浜松町 「名酒センター」

居酒屋探偵DAITENの生活 第483回 2012年5月25日(金) 【地域別】  【時間順】




※2012年5月22日 970,000カウント通過。感謝!

浜松町 「名酒センター」


 名酒センター


  
   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。

   電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←居酒屋短編小説を発表中(無料)。「新岳大典」で検索。


 東京駅に行く用事があり、その後、「新橋」を歩くことになった。
 1時間ほど新橋駅の南西側の地区を歩いてみる。そこは、かつて大衆酒場の宝庫であった。
 しかし、今はマスコミが作ったイメージのみが先行して、古い店は次々に新しい店にとってかわられている。

 そんな中、古い角打ち可能な酒屋さんを発見する。「高木酒店」さんである。
 とにかく、その姿が素晴らしい。

 今から40年以上前の子供の頃、祖父に連れられて酒屋へよく行った。祖父は私の子守を理由に散歩の帰りに酒屋に寄った。まさに、「角打ち」の為である。
 味噌樽の周りを囲むように男たちが立ち、コップに入った酒を飲むその中で、ジュースを一緒に飲んだ記憶がある。私は小学校に入る前から「角打ち」をしていたことになる。

 まだ、早い時間なので遠慮をして、外から眺めるだけにした。

 名酒センター ← 高木酒店


 西新橋周辺は、「環状第二号線新橋・虎ノ門地区市街地再開発事業」と呼ばれる工事の真っ最中である。第一京浜まで地下に環状二号線という道路が作られ、地上部分にも道路が出来るそうである。西新橋の雰囲気が変わってしまうのも当然といえば当然である。

 名酒センター ← 環状第二号線新橋・虎ノ門地区市街地再開発事業


 新橋を離れたくなった。裏通りから第一京浜国道に出て、浜松町一丁目の交差点に立ち、右手を見ると、商店街の入口を示すアーケードが見えた。「芝神明商店街」である。まだ早い時間なので、閉まっているお店も多い。どんどん歩いて、大門方面を目指した。

 名酒センター ← 芝神明商店街

 
 大門の交差点を渡り、浜松町駅方面へと歩く。有名な「秋田屋」さんの前には、店内に入りたい人の列が出来ている。そこから浜松町駅方面へは行かず、「秋田屋」の角を曲がって、第一京浜国道の一本東側の道を歩く。すると、左手に「ホット横丁東京」という、最近流行の仮設の飲食店街が出来ていた。しかし、この手のものに入りたいという気にはならない。因みに背後に移っているのは浜松町貿易センタービルである。

 名酒センター ← ホット横丁東京


 さらに、歩いて行く。すると、そこに、オレンジ色の看板を見つけた。
 「名酒センター」である。ずっと、前から気になっていたお店だ。
 表のガラスに「飲み比べ 三種三杯 500円から」と書いてある。
 思ったよりもきれいな造りのお店になっていた。さっそく入ってみることにした。

 名酒センター


 店内に入ると左手前に冷蔵ケースがあり、その先には、左手から始まり、店の中央で折れ、奥に向かって続くL字カウンターがある。立ちのみのカウンターではあるが一人が立つのに丁度いい位置に、グラスを三つ並べて置けるように二つの仕切りがある木製のトレーが等間隔に置かれている。
 例えば、一杯200円の酒を三杯頼むと600円から100円値引きしてくれるので、三杯500円となる。ゆえに、この3杯のグラスを並べられるトレーが活躍するのである。
 店内のカウンターには男性2人の先客がいらっしゃった。冷蔵ケースは店を入って右側にもその奥の方にもある。
 
 まず、冷蔵ケースの中に並ぶ一升瓶の酒を3本選び、自分の立つカウンターの上に並べる。
 すると、お店の方が私の前のトレーに、冷えたグラスをきれいに並べ、一升瓶から一杯ずつ酒を注いでくれるのである。その3本の一升瓶は、すぐには持って行かない。グラスの前に並べてしばらく置いたままにしてくれるのだ。〈写真〉

 まずは、岩手県盛岡市株式会社あさ開〈あさ開 純米大辛口「水神-suizin-」〉を選ぶ。
 これは、第397回で紹介したJR大崎駅近くの地酒飲み比べ処「のぶちゃん」でも飲んだお酒である。実は地酒飲み比べ処「のぶちゃん」は、こちらの「名酒センター」さんから別れたお店なのだ。

 2杯目は、大好きなにごり酒を選んだ。茨城県那珂市木内酒造〈うすにごり酒 菊盛 純米吟醸「春一輪」〉である。

 さらに、3杯目は長野県塩尻市美寿々酒造株式会社〈みすず 特別純米 無濾過生原酒〉である。

 辛口、にごり、無濾過生原酒とまったく異なる3杯を選んだグループ第1弾は、実に面白い選択となった。
 3種とも1杯200円であり、3種試飲すれば100円値引きしてくれるので、3杯500円である。

 店内を撮影しないのは私のポリシーである。しかし、今回は、一升瓶とグラスの接写であり、お客さんも少ない時間なので、他の方の迷惑にならないのではないかと考え、静かに撮影させてもらった。

 名酒3種その1




 ジャズが流れている。白木を基調としたインテリアの店内。照明は暗めに抑えられている。

 少しして、ちょっとオフィスから抜け出してきたような軽装の女性が一人入って来て、一通り説明を受けた後、1杯だけ飲んですぐに帰られた。実にかっこよい。

 さらに、送別会で贈る品を買いにやってきた男性客もいた。高いお酒を選んでいらっしゃる。

 店内の冷蔵ケースの中に「つまみ3点セット」を発見、自分の席まで運んだ。
 お店の方につまみの内容を説明してもらう。「へしこ」「燻製みそ」「金頭の燻製」の3点、セットで500円である。

 塩分の強い、旨いつまみのおかげでグループ第1弾3杯を飲んでしまった。

 さて、グループ第2弾の3杯は、第477回大崎広小路・関西即席一品料理「多幸安」で御一緒した寿島宅弥氏からすすめられた和歌山県の酒を選ぶことにした。
 
 和歌山県海南市株式会社名手酒造店〈黒牛 純米酒〉〈黒牛 純米生酒中取〉の2種を選ぶ。

 さらに、3杯目は和歌山県和歌山市株式会社世界一統〈南方 純米吟醸〉であった。


 名酒3種その2
 
 塩辛い、今日のつまみに負けない旨口の酒であった。

 日本の酒を呑む上で必要なことは、コントラストだと思う。
 ある地方の酒が全く違う土地のつまみに出会う。それを都会の自分が味わう。
 それは、出会いである。
 名酒センターの試飲のシステムと初めて出会い、少し戸惑い、理解して・・・そして、呑む。
 そこに満足があった。



 やがて、利発そうで美しい女性が入ってこられた。
 私の並びに立つと、私の前に並んでいる3本の一升瓶を指さした。
 
 「この三種で・・・」

 お店の方がそのまま運んでいった。ちょっと小さな驚きである。

 寿島宅弥氏に伝えたい。

 「和歌山のお酒が選ばれましたよ」と。

 さて、帰ることにしよう。 

 薫製味噌を半分残してしまったことが申しわけない。
 「残してごめんなさい」と言って、お勘定をお願いする。

 午後5時45分から6時45分まで1時間の滞在。お勘定は1500円であった。

 外に出る。まだ、暮れゆく陽のなごりが少し残っていた。



浜松町 「名酒センター」
住所 東京都港区浜松町2-3-29 磯山第2ビル1F
電話 03-5405-4441
営業時間 月曜日~金曜日 午前11時~午後9時半(9時ラストオーダー)
     土曜日(第1・第3・第5)午後3時~午後8時
定休日 日祭日 第2土曜日、第4土曜日(イベント随時開催)
交通 都営地下鉄浅草線・大江戸線大門駅より徒歩2分 JR京浜東北線・山手線浜松町駅より徒歩2分


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

多摩川 おでん「グランド小池商店」

居酒屋探偵DAITENの生活 第482回 2012年5月13日(日) 【地域別】  【時間順】





多摩川 おでん「グランド小池商店」


  多摩川グランド小池商店

  
   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。

   電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←居酒屋短編小説を発表中(無料)。「新岳大典」で検索。


 母の日のカーネーション

 母の日である5月の第二日曜日の午後、SAKURAと二人で多摩川沿いを散歩した。

 かつて、「巨人軍多摩川グランド」だった場所に到着。
 そこは、1985年に読売ランド内の「ジャイアンツ球場」が出来る迄は、イースタンリーグの巨人二軍の本拠地であり、巨人全体の練習場でもあった。当時の野球少年は、この練習場に一度は行ってみたいと思ったに違いない。

 写真を撮影してみた。

 遠く、武蔵小杉方向に高層ビル群が見え、その右手には、川崎フロンターレのホームスタジアムである等々力陸上競技場の照明塔が4本見える。

多摩川グランド小池商店

 
 このグラウンドの前、車道を渡った場所に有名なおでんの店、「グランド小池商店」がある。お店の外にパラソルとテーブルと椅子が出ており、飲物を飲み、おでんを食べることが出来る。

多摩川グランド小池商店

 
 しかし、やはり、こちらのお店に来た時は、店内に入りたい。店内に入ってはじめて、人はこちらのお店の凄さに気づくのである。そこには、往年の名選手、そして、こちらのお店を取材した芸能人たちの写真やサイン色紙が壁一面に飾られており、とにかくその量には圧倒される。

多摩川グランド小池商店

 やはり、おでんを頼む。おでん(420円)を2皿、おまかせである。

 1皿目には、大根ちくわぶたまごさつまあげ、2皿目は、つみれ大根がんもたまごが入っていた。
 しかし、我々がおでんだけで済むわけもない。ビール大瓶(550円)を頼んでいた。
 銘柄を聞き、サッポロ、キリン、アサヒの中からサッポロ黒ラベルを選んだ。

 店の奥にカーネーションが飾ってあった。

 2010年の5月、おでん店「グランド小池商店」女将さんが亡くなられた。享年八十二歳であったとのこと。
 東京・西五反田の桐ケ谷斎場で営まれた通夜には、巨人・長嶋茂雄終身名誉監督、堀内恒夫前監督らジャイアンツOBが多数参列したのである。

 毎月のようにきてくれるというお客様が亡くなった女将さんの為にと、くださったカーネーションだそうである。

 多摩川グランド小池商店


 次に焼きそば(380円)を頼んだ。

 さらに、ソフトクリーム(300円)とワンカップ(320円)も頼む。

 食べたいもの、飲みたいものを全部頼んだような気がする。

 約1時間ほどの滞在。お勘定は二人で2,420円であった。

 多摩川沿いの道を無言で歩き続け、多摩川駅へと向かった。



多摩川 おでん「グランド小池商店」
住所 東京都大田区田園調布4-46-10
電話 03-3721-3233
定休日 月曜日・第1・第3火曜日
営業時間 10:00~18:00
交通 東急東横線・東急目黒線・東急多摩川線多摩川駅下車徒歩10分。


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

蒲田 やきとん「豚番長」第2回

居酒屋探偵DAITENの生活 第481回 2012年5月2日(水) 【地域別】  【時間順】



※2012年5月3日 960,000カウント通過。感謝!


蒲田 やきとん「豚番長」  第2回




   蒲田豚番長

  
   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。

   電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←居酒屋短編小説を発表中(無料)。「新岳大典」で検索。


 いつもの年よりも日数が少なくなってしまった、ちょっと残念な「ゴールデンウィーク」の真ん中、5月2日の水曜日である。蒲田に行ってみた。東急池上線と多摩川線の蒲田駅脇の「立ち飲みストリート」と呼んでもおかしくないほど、立ち飲み店が並んでいる通りに足を踏み入れる。第480回で紹介した立ち飲み「炙り安」を右手に見ながら、十字路を過ぎ、立ち飲み処「うなぎ家」立呑処「みつるちゃん」、等の前を過ぎてT字路に出ると、右手向こう角にそのお店はあった。やきとん「豚番長」である。前回紹介したのは、2009年9月16日(水)第262回である。

 午後7時である。この時間帯はいつも混んでいて入りにくいのである。それが今日はカウンターの右端辺りの一画が空いていた。急いで右端の入口から入り込んだ。今日は、マスターである「番長」と、もう一人男性がカウンターの中にいらっしゃる。並びに女性が二人立っておられた。奥の方には数人の男性客の方々。
 来店したのは本当に久しぶりである。まずはなによりも3冷ホッピーが飲みたい。ホッピー氷なし(380円)を頼んだ。

 「白ですか?、黒ですか?」。
 「はい、白でお願いします。」

 やはり、3冷のことで頭がいっぱいで、今日も白か黒かを言わずに頼んでしまったのである。

 待っている間、焼き物を考える。今日はかしらなんこつハツテッポーを各1本。すべて100円である。

 注文をする。
 「塩ですか? タレですか?」と聞かれる。
 ここでまた、塩かタレか言うのを忘れてしまう。

 出来上がった状態で出てきた3冷ホッピーが今日もうまい。

 営業時間を見れば、土曜日、日曜日、祝祭日は正午から開店。土日の昼間から飲むことが出来る店は貴重である。
 店内に「湘南の風」の曲が流れている。こちらのお店の雰囲気にぴったりな曲だ。

 焼き物が次々にやってくる。特にテッポウが美味かった。

 黒ホッピー氷なし(380円)
 一杯目はホッピー瓶が付いていなかった。でも二杯目は瓶をつけてくれた。
 やはり、ホッピーは自分で作りたい。
 そばに、ホッピーの茶色い瓶がいてくれないと、寂しいのである。

 トリハイを濃いめでガンガンいく方。お店の方々と楽しそうに飲んでいらっしゃる。

 メニューの中に、馬刺し(380円)を発見する。珍しく頼む自分に驚いた。

 「馬刺しは、ニンニクとしょうが、どちらにしますか?」と聞かれる。
 「ニンニクでお願いします」と、迷わずに言う自分にも驚く。いつもなら迷うのである。

 若いお店の方に、番長が炭火の使い方を教えている。

 3杯目はトマトハイ(380円)にする。これも好きな一杯である。
 トマトハイは、そろそろ締めて帰るようにという、自分への合図である。

 メニューの中に、スパム寿司(220円)を発見。スパム寿司は、「マヨご飯」の好きな世代にはピッタリな一品。

 お客さんとお店の方の会話の中に、東京城南地区から川崎、鶴見のよく知っているお店の名前か次々に出る。

 さて、トマトハイも飲んで、食事も出来たので帰ることにする。
 2,140円である。小銭まて、ピッタリ払えて、実にうれしいのである。

7時から8時までの1時間の滞在。静かにお店を出て帰る。



蒲田 立ち飲み やきとん「豚番長」
住所 東京都大田区西蒲田7-63-6
電話 03-3789-7058
定休日 不定休 
営業時間 平日 16:00~24:00 土日祝 12:00~24:00
交通 東急池上線・多摩川線蒲田駅下車徒歩3分。JR京浜東北線蒲田駅下車徒歩4分。


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる