スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下北沢駅前劇場~下北沢「宿場」

居酒屋探偵DAITENの生活  第27回  2007年6月22日(金) 【地域別】  【時間順】



下北沢駅前劇場~下北沢「宿場」


   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。


駅前劇場

 2006年の暮れ、SAKURAが演出した青年座第104回スタジオ公演「COLORSⅡ~シャンソンと愛のモルナールあえ」の中で、好評だった「幸せな妻」の夫役を演じられた青年座のベテラン俳優名取幸政さんが出演される芝居を見る為、SAKURA、SAPメンバーの創間元哉と漆山健太郎の4人で下北沢駅前劇場にやってきた。

 駅前劇場は、まさに下北沢の駅前の雑居ビルの三階にある。
 今回の公演は、劇団海千山千プロデュース公演第13発!『マイラストセレモニー』である。同劇団の代表であり、作・演出の鯨エマさんは青年座出身とのこと。
 ホームページ「鯨エンターテイメント」にはこのように書かれている。

 1997年2月、鯨エマと木寺美由紀よって結成した演劇公演のプロジェクトチーム。常にプロデュース公演のスタイルで公演を続けている。摂食障害の女性、精神病院の看護婦、アルコール依存症の患者、帰国子女、ホームヘルパーなど、現代社会で複雑な迷いを抱えながら生きる人間を描き、特に同世代の女性の共感を得ている。

 鯨エマさんは社会派的題材を芝居にしている作家である。今回も鯨エマさんが葬儀社で働いた時の経験から生まれた作品であるという。
 名取幸政氏の役柄は、霊柩車の運転手・仙道と三途の川の渡し船の船頭の二役である。主人公が死んだ父親の葬式の際、霊柩車の助手席に慰霊を手に乗り、運転するのが名取氏であった。このシーンが印象的であった。
 同公演を見た我々の意見は全員一致「名取さんが出てくるとホッとする」であった。

 公演が終わった後、ロビーに顔を出された名取氏から「これから皆さんでどこかで飲むのですか?」と聞かれ、店が決まったら携帯電話で連絡をすることに決めた。

下北沢「宿場」

 駅前劇場を出る時、創間君から「行く店の腹づもりはあるのですか?」と聞かれる。
「当たり前じゃないか」と笑うと、「でしょうね」と創間君も笑う。
 下北沢には、大規模チェーンの居酒屋も多い、なにしろ「駅前劇場」の入っているビルの二階は【炭火焼きだいにんぐ「わたみん家」下北沢店】であり、地下一階は【語らい処「坐・和民」下北沢南口店】である。つまり、しばらく来ないうちに、駅前劇場のビルは、いわゆる〈居酒屋ビル〉になってしまっていたのである。
 やはり、大規模チェーンは避けたいのである。今日は、よく見るブログ「橋本健二の居酒屋考現学」で紹介された「宿場」に行くと決めていた。
 駅前劇場を出ると目の前は駅南口の階段である。出て左にある十字路を抜け、ゆるやかな坂を降りて行く。200メートルほど歩いた左手の雑居ビルの中をのぞくと、衣類がディスプレイされた廊下の奥に、「宿場」と書かれた提灯が見えた。

 店に入ったのは、午後9時15分頃であったろうか。中に入るとL字カウンターが10席程度、四人掛けテーブルが十数卓ほどある。すでに満席に近い状態。若者たちで一杯の店内はかなりうるさい。5人であると伝えると、左手奥の三方を壁に囲まれた10人程が座れる席に通された。特等席である。これで芝居の話がじっくりできる。運がよいと言える。

 まずは、4人ともホッピー(450円)を頼んだ。ここのホッピーは瓶が200円、焼酎が250円である。氷の入ったジョッキに、ホッピー1本、ビアタンブラーにすり切り一杯入った焼酎がセットでくる。
 漆山健太郎君はホッピーを飲んだことが無いと言う。今回は氷を入れたが、本当は氷を入れない方が味わいがあること、普通はホッピージョッキやホッピータンブラーに焼酎が入ったものとホッピー1瓶がついてくるので、おかわりをする場合、焼酎のお代わりを中(なか)、ホッピー瓶のお代わりを外(そと)と呼ぶ等、初めての人に対するホッピー講義をまたしてしまった。気がつくと、ホッピーのエバンジェリスト(evangelistキリスト教における福音伝道者。ある製品に関する熱狂的な信奉者で,他人にその良さを伝えようとする人)になってしまっている。

 漆山君はあまり酒に強くない。そこでこのように話した。
 「ホッピーは、ついつい飲み過ぎてしまうので怖い飲み方である、と言う人がいるが、それは違うんだよ。焼酎というアルコール部分と割りものであるホッピーが別々で出てくるので、かえって酒に弱い人に最適なんだよ。最初だけホッピーをセットでもらい、後はホッピー瓶=【外】だけをもらっていれば、酔わないで済む、余った焼酎=【中】を一緒に飲んでいる酒好きにあげてしまえば、かえって喜ばれる。一人だけソフトドリンクとか飲んでいるよりも目立たず、酔っぱらいにからまれるリスクも少ない。本人もビールに近い口当たりだから酒を呑んでいる気分になれる。なにより、プリン体フリーで、カロリーも少ないので健康によいのだよ。」
 もう、完全に伝道師である。

 ここのつまみには250円均一というグループがある。ムール貝のバター焼き(250円)と、オクラ納豆(250円)、焼きそば(250円)等を頼む。刺身三点盛り(750円)その他たくさんつまみを頼んだ。

 20分程して、名取氏がいらっしゃった。名取氏はエビスビール生・中ジョッキ(450円)である。エビスの中ジョッキが450円というのは安い。
 名取氏から色々とお話を聞いた。「まあだだよ」や「夢」など、黒沢監督作品に出演された時の話が印象に残った。創間君や漆山君のような若い俳優たちにとって、実に勉強になる一時であったと言える。
 私は途中から酒に切り替えた、久保田千寿(500円)である。この店は日本酒に力を入れている。片手で一升瓶を持ちグラスに注ぐ時、受け皿からこぼれる寸前で止める店員さんの技に感心する。「受け皿からこぼれる寸前」という光景が酒飲みは好きである。最初に考えた人は偉い。

 午後11時、明日の楽日が残っている名取氏が先に帰られた。
 名取氏の帰られた後、午前0時近くまで盛り上がってしまった。勘定は5人で10500円。ずいぶんと食べて飲んだ。あの内容ならば安いと言える。若者たちが多い店である理由も解る。良い店である。


下北沢 駅前劇場
世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F
tel/03-3414-0019
http://www.honda-geki.com/


下北沢「宿場」下北沢店
世田谷区北沢2-15-15 末広ビル1F
電話 03-3419-6379
年中無休 17:00~26:00
小田急線・井の頭線下北沢駅 徒歩3分


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

スポンサーサイト

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

大崎広小路「ぽっぽ」~中目黒「楽屋」

居酒屋探偵DAITENの生活  第26回  2007年6月15日(金) 【地域別】  【時間順】


 2010年4月、「ぽっぽ」立ち退きの為閉店。

大崎広小路「ぽっぽ」~中目黒「楽屋」


   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。


大崎広小路 居酒屋「ぽっぽ」

  potupo.jpg

 今日は、OZAKI先生より突然のお誘いがあった。OZAKI先生からの誘いは、先々週が私の体調不良の時、先週が仕事関係の旅行の車中とタイミングが悪い。
 今回は、前回の「新丸子~武蔵小杉」、前々回の「武蔵溝の口」のような川崎方面ではなく東京の城南地区が良いとのこと。2軒目で、MASSIMO氏がやっているダイニング&バー「楽屋」に寄ってみたいと言うのである。
 やがて、SAKURAが仕事先から連絡を入れてきたので、ASIMO君にも声をかけて、4人で集合することにする。

 場所は、以前にSAKURAとリサーチ済の店、五反田から東急池上線で一駅の「大崎広小路」駅前のガード下にある「串焼 ぽっぽ」に決定。
 予約を入れたところで、ASIMO君が都合で来られないことが判明、さらに、OZAKI先生から、急な仕事が入ってしまい少し遅れるという連絡が入った。
 私は午後6時45分に店につく、まずはホッピー(470円)の氷無しと、みょうが玉子とじ(320円)をもらう。この店は、ホッピーにはあまり力を入れていないようである。値段も高めであるし、氷を入れない客を想定していないらしく、ジョッキも焼酎も冷えていない。予約しておいたのだが椅子席にあまり余裕はなく、店の人に促されて、一人でカウンター席を3人分占拠して坐る。こういう状況はどうもいたたまれない。だいたいにおいて、一人酒は、ほとんどしない私である。その上、店に迷惑をかけるのが嫌いな性分ときている。実に落ち着かない。

 周囲を気にしながら待つこと30分、SAKURAが7時15分に登場。やはり、ホッピー(氷り入り)を頼み、餃子(320円)、しまほっけ(450円)、アボガドとまぐろあえ(価格失念)を注文する。この店は、どのつまみも価格の割に量も多い。味も悪くない。ほっけは特においしかった。

 OZAKI先生がやってきたのは、8時少し前であった。金曜日であるにもかかわらず、今日はあまり混んでいない、席のことで後から来たお客さんに迷惑をかけることはなかった。一安心である。
 先生もホッピーの氷り入りであった。つまみは、鳥皮の唐揚げ(320円)、小アジの唐揚げ(420円)、ナス焼き(320円)である。OZAKI先生は鳥皮が好きである。焼き鳥店に行くと必ず鳥皮を頼むのである。

 カウンター席で飲んでいると、隣の人の煙草の煙が気になることが多い。何しろ、テーブル席よりも密着度が高い、すぐ隣である。中には、自分の知り合いの方に煙が行かないように、真上に向かって強く煙を吹き出す人がいる。すると煙は、こちらの頭の上あたりにかえって充満するのである。実に迷惑である。ASIMO君と行ったことがある三軒茶屋の日本酒居酒屋「赤鬼」などは、カウンター席は全席禁煙になっている。よい方針といえる。
 禁煙の店の情報については「禁煙スタイル」というサイトがあるので参考にされるとよい。

 私の酒仲間には煙草を吸わない人が多い、SAKURA、ASIMO君、OZAKI先生、MASSIMO氏、RAM元帥はまったく煙草を吸わない。煙草を吸う人も、こちらを気づかってくれる人がほとんどである。「煙草吸ってもいいですか?」と聞いてから吸えば良いという人がいるが、日本人のメンタリティにはあわない。聞かれた人間は、人間関係を考えて「どうぞ」と言ってしまうのが常である。やはり、吸う側の人間が気を使うべきである。さりげなく、店の外や喫煙所に行くべきである。
 下町の混み合うカウンターのみの居酒屋や立ち飲み店などでは、さっと飲んで、さっと帰る、正当派の大人の飲み手が多いのか、かえって煙草で嫌な思いをすることは少ない。酒飲みは酒に専念するべきである。

 OZAKI先生とSAKURAが色々な話で盛り上がっている間、建物から伝わってくる軽い振動を一人感じて物思いにふける。時折、東急池上線が真上を通ると振動が伝わってくる。この店には2階があるので、2階席はもっと音や振動が凄いのだろうと想像できる。心地よい振動は酔いを誘うのか、それほど飲まないうちに酔いが回ってきた。

 店を出たのは午後9時15分頃であったろうか、お勘定は5,570円であった。SAKURAは仕事が残っているそうで、東急池上線「大崎広小路」駅から帰っていった。
 私は少し眠くなってきていたのだが、OZAKI先生のリクエスト通り、目の前の山手通りの「大崎広小路」のバス停から渋谷行きのバスに乗ることにした。バスはすぐにやってきた。

 中目黒「楽屋」

 「渋41系統」は、JR大井町駅を出て、JR大崎駅前、東急池上線の大崎広小路駅、目黒線の不動前駅、大鳥神社前、東急東横線の中目黒駅を通って、渋谷駅に至るバス路線である。途中に良い居酒屋が多い為、個人的に居酒屋路線と呼んでいる路線の一本である。

 中目黒駅の一つ手前、「正覚寺前」で降りた我々は、「目黒銀座商店街」を少し歩いてから左折、裏通りに入る。そこは最近、店が増えている地域である。串揚げ立ち飲み店「殿金」があり、うまくて安い魚を食べさせる立ち飲み「根室食堂」がある。以前にASIMO君と行った「七舟」があり、ASIMO君やOZAKI先生と何度も行っているもつ焼き「源」も遠くない。
 今日はそれらの店には行かない、ダイニング&バー「楽屋」にMASSIMO氏の顔を見に来たからである。

 楽屋は「目黒銀座商店街」の半ばあたり、中目黒駅前郵便局の隣にある。店に到着したのは午後10時少し前であった。やはり、ライブステージは続いている。
 店の中が見えるので、こちらを見たMASSIMO氏に手を振る。すぐに彼が出てきてくれた。いつもの笑顔である。店の入口にはエントランスホールがある。ホールには、テナントとして入っているフランス料理店や楽屋の事務所のある2階に上がる為の階段がある。そのホールに4人掛けのテーブルが2つ置いてあるのだ。普段はミュージシャン側が受付としても使う席である。咲良舎ランチシアターの時もチケットを確認する為の受付であり、スタッフの仮事務所的に使った場所である。MASSIMO氏に会いに来る為に店にやってくる我々にとっては、そこは、話易く心地良い席といえる。
 「中へどうぞ」と言ってくれるスタッフの言葉を丁寧に断って、MASSIMO氏の持ってきてくれた定番のハウスワインを飲み始める。時折やってくるMASSIMO氏と3人でワインを飲んで談笑する。
 やがて、本日の2回目のライブステージが終わって、お客様たちが外に出てきはじめる。今日のステージは内容が良かったのか、余韻を楽しむお客様で店内は混みあったままであった。時折、出てくるお客様がいる。中には、外で飲んでいる我々をミュージシャン側のスタッフと勘違いしてか、「ありがとうございました」と挨拶をしてくれる。OZAKI先生が調子にのって、出てくるお客さんにみんな「ありがとうございました」と言っている。
 結局、朝までどこかで飲むに違いないOZAKI先生を残して、午前0時「楽屋」を後にした。ワインをずいぶんと飲んでしまった。明日の朝はきっと辛いに違いない。


大崎広小路 串焼「ぽっぽ」
住所 品川区西五反田1-22-6 池上線ガード下
電話 03-3491-9247
定休日 日曜
営業時間 17:00~24:00
交通 東急池上線 大崎広小路駅徒歩1分


中目黒 楽屋
住所 目黒区上目黒2-5-16
電話 03-3714-2607
LUNCH TIME 11:30~3:00(L.O. 2:30)
LIVE TIME  6:00~10:30 pm
BAR TIME  10:30~1:00 pm(L.O. 12:30)
定休日 基本的に年中無休
http://www.rakuya.net/

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

代々木「日本橋紅とん」

居酒屋探偵DAITENの生活 第25回  2007年6月4日(月)    【地域別】  【時間順】



代々木「日本橋紅とん」


   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。



S.A.Pの月曜のシーンワーク

 今日はS.A.Pの月曜のシーンワークの稽古場、参宮橋レインボースタジオに行く。月曜のクラスは午後4時からの「十二週間集中クラス」と午後7時からの「本コース」の二つのクラスがある。今日は午後7時30分に稽古場についたので、「本コース」の途中からの見学になった。稽古場には20名のメンバーがいた。それでも今日は数名休んでいるという。「十二週間集中クラス」の方も15名ほどメンバーがいる。春先には、それぞれの道を得て旅立っていった者もいたが、それ以上に新しい顔ぶれが増えている。

 シーンワークはそれぞれが台本を選んで、二人一組で自主稽古を重ね、その結果をSAKURAと他のメンバーたちの前で披露する。小劇場のような空間で、20名以上の人間の前で芝居を演じるのである。たいへんな緊張を強いられる場である。

 ニューヨーク時代の師匠であるニューヨーク・アクターズ・スタジオ故リー・ストラスバーグから受けた指導についてSAKURAが話した。当時、〈演劇の神様〉と呼ばれたストラスバーグは、指導を受けに来ている人間の事情などにはまったく頓着しない人であったという。「日本から来たばかりの若い女性で、まだ英語もうまく話せない状態にある」などということで、指導に手心を加えたりはしない。何の呵責もなく批判をされ、厳しい指導を受けたという。

 日本に帰って来た当時のSAKURAも厳しい演技指導者として知られていた。私もその稽古場にいたこともある。しかし、今のSAKURAはずいぶんと変わった。ただ、手を抜かず、強く語りかけるその指導法は、受け手の側にとって、とても厳しいものかもしれない。ホームページ「さくらの便り」にも「咲良舎アクティングプレイスが求めているのは、受け身で教えを待つ生徒ではないのです 」と書いてある通り、S.A.Pの稽古場では、受け身ではいられない、常に高い意識と集中を要求されるのである。

 今日の稽古場も良い雰囲気であった。何よりも全員の真剣さが伝わってくる場であった。ここにいる20人が全員羽ばたいていって欲しいと思う。実力主義とはとても思えない今の芸能界にあって、取り組む姿勢と真の実力を身につけて、勝ち抜いていって欲しいと思う。それが私たちの夢であるのだから。


日本橋紅とん代々木支店

 参宮橋の稽古場から歩いて代々木駅へ向かった。二人とも夕食を食べていないので空腹である。といっても酒飲みであるから居酒屋を探すことになる。小田急線の南新宿駅の近くまで行くが良い店が見つからない。そこで、代々木駅前から原宿方面に歩くことにする。代々木駅改札をでて、左斜めの道を入ってゆくと、左右に飲食店がある、しばらく行くと山の手線のガードをくぐった先に埼京線の青山街道踏切が見える。代々木駅の脇にある厩道踏切と、この青山街道踏切は「開かずの踏切」として有名であるが、午後10時を過ぎた時間なので、踏切はすぐに開いてくれた。

 この道は代々木駅前からまっすぐに明治通りまで続いている。道の左右は、南北に平行して走っている山の手線と埼京線、東側から合流してくる中央本線に挟まれた三角地帯である。道の左側には日本共産党の本部の建物がある。そのすぐ前に、赤ちょうちんを発見する。立ち飲み店ではないが、店の外にビールケースを積み重ねた上に板をのせただけのテーブルがあり、高い椅子が置かれている。「日本橋紅とん・代々木支店」である。

 SAKURAも前から気になっていた店であるという。何の迷いもなく、外のビールケース前の席に座る。私もSAKURAも道端で呑むのが好きである。何よりも店の中よりも空気が汚れていない。うるさい客の声からも逃げることができる。気がつくと店内はほぼ満席である。もつ焼きと煙草の煙で店内は一杯であった。煙草嫌いの我々にはやはりこの席は特等席と言える。

 若い女性が注文をとりにくる。私はホッピー氷なし(380円)、SAKURAは梅酒(480円)を頼み、さらに、つまみを頼もうとしている時、メモをとっていたその女性が「キャッ」と叫んだ。店の中の客が振り返る。一瞬何が起きたのか解らなかった。原因は「蛾」であった。蛾が首筋に止まって、彼女を驚かしたのである。私が手に持っていたメニューで蛾を叩き落とし、靴で踏みつけてとどめ刺すと、彼女は恥ずかしそうに「ありがとうございます」と言った。

 さて、注文の続きである。焼き物はカシラ(120円)、ハラミ(120円)、しいたけ(150円)、エリンギ(180円)、銀杏(120円)を2本づつ頼む。それからニラタマ(300円)とセロリの浅漬け(180円)も頼む。

 やがてやってきたカシラとハラミは、なかなかおおぶりでうまかった。稽古場での若いメンバーたちの話をする。みなそれぞれに面白い。彼らが育ってゆくのがSAKURAにとって何よりの楽しみのようである。酒もすすむ。2杯目はSAKURAはグラスワイン赤(380円)、私はマッコリ(380円)を頼んだ。ワインのグラスは思いの外大きかった。安い価格設定なので、期待せずに呑むと言ったSAKURAが微笑んだ。なかなかにうまいという。

 つまみのラストオーダーというので、頼んだのが「ネギ盛り」であった。名前がいい、ネギの青いところに大量のカツオ節がかけられ、胡麻油の入ったタレであえてあるだけのものである。これがうまかった。変な長い名前をつけ、手のこんだふりをして、高い値段をとる創作料理系のつまみよりも、こういう簡単でうまいものが食べたいと思う。

 最後の三杯目に黒ホッピー氷あり(380円)を頼む。一杯目の時にホッピーの冷やしが足りなかったようなので2杯目は氷ありにしてしまったのである。SAKURAは完熟梅酒(480円)である。

 今日の店「日本橋紅とん」は個人経営の店ではない、「株式会社紅とん」という文京区に本部を持つ会社が経営する店である。同社のホームページのご挨拶には

 「焼きとん居酒屋の『日本橋 紅とん』は、『新鮮な豚モツの串焼き』と『もつ煮込み』、『旨い冷えたビールとホッピー』が自慢です。2003年12月に日本橋で産声をあげた『日本橋 紅とん』は、2007年1月現在東京を中心に14店舗(直営5店舗、FC9店舗)の出店を果たしました。より多くの皆様に、旨いものをリーズナブルな価格で召し上がって頂けるよう、従業員一同皆様のご来店をお待ちしています。」

 と書かれている。東京に13店、横浜桜木町に1店がある。たしかにチェーン店であるが、巧みに個人経営の街のモツ焼き店のイメージで商売をしている。最近、庶民の味であるはずのホッピーを500円以上で売ってしまう、勘違いした店が時々あるが、「紅とん」ではホッピーの値段も380円と抑えてある。全体につまみの価格も安い。チェーン店居酒屋嫌いの私ではあるが、「加賀屋」がそうであるように、ホッピーを置いているチェーンは許してしまう。

1時間ほどの滞在で二人で4,230円であった。
 どこかで、入る居酒屋に困った時、「日本橋紅とん」の支店が近くにあると、とても助かると思う。


「日本橋紅とん 代々木店」

東京都渋谷区千駄ヶ谷4-30-5 みすずビル1階
電話 03-5772-9047
日曜祝日休 16:00~24:00


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

横浜 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。