鶴見 もつ焼き「幸太」

居酒屋探偵DAITENの生活 第449回 2011年9月22日(木) 【地域別】  【時間順】





鶴見 もつ焼き「幸太」


  鶴見もつやき幸太外観
 
   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。

   電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←居酒屋短編小説を発表中(無料)。「新岳大典」で検索。


 RAM元帥と二人で前回のお店を出てからJR川崎駅へ向かって歩き始めた。しかし、銀柳街通りに出てから右折、京浜急行の京急川崎駅まで行った。たまには京浜急行にも乗ってみようと思ったのである。来た電車は各駅停車。八丁畷、鶴見市場と乗って、三つ目の京急鶴見で降りる。
 京急鶴見駅改札を出て西側に出てみた。そこから2012年秋に開業予定の新駅ビル「シァル鶴見」の建築現場をRAM元帥に見せたかったのである。
 因みに、老朽化の為、2008年に閉鎖されていた旧駅ビルの名前は「カミン」である。

 京急鶴見駅の東側に出た。目の前の通りを渡って、右手に見える道を入って行く。まっすぐ行けば第一京浜。3つ目の十字路まで行き左に曲がった。第一京浜に平行して一本手前の路地である。そこに入ってみたい居酒屋を発見した。
 しかし、今回は目的の店が決まっていた。実は第403回の記事で書いた通り、お店の前まで行ってみて、臨時休業だったことがあったのである。いつか行かなければとずっと思っていたのだ。若い人の言い方を借りれば、今回は「リベンジ」である。
 さて、次の十字路を右に曲がると、第一京浜が再び見えた。すぐ右手に目的の店、もつ焼き「幸太」があった。
 店の左手に黄色いケースが積み上げてあり、「もつ焼」と書かれた赤提灯が下がり、「幸太」と書かれた紺色ののれんがさがっている。入口は開け放ってあった。入って左側のL字カウンター8席のみ、テーブル席はない。カウンターの手前に男性と女性、奥の方に男性が二人座っていた。間の辺りにRAM元帥と二人で座った。

 やはり、こちらのお店の定番は煮込みである。煮込み(450円)をお願いした。
 飲み物は、瓶ビールキリン一番搾り中瓶(450円)。スーパードライでないことがうれしい。やはり、直線で2キロほどの場所にキリンビール横浜工場があるこの街で呑むのは、キリンビールが似合う。「1本450円、2本900円」と書いてあるのが面白い。
 グラスを二つもらい、ビールで乾杯の後、煮込みをいただく。
 土鍋の入れ物に入れられたたくさんのモツと豆腐の煮込みである。ネギもたくさんのっている。やはり、噂に聞いていた通りの加賀屋系の煮込みである。
 
 さらに、オニオンスライス(400円)も頼んだ。オニオンスライスには生玉子の黄身とかつおぶしがたっぷりかかっている。

 私はホッピーセット(350円)をお願いする。氷無しで頼むと、ホッピー瓶のみが冷えた「1冷」が出てきた。RAM元帥ハイサワーのグレープフルーツ(350円)である。

 私は次に、ハイリキ(350円)。氷が入ったサワーグラスとハイリキ瓶がついてくる。一杯半は飲めてお得である。

 なにしろ一軒目で、二人で計15本も焼き物を食べているので、こちらのお店では食べることが出来なかった。それだけが残念である。次回は是非もつ焼きをいただきたいと思う。
 午後9時20分から10時20分までの1時間程の滞在である。お勘定は2人で2350円であった。

 RAM元帥とJR鶴見駅まで行き、帰る方向が逆である為、ホーム上で別れた。

  ※   ※   ※

 さて、いつもRAM元帥と飲む時より酒量が少なかった為、城南地区にもどってから「探偵事務所」へ寄ってしまった。

 第446回第447回で御一緒した時のことについての反省会は、すでに今週月曜の早い時間に「探偵事務所」に寄った時に済ませている。

 「今日は珍しい時間ですねぇ」
 「川崎と鶴見に行ってきたんですよ」
 「それじゃ、ここは4軒目くらいですか?」
 「いいえ、3軒目です」

 また、今日の報告会が始まるのであった。
 
 (了)



  鶴見もつやき幸太看板

鶴見 もつ焼き「幸太」
住所 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-20-3 中島ビル1F
電話 045-511-0973
営業時間 17:00~24:30
定休日 日曜日
交通 京浜急行京急鶴見駅徒歩3分/JR鶴見駅徒歩5分



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

鶴見 立ち飲み「とっちゃん」鶴見店第2回

居酒屋探偵DAITENの生活 第403回 2011年2月26日(土) 【地域別】  【時間順】




鶴見 立ち飲み「とっちゃん」鶴見店 第2回


  鶴見立ち飲みとっちゃん

 
     にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→


 読者の方からの情報は大切である。以前から気になっていたあるお店のことを、読者の方からコメントで改めてすすめていただいた。
 土曜日の夕方、時間が出来たのでJR蒲田駅周辺を少し散策した後、京急蒲田駅まで歩き、そこから京浜急行線に乗った。おすすめのお店が京急鶴見駅の東側の一画にあるからである。
 京急鶴見駅の改札を出て試しに左手の方へ出てみた。ここで一瞬戸惑いを覚える。まったく違う駅にたどり着いてしまったような錯覚を受けたのである。そこに見えるはずのJR鶴見駅ビルが無いのである。
 駅ビルがあった場所は四角く切り取られたようになっていて、前は見えなかった駅西側の西友ストアの看板が見え、夕日に照らされ輝いていたのである。(下写真)
 
  JR京浜東北線鶴見駅 ← JR京浜東北線鶴見駅・駅ビル跡

 京浜急行鶴見駅の東側に出て、目の前の道を入ってゆく。
 そこに広がっているのは、「鶴見三業地」と呼ばれる地区である。三業地とは、料理屋芸者置屋待合茶屋の三業が営業される場所のことである。もちろん、今はそのようなお店は無い。「鶴見三業地」という言葉と「土地の記憶」のようなものがあるだけである。
 左右には様々なお店が点在している。やがて、第1京浜国道が見えてきた。その第一京浜国道に出る少し手前の右に目的のお店があった。
 しかし、残念なことにシャッターが閉まっており、体調不良の為、臨時休業である旨が書かれた紙が貼ってあった。誠に残念である。それから「鶴見三業地」を少し散策する。以前に歩いた時よりもお店の数が減っているような気がする。時間があればくまなく歩いてどこかのお店に入っても良かった。しかし、時間がない。もつ焼きを食べるつもりだったので、やはり馴染みのもつ焼きのお店に向かうことにした。

 ※  ※  ※

 向かったのは、第347回で紹介した立ち飲み「とっちゃん」鶴見店である。京浜急行の京急蒲田駅の近くにある本店にも時々うかがう。
 
 黄色い看板の下、黄色い光に照らされた暖簾をくぐると、思いの外広い空間である。入って左手に長く伸びるカウンターの一番手前辺りに立つ。こちらのお店のカウンターに立つと、背後がとても広く通り易いことに気づく。入口近くと奥の右手にある立ち飲みテーブルの周囲も広くて立ち易い。
 まずは、いつものフローズンホッピー(395円)とマカロニサラダ(200円)を頼む。

 「マカサラください」
 「マカロニサラダの胡椒はどうされます?」
 「たっぷりかけてください」

 いつものやりとりである。トロリとなるまで氷らせたキンミヤ焼酎を入れた氷らせたホッピージョッキに、冷えたホッピーを全量投入したフローズンホッピーがやってくる。
 3冷ホッピーも冷えたホッピージョッキに冷えた焼酎を入れ、ホッピー1瓶を投入した状態でやってくる。これに対して、ホッピーセットというと、ホッピージョッキに焼酎と氷を入れ、ホッピー瓶を付けた状態のものが来る。「中」を追加したい方はこのタイプを頼むのが良い。「ホッピー原理主義者」というのは、私自身が原理主義的に飲みたいのであって、ホッピーの中と外を繰り返す、あの飲み方が良い方は、そのようにすれば良いと思っている。酒の飲み方は自由である。

 焼き物は、かしらたんレバーを頼む。焼き台の前の辺りに立っているので注文がしやすい。各80円。

 店の外から子供達の声が聞こえた。母親らしき女性と一緒である。「立ち飲み」に子供連れで入るのかと思っていると「お持ち帰り」の注文であった。注文をして出来上がる頃に再び来店するらしい。
 ところが少しして、背後からも子供の声が聞こえてきたのである。若いお父さんらしき人が小学校低学年くらいの男の子をつれていたのである。お勘定をして帰るのだ。やはり、土曜日である。
 
 焼き物がやってくる。こちらのもつ焼きは安くて美味しい。
 もつ焼きをすぐに食べてしまい、次にささみの刺身(300円)と三冷ホッピー(395円)を注文する。

 「ささみは、ニンニク、ワサビ、しょうが、ゆずこしょうとありますけど、どれになさいます?」
 「ゆずこしょうをお願いします。」

 ゆずこしょうのピリッとした辛さが良い。前回のお店に続いて、鳥刺しを食べたことになる。

 冒頭に書いた通り、残念ながら本来の目的のお店は入ることが出来なかったけれど、今日も「とっちゃん」のホッピーともつ焼きを楽しむことが出来た。必ず近々に「鶴見三業地」のそのお店を訪問したいと思う。

 午後5時15分から6時まで45分の滞在。御勘定は1,530円であった。

 帰りは、工事中の駅ビルの中を通る通路を使って駅構内に入り、JR京浜東北線に乗って家路についた。



鶴見 立ち飲み「とっちゃん」鶴見店
住 所 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-8-11 日鋼ビル
電 話 045-503-5188
定休日 日曜・祝日
営業時間 16:00~23:30
交通 JR京浜東北線鶴見駅下車東口より徒歩2分・京浜急行京急鶴見駅下車徒歩3分


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

鶴見 立ち飲み「とっちゃん」鶴見店

居酒屋探偵DAITENの生活 第347回 2010年6月17日(木) 【地域別】  【時間順】



鶴見 立ち飲み「とっちゃん」鶴見店


 立ち飲みとっちゃん鶴見店外観
   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。

   電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←居酒屋短編小説を発表中(無料)。「新岳大典」で検索。


 城南地区の有名立ち飲み店になりつつある京急蒲田の立ち飲み「とっちゃん」。こちらのお店は私も過去3回紹介している。その「とっちゃん」鶴見店2010年6月12日に開店した。この出店の話は京浜地区及び東京城南地区を歩く居酒屋ブロガーさんの間でも話題となっているようである。
  
 横浜での用事と飲み会を済ませた後、京浜東北線で鶴見に向かった。JR鶴見駅の東口に出ると目の前にロータリーがある。そのロータリーを左手に回り込むように歩いて、左手の最初の道を入ってゆく。すると、十字路があり、その少し先の左側に立ち飲み「とっちゃん」鶴見店はある。
 この先には古典酒場の「三策」があった。今はその姿は無い。店のあった場所が更地になってしまっていた時は、とても寂しい気持ちになったことを覚えている。

 立ち飲み「とっちゃん」の外にはどこにも「鶴見店」という文字はない。小さな店が好まれる今、チェーンであることを前面に出すのは得策ではない。チェーン店恐怖症の私などは「○○店」と書いてあるだけで入店を避けてしまう。

 入口を入り、左手のカウンターの焼き台に一番近い場所に立つ。やや暑い。お店の方に、蒲田のお店と同じフローズンホッピー(395円)とマカロニサラダ(200円)をお願いする。両方ともこちらのお店の名物商品である。
 「胡椒かけてもよいですか?」と聞かれる。
 「はい、たっぷりで・・・」と答えた。

 さらにささみの刺身(300円)と焼き物の中からはらみ(80円)となんこつ(80円)を塩でお願いする。
 「ささみの刺身は、ゆず胡椒、ニンニク、ワサビのうち何で食べられますか?」と聞かれる。
 「ワサビでお願いします」と答えた。300円という価格でこういうものを食べられるのはうれしい。次回はレバ刺しを食べてみたいと思う。

 フローズンホッピーをいただきながら店内を観察する。
 全体に「工事現場」デザイン・コンセプトになっていて、店の一番奥には工事現場を囲う為のオレンジと黒の仮設フェンスが立ててある。さらに、入ってすぐ右手にドラムカンの上に板を乗せた席もある。廃材を燃やし、周りを囲んで暖を取る工事現場のあの風景のイメージだろうか。

 入って左手に焼き台。その先に私が立っている一直線のカウンターがあり、8人くらいが立てる。その奥に、出入り口を挟んでさらにL字カウンターがあり、そこにも8人ほどが立てる。さらに奥の右手には、8人ほどが立てるテーブルが二つ。同じく入口のドラム缶の隣にも8人テーブルがある。このテーブルはどれも足場で組まれていて面白い。
 全体で50人近くは入れるかもしれない。立呑みとしては大箱店と言える。混んでいる時間帯でもとても入りやすいに違いない。

 壁に「明日もがんばろう。今日も一日ごくろうさまでした」という工事現場風の標語が貼ってある。
 
 2杯目はキンミヤハイボール(280円)を頼んだ。ハイボールやサワー類の値段が280円というのは安い。良い価格設定である。

 流れるのは懐かしいニューミュージックである。
 午後9時も過ぎて、店内は空いている。お店の方々を見ていると、それぞれがちゃんとお客さんの相手をしている。立ち飲みの場合、接客はあまり過剰であってもよくない。だからといってマニュアル的な接客もよくないと思う。ちょうど良い距離というのはなかなかに難しい。

 蒲田店と同じように、ホッピーを全面に押し出しているお店である。「ホッピービバレッジの新社長ホッピーミーナさんにも是非一度ご来店を」と思う店である。
 ここでトイレに入ってみた。居酒屋のトイレには情報がある。普段ならば文章だけで描写するのだけれど、このトイレに関しては写真を使わせてもらった。トイレの中なので写真を写して他のお客さんに嫌な思いをさせる心配もない。
 
 立ち飲みとっちゃん鶴見店トイレ ← 一度は入ってみてください。

 入ってみて驚いた。工事現場の土などを運ぶ為の一輪車を改造した洗面台なのである。写真を見ると鏡があるので2台並んでいるように見えるが実際は一台である。中にはちゃんと砂利も入れてある。

 私はアミューズメントパーク的な居酒屋は好きではない。しかし、この工事現場コンセプトだけは気に入った。面白いと思う。

 午後10時近くなっている。帰ることにしよう。お勘定をお願いすると、1,035円と言われた。安すぎる。気になって調べてもらうとやはり間違い。実際は1,335円であった。開店間もないお店では、こういうことはよくある。

 「定休日と営業時間は蒲田のお店と同じですか?」と聞いてみる。
 「はい、同じです」とのこと。

 午後9時5分から55分まで50分の滞在。

 駅前周辺を少し歩いてみた。東口駅前に戻り、ロータリーを右手の方に回り込んで見る。そこにあった古い建物は消え、そこにあった古い立呑み店も無くなっていた。その先の右手に前からある大規模立ちのみ店が営業していた。しかし、店の外にテーブルを置いてしまっていた。立ち飲み本来の魅力が半減してしまって損であると思った。

 駅の階段で、連れているお母さんとそっくりな三歳くらいの幼女が泣き叫んでいた。凄い勢いである。さらに、若い祖母に連れられた三歳くらいの幼女にも出会った。こちらはとても機嫌が良い。家に帰る途中であろうか。ここには人の流れがあり、生活がある。すでに午後10時を過ぎていた。私も帰ることにしようと思う。急いでホームへ向かい、東京方面へ向かう京浜東北線に乗り込んだ。


  立ち飲みとっちゃん鶴見店看板

鶴見 立ち飲み「とっちゃん」鶴見店
住 所 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-8-11 日鋼ビル
電 話 ?
定休日 日曜・祝日
営業時間 16:00~23:00
交通 JR京浜東北線鶴見駅下車東口より徒歩2分・京浜急行京急鶴見駅下車徒歩3分


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

鶴見 やきとり「鳥勝」

居酒屋探偵DAITENの生活 第302回 2010年1月15日(金)  【地域別】  【時間順】


※2010年1月15日 410,000カウント通過 感謝!


鶴見 やきとり「鳥勝」


   鶴見「鳥勝」外観

 ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。


 消えたものを探して

 今日は本当に忙しかった。いくつものプライベートの用事が全て終わったのが川崎駅の南西側の場所であった。そこで鶴見駅近くのある店を思い出した。しかし、その場所はJR川崎駅からも京急川崎駅からも遠いのである。そこでタクシーに乗ることにした。ベテラン運転手さんと、いろいろと話をする。京浜急行の八丁畷駅脇の踏切を渡る。運転手さんの話によれば、高度成長期には、鶴見界隈は人も多くかなり賑やかであったそうである。また、京浜急行の花月園前あたりもギャンブルをする人や家族連れで賑わったそうだ。花月園競輪場も今年3月には閉園が決まったそうであり、60年の歴史に幕がおりることになる。

 タクシーを降りたのは横浜市鶴見鶴見中央だった。駅から数分の場所に渋い居酒屋があるのである。その店の住所が携帯電話の中に入っていたので、住所表示を見ながら探すことにした。途中、角打の酒屋さんも発見。薄暗い店内で親父さんたちが飲んでいた。探しながらやっとその場所に辿り着いて愕然とした。そこに建物は何も無く、ただの駐車場になっていたのである。
 その場所にあるはずの店の名は「三策」。どこかに移転したのではないか?。諦めきれずに周辺を巡り歩いた。雑居ビルの地下の飲食街などにも入ってみる。気配はどこにもなかった。情報を得るにも周囲に入り易そうな店もなく人通りも無い。古典酒場のファンは、店そのものが消えてしまうという悲しみを時折味わうものである。駐車場の角に立つ電信柱の住所表示が空しい。(写真)
 帰宅後、インターネットで検索してみると、やはり閉店したという情報があった。

  鶴見中央


 居酒屋探偵としての血が騒ぐ

 京浜東北線のJR鶴見駅に向かう。一度は帰ることにしたが平行して走る京浜急行の京急鶴見駅の姿が見えたので、そちらに行ってみることにした。JR鶴見駅と京急鶴見駅との間にはロータリーがある。そのロータリーに面して、2軒の立ち飲み店があった。しかし、今日は古くて渋い居酒屋に入りたかったのである。京急鶴見駅の東側の京浜急行線と第一京浜道路とに挟まれた地域に行ってみることにした。初めて足を踏み入れる地域である。パチンコ店があり、その周辺に小さなに飲み屋さんが点在している。薄暗い灯りの店の中を覗くと、客席に座り、外を眺める化粧の濃い女性と目が合う。知り合いに似ていたので少し驚いた。良い店を探して路地をぐるぐると巡る。こういう時に「居酒屋探偵」としての血が騒ぐのである。
 京急鶴見駅東口に面した少し幅の広い商店街に出てから南下をしてみた。左側の歩道を歩く。駅から数えて五本目の路地を覗いた時、気になる店を発見した。暖簾には白地に黒文字で「鳥勝」と書いてある。青いテントには「大衆酒場」とあった。
 向かって右手の入口を入る。入って正面から左手にかけて、8席ほどのカウンターがある。左手の手前には4席の小上がり席が二つある。一人であることを伝えて、カウンター席の右端に座った。私はカウンターの右端が好きなのである。

 「ビールください」と言う。
 「瓶ですか生ですか?」と聞かれる。
 「瓶で・・・」と答える。
 「ラガーとクラシックラガーとありますが」
 「クラシックラガーお願いします」

 瓶ビール大(650円)を飲みながら、蕪のおしんこのお通し(400円?)をいただく。酸味がよい。まったく情報もないまま、勘だけで入った店である。こういう時は、おまかせセットを頼むことにしている。まずは、やきとりセット(1,100円)をお願いした。

 「セットの最初の一皿です」と言って出されたのは、砂肝、正肉、はつの3本、こぶりの肉がたくさん丁寧に一串に刺してある。そして、焼き具合が素晴らしい。皿に添えられた洋カラシを付けながら3本を少しずつ味わった。どれも美味しいのである。砂肝は歯ごたえがありながら固くなく、心地良い歯触りである。正肉は半生の感じである。ハツも旨みがある。どれをとってもハズレがない。テレビでは初場所六日目の中継が流れていた。しかし、私は相撲中継よりもやきとりに夢中になってしまった。「三策」が無くなってしまったことでがっかりしていた気持ちが一期に興奮に変わった。

 二皿目は手羽先が二つである。これもうまい。ついつい、骨まで食べてしまった。
 「これが二皿目です。このあと、うちのメインのジャンボつくねがつきます」とのこと。期待大である。

 三皿目のジャンボつくねは少し時間がたってから出てきた。その姿を見て驚く。まるで、ハンバーグのような形をしているのである。居酒屋店内でカメラを使用する人は、きっと撮影してみたいに違いない。こんなつくねは初めてである。申し訳ないが私はカメラを店内で使用しないポリシーなので、ここに写真をお見せできないことはご勘弁願いたい。単品としては400円となっている。箸で切ると、肉汁がしみ出てくる。これを切り分けながら口にする。
 最後に、ウイスキィ(400円)の水割りを頼む。ウイスキィのボトルは3,800円と書いてある。銘柄は角瓶。このジャンボつくねと濃いめのウイスキーの水割りが絶妙に合う。

 京急鶴見に名店を見つけてしまったと思う。何も情報がないまま、こんな名店にたどり着けてしまうとは・・・。変な言い方をすれば「今日の自分が怖い」のである。
 お休みの日と営業時間を伺う。気さくな御夫婦が二人で営業するお店。お勘定をしてから「全部、美味しかったです。手羽先なんて、骨まで食べてしまいました」と言って外に出た。こういうことはあまり言わないのであるが、ついつい伝えてしまいたい気持ちになった。

 午後5時30分から6時15分まで45分ほどの滞在。お勘定は2,550円であった。二階に御座敷があって20名ほどの宴会が可能のようである。また、来ようと思う。
 JR鶴見駅に行くと、駅ビルがリニューアル中であった。京浜東北線に乗って蒲田に向かう。これで帰るつもりであったが「鳥勝」を見つけてしまった興奮が治まらない。城南地区の居酒屋を巡る居酒屋好きの間で今話題の一軒へ行って見ることにした。電車を乗り継ぐのをやめて、蒲田駅から歩いて向かう。その店もまた驚きの店であった。

 (つづく)
 
 ※  ※  ※

 さて、家に帰ってからインターネットで「鶴見 鳥勝」で検索してみて驚いた。街を彷徨って偶然に入った店が実は吉田類さんのテレビ番組「吉田類の酒場放浪記」2009年12月7日に紹介されていたのであった。私は見ていない。やはり、酒場好きの嗅覚は同じということであろうか。

  鶴見中央「鳥勝」看板
 
鶴見 やきとり「鳥勝」
住所 横浜市鶴見区鶴見中央4-15-7
電話 045-505-0886
定休日 日曜
営業時間 17:00~22:30
交通 京浜急行京急鶴見駅下車徒歩5分・JR京浜東北線鶴見駅下車徒歩8分


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

天王町 保土ヶ谷 黄金町 所沢 蒲田 自由が丘 平沼橋 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 武蔵新田 二俣川 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 元住吉 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 王子 十条 世田谷 山下 豪徳寺 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる