前に、それらしき物が置かれている。これだと思い、「お願いします」と答えた。短冊には「チューハイ徳用(950円)」と書かれている。1リットル入りの「ハイリキ」の徳用瓶である。ドンと置かれる徳用瓶のハイリキと、氷の入ったジョッキ二つ。ジョッキで4杯から5杯は飲める量である。本当に徳用である。
 チューハイで乾杯をする。思ったよりも甘さがなくて飲みやすい。
つまみは、「鯉のあらい(400円)」と、牛すじ煮込み(450円)を頼んだ。

 やがてやってきた煮込みを食べると、「この煮込みうまいですね」とASIMO君。同感である。煮込みを食べているうちに、ビールが飲みたくなってしまった。
「珍しいですね」とASIMO君に言われる。
サッポロラガービール大瓶(500円)を頼んだ。いわゆる「赤星」である。スーパードライなら飲まない。「赤星」だから飲むのである。
 次に頼んだつまみは、「うなぎのバラ身ポン酢和え(350円)」と「里いも唐揚げ(350円)」である。
 
 この店では、二つのコの字カウンターの中に一人づつ女性が居て、我々から聞いた注文を大声で伝える。すると、それを聞いた二つのコの字カウンターの真ん中の部分に立っている女将さんらしき人が再び甲高い声で復唱するのである。そして、目の前の板の上の釘にプラスチックのプレートをさしてゆくのである。これで、伝票なしで勘定が出来るのである。
 この作業が停滞した時、「ちょいまち~」と女将さんが歌うように言った。すると、お姉さんが「まってるわよ~」と歌うように答える。楽しいやりとりである。

 「うなぎのバラ身ポン酢和え(350円)」がやってくる。これがうまい。
さらに、「里いも唐揚げ」が来た。お姉さんが「おいもちゃんおまたせ~」と歌うように言った。この「里いも唐揚げ」がまたうまいのである。酒飲みはこういう単純でうまいものが食べたいのである。

 午後3時に勘定をお願いする。50分ほどの滞在で二人で3000円ぴったりであった。


 「まるます家」を出た後、すぐそばのおでんの「丸健水産」をのぞいた後、「OK横町」に入り、昼間からやっている何軒もの居酒屋をのぞく。「吉田類の酒場放浪記」でも紹介された鰻の「川栄」も発見した。まさに、「昼酒天国赤羽スタイル」である。


 池袋「ふくろ」

 赤羽駅から埼京線に乗り込み、池袋を目指す。途中で、名居酒屋が建ち並ぶ街「十条」に降りたい気持ちをぐっと抑える。時間がないのである。
 池袋についたのは午後3時30分であった。メトロポリタンプラザ側に出て、エスカレーターで地上へ。池袋西口公園前に出る。公園のすぐ前の路地に入るとそこに三階建ての「ふくろ」のビルがある。ビルの1階と2階がカウンター席、3階はテーブル席と座敷になっている。前回は3階の座敷だったが、今回は常連が座る1階のカウンター席を狙いを定めて入った。

 中に入ると、目の前に30人ほどが座れる大カウンターが広がっていた。説明しにくいのであるが、全体が大きなLの字になっていて、Lの字の上の方はコの字になっている。Lの時の下辺に店の入口があり、L字の上の部分にも、もう一つ入口がある。
 すでにたくさんの人たちが飲んでいた。L字の上の方、左側に空席があり、そこに座る。

 やはり、ホッピーである。焼酎の入った緑色のガラス徳利の1合ビン、氷の入ったサワーグラス、ホッピーの瓶、マドラー付の氷入れの4種が出てくる。焼酎が190円。ホッピー瓶190円、併せて380円である。これは、自分のペースでホッピーを呑める、最高の組み合わせである。ASIMO君も「これはいいですね」と感心していた。
 コースター代わりに「おしぼり」をグラスの下に1枚づつ敷いてくれ、これがテーブルが濡れるのを防いでいる。実に合理的である。

 私は、サワーグラスに入った氷を氷入れに戻し、ホッピー原理主義的に一杯いただく。

次の予定がある為、ここで残りの焼酎はASIMO君に提供してしまい、自分はホッピーのみの追加、「ハイレモン(160円)」と呼ばれるアルコールの入っていないサワー類の瓶を飲むことにした。

 つまみは、「タン塩焼き(400円)」、「刺身盛り合わせ(800円)」を頼んだ。刺身はマグロ、イカ、タコ、カンパチの4種であった。さらに、小柱かき揚げ(350円)、ウインナ(350円)なども頼んだ。

 途中、私たちの斜め左前に座っていた御老人が店の女性に何か言っている。よく聞いてみると、壁の時計が15分すすんでいることにクレームをつけているのであった。

 午後5時30分までに渋谷に行かなければならなかったので、このクレームは、私にも関係のある話であった。我々も15分すすんだ状態を信じて時間配分をしていたのである。

 言われた女性も「お店の時計なので~」と曖昧に答えている。きっと、意図的に15分すすめてあるのである。周囲を見まわすと、店内で問題を起こさないようにという内容の長い文章が何カ所にも貼ってある。池袋という地域で朝からやっている居酒屋である。色々と問題も起こるのだろうなあと改めて思い知った。

 「私はバスで帰る都合があるので、時計を本来の時間にしていただきたいだけなのです」と、老人は丁寧な言葉のまま怒っている。しかし、店側が直す様子もないことに痺れを切らしてか、勘定を済ませて出て行ってしまった。千円ほど払って、杖をつきながらフラフラと店を出て行く後ろ姿に「孤独」がまとわりついていた。

 「ふくろ」の2階席も1階と同じような大カウンターがある。我々がいる間も、1階に空き席があるのに、迷わず2階に上がってゆく一人客が何人もいた。きっと、1階と2階とでは、カウンター席にも雰囲気の違いが微妙にあるのかもしれない。次回は2階席に行ってみたいと思う。
 居酒屋にはドラマがある。ASIMO君も「ふくろ」が気に入ったようであった。また、「ふくろ」には、池袋東口にも支店がある。そちらにも行ってみたいものだと話し合った。

 午後4時50分、外にでる。1時間10分ほどの滞在、二人で3570円であった。


赤羽 まるます家
東京都北区赤羽1-17-7
03-3901-1405
定休日 月曜
営業時間 09:00~21:30


池袋 ふくろ
東京都豊島区西池袋1-14-2
電話03-3986-2968
年中無休
営業時間 平日07:00~24:00(2、3階16:00~24:00)日曜祝日07:00~23:00)
JR「池袋駅」西口徒歩1分
ホッピー有

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

ホッピー情報
居酒屋ファンの間で売れている三栄書房の「TOKIO古典酒場」でホッピーに関する「ホッピー酒場の南限・北限を探る!」という募集をやってます。【投稿募集期間】2007年8月8日(水)~2007年9月28日(金)。詳しくはこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

横浜 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる