雑色 居酒屋「ふないち」

居酒屋探偵DAITENの生活 第467回 2012年1月12日(木) 【地域別】  【時間順】



※2012年1月11日 890,000カウント通過。感謝!

雑色 居酒屋「ふないち」


  雑色ふないち外観


   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。

   電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←居酒屋短編小説を発表中(無料)。「新岳大典」で検索。


 
 忙しい日々が続いている。
 ゆえに、探偵生活をする時間が無くなってしまっている。
 でも、過去をふり返って、忙しくない時期、暇な時期が自分の人生にあったのか考えてみれば、まったく思い出すことが出来ないのである。
 昼も夜も夜中寝ている時以外は何かをやっているのである。その上、「居酒屋探偵daiten」としてブログを始めてしまってからは、本来なら単なる「楽しみの時間」であるはずの「居酒屋で酒を呑む」ということも、ほとんど取材であり、今やまるで「仕事」のようになっているのである。御相談にもいくつかのっていたり・・・。ゆえに、最近は趣味の「小説」を書く時間も無いのである。また、SAPと劇集団咲良舎の公演企画がついに動き出し、今年はますます忙しくなりそうである。

 そんな忙しい中、川崎でのある用事を済ませた後にまとまった時間が出来た。
 最初に思い出したのは、以前からずっと紹介したかったお店である。京急川崎駅まで行って京浜急行の各駅停車の電車に乗った。そして、二駅目の「雑色」で降りた。
 まず、頭に浮かんだのは、蒲田地区の居酒屋を紹介されている「KIMIMATSU」さんの行きつけのお店、雑色の居酒屋「ふないち」さんである。
 
 雑色駅は改装工事中であった。品川方面のホームは高い位置にあり、川崎方面のホームは元の地上のままだった。階段を降りて改札口を出る。踏切を渡って東側へ。そこに「雑色商店街」の一部のアーケード商店街を歩いて、国道15号(京浜第一国道)を渡る。そのまま、渡った先には「水門通り商店街」が続いている。すでに、午後9時近くなっていたので左右のお店の多くは閉まっており、商店街は暗く静かだった。

 右手に居酒屋「ふないち」を発見。水門通り商店街は600メートルと、比較的長い商店街なので、もっと先まで歩いてみることにした。そして、ある小さな居酒屋さんに入ってみた。常連の皆さんが静かにお酒を飲んでいるお店である。なかなか良いお店であった。30分ほど滞在してみる。しかし、そのコミュニティを壊すことを恐れ、今回は紹介を見あわせた。
 
 「水門通り商店街」を歩いて戻り、居酒屋「ふないち」さんの前まで行った。
 引き戸を開けて中に入る。右手にはカウンター席が6席。左手に二人テーブルが二つ。奥の方は普通の小上がりよりも高い位置に座敷がある。さらに2階にも席がある様子。

 カウンター席は常連の皆さんで満席。そこで、左手前の二人テーブルに座らせてもらった。ちょうど、店の入口に向かって座ると、目の前の冷蔵庫の上のテレビがよく見える。反対側の席に荷物と上着を置かせてもらう。
 
 カウンターの中に大将と若い女将さんらしき方。女将さんから大豆煮のお通しを受取り、黒のホッピーセット(450円)を氷無しでお願いする。大豆煮が美味しかった。

 とても忙しそうなので、女将さんが他の方の飲物を取りに来られた時に料理を注文することにした。
 カウンターの上に掲げられたホワイトボードのおすすめメニューの中からサービス刺身の盛り合せ(800円)と納豆オムレツ(450円)を頼む。

 店内の常連の方々のお話が面白い。年齢層が高めなので、「トニー谷」の話題が出た。久しぶりに聞く名前である。「ざんすざんすでさいざんす」というフレーズが懐かしい。

 さらに、とりもも正肉(120円)を2本焼いてもらった。

 納豆オムレツを出してくれる前と、つけてくれる生野菜に添えるのは、ドレッシングかマヨネーズか聞いてくれる。「何もいりません」と答える。生野菜に何もつけないで食べることが多い。妻は「虫みたい」という。

 壁の焼酎メニューがボトル売とグラス売で一覧表になっていて見やすい。
 お酒メニューの中からにごり酒菊水五郎八(500円)を頼む。

 とりもも正肉の大きさに驚かされた。とり肉好きにはうれしい。

 「たった一人で会話もせず呑んでいて楽しいのか」と聞かれる時がある。
 冒頭でグチを書いてしまったけれど、実はこの孤独な取材モードが楽しいのである。嫌なことも忘れさせてくれるのだ。
 しかし、奥の座敷で大人数でいろいろ食べてもみたいとも思う。

 サービス刺身の盛り合せは新鮮であり、つまもシャキシャキとして美味しかったので全部いただく。
 刺身の次にキスのてんぷら(580円)をお願いする。塩にするかてんつゆか聞かれたので、塩でいただくことにした。塩でいただくのがやはり正解であった。ふっくらとしたキスの食感を味わうことが出来た。
 
 ここでトイレにたった。場所は座敷の左手奥である。座敷は四人卓、六人卓、八人卓の三つ。
 たくさんの皆さんが座っていらっしゃる。まるで親戚の家に行った時の正月の茶の間のようである。

 刺身の中の「肉のようなもの」をあえて残しておいて、女将さんがいらした時に聞いてみた。やはり「クジラ」とのこと。美味しくいただいた。
 「くじらそんなに癖がなかったでしょ」と女将さん。「ぜんぜん」と答える。癖がなく美味しい。

 宴会の皆さんが帰ると、一期に静かになった。もう遅い時間になっていた。にごり酒を飲み干して帰ることにする。

 午後9時50分から11時まで1時間10分の滞在。お勘定は3220円であった。


 雑色ふないち ←お年賀

 御年賀のチョコレートをいただく。噂通りの良いお店であった。しかし、「御年賀」をいただいたから書くわけではない。本当に良いお店だったのである。焼き物も刺身類もてんぷらも様々な料理が食べられる、地元の方々に愛される個人経営のお店。私にとっての理想のお店の形である。



 雑色ふないち看板


雑色 居酒屋「ふないち」
住所 東京都大田区東六郷2-13-8
電話 03-3735-2945
定休日 月曜日
営業時間 17:00~23:00
交通 京浜急行雑色駅下車徒歩3分



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

雑色 もつ焼き「ジャンボ大塚」

居酒屋探偵DAITENの生活 第330回 2010年3月13日(土) 【地域別】  【時間順】




雑色 やきとり「ジャンボ大塚」



  雑色やきとりジャンボ大塚外観   ←クリックお願いします。  にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  ←クリックお願いします。

 

 前回の人気店では、遅い時間の入店の為、食べ物の種類が残り少なかった。それゆえに、満足とまではいかない気持ちをいだきながら外に出た。次回に期待したいと思う。
 その店の前の十字路に立ち、廻りを見廻してから北東方向へと歩いた。二つ目の十字路を左に曲がり進む。すると、右から左へと斜めに走る道に出た。ちょうど変形五叉路のようになっており信号がある。バス通りだ。辺りには、寿司店、そば店、酒屋、居酒屋などが集まっていた。そのまま、バス通りを斜めに歩き始める。すると、左手に「ジャンボ大塚」と書かれた看板を発見。「ジャンボ」というとタコ焼き店やラーメン店を私は思い出す。しかし、所謂「やきとりと看板に書かれたもつ焼き店」であることがすぐに解った。

 路地を曲がると何かが待っているかもしれないという予感。いや、前に進む為にその予感がつくってしまうのかもしれない。その作られた予感の通りに現実がなったのである。
 うれしくなって、入口を開ける。初めての店に入る時のこの気持ちは独特である。入口が開くとHAPPY BIRTHDAY TO YOUが流れた。独り笑ってしまう。誕生日の日に来店した人はうれしいかもしれない。

 入ると右手すぐが焼き台になっており、その先のカウンター席は六人掛け。左手には四人テーブルが三つ並ぶ。一番奥のテーブル席に野球帽の男性二人。人生の先輩の方々である。カウンター席の中央辺りに男性客一人。
 客席の一つに座っていたママさんが立ち上がり私を見る。

 「いらっしゃい」
 「1人なんですが・・・」
 「どうぞ、そちらへ」
 カウンターの一番手前の席に座る。ママさんも人生の先輩である。

 ママさんにトマトサワー(400円)を頼んだ。トマトサワーは好きである。
 「何かできるまでつまんでね」と言って、ママさんがマグロのぶつ切りを出してくれる。このマグロが美味いのだ。
 
 トマトサワーを飲みながら店内を見る。
 「内臓料理でスタミナつけて元気になろう、ママより」と目の前のカウンターに書いてある。

 店の奥の高い位置にブラウン管アナログテレビがある。静かな店の中で音を抑えたテレビの音が心地よい。まだマグロしか食べていないのに少しずつ元気が出てくる。
 カウンターには無造作にティッシュが置かれ、みつかん味ぽんの瓶もある。

 「焼き物いいですか?」とママさんに聞いてみた。
 「どうぞ」とのこと。なんこつたんはつ。各90円を一本ずつ頼んだ。塩でお願いする。
 うずら焼き(120円)もあった。うずらは前の店にもあった。もつ焼き店がうずらを置くのはこの辺りの地域性なのであろうか。
 
 焼き台から聞こえる団扇の音が静かな店内に響く。
 アルマイトの皿へ最初に焼けた一本を乗せて持ってきてくれ、次々に焼けた物から少しずつ出してくれる。このやり方は雑色流なのだろうか? ここは肉がおおぶりである。やはり、このくらいの大きさは欲しいものだ。味も美味しい。そういえば、店の外に貼ってあった紙に「中身で勝負」という言葉があったことを思い出す。

 やがて、テレビでは定番の夕方の釣り番組が始まった。
 常連の皆さん同士の話が面白い。知らないふりをして、話を聞かせてもらっているだけでも楽しい。
 釣りに行く時の弁当や競艇の会場での食事でも梅干しは食べては駄目なのだそうである。一種の「験担ぎ」である。
 
 昔なつかしいハイボール(400円)をお願いする。
 川崎や羽田や多摩川での釣り談議がさらに続く。話が一区切りついたところで、モロキュウ(150円)をママさんにお願いした。
 それほど、有名店ではない、しかし、実に落ち着くのである。元は屋台で営業していたそうである。

 帰り際に営業時間を聞くと、なんと昼の12時から夜9時までの営業とのこと。定休日は日曜・祭日。
 「トサツバに合わせて休んでいるんですよ」とママさん。

 ママさんに優しく送り出してもらったのは午後6時ちょうどであった。午後5時20分の入店であるから40分の滞在であったろうか。お勘定は1,420円。計算するとお通しのマグロぶつは200円ということになる。安い。
 外はすっかり暗くなっていた。しかし、心は明るい。満たされなかったものは、思いの外すぐ近くで満たされた。今日一番の収穫であったかもしれない。
 

 すぐそばにあった京浜急行バス・東六郷一丁目のバス停に立つ。通っている路線は蒲41蒲42蒲43蒲45の4つである。ちょうど来た蒲43・18時9分のバスで蒲田へ向かった。座席に座り、車窓から外の灯りを追う。バスの中は暖かい。緩くなった瞼が灯りを明滅させ、やがて、気づかぬまま、ひとときの闇が訪れた。
 
 ※  ※  ※

 蒲田を少し歩いた。某名店が今日は営業していた。店の前を通りながら中をのぞく。相変わらず入り憎い雰囲気。今日は時間が無いので我慢をして帰ることにした。

 ※  ※  ※

 追記

 こちらのお店はあくまで地元の皆さんのお店であることを痛感した。このゆったりとした雰囲気を壊さないようにしたいものである。これは酒場巡りをする者の一人として、やはり考えなければならない点である。



 雑色やきとりジャンボ大塚赤提灯

雑色 やきとり「ジャンボ大塚」(もつ焼き)
住所 東京都大田区東六郷1-25-11
電話 03-3734-7873
定休日 日曜・祝日
営業時間 12:00~21:00
交通 京浜急行京急雑色駅下車徒歩7分


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

雑色 もつ焼き酒場「三平」

居酒屋探偵DAITENの生活 第329回 2010年3月13日(土) 【地域別】  【時間順】




雑色 もつ焼き酒場「三平」



  雑色もつやき酒場三平の北西側の入口   ←クリックお願いします。  にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  ←クリックお願いします。

  ↑お店の北西側の入口

 
 前回の店を出て、京急川崎駅から京浜急行に乗った私が降り立ったのは多摩川を渡ってすぐの六郷土手駅であった。まだ時間は4時前である。六郷土手駅周辺を歩くもそれらしい居酒屋も角打も無い。すぐそばを通る第一京浜国道を歩き始めた。国道沿いには特に何もない。1キロメートル以上歩いたところで、左手に雑色がある十字路に出た。第一京浜国道を渡り、雑色駅とは反対方向に続く商店街を歩き始める。水門通り商店街である。しばらく歩いて、料理がうまいと評判のある居酒屋の前を通った。まだ店内を掃除中の様子である。今回はあきらめることにして、さらに先へ歩いた。
 特に目的は無いのである。歩き始めると足が止まらない。ついに商店街のおしまいまで行ってしまった。

 早い時間に売り切れ必至のある店へ行ってみることに決めた。しかし、どちらに向かっているか解らない状態になっていたのである。実は、この自分がどちらに向かっているか解らないという状態が好きなのである。携帯を使えば地図が見られる。簡単に自分の位置が解る。それでは面白くないのである。右斜めの方を見ると、多摩川の土手らしきものが見えた。頭の中の怪しい地図と見比べる。左方向へ歩いて行く。羽田方面へ向かうバスが通り過ぎる。この道を進んではいけないことに気づく。ここで、我が機は左に大きく旋回する必要があることを知る。セブンイレブンの前に出る。トイレを借りる。それから販売している地図を見たいという気持ちになる。それを抑え、外に出て左に曲がった。地番は南六郷2丁目である。ここで携帯電話の中に入っている目的の店の住所を見たいという欲求にかられてしまう。ついに住所を見てしまった。
 ここからは早い。東京都大田区南六郷1-8-5という頭の中に入った番地と道路脇の様々な住所表記とを照らし合わせながらどんどん歩く。小さな商店街に出て進む。角店の北東側からのアプローチであった。その店はあまり有名になってしまったもつ焼きの店、もつやき酒場「三平」である。
 
 北東側からは入らず、北西側の入口から入った。入って右手にはテーブル席が並んでいる。左手奥には、強面のマスターが立つ焼き台があり、その前にコの字カウンターがある。ただし、コの字の角の一つが斜めになっている変則的なコの字カウンターだ。テーブル席に2つのグループ。カウンターには4人グループとカップルが一組。比較的空いている。
 コの字カウンターの端、焼き台のマスターから見たら左の端に座った。マスターの背後には調理場があり、そこに男性と女性が立っておられた。
 女性の方が出てこられて、カウンターに座ろうとした私に「もう、焼き物はかしらしかないんですよ」とおっしゃる。
 「はい、いいですよ~」と答え、マスターの背後の焼き物の札は、たしかに「かしら」「うずら」だけである。
 「かしら3本とうずら1本、それからレガッタをお願いします」
 「たれですか?」
 「はい、たれでお願いします。」と答える。

 レガッタ(480円)とはウィスキーのウーロン茶割りのことである。「三平」発祥の飲み物であるらしく、特に大田区の東部地区のお店で飲むことの出来る飲み物である。考えてみれば、焼酎のウーロン茶割がどこの居酒屋でも普通に飲まれている中、その焼酎をウイスキーに変えてみるという発想に何の不思議もないのである。
 そして、レガッタにはポッキーが1本だけ挿してあるのである。スナックなどで、つまみとしてポッキーが出てきた時、ウイスキーの水割を飲みながら、ポッキーを一本とって、それで水割りを混ぜたりする、あの感じなのだろうか。

 レガッタを飲みながら、店内を見廻す。焼き台のマスターの正面の壁には先代らしきご夫婦の写真が貼ってある。
 マスターがかしらの一本目とうずらを出してくれる。短めの串に刺されたややこぶりの肉片のかしらは柔らかい。
 レガッタを口にする。少しあって、また一本かしらが出てくる。半生であるが気にせず食べる。レガッタを口にする。さらに三本目が出てくる。

 たくあんを少しだしてくれた。日本酒一合(250円)をお願いする。黄桜は250円、剣菱は330円と書いてある。
 ここの日本酒はタヌキの形をした特別なとっくりを使っている。二合のとっくりは無いのかとのお客さんの質問に対して、昔はあったのだけれど割れてしまって今は残っていないのだとの答えであった。

 次に何を食べるか考える。考えてみてもあるのは「かしら」のみである。塩で頼むことにする。

 「かしらを塩で2本お願いします」と言う。

 かしら塩が来るまでに、塩豆を出してくれた。第95回で紹介した西日暮里のもつ焼き「菊一」を思い出す。
 
 コの字カウンターの反対側のカップルの若い男性がお店の方からティッシュをもらい、塩豆をくるんで持ってかえられた。若いのに偉いではないか。食べ切れなければ持ち帰る。よいことである。 

 かしらが塩で2本出てくる。私としては塩の方が好きだった。2本目にはさらに青のりをかけて食べる。一つの種類の肉を続けて食べる工夫である。
 壁に、「本日は6時閉店です」と書いてあった。土曜日に6時に終わってしまうというお店も珍しい。5時になった。外の暖簾が仕舞われた。店内の片付けも始められる。

 お勘定をお願いする。金額は1,270円。午後4時35分から5時5分まで30分の滞在。
 肉は「かしら」だけだった。しかし、食べられただけ運がよいと思う。

 一つ、面白い発見があった。私が勝手にもっていた「無口で頑固なマスター」というイメージはまったく違っていた。たまたま忙しくない時間であったからかもしれないけれど、今日のマスターはよく話してくれた。

 外に出る。少し気温は下がってきたけれど、まだ明るい。本当はそろそろ帰らなければならない時間だ。しかし、また歩きはじめてしまう。行き先は決まっていない。路地を曲がるとまた何かが待っているかもしれない。


 (つづく)

 
  雑色もつやき酒場三平外観北東側 ←お店の北東側の入口

雑色 もつ焼き酒場「三平」
住所 東京都大田区南六郷1-8-5
電話 03-3732-1468
定休日 日曜・祝日
営業時間 平日14:00~21:00 土曜12:00~18:00(売切れ次第終了)
交通 京浜急行京急雑色駅徒歩8分


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 蒲田 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 二俣川 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 王子 十条 世田谷 山下 豪徳寺 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる