川崎 生まれ故郷にうまい店 味よし

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第10回  2007年2月20日(火) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】


川崎 居酒屋「味よし」


 ~ 生まれ故郷にうまい店 ~

    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→


 川崎駅西口の変貌

 今日はSAKURAと川崎へ向かった。
 川崎駅西口の変貌は驚くべきものがある。まず、最初に出来たのが「ミューザ川崎」であった。「川崎西口地区第一種市街地再開発事業」として都市公団が施行した都市再生プロジェクトであり、地上27階の超高層オフィス棟と2,000席を有する巨大円形シンフォニーホールをもっている。
 実は私が生まれた場所は、この「ミューザ川崎」の西北端にあるエスカレータ下に位置する。
まさか、自分の生まれ故郷があのような場所になってしまうとは想像も出来なかった、時代がすっかり変わってしまったことに驚くと同時に「なぜエスカレータ下なのか」と、ちょっと寂しくもあり、可笑しくもある。

 昨年、川崎駅西口の東芝堀川町工場の跡地である11万㎡という広大な敷地面積に「ラゾーナ川崎」が出来た。「ラゾーナ川崎」には10個のスクリーンを持つ「109シネマズ」というシネマコンプレックスがあり、演劇や音楽ライブに使える200席の多目的ホールもある。ビックカメラ、LOFT、無印良品、ユニクロなどの大規模店も入っており、全部で300以上の様々な店舗がある。何でも買うことが出来る複合商業施設である。さらに敷地の一部には今年3月に667戸の高層住宅棟も出来上がる。何もかもが巨大である。

 「ラゾーナ川崎」には、食事や酒を飲ませる店がたくさん入っている。どの店も、洒落た造りの店ばかりである。しかし、我々SAKURA & DAITENにはどうも馴染めない。
 ゆえに、「ラゾーナ川崎」の裏口から外に出て、駐車場棟の中を歩き、さらに裏の公園のような駐車場を抜けて、裏通りに出るとある店に向かった。その店はその通りから住宅街に少し入った場所にある。

 川崎駅西口 やきとり・炭火焼「味よし」

 昨年の秋、一人で川崎に買い物に来た時、突然思い立って小学校1年生から3年生まで通っていた小学校に行ってみた。建物はすっかり新しくなってしまっている。40年の時が過ぎているのだから、それも仕方がない。それでも痕跡をたどって当時の通学路を逆に歩き始めてみた。
 すると、夜道に赤い提灯を見つけた。吸い寄せられるように中に入ってしまった。それがこの店「味よし」への初回であった。駅から離れた住宅街の中にポツンと1軒だけある居酒屋である。本当に常連の為の店と言える。思いの外、良い店で、SAKURAを一度連れてきたいと思っていたのである。

 SAKURAと二人で店に入る。右側に10名ほどが座れるカウンター席があり、左側に4人掛のテーブル席が3つ、奥に8名ほど座れるこあがり席がある。私たちは奥の方のカウンター席に座ろうとした。すると席に帽子が置いてある。周囲の皆さんに聞いたが誰も知らない様子。お店の人にその帽子を渡して席につく。しっかりとした造りの野球帽であった。

 最初にホッピー(420円)を2つたのんだ。すると、目の前の女性がカウンターの中で微妙な手の動きをしている。謎であった。
 「ホッピーお願いします」と一言で注文しても、その出し方は店によって様々である。大手チェーンでホッピーを出す店のほとんどが、何も聞かず、常温のジョッキに氷を大量に入れ、そこに冷えていない焼酎を注いだ物に、ホッピー(業務用タイプ)の瓶を添えて出してくる。
 ホッピーの製造元ホッピービバレッジは、公式サイトで「風味が落ちるので氷は入れないでください」と書いている。中目黒のモツ焼き店「源」のように「氷入れますか?」と、ちゃんと聞いてくれる店は上等である。

 やがて、カウンターの中の女性が出してくれたホッピーは、氷の入っていないジョッキに、冷えた焼酎とホッピーを注ぎ、そこにレモンを浮かせたものだった。このレモンがきいている。
 一口飲んで驚いた。うまい。二人で顔を見合わせる。SAKURAが「なんだか、このホッピーおいしいわねぇ」と言う。レモンが入っているが、小さな切れ端なので、じゃまにはならない。ちょうど、日本料理で吸い物に「吸い口」として柚子の表皮を削ったものが浮かべてあるように、よいアクセントになっていて、ホッピーの味をじゃましていないのである。女性の手の動きの謎を理解することが出来た。しかも、「氷を入れますか?」などと聞きもしない。この店では氷を入れないことが普通なのである。氷を入れられてしまうのではないかと心配する必要もない。ホッピー好きの私にとって理想の店と言える。

 SAKURAが「湯豆腐ください」と言うと、「おんとうふでいいですか?」という答え、壁の短冊メニューを探すとそこには「温とうふ 315円」と書いてあった。「温」を「湯」と見間違ったのである。ここでは、暖かい豆腐は「温とうふ」なのである。
 さらに、アコウ鯛の粕漬け(420円)、ぶり刺し(420円)を頼んだ。アコウ鯛がうまかった。ぶり刺しも新鮮で、6切れほどあり、とても420円とは思えない。

 2杯目のレモンハイ(370円)と一緒に、ヤゲン(115円)、ヒナ肉(115円)、ギンナン(115円)などを2本ずつと、サザエの壺焼き(210円~260円)を頼んだ。ヤゲンとは鳥のナンコツである。このヤゲンがうまい。サザエの壺焼きを食べてSAKURAは目を細めていた。好物なのである。
 他に果汁割(420円)もあったが、次の機会ということにした。勘定をお願いすると3,500円だった。この内容でこの価格は安い。

 外に出て、「ラゾーナ川崎」に戻り少し買い物をしてから川崎駅へ向かった。駅への連絡通路の切れ目から、「ミューザ川崎」の美しい外観が見えた。あの麓で私は生まれたのか。

 母からのメール

 去年の秋の日、一人「味よし」を出た私は、当時の小学校への通学路を、家のあった場所を目指してさらに歩いた。昔、通った床屋が当時と同じ交差点に残っていた。私はこの床屋の漫画が読みたくて、「早く行こう」と騒いでいるうちに、家の階段から落ちて、コンクリートの床に頭を打ち付け、頭蓋骨にヒビが入る大けがを負った。数日、死線を彷徨い奇跡的に助かった。小学校に入る前の師走のことであった。

 さらに、駅に向かって歩き、「ミューザ川崎」の麓に立った。
 そして、「今、生まれた場所に立っている」というメールを母に送った。すると、母からメールが戻ってきた。母は78歳である。去年から携帯メールを始めた。でも、まだ漢字をうまく扱うことができない。故に次のような文章になった。原文通りである。

 「生まれたひに、ちかいときに、たつて、あらたな、あゆみで、たしかに、あしもとをみよ 。」

 高層ビル下のエスカレーターのそばで中年男が涙をこらえて独り立っている。その姿は、ただの酔っぱらいに見えたに違いない。それは去年の秋、私の誕生日の前日であった。


ラゾーナ川崎
http://www.lazona-kawasaki.com/index.shtml
ミューザ川崎
http://www.muzakawasaki.com/


川崎 やきとり・炭火焼「味よし」
川崎市幸区中幸町3-14 電話044-533-3210 JR川崎駅西口下車徒歩15分 
定休日 水曜日 営業時間 16:30~22:30

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : お酒全般
ジャンル : グルメ

渋谷 細雪~某店~富士屋本店ワインバー

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活  第9回  2007年2月16日(金)  【地域別】 【池上線】 【時間順】 【がっかり集】


渋谷 細雪~某店~富士屋本店ワインバー


   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。




渋谷 居酒屋「細雪」にて

 今日はASIMO君に、居酒屋探偵生活のもう一人の仲間、OZAKI先生を引き合わせる為、3人の住んでいる場所のちょうど真ん中の渋谷を選んだ。最初の目的地は京王井の頭線の渋谷駅西口を出てすぐ左にある居酒屋「細雪」である。
 「常に停めてある手動の自動ドア」を手で開け、午後7時少し過ぎに「細雪」に入店。
OZAKI先生からの連絡を待つ。運良く二人分の席を確保することが出来た。もちろん相席である。ホッピーを呑んでいる先客の方に軽く会釈して座る。相席で嫌な顔をするようなお客さんはこの店には来ない。どこかの席が空くとすぐに次のお客さんが現れて座る。
 ますばホッピー(320円)を頼む。渋谷でこの価格でホッピーを飲める店は他にない。最初のつまみは、日替わりの刺身メニューからマグロ刺身(600円)、ヒラメ刺(550円)を選ぶ。
 客と客の間を女将さんが酒やつまみを手にすり抜けてゆく。ぶっきらぼうに見えて、実にきちんと客を見ている。注文はスムーズに通る。必要な接客とはこういうものだ。マニュアル通りの「喜んで」の言葉を連発されても少しもうれしくない。

 塩ラッキョ(250円)、煮込み(250円)、肉どうふ(350円)などを頼んだ後、ホッピー中(焼酎)を1つお願いする。するとビールグラスすり切り一杯の焼酎がなんと2杯やってくる。伝票にはついていると思うが間違いである。ここのホッピー中=焼酎(290円)は量が多い。しかし、もうすぐOZAKI先生からの電話が入ったら他の店に行く予定なので、ピッチを上げて呑んでしまう。居酒屋探偵助手のASIMO君は胃に不安感のある私の代わりにグイグイ呑んでくれた。

 しばらくして、相席の一人客の人が立ち上がった。次のお客さんがすぐに座る。さっと女将さんがやってくる。目の前には、それぞれ半分づつ飲み残された中=焼酎と外=ホッピー本体。女将さんが「もったいないわねえ」と笑いながら「飲んでよ」と私たちの所に置いて去っていった。本当にもったいないのでありがたくいただく。ここは「酒飲みたち」のオアシスである。
 やがて、OZAKI先生から電話が入ったので、勘定をすませ、外に出る。二人で4,200円である、安い。

渋谷・桜丘「某店」にて基本を考える

 OZAKI先生はすぐそばで待っていた。3人でマークシティ脇の焼き鳥店「鳥升」に向かうが、やはり人気店。満席で入ることが出来ない。冷えてきたので、外で待つことはしなかった。そこで、OZAKI先生の知り合いのグルメ系の編集者の方のおすすめの店を探しながら行くことにする。

 その某店は駅近くの桜丘町にあった。金曜日でもあるので、やはり入口で待つことになった。グラスビールをサービスで出してくれた、好印象である。実は、すでに亡くなったある有名人の方の店であった。入口に飾ってある写真ですぐに解った。
 ビールを飲みながらしばらく待つと席が空いた。中に入り、メニューを開く。少し間があいてOZAKI先生がメニューを見ながら、「なんだか高いですねえ」と言い、困った顔をして「すみません」と笑う。
 どうも、店を間違えてしまったらしいのである。
 しかし、出てきたつまみはおいしかった。着物を着た女性たちの接客も丁寧で感じが良い。座っている品の良いお客様たちの雰囲気も悪くない。客筋がいいといえる。

 しかし、この店をここで紹介はしない。私はこの「居酒屋探偵DAITENの生活」で紹介する店の選び方にある基準を持っている。
 その基準の第1は「ごく普通のサラリーマンのこづかいの範囲で飲める店、つまり、一度に払う割り勘の金額が1,000円代から2,000円代の店であること」である。
 第2が「過度に装飾された店ではないこと」、つまり、いわゆるこじゃれた店は紹介しない、照明を落とした和風ダイニングのような店がこれに当たる。
 そして、第3が「大手チェーン店ではないこと」である。
 ただし、上記のような店を否定する訳ではない。もちろん行かないというわけでもない。大人数の役者たちとの呑み会では、大型の個室のある大手居酒屋チェーンに行くしかない。声の通る若い役者たちと大挙して小さな店を訪れると、周囲に迷惑をかけてしまうからである。

富士屋本店ワインバーにてワイン2本

 ビールと熱燗2本を飲んで1時間ほどの滞在で、某店を出てから、すぐ近くの地下の立ち飲み「富士屋本店」に向かうが、すでに閉店時間の午後9時になっている。そこで、次の手を考え、富士屋本店の入っているビルの1階に入ってゆく。しかし、そこは普通の雑居ビルである。店らしきものはない。廊下の奥に防火扉が1枚、その防火扉を押して中に入る。OZAKI先生が少し驚いていた。実は驚かしたかったのである。
 その防火扉の中には、たくさんの人たちがいた。そこは富士屋本店と同じ経営の「富士屋本店ワインバー」の裏口であった。どんどん中に入り、一杯の店内の中で、唯一空いていた表口近くの、窓際の立ち飲みカウンターに3人並び立つ。一番立ちたいと思っていたお気に入りの場所である。ただし、ワインの冷蔵庫の真ん前の為、ボトルワインの注文が入ると、そのたびに店の人の為に立ち位置を変えなければならない。
 さっそく、赤ワインのボトルを一本頼む。この店はグラスワインなら1杯400円~500円、ボトルも1本1,600円位からと安い。つまみも150円から600円である。
 カウンター席でワインを飲みながら話をする。
「人は刻一刻と死に向かっている。金よりも時間が何よりも大切であって、一杯のワインを飲みながら、共にいてくれる人との時間が何よりのギャランティである。」というOZAKI先生の話に感銘を受ける。
 2本目の白ワインを飲み始めたところで、「細雪」で私のかわりに飲んでくれたホッピー中=焼酎がきいてきてしまったのか、ASIMO君が立ったままの睡眠モードに入っていた。彼は一足先に帰っていった。世田谷線世田谷駅近くの居酒屋「酒の高橋」での3人の再会を約束する。
 ワインを飲みきって店を出たのは午後11時40分であった。この日は三軒の梯子酒でずいぶん飲んでしまった。帰りの電車でついつい眠り込んでしまい、二駅乗り過ごしてしまった。冬らしい寒さの中、酔い覚ましのつもりで歩いて帰ることにする。


渋谷「細雪」
住所 渋谷区道玄坂2-8
定休日 土曜・日曜・祝日休
営業時間 17:00~22:30

渋谷「富士屋本店 立ち飲み ワインバー」
渋谷区桜丘町2-3 富士商事ビル1F  電話03-3461-2128 
定休日 日曜・祝日・第4土曜  営業時間 月~金 17:00~23:00  土 17:00~22:00

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

不動前坂やから太田屋そして中目黒ごっつぁん

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活  第8回  2007年2月2日(金) 【地域別】 【池上線】 【時間順】 【がっかり集】


不動前坂やから太田屋そして中目黒ごっつぁん


<     にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←新岳大典作小説無料公開中。「新岳大典」で検索してください。


目黒線・不動前 立ちのみ「坂や」

 今日は ASIMO君と東急目黒線の不動前に向かった。
 本日の最初の2軒の店は、東急目黒線の北側に平行して通っているかむろ坂通り沿いにある。現在拡張工事中で完成すると山手通りと26号線をつなぐ道となる。

 そのかむろ坂上に「坂や」という立ち飲み店がある。安藤酒店という「酒屋」さんがリニューアル時に現在の形になったとのこと。店に入ると右側で酒を売っており、左側が立ち飲みとなっている。左奥側に10名分程度のカウンターがあり、左手前には大きなガラス窓から道を行く人を眺めながら呑むことの出来るカウンターテーブルが二つ、こちら側にも8名ほど立つことが出来る。すでに先客の皆さんがカウンターにいらっしゃったので、窓側に立つことにする。

 「酒屋の商品を持込む事はご遠慮下さい」という表示が目に入る。もちろん、よその酒屋ではない、店の右側の酒屋部分で酒を手にとり、真ん中の勘定場で金を払い、それを左側部分の立ち飲みで飲んではいけないという意味である。店内に境界線があるわけではないが、従来の酒屋の店頭で飲む「角打ち(かくうち)」ではなく「立ち飲み居酒屋」であるという立場表明である。

 本日は、ある事情があり、ASIMO君から「通夜酒」のお誘いであった。そこで、酒を飲むことにする。ビールの後、私は「一の蔵」、ASIMO君は「酔鯨」を飲み、故人の冥福を祈る。「坂や」の特徴は400円代から500円代の安い価格でうまい酒が手軽に呑める点である。その他、おでん等をいただいて、40分程度で外に出た。

      ※      ※      ※

目黒線・不動前 ホルモン道場「太田屋」

 かむろ坂を下って行き、山手通りと交わる「かむろ坂下交差点」の手前左側に次の目的地がある。ホルモン道場「太田屋」である。
 店の中をのぞくと、左側に10人程度座れるカウンター、右側に椅子席が20人分ほどあるが、すべて満席。予想通り混んでいる。店の人に身振り手振りで一回りしてから来ることを伝え、不動前の駅周辺を散策する。ASIMO君は不動前にこんなに飲食店が多いとは思わなかったという。寿司、中華、インド料理、韓国焼肉、定食屋、そして、東京中で一番うまい酒を飲ませると言われる某店など、たくさんの店がある。

 午後8時前、太田屋に戻ると、ちょうど2名のお客様が店を出てゆくところであった。これは運が良いと店に入り、カウンターの一番手前の唯一の空席にASIMO君と座る。
 さっそくホッピーを2つ頼んだ後、ASIMO君が店内を見回し、「凄いですねえ」と一言。
 まさに凄いのである。何が凄いといえば、店内の壁という壁一面に短冊型のメニューが貼られていて、軽い目眩を覚えるほどの文字の量なのである。外にはホルモン道場と書いてあるが、けっしてホルモン焼きだけの店ではない、刺身から揚げ物、何でも食べることの出来る「居酒屋」である。好き嫌いの多い人でも、絶対に何か食べたいものがみつかるに違いない。まずは焼き鳥と空豆などを注文した。他にも色々と食べたが、何を食べてもうまい。良い店である。

 ひとつだけ気になることがあった、背後に同じ会社の呑み会らしい10名程の団体を発見する。私たちが最初に店をのぞいた時にも彼らは呑んでいた。私たちが帰る時もまだ残っていた。ここは小さな店である。我々以外にも、たくさんの人たちが、店の外から中をのぞいては、帰っていった。どうも私たち日本人は、一人一人は紳士的であるのに、人数が多くなると気づかいを忘れる傾向にある。

      ※      ※      ※

東横線・中目黒 炉端焼き「ごっつぁん」 実は・・・

 やがて、SAKURAより中目黒の炉ばた焼店「ごっつぁん」にいるというメールが入った。急いで勘定を済ませ、「太田屋」を出ると、今日の3軒目の店へ行く為、ASIMO君とタクシーに乗り込み、山手通りを中目黒駅に向って走る。中目黒駅の改札前で車を止めた。東横線のガード沿いの道を祐天寺方向に1分ほど歩くと、ブルーのテントに「炉ばた焼ごっつぁん」の文字が見える。店前に下がる縄のれんが懐かしい。
 この店の特徴は「何を食べても何を飲んでも350円」という価格設定にある。それでいて、出てくる商品はきちんとしており、がっかりさせられることはない。
 実はここのマスターは、作家・戯曲家の井上ひさし氏の弟さんである。SAKURAが本人から聞いた話なので間違いない。
 ASIMO君、SAKURAと3人で乾杯をして、帆立焼きなどをいただく。この時点で午後10時30分となっていた。今日は時間も遅いので1時間ほどで失礼する。中目黒で行く店に困った時は「ごっつぁん」に入る。芝居関係の人間の間で評判がいいのは、「井上ひさし」氏の神通力ではなく、お店そのものの力である。


不動前「坂や」
品川区西五反田4-27-7 電話03-3491-9830  東急目黒線不動前徒歩7分

不動前「太田屋」
東京都品川区西五反田4-3-5 電話03-3491-3620  東急目黒線不動前駅徒歩3分

中目黒 炉ぱた焼「ごっつぁん」
東京都目黒区上目黒3-7-5 電話03-3710-7805 東急東横線・地下鉄日比谷線「中目黒」徒歩1分
定休日 日曜祝日 営業時間 17:00~24:00

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」


FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 王子 十条 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる