鵜の木 おうち酒場「優味恵」第2回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第534回 2013年11月22日(金) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】





鵜の木 おうち酒場「優味恵」 第2回


  ~ 完全禁煙酒場にて小宴会 ~


  鵜の木おうち酒場「優味恵」提灯


 
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→


 
 久しぶりに会う友人3人と飲むことになった。
 普通のチェーン居酒屋では満足できないメンバーである。どこでも良いという訳には行かない。さらに、4人のうち2人は煙草をやめた元喫煙者、残る私ともう1人も煙草を吸わない。私の友人には煙草を吸わない人が本当に多い。そこで、頭に浮かんだのが「完全禁煙酒場」のあのお店である。
 待ち合わせた場所からタクシーで向かったのは、鵜の木の住宅街のど真ん中にポツリとある居酒屋さんである。
 運転手さんに道を説明しながら行くと、「この先の1軒だけあるお店ですよね」とのこと。
 どうやら、城南地区を走るタクシー運転手さんの間でも知られているお店のようである。

 鵜の木 おうち酒場「優味恵」さん。前回紹介したのは2013年4月5日第513回であった。

 お店の前でタクシーを降りる。友人たちは初めてなので、外観が普通のお宅であることに驚いていた。
 表に赤提灯と暖簾が無ければ通り過ぎてしまうかもしれない。

 「中に入ったら、左手に靴を入れる靴箱があるから靴を入れてくださいね、靴を脱いであがる店なんで」と友人達に説明する。

 中に入り、「予約していた・・・」と言う。
 すると、カウンターの中からお着物を召されたママさんが登場。
 「新岳さんですね、どうぞ」とおっしゃる。

 入って、右手の出窓前の席が予約席になっていた。
 そこに男4人で滑り込む。

  一杯目生ビール(290円)を4人分、四杯頼んだ。
 お通しは牡蠣のカナッペキムチ。一日働いて疲れた男たちは、この最初の塩分補給がうれしいのである。

 生ビールが身体に染みてゆく。一杯目生ビールというネーミングもよい。

 つまみは、おすすめボードに書いてあった名古屋もつ煮(550円)と牛スジ大根煮込み(550円)をお願いする。

 「いい雰囲気ですよね、本当によその家に遊びに来た感じですね」と友人。全員、予想以上の好印象とのこと。

 すぐに、焼酎のボトルをお願いする。芋焼酎黒霧島ボトル(2500円)。
 キープせず、飲みきってしまうのは間違いない。
 そして、お湯割用のお湯梅干し四つ、割りものとしてのウーロン茶ホッピー瓶も頼んだ。それぞれ勝手な割り方で飲む為である。
 ママさんは一人きりでお店をやっているので、単品の飲物を頼むよりも良いと思ってのことである。

 名古屋もつ煮牛スジ大根煮込みと次々にやってくる。どちらも美味しい。

 メニューを見ながら気になる物をそれぞれ注文。全員一致で本日の大きなピザ(890円)と本日の刺身(390円)を二人前頼む。

 本日の刺身が出てくる。マグロ赤身であった。きれいな赤身である。トロより赤身好きの私としては好都合。
 
 本日の大きなピザ(890円)がやってくる。どんどん食べてしまう。芋焼酎も確実に無くなってゆく。

 本日のつくね焼き(450円)と本日の出し巻き卵(250円)も頼む。本日シリーズ4つ連続であった。やはり、独りで飲むよりもいろいろな物を少しずつ食べることが出来るのが良い。

 最後に生ハムチークラ(390円)で締める。生ハムとチーズがクラッカーにのっている。こういうちょっとした物がまたうれしいのである。

 午後7時から9時まで2時間の滞在。お勘定は4人で10,490円。みんな、思っていたよりずっと安いと喜んでいた。

 完全禁煙酒場で空気も良く、店の雰囲気も良かった。
 せっかくのあの雰囲気を壊すお客様が出てこないことを祈る。

 友人たちは「落ち着きますね、また、来たいですね」と口々に言っていた。

 完全禁煙酒場での小宴会は大成功であった。

 

  鵜の木おうち酒場「優味恵」提灯

完全禁煙
鵜の木 おうち酒場「優味恵」 
住所 東京都大田区鵜の木2-48-4
電話 03-3758-2176
営業時間 木・土18:00~24:00 金17:00~24:00
営業日 木・金・土 / 定休日 日・月・火・水
交通 東急多摩川線鵜の木駅から徒歩5分/下丸子駅から徒歩6分
公式サイト http://www.yumiejapan.com/




ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

鵜の木 焼き鳥「とりふく」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第519回 2013年6月5日(水) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】



※2013年6月15日 1,160,000カウント通過。感謝!

鵜の木 焼き鳥「とりふく」


  ~ 美しき命をいただく ~



  

  
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクがあります→


 散歩が好きである。
 足、膝、腰に痛みがあり、整形外科に通っているのに、独り歩くのが好きなのである。
 馴染みのない街を歩くのが好きだ。よく知っている街でも、今まで通ったことの無い道、路地に入ってみるのが楽しい。
 頭の中に地図を描いていて、その地図が「実像」として過去の記憶とつながると、心の平安を覚えるのかもしれない。
 だから、本当は歩くことそのものではなく、目の前の「光景」が変わることが楽しいのかもしれない。
 細かく見るには、車よりも自転車よりも歩くのが一番よいのだ。
 静かに歩いて、次々に変わる「光景」を処理してゆく、脳の血流がよくなる。何よりのストレス発散だ。
 
 多摩川線沿線の街を歩いた。多摩川駅から二つ目、蒲田から四つ目の駅、鵜の木駅周辺である。
 鵜の木駅の周辺には商店街になっている道筋が2本ある。蒲田寄り踏切の蒲田方面と多摩川方面の両方の改札に面した商店街と、改札の無い、多摩川寄り踏切の側の商店街の2つである。
 その商店街を歩いている時、ずっと前の記憶が甦った。間口も狭く、初めての人は入りにくいかもしれない。業態は焼き鳥店。店名は「とりふく」である。(下写真)

 


 白い暖簾をくぐり、店内に入ると、右手にL字カウンターがある。入口側から奥に向いて座る席が2席、右手を見て座る席が手前から奥にかけて6席並んでいる。合計8席のみのカウンター席である。一番奥にテーブル席がありそうな空間がある。後でトイレに立った時に見てみると、五人と二人のテーブルがあった。しかし、あまり普段は使っていない様子であった。

 右手の2席の部分に男性客一人、奥の方に男女のお客様、その手前に女性客一人である。一番手前の角の辺りに座った。ちょうど、焼き台がカウンターの中にあり、焼き台で焼くマスターと向かえ合わせの位置である。よい場所である。焼き台の上の焼き物の様子がアクリルの板をはさんで良く見えるようになっている。

 アクリル板の隙間からマスターが「お通しです」と言って、大根おろしにうずらの生卵がのったものを渡してくれる。

 生ビール(600円)をお願いする。ジョッキではなく大きめのグラスビールという感じである。

 メニューをじっくりと見る。シンプルなメニューの内容。まさに、鶏を食べされる店である。
 まずは、ぼんじり(200円)とせせり(300円)をお願いする。

 おすすめ焼き鳥コース(1500円)がある。
 内容は、焼き鳥六本、ミニサラダ付である。
 先客の皆さんはこれを頼んでいるようだ。ゆっくり一本一本出してくれる。つくね、ねぎま、レバー等々。

 カウンターの中の静かなマスターが炭と戦っている。

 ぼんじりせせりが出てくる。
 せせりがうまい。肉をかみ切る時の歯触りの良さが楽しめた。
 ぼんじりは、アブラが甘く、やはりうまい。

 一般的な「やきとり」とは違う。
 酒を飲む為のつまみとしての「やきとり」ではない。
 鶏肉そのものの旨みを楽しむ店である。

 次に、はつ(200円)とねぎま(200円)をお願いする。

 メニューの左端に4種類が別に表記されていた。どれも300円である。
 そこには「希少部位は数に限りがございます」と書いてあった。
 そりせせりはつもととっくりである。

 野菜焼きもある。ししとう(200円)、長ネギ(200円)、ズッキーニ(300円)、しいたけ(300円)。

 一品料理も少しある。
 レバーのテリーヌ(600円)が気になった。
 パンにつけて食べるそうだ。山梨のアルガーノというワインと一緒にいただくと良いとのこと。
 とりわさ(600円)と胸肉のたたき(700円)も期待できそうである。
 
 焼き台の上を見る。一本一本、丁寧に焼かれてゆく。
 小さな心臓が串を打たれ、並んでいる姿を見る。鳥の「はつ」は美しい。
 「はつ」が焼き上がった。一つ、一つ、口にいれてゆく。うまい。
 まさに、「命」をいただいている気持ちになった。

 マスターに相談をして、いも焼酎黒丸(500円)をロックでいただく。

 そして、ねぎまである。鶏肉好きの私にとって満足の出来る味であった。

 店内に流れるのはJAZZ。あまりにも焼き物の焼ける様子に集中していて、店内の音楽のことも気づかずにいた。

 マスターの手がすいたところで聞いてみる。

 「そりは〈どこ〉なんですか?」
 「モモの内側の部位なんですけど」
 「珍しいものなんですね」
 「今日は一本だけあります」
 「それじゃ、その一本をください」

 「そり」(300円)を頼んでしまった。
 焼く前に「そり」を見せてくれた。新鮮なピンク色の丸い塊が二つ、一本の串に刺してある。
 
 おもわず、「美しい」とつぶやいてしまった。

 焼きあがったものをいただく。
 焼いてもらうと、ギュッとしまったまん丸の肉の塊になった。

 マスターは素材について、きちんと静かに話してくれる。
 お酒のことも、細かく対応してくれる。
 このやりとりは大切である。
 日本のお酒には作る過程に「物語」がある。日本の食材もそうである。
 これから我が国がこれらを世界に売ってゆくには、この「物語」を伝えられる「かたりべ」が必要だ。
 
 マスター一人で奮闘である。
 合間を見て、お勘定を頼んだ。

 「ごちそうさまでした。」
 「そりはどうでしたか?」
 「すごいですね。」
 「弾力があるでしょう。」
 「はい、とても美味しかったです。」
 「また、お願いします」
 「また、来ます」

 贅沢な時間を楽しむことが出来た。
 6時50分から7時50分まで1時間ほどの滞在。御勘定は2,620円だった。

 外に出る。
 周辺のお店のシャッターは閉まっていた。
 商店街の人通りは少ない。
 夜の道を歩き、散歩の続きである。
 すっかり足や膝の痛みを忘れていた。
 あの「そり」を食べたからであろうか。
 
   ※   ※   ※

 2013年6月16日追記 2013年6月15日に放送されたテレビ東京の「出没!アド街ック天国/日本橋茅場町」の中で、ソリレスとして紹介され、価格は1本400円であった。
 ちょっと調べてみた。ソリレスの略が「そり」のようだ。
 仏語で「馬鹿はそれを残す」という意味とのこと。それだけうまいということである。


 
鵜の木 焼き鳥「とりふく」
住所 東京都大田区鵜の木2-15-19
電話 03-6312-7026
定休日 月曜日他不定休
営業時間  17:30~23:00
交通 東急多摩川線鵜の木駅下車徒歩3分。


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

鵜の木 おうち酒場「優味恵」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第513回 2013年4月5日(金) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】




鵜の木 おうち酒場「優味恵」

  ~ 完全禁煙酒場にて ~

  鵜の木おうち酒場「優味恵」外観
  
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクがあります→



 某テレビ番組のナレーションのように言うとしたら、次のようになるのかもしれない。
 「まず、一番最初に有権者の皆様にお訴え申し上げたいことは、こちらの居酒屋さんが「完全禁煙酒場」であるということなのです」
 
 1年ほど前からお店のホームページを発見していた。実際に近くまで行って場所も確認していた。とても行きたいと思っていた。
 しかし、なかなかスケジュールが合わなかったのである。
 その理由は、こちらのお店の「定休日」にあった。実は、定休日が日曜、月曜、火曜、水曜の四日間。
 いや、営業日が木曜、金曜、土曜であると言わなければいけないのかもしれない。

 数週間前に、いつものように探偵事務所で呑んでいる時、御一緒になったY氏からすすめられたお店がこちらであった。リアルな情報を得て、ますます行ってみたくなったのである。

 金曜日の夕方、時間が少し出来たので、タクシーを飛ばした。
 住宅街の中に一軒だけあるお店である。
 タクシーが去った後、静かな住宅街に一人立つ。そして、お店を撮影する。
 白い壁である。
 入口の右側には三方にガラスの入った出窓が壁から突き出ており、レースのカーテンとガラス越しに室内の天井が見える。まるで、よそ様のお宅の居間を覗いている感じである。

 入口の前には暖簾。左手に赤提灯が下がっている。入口の上に「おうち酒場 優味恵」の文字。
 暖簾をくぐり、左にスライドする扉を開けて中に入った。店内はにぎやかな様子。
 そこは玄関であった。靴を脱ぐ。左手の下駄箱に靴を入れる。初めての方は戸惑うかもしれない。
 
 店内はフローリングの床。右奥の方にL字カウンターがあった。左から右に三人、手前から奥に三人が座れるカウンター席は合わせて六席。そこには、カジュアルな身なりの地元御常連らしき男性が二人座っておられた。
 手前右手の出窓前に四人掛けテーブル席があり、カウンター席の椅子を借りているのか、そこに五人の男性客。
 左手に四人席があり、その席の向こう側の高い位置にテレビがのせてある。こちらにも男性客が二人。
 
 男性客ばかりである。
 
 カウンター席の奥の方から二つ目の席にすべり込ませてもらう。店内の照明は比較的暗く、落ち着いた雰囲気を演出している。

 こちらでは、時間を区切ってのハッピーアワーではなく、「生ビール1杯目」(290円)というメニューがある。2杯目からの「生ビール」は450円となっている。実は外にもこのことが書いてあった。

 席につくと、カウンターの上には様々なお酒が並んでいてカウンター内の調理場はみえにくい。中で忙しく働く若いママが奥の方から顔を出す。美人である。しかも着物美人。噂は真実であった。

 やはり、この生ビール1杯目(290円)をたのむことにした。
 お通しは、奴豆腐にメカブがのったもの。お通しを食べ、生ビールを飲む。喉が渇いていたのでうまい。
 定番のメニューの中から本日の出し巻き卵(250円)を選び、カウンターの上に掲げられた手書きメニューからマグロカルパッチョ(450円)を選んだ。カウンターの中でもう一人の女性が料理を作っておられる様子。
 
 出窓前の五人グループのお仲間の男性が二人来られ、四人掛けのところに七人がすわる盛況となった。どうやら近くの大企業の皆さんのようである。

 だし巻き卵は、大きなものをケーキのように切って提供される。美味しかった。カルパッチョは野菜がいっぱいである。

 さて、2杯目はヨーグルトハイ(390円)。無糖のヨーグルトで焼酎を割ったものである。ちょっと、マッコリのような感じでうまい。この飲み方を気に入ってしまう自分がいる。

 さらに、男性二人組の仲間の男性一人がお店を探しながらやってこられた。

 普通のお宅のダイニングキッチンのように思える場所、そこに、十三人もの男性があがりこんで楽しそうに呑んでいる。しかも、完全禁煙。それが面白い。

 「この中暑いですか?」と、ママに笑顔で聞かれる。
 「そうですね・・・お客さんが一杯ですからね」と、笑顔で答える私である。

 「ホッピー白を氷なしでお願いします」とたのむ。
 
 冷えたジョッキに焼酎が入り、冷えたホッピーが出てきた。私が勝手に決めている、ホッピーセット価格ボーダーライン400円以下の390円だ。良心的である。

 ホッピーを呑みながらスマートフォンを使う。yousaku氏濱也耕誠氏探偵事務所Mマスターとメールのやりとりもあった。
 ソフトバンクのWi-Fiスポットになっているので、ネット環境も整っている。

 さて、帰らなければならない時間となってきた。御勘定をお願いする。

 6時50分から7時50分まで1時間ほどの滞在。御勘定は2,110円であった。
 小銭を出してピッタリ払うことが出来た。気分がよい。

 笑顔でおくられながら外に出る。防音がしっかりしているのであろう。お店の外は静かである。

 暗い住宅街を歩いて多摩川線の鵜の木駅を目指した。

 どうも不思議に元気な自分がいた。



  鵜の木おうち酒場「優味恵」提灯

完全禁煙
鵜の木 おうち酒場「優味恵」 
住所 東京都大田区鵜の木2-48-4
電話 03-3758-2176
営業時間 木・土18:00~24:00 金17:00~24:00
営業日 木・金・土 / 定休日 日・月・火・水
交通 東急多摩川線鵜の木駅から徒歩5分/下丸子駅から徒歩6分
公式サイト http://www.yumiejapan.com/

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

鵜の木 居酒屋「美味鮮菜~祭~」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第492回 2012年9月19日(水) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】




鵜の木 居酒屋「美味鮮菜~祭~」


 

 
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→



 時折、たった一人になりたい時がある。

 山奥の誰もいない森の中で本当に独りになりたい訳ではない。
 都会の中、見知らぬ人々に囲まれ、ひとりになりたいのである。

 東急多摩川線の7つある駅の中で「鵜の木駅」「沼部駅」の店を紹介したことがない。
 今日は、そのうちの「鵜の木駅」で降りてみることにした。以前に駅周辺を巡り歩いてみた時は、時間切れとなって再び電車に乗って帰った。その時、気になった店に、今回は入ってみることにした。
 鵜の木駅の脇には、あまり広くない道が線路と直角に交叉している。多摩川方面の改札口を出て、左に踏切を渡る。まっすぐ行けば、すぐに多摩堤通りが通っている。そして、線路際から多摩堤通りにかけて、その道沿いにビルが建っている。
 一番線路沿いの階段下から見上げると、外階段の外壁に「赤い看板」が取り付けられており、それがよく目立つ。

   ←「赤い目立つ看板」

 その「祭」の文字を見上げてから下を見ると、気になる告知を発見する。

  

 「寄り道セット 小鉢、小盛り刺身、店長おすすめ料理二品、生ビール一杯、ウーロンサワー、レモンサワー、どちらか二杯付 大サービス 1,570円」と書いてあった。
 これは、お得である。
 
 二階へ上がると、すぐ左手に「美味鮮菜 祭」と書かれた木の看板が掲げられ、「御祭禮」の提灯も下がっていた。
 ちょっと地味な感じの入口である。引き戸をあけて中に入った。足元を見れば、靴を脱いで一段高い店内へ上がるようになっていた。
 右手には、掘りごたつのようになったカウンターに座椅子が10個ほど並んでいる。
 カウンターの中は、とても広い調理場になっている。調理場の中は、大将と女将さんの二人。人差し指を立てて、「一人なんですけど・・・」と女将さんに伝えると、「奥へどうぞ~」と言われた。

 靴を脱いで上がってゆくと、左手は座敷席になっている。手前から8人、6人、8人と座卓があり、そちらも掘りごたつになっている。つまり、全席掘りごたつということになる。

 カウンター手前の方に数人の方が座っておられ、奥の方のお二人の間に座らせてもらった。
 奥のカウンター席に座っている方が座敷に移ってくださった為、一番奥の落ち着く席に座ることが出来た。
 どうやら、後からお仲間がいらっしゃるようである。

 座ってすぐに、女将さんに「寄り道セットお願いします」と伝える。

 寄り道セット(1,570円)の内容が楽しみである。

 まずは、生ビールがやってくる。グラス生ではない、ちゃんとした中生ビールである。
 飲む。うまい。

 同時に、小鉢らしきものが出てきた。小鉢といっても大きめの小鉢である。
 見れば、ポテトサラダのようである。食べてみると、マカロニサラダのようでもある。
 それは、茹でたマカロニをポテトサラダと和えた、ポテトマカロニサラダであった。

 次に出てきたのは、白身の刺身が6切れほど。
 美味しかったので、目の前の調理場に立つ大将に聞いてみることにした。

 「このお刺身、何のお刺身ですか?」
 「カンパチです。」

 刺身が美味しかったので、日本酒を頼みたいけれど、寄り道セットの一部のレモンサワーをお願いする。
 
 レモンサワーを飲む。そこへ次の店長おすすめ料理二品の一品がカウンターの中の大将から渡される。

 丸干し二本であった。

 これがでかい。ふっくらとして、焼き加減も最高である。これをレモンと大根おろしでいただく。
 感動である。

 レモンサワーがすすむ。

 メニューを見る。飲み物は、生ビール(550円)、瓶ビール(550円)、レモンサワー(300円)、ウーロンハイ(300円)など。
 刺身、煮付け、焼き物、揚げ物、定食もたくさんあって、これは助かるお店である。

 気がつけば、カウンター席も常連の皆さんでいっぱいになっていた。
 椅子ではなく、掘りごたつ状態のカウンター席は実におちつくのである。 

 店長おすすめ料理二品のもう一品が出てきた。

 大将の手渡しで出されたのは、大きいカツである。

 「チキンカツですか?」
 「とんかつです・・・大丈夫ですか?」
 「大好きです」

 サイズが大きかったので、チキンカツだと思ったのである。
 心の中で「いえいえ、とんかつ屋の息子ですから・・・」などと言って、独りで笑ってしまう。
 実際、私は子供の頃、とんかつ屋の息子だったのである。
 
 ここで、ウーロンハイをお願いする。

 揚げ物にあうウーロンハイを飲みながら美味しくとんかつをいただいた。

 工夫と努力の寄り道セットであった。

 こんなにリーズナブルな「寄り道セット」は、そうは無いと思う。

 店内の会話を聞いていれば、大将と女将さんが常連を大切にされていることが解る。
 窓の外から東急多摩川線の踏切音が聞こえ、電車が走ってゆく音がする。
 どこか、地方のローカル線の駅前のお店にいるような気持ちになった。
 
 ふと、箸袋を見る。「飛騨高山店」と書いてあった。驚きである。
 さらに、蒲田に季節料理「飛騨」というお店もあるようだ。

 お腹も気持ちも満足して、御勘定をお願いする。

 1,570円を予定通り支払って外に出る。

 6時45分から7時30分迄、45分ほどの滞在。

 珍しく、タクシーに乗った。

 その車中から気になる店を発見した。




  

鵜の木 居酒屋「美味鮮菜~祭~」
住所 東京都大田区鵜の木2-5-1 イーグルビル2F
電話 03-3750-2873
定休日 ?
営業時間 11:30~15:00/17:30~24:30
交通 東急多摩川線鵜の木駅下車徒歩10秒。


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる