目黒 居酒屋「よし」

居酒屋探偵DAITENの生活  第31回  2007年7月27日(金)  【地域別】  【時間順】


目黒 居酒屋「よし」


 毎週金曜日はプロジェクトの稽古日である。稽古帰りに他のメンバーと別れ、SAKURA創間元哉と3人で目黒駅近くで軽く飲むことにする。いつもの反省会である。

 目黒駅のすぐそばのメグロードというビルの地下1階にその店はある。権之助坂を少しだけくだった所にビルの1階入口があるが、目黒駅前側から入る裏口があって、そちらは地上2階の高さからビルに入るようになっている。今日は裏口から入ったので、地下2階に降りる感じである。しかし、そこは地下1階である。店名は居酒屋「よし」。店の入口にはホッピー提灯がぶらさがっていた。私はホッピー提灯を見ただけで安心してしまうのである。

 店に入ると左手に5人ほど座れるカウンター、右手に広いスペースがあり、4人掛、6人掛のテーブルが十卓ほどあり、奥には20人近く座れる畳敷きの小あがりになっている。72名まで店に入ることが出来るそうである。思いの外広い店内である。

 三方の壁は品物と金額の書かれた短冊で埋め尽くされている。あまりの多さになかなか目が定まらない。刺身、揚げ物、煮物、居酒屋の定番のつまみは何でもある。焼酎のボトルメニューの上に、生ビール20リットル(18500円)、生ビール10リットル(10500円)という短冊まである。樽生を買い切るということだろうか。面白い。

 SAKURAはサッポロ黒ラベル大瓶(490円)、創間君はサッポロ生ビール中(450円)、そして私はどこにも値段が書いていないホッピーセット氷なしである。
 
 つまみは、あじ刺身(300円)、シメサバ(390円)、オニオンスライス(250円)、レバニラ炒め(550円)をいただく。
 今日のあじ刺身は評判が良くて、すべての卓に出たので、あと2匹しかないそうである。

 やがて、瓶ビールと生ビールがやってきて、次に登場したのがホッピーの瓶とジョッキ。もちろん氷なしである。
 ジョッキとホッピーがよく冷えているのでいわゆる二冷である。ところがこのホッピーセットが変わっている。焼酎はジョッキの中に入ってこない。宝焼酎の360ミリリットル瓶が1本ついてくるのである。

 少し心配になって値段を聞いた。ホッピーと宝焼酎ハーフボトルのセットで980円である。ホッピー外の追加は250円。私のように、アルコール5パーセントの本来のホッピーの飲み方で飲む人間にとっては、この焼酎の量は多い。ホッピー外が全部で4杯は必要である。ホッピー5杯で1980円という計算になる。
 
 ホッピーの話を色々と話しているうちに、創間君に「新岳さんはホッピー原理主義者ですよね」と言われた。ホッピージョッキの下から一つ目の印で、アルコール5パーセントホッピーを氷無しで飲む。そんなホッピーの本来の飲み方を頑なに守って飲んでいる。自宅にホッピージョッキやタンブラーまで買い込んでいる。酒席でホッピーがどんなに良いかを力説してしまう。「ホッピー原理主義者」とはうまい言い方である。

 ドライマティニとは、ジンとベルモットのカクテルである。究極のドライマティニは何か?、それは、冷やしたジンを注いだマティニグラスの上をベルモットの瓶をいったりきたりさせて、中には入れないものだというジョークを聞いたことがある。この逆で、ホッピーに入れる焼酎を少なくして、ついには数杯目からはホッピー外だけ飲んでいる自分に気づく時がある。それほどホッピーの味が好きなのである。事実、この日も、宝焼酎の半分は創間君に提供、3杯目には焼酎を入れなかった。

 店は入った時から気になっていたことがあった。女将さんらしき人の左手に痛々しく大きな湿布が貼ってあるのである。右手一本で品物を運んでいるのである。ついに、ご本人に聞いてみた。すると、ほんの数時間前に骨折をしたという。調理場との間の段差につまづいて、手をついてしまったという。見せてくれた手は大きく腫れている。まさに骨折である。それでも、帰ることはできず、午前3時まで開いている店を守らなければならない。女将は笑いながら話している。

 マスターが作り、女将がフロアを担当する。個人経営の居酒屋のマスターと女将は、本番をかかえた主演俳優主演女優のようである。代わりはきかないのである。

 途中で、ポテトフライ(480円)とアツアゲ(380円)を頼んだ。
 最後に、サッポロ黒ラベル大瓶(490円)をもう1本もらって閉めの乾杯をした。

 1時間45分ほどの滞在。3人で6680円であった。
今まで、稽古後に目黒で飲む店が少なかった。ここは少し大人数でも入ることが出来るので、SAPの若者たちとも来ることが出来るかもしれない。わかりにくい場所にあるので、客のほとんどが会社帰りのサラリーマンの常連さんたちのようである。よい店をみつけたものである。帰りがけに「お大事に」と言って再訪を約束した。

目黒 居酒屋「よし」
東京都品川区上大崎2-26-5 メグロード地下1階
03-3493-1435 
定休日 日曜
営業時間 11:30~14:00 17:00~翌3:00


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」





テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

都立大学「ぶら里」

居酒屋探偵DAITENの生活  第30回  2007年7月20日(金) 【地域別】  【時間順】



都立大学 居酒屋「ぶら里」


   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。



都立大学 ぶら里

 咲良舎アクティングプレイスの選抜メンバーからなる特別プロジェクトの活動は毎週金曜と日曜日である。
 この日も午後9時30分に終了、稽古帰りに都立大学の駅改札で解散となった。ここで、SAKURAとメンバーの創間元哉と3人で軽く飲んでゆこうということになった。
今日の店は、都立大学駅改札を出て右側、高架線脇の道を自由が丘方面へ10メートルほど行った道の左側、回転寿司の二階にある居酒屋「ぶら里」である。

 店に入ると目の前に5席ほどのカウンターがあり、左手の道路側は2人用テーブルが1つ、4人用テーブルが1つ、8人用テーブルが1つあり、右手奥が座敷になっていて、4人用が4卓あり、20人ほどの宴会が可能な広さである。

 まずは、グラスを三つもらい、キリン一番搾りの瓶ビール大(580円)で乾杯である。

 つまみは、手羽先塩焼き(280円)×2本、ポテトフライ(420円)、ゴーヤチャンプル(600円)、オニオンスライス(480円)など。

 ポテトフライは、冷凍食品ではない、大きくカットしたものを揚げてある。ゴーヤチャンプルにはエリンギがたくさん入っていた。つまみは、どれもボリュームがある。量多め単価高めの傾向の店と言える。

 量を少な目にして、単価を下げるか、量を多めにして、単価を上げるかは、店側の選択として分かれる点である。店にとって一番良いのは〈量少な目・単価高め〉であるが、そんな大衆居酒屋は続くわけがない。

 単価は高いが量が多いと、作る手間も客だしの回数も減って店としては楽である。しかし、単価が高いという印象を客に与えてしまうと、リピーター率が低くなる。

 大衆居酒屋として「良い店」と言われる店は、〈量多め・単価安め〉の店である。一人客の多い店では、〈量少な目・単価安め〉の店も、いろいろと頼めるし、〈割安感〉があるので喜ばれる傾向にある。

 〈量少な目・単価高め〉の店は、それを補う要素が必要になる。器にこだわり、店の作りや雰囲気など、高級感を出す為に投資をする。しかし、味が伴えば良いのだが、見かけ倒しの店も多い。この手の店に出会うと、特にがっかりさせられるのである。店は清潔であればそれでいい、きれいである必要はない。そんなことよりも安くてうまい方がいい、それが大衆居酒屋ファンである。

 白ホッピー(450円)を3つもらい、オシンコ(420円)をとる。ホッピーの価格設定が高いように思う。最近450円という価格設定の店によく出会う。私としては、ホッピービバレッジが推奨しているホッピージョッキの下の印までの焼酎の量で、ホッピー本来の味わいで飲めた方がよい、それで350円以内というのが正しいホッピーの姿だと思っている。焼酎の量が多めで高い価格に設定する最近の傾向は、あまり喜ばしいものではない。

 先日買った雑誌「古典酒場」の「ホッピーの正しい呑み方」という記事の中で、「今さら聞けない・・・ホッピーの外1中2って・・・邪道なの?!」という記事があった。飲む人が好きにすれば良いことは十分解っている。しかし、私的にはホッピービバレッジ側が推奨している25度の焼酎1に対してホッピー5という飲み方が一番であると思っている。

 今、主流になってしまっているホッピーの飲み方は、「ホッピー」ではなく、「焼酎のオンザロックのホッピー味」であり、私は好まない。

 3人で話していると話がつきない、あっという間に2時間近くの時がたってしまった。今日は最初の申し合わせ通り、量的には「軽く」の部類に入ったので、3人でお勘定は5620円であった。
「ぶら里」は、つまみも酒も種類がある。居酒屋があまり豊富ではない「都立大学」で、ホッピーの飲める店として貴重である。



学芸大学 某居酒屋

 翌々日の7月22日(日)も「プロジェクト」の稽古であった。役者にとって必要な、「人間観察」について、「コミュニケーション」について、様々な話が出来た。全員が積極的に話に参加し、本音で語り合うことが出来る、それは素晴らしいことであると思う。

 学芸大学駅近くの稽古場帰りに、SAKURA、メンバーの創間元哉、天絢香と4人で飲もうということになった。しかし、日曜日は学芸大学駅周辺の目当ての店はほとんど休みである、そこで、駅近くで新規開拓をすることにした。

 駅近くで居酒屋を発見。中に入ると、L字カウンターに10人ほどが座れば一杯の広さである。元気の良い青森なまりのお母さんが一人で切り盛りしている。先客の男性が一人、待ち合わせらしく、すぐにもう一人の男性が加わった。

 SAKURAは瓶ビール、創間君は生ビール中、天と私はホッピーをもらった。当然、私は氷無しである。

 カウンターの上段に、大皿料理が並んでいる。「フランク・ソーセージと厚揚げ煮」「鰯の煮付け」「魚のそぼろ」など色々と食べた。壁に品書きがあるが、その中に大皿料理の品書きはどこにもない、料理の単価は不明である。

 全員で話が盛り上がった。お母さんも時折話しに加わってくる。しかし、それが程良い加減で、邪魔にはならない。聞けば30年以上この商売をしていると言う。さすがである。

 並びの男性客二人は、ご飯とみそ汁をもらっていた。話の中身から常連であることが解る。

 お母さんが我々にこんな話をした。
先日、初めてきた客がカウンターの端のお母さんの位置から見えにくい場所で、パソコンを開いて何かしている様子であったという。実は、カウンター脇のコンセントに電源をつなげていたのである。明らかに盗電である。「一言、言ってくれればきついことも言わなかったのだけど、黙ってやっているのでしゃくに障った、だからつい怒ってしまった」と言う。「他でもやっているのかと聞くと、ええ、ちょくちょくなんて言うのよ」と、お母さんの怒りは収まらない。コンセントを見るとガムテープで穴を塞いであった。

 文庫本を読んだり、携帯電話で短いメールを送ったり、PDAをいじるのは、それはそれで、一人客の居酒屋での過ごし方の部類に入ると思う。しかし、狭く小さなカウンターだけの店で、ノートパソコンを開くのは無粋である。その上、だまって盗電してしまう。酒場に来る資格のない人間である。そういう人はチェーン居酒屋の小さな二人用の個室にでもこもってパソコンに向かえば良いと思う。

 インターネット上で、このお店を紹介することは控えることにした。常連客と長年作ってきたこの店の雰囲気を壊す原因を作りたくないのである。ゆえに、「某店」として、住所も電話番号も掲載しないことにする。

 お勘定をお願いすると四人できっちり1万円、一人2500円であった。小料理屋さんなどによくあるやり方であるが色々と食べて酒も飲んだ、私としては妥当な値段といえる。

 また、お母さんの青森なまりを聞きたくなる時が来るに違いない。居酒屋の女将さんに対して変な言い方であるが、シャープでクレバーなお母さんであった。



都立大学 居酒屋「ぶら里」  
住所 目黒区平町1-27-10-2F
電話 03-3723-0504


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」


テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

戸越銀座居酒屋「頑張っ亭」

居酒屋探偵DAITENの生活 第29回  2007年7月18日(水) 【地域別】  【時間順】



戸越銀座 居酒屋「頑張っ亭」


   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。



非公式訪問

 ASIMO君と軽く呑みましょうということになって、東急池上線の戸越銀座駅の戸越銀座商店街を歩く。
 居酒屋を訪問しても、この「居酒屋探偵DAITENの生活」に書かない場合も多い。用事の合間に、時間調整の為に寄った場合、思い当たる店がなく、仕方なく特徴のない大手チェーン居酒屋に行った場合などは、あえて書かない。読者にとって面白くないだろうと思うからである。さらに、現在、50名近くが在籍している咲良舎アクティングプレイスのメンバーと行動を共にする場合、10名以上で入ることの出来る店は、大規模チェーン居酒屋に限られてしまうので、この場合も書かないことが多い。7月はこのケースが多くなってしまった。このようなケースを私は「非公式居酒屋訪問」と呼んでいる。今回は、仕事の後に少しだけということで「非公式訪問」と言える。だが、今回は「非公式訪問」でもブログに書き留めることにした。

 「非公式訪問」ということで、過去に何度も来たことのある店、戸越銀座「頑張っ亭」を選んだ。
チェーン居酒屋がどんどん増えている戸越銀座において、個人経営の居酒屋としてなかなか健闘している店である。

 店に入ったのは、午後7時少し前であった。まずは、白ホッピー(367円)を二つもらう。いつものように、ASIMO君が氷あり、DAITENは氷無しである。最初のつまみは、中華冷奴(ザーサイ)(299円)、ほうれん草たまご(469円)である。さらに、この店には98円メニューというのが数点あって、中から魚肉ソーセージ(98円)、イタワサ(98円)を選ぶ。

 今日は、二人でシビアな話に終始する。「公式訪問」の場合、店の雰囲気や味に感動してしまい、シビアな仕事関係の話にはならない。やはり「非公式」であり、何度も来ている店なので、そのようになるのかもしれない。

 2杯目のホッピーをもらい、さらに頼んだつまみはタコ刺(500円)と新ジャガ芋の明太マヨネーズ(390円)を頼む。

 以前、SAKURAと一緒に代々木店に入ったことのある「日本橋紅とん」の「戸越銀座店」が7月25日に開店するのである。撤退したチェーン居酒屋「笑笑」の跡地への出店である。実は通勤の途中の場所である。「これは危険である」とASIMO君と意見が一致。毎日、ホッピーとモツ焼きの臭いの誘惑に勝たなければならないのは辛い。「紅とん」が出来るとこの「頑張っ亭」も影響があるだろうと予想できる。しかし、飲む側としては、いろいろな店が出来て切磋琢磨してくれればかえってよいのである。

 3杯目はレモンサワー(367円)、ASIMO君もホッピー外の後でレモンサワーを呑んでいた。
最後のつまみはシャーピン(えびせん)(209円)と青ネギサラダ(98円)である。最後の4杯目は緑茶ハイ(367円)を飲んだ。

 土曜日の午後に「王子・赤羽・十条の居酒屋ゴールデントライアングル」を再訪しようという話になった。この件では、OZAKI先生にも声をかけたいと思うが、完全に夜型、というより夜中型のOZAKI先生に昼酒は無理かもしれない。
 渋谷の大規模アンダーグラウンド立ち飲み「富士屋本店」ホッピーを売り始めた話題になり、是非行きたいということになった。さらに、東京ドームでナイター観戦の後に、文京区春日にある渋い居酒屋を訪問する話も決まった。RAM元帥と、川崎駅西口の「味よし」に行く話もある。飲み会の話は次々と決まってゆくのである。

 「非公式」であり、「軽くのむはず」であったが、それなりに飲んでしまった。

 店を出たのは午後8時30分、約1時間30分の滞在で5400円。
ASIMO君とは2軒から3軒は「はしご」するので、今回のように一軒で飲む量としては4杯は多い。少し反省する。



戸越銀座 居酒屋「頑張っ亭」
住所 品川区平塚2-14-7
電話 03-5498-1988
定休日 日曜祝日
営業時間 17:00~24:00
交通 東急池上線・戸越銀座駅徒歩2分

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」



テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

学芸大学 居酒屋「件(くだん)」

居酒屋探偵DAITENの生活  第28回  2007年7月8日(日) 【地域別】  【時間順】



学芸大学 居酒屋「件(くだん)」



   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。



学芸大学 平均律

 野暮用を済ませて、SAKURAと待ち合わせたのは学芸大学駅近くの喫茶店、珈琲紅茶とバロック音楽「平均律」である。「平均律」は昭和の終わり頃まで原宿にあった有名な喫茶店。その「平均律」が学芸大学で数年前から復活したのである。
 その日は、写真家の秋野深さんの写真展『シルクロード 溢れる自然と意匠 -新疆ウイグル・イラン-』が開かれていた。
ホームページによれば、「中国最深部の新疆ウイグル自治区に広がる壮大なスケールの大自然、イランの古都イスファハンをはじめとする各地の美しいモスク等、シルクロードを彩る自然と建築物の写真を展示いたします。」とのことである。
 どんな写真であるかご覧になりたい方、情報を入手したい方は下記のサイトを参照のこと。
 http://www.jinakino.com/

 私が遅れて店に入ってゆくと、SAKURAはすでに店の人たちと馴染んでしまっていた。お店の女性から写真展の説明をずっと聞いていたそうである。また、たまたま来店していた人形作家の女性とも話が弾んでいた。なんと、その方もSAKURAという名前であった。
 店の斜め前のビルの中に、「千本桜ホール」という小さな劇場があって、小劇場系の芝居が上演されている。
 千本桜ホールについて知りたい方は、http://www.yk.rim.or.jp/~senbonza/を参照のこと。
 その「千本桜ホール」で芝居を上演している関係者が来店しており、その話が面白いとお店の方が言っていた。この「平均律」という店は、様々なアーチストが出入りしているサロン的な店のようである。
珈琲紅茶とバロック音楽「平均律」について詳しく知りたい方は
 http://www.heikinritsu.jp/を参照。

そしてプロジェクト

 咲良舎では、今、咲良舎アクティングプレイスの本コースと12週間集中クラスの両方から特別に選抜した10名ほどのメンバーで、あるプロジェクトが進行中である。内容についてここで発表することは出来ないが、その成果を公表できる日がやがて来るに違いない。
 今日は、学芸大学駅近くの稽古場でそのプロジェクトが行われたのである。始まったのは午後6時、実に充実した3時間半であったことだけをここに記すことにする。これから秋までこのプロジェクトは行われる。

学芸大学 件(くだん)

 居酒屋探偵DAITENはホッピー好きである。最初はプリン体ゼロであり、工夫次第であまりアルコールを多く摂取せずにすむというその特性が飲み始めたきっかけであったが、ホッピー文化とも言えるホッピー好きとホッピーを提供する店のこだわりに触れるうちに、本当にホッピー好きになってしまったのである。

 しかし、実は一番好きなものは「酒」である、アルコール全般という意味の「酒」ではない、「世界に冠たる純米酒」である。これほど奥行きがあって素晴らしい飲み物は無いと思っている。渋谷と新宿にある「十徳」は、日本酒が飲みたくなってしまった時、飛び込む店である。人を招待したりする場合も「日本酒」に力を入れている店を選ぶ場合が多い。そんな、うまい日本酒を呑ませる店で、開店当初から気になっていながら入る機会がなかった店があった。東急東横線の学芸大学駅の近くにある「件」である。件(くだん)とは「いつものこと」「例のこと」といった意味である。「よって件のごとし」という言い回しがあって、昔の証文などの文末に使われた定型文である。「前述した事柄」という意味であるという。

 プロジェクトの帰り道、SAKURAと二人で、この「件(くだん)」に寄った。
 二人であることを告げると、正面の大きなカウンターの左端に通された。カウンターの中では、店主らしい人が頬笑んでいる。

 まずは、サッポロ赤ラベル中瓶(450円)をいただく。うまい。お通しは「新じゃがと地鶏のバルサミコ煮」である。酸味が疲れた体に優しい。

 つまみは、「鮭はらす焼き(780円)」をもらい、それから「店主のきまぐれ酒の肴三種盛(900円)」をいただく、この日は、うるか、焼きしおから、とうふみそ漬けの三種に干し甘エビ、干しホタルイカ、干しししゃもを2尾づつサービスでつけてくれ、合計六種盛りになっていた。

 ビールの後、店主のお酒のアドバイスが始まる。SAKURAは、店主おすすめのメニューに載っていないお酒から高知の「亀泉うすにごり(850円)」を選択。私は同じく高知の「豊の梅純米吟醸(750円)」をいただいた。もちろん、途中交代で両方を味わう。「亀泉うすにごり」は活性にごりのさわやかさが実に良い、そして、「豊の梅純米吟醸」は呑みあきのしない酒で、二口目、三口目と舌に馴染んでゆく酒であった。

 私は2杯目に、愛知県の酒、「醸し人九平次純米吟醸件の山田(780円)」を選んだ。「醸し人九平次」は、今や有名になってしまったスター酒である。やはりうまい。店主によれば、店名の「件(くだん)」はこの「件(くだん)の山田」からとったものであるという。このお店にとって特別な酒といえる。

 ネットの情報によると、「件(くだん)」の店主は、三軒茶屋の「赤鬼」出身であると言う。
 押しつけがましくない接客でありながら、主張を感じさせる店である。噂通りの良い店であった。吟醸酒を売る店で時々感じさせられる「敷居の高さ」も無い。心身共に疲れた夜に、味わい深い「純米酒」で癒されたい。そんな時に来店したい店である。1時間ちょっとの滞在、二人で5380円であった。


学芸大学 平均律
東京都目黒区鷹番3-7-5
TEL 03-3716-6537
http://www.heikinritsu.jp/


学芸大学 和酔家 おでん 件(くだん)
東京都目黒区鷹番3-7-4  関口ビル1F
TEL&FAX 03-3794-6007
定休日 月曜日


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 蒲田 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 二俣川 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 王子 十条 世田谷 山下 豪徳寺 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる