池上 立ち呑み「蒲田屋」第2回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第486回 2012年6月24日(日) 【地域別】 【池上線】 【時間順】 【がっかり集】


※2012年6月25日 990,000カウント通過。感謝!

池上 立ち呑み「蒲田屋」 第2回




   池上立ち呑み「蒲田屋」外観

   
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。 

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→

 日曜日の午後、SAKURAと二人で大井町、川崎、蒲田と買い物に歩いた後、蒲田のある店に入った。
 以前から気になっていた、一部でちょっと話題の店。立ち飲みである。とにかく安い。
 あまり多くを語るつもりは無いけれど、居心地があまりよくない店であった。
 SAKURAの感想は一言「一期一会だねえ・・・」であった。
 我々の間で、一度来店して再び来ることはないだろうなと思った時、この「一期一会」という言葉を使うことになっている。
 
 蒲田から東急池上線に乗って池上駅に移動。駅前のバスロータリーを右手に見ながら斜めの道をすすみ、池上通りを渡り、次の十字路を左に曲がる。すると、右手に「久松温泉」があった。450円という銭湯値段で入ることが出来る黒湯温泉
 私の中では最も好きな黒湯温泉かもしれない。脱衣所には、ジャズが流れ、冷房がよく効いている。何よりも他の風呂よりも子供が少なく静かな点が良い。その理由は熱い湯にあるかもしれない。大人でも入れない人は入れない。
 中央に円い普通湯のジャグジーがあり、そこに寄り添うように、普通湯の大きな浴槽がある。
 その向こうは、通路を挟んで、大と小の黒湯の浴槽。左手の大きめの浴槽のお湯は熱く、右手の小さな黒湯の浴槽はさらに熱い。右手奥にミストサウナ。サウナの脇のドアから外に出て、サウナの後に身体を冷やすことの出来る。

 熱い黒湯であったまり、ロビーに出ると100円という安い値段の高機能マッサージ機がある。このマッサージ機で身体をほぐしてもらいながらSAKURAを待つ。

 二人で外に出たのは午後7時30分近くであった。
 二人とも今日の一軒目の立ち飲み店への欲求不満があった。
 向かったのは、池上駅前の商店街の途中角にある酒店「蒲田屋」さんが経営する立ち呑み「蒲田屋」である。

 右手のドアから中に入ると、左手に立ち飲み用のL字カウンターがある。右手奥に常連らしく男女の方々。カウンターの中には、高齢の店主とその息子さんらしき方が立っていらっしゃる。

 まず、赤ワイン(350円)を2杯頼む。
 カウンターの中の壁にある乾きものの棚を眺め、一ついただいた。
 でん六 好きです、北海の味(100円)という乾きものである。

 常連の皆さんとお店の方々が楽しく話している。
 メニューにビール大瓶(450円)と書いてあった。

 「あの、ビール大瓶の銘柄は何ですか?」と聞く。
 「これ、しかないんだあ~」と店主。
 スーパードライである。
 「じゃ、それでいいです・・・」と私。

 ビールを頼んだのは、やはり乾きものの塩気の為だけではなく、やはり、風呂あがりであるからである。

 ビール大瓶(450円)とグラスが2個でてきた。
 さらに、ポテトサラダ(200円)が食べたいと思った。

 「あの、ポテトサラダをお願いします」と店主の方に伝える。
 「ポテトサラダね~」と言って、店の奥の通用口から隣の酒店の方へいらっしゃる。

 しばらくして、店主の方の手にはポテトサラダの器が二つ、我々二人に一つづつである。

 「あら・・・一つでいいんですけど~」とSAKURA
 「一つかあ・・・まあ、いいや~」と言いながら行ってしまうのであった。
 
 見れば、量も多めで美味しそうなポテトサラダであった。
 私は二つとも食べてしまうよう、心に決めていた。

 「サランラップもらって持って帰ろうか・・・」などと、SAKURAはまだ言っている。
 しかし、私は、確実に食べてゆくのであった。

 閉店時間の8時を過ぎた。常連の方々は帰ってゆく。

 支払った金額は合計1,650円であった。

 片付けに出てきた女将さんに、
 「ポテトサラダ美味しかったですよ」とSAKURAが言って、二人で外に出る。

 「久松温泉」の風呂から上がってちょっと時がたってしまった。でも濃い黒湯のパワーは凄い。
 まったく湯冷めせず帰ることができたのである。



 池上立ち呑み「蒲田屋」看板

池上 立ち呑み「蒲田屋」
「standing bar KAMATAYA」
住所 東京都大田区池上7丁目1-82 蒲田屋酒店隣
電話 03-3754-0404
定休日 火曜日(ワインの会がある場合は土曜も休み)
営業時間 10:00~20:00
交通 東急池上線池上駅下車徒歩2分。



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

蒲田 立呑「絶好鳥」 

居酒屋探偵DAITENの生活 第485回 2012年6月23日(土) 【地域別】  【時間順】





蒲田 立呑「絶好鳥」


  蒲田立呑「絶好鳥」
   
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクがあります→


 何かと話題の蒲田である。
 有名な手配犯が逮捕されるという、あの出来事から一週間の時が過ぎ、そろそろ落ち着いた頃ではないかと考えて、土曜日の午後に蒲田に行ってみた。
 JR蒲田の東口側に降り立ち、京急蒲田駅方面へ歩いてみる。

 京急蒲田駅近くの立ち飲み「とっちゃん」に行ってみると、今日は臨時休業であった。

 京急蒲田駅周辺には、古い建物が取り壊され、高層マンションが次々に建っている。
 そんな高層マンションのすぐ脇、商店街の裏側に広い空き地があって、「駅前再開発事業仮設店舗用地」という看板が掲示してあった(下写真)。第390回でも書いたように、京急蒲田駅周辺では大規模な再開発が行われつつあるのである。

 駅前再開発事業仮設店舗用地 ← 「駅前再開発事業仮設店舗用地」 

 「変わりゆく街」としても蒲田は今注目の場所である。

 再び、JR蒲田駅方面に歩いてみる。蒲田を東側と西側に分断している京浜東北線と東海道線のガードのところまで行ってみる。すると、ガードのすぐ脇、下をくぐる車道にかかる橋のたもとにあった店が無くなり、すっかり別の業態になっていた。一時はマスコミでも取り上げられ、ちょっと有名になった店である。入ってみたけれど、紹介はしなかった。自分の中にあったある予想が当たったようである。

 車道の脇に人の為の歩道もあって、ガード下をくぐって西側に出ることが出来た。
 そこに、一週間前に話題となった場所があった。すでに、人通りも少なく、すっかり静かになっていた。
 少し写真を撮影してから蒲田駅のロータリーを渡り、東急線の蒲田駅ホーム北側の地区を目指した。

    ※   ※   ※

 前述の立ち飲み「とっちゃん」もそうだけれど、蒲田には立ち呑み店が多い。
 私がブログで紹介している店だけでも現存する立ち飲み店は12軒ある。
 特に、JR蒲田駅の西側、東急池上線と東急多摩川線の蒲田駅ホーム北側には、本当にたくさんの立ち飲み店がある。そんな地区に、また「立ち飲み店」を発見したのは、今から1ヶ月ほど前であった。

 JR蒲田駅西口のロータリー側に出る。正面を見ると幅の広い通りがまっすぐ延びている。しかし、大きくカーブしながら北西方向から終点蒲田駅まで入り込んでくる東急池上線の線路にぶつかり、300メートルほど先で、この通りは突然終わってしまっているのだ。

 右手斜め方向にも大通りがある。蒲田駅西口を起点とする路線バスはこの右斜めの通りから入ってきて客を降ろし、大きくロータリーを回り込んで正面の通りに面したバス停で再び客を乗せて走り去る。
 このロータリーの左手には、中央の大きな木を中心に円形の広場があり、ここには、いつもたくさんの「先輩たち」が座り込んでいる。

 この広場から蒲田西口商店街サンライズサンロードの二つのアーケード街が始まっている。このうち、短く道幅の狭いサンロードの方をまっすぐに歩いて行く。一つ目の十字路を抜け、二つ目の十字路に出ると、そこからはアーケード街の屋根は無くなる。そのまま狭い路地を進むとT字路となり道は終わっている。このT字に出る手前左手に、今日の目的の店、立呑「絶好鳥」がある。「絶好鳥」と書いて「ぜっこうちょう」と読むのである。
 
 ちょうど開店時間の午後4時になっていた。
 私の前に男性が一人店に入っていった。後を追う様に店内に入る。
 狭い間口右手にカウンター席があり、中は調理場である。入ってすぐの位置に七厘がすえてあり、炭がおこっている。カウンター前に立てるのは6、7人ほどである。
 さらに、店の奥に少し広い空間があり、左手に四人が座れる壁カウンターがある。右手にも壁カウンターがあるけれど、そこは荷物置き場になっているそうである。
  
 七厘の向こうの壁にこう書いてあった。
 「当店の利用時間はお一人様30分までです」
 気を付けることにしよう。 

 特に何か御指導があったわけではないけれど、入ってすぐのカウンターの上にのっている小さな器を手にとり、自分の前に置き、そこへ500円玉3枚を投入した。

 まず頼んだのは、生ホッピー(450円)とあじ燻製(150円)。
 因みに生ホッピーとは別にホッピーセット(350円)もあった。
 マスターによれば、「最近は焼き鳥と燻製のお店になってきちゃったんですよ」とのこと。
 たしかに、燻製メニューが十種類以上ある。
 
 やがて、3人目のお客さんが登場された。
 こちらのカウンターに立つと、背後の壁に横木が打ち付けてあって、壁に寄りかかることが出来るようになっているのである。私も腰を壁に預けていたので、身体を前に傾け、背後を通って奥へ行ってもらった。

 焼き物のうち、焼鳥上モモ(200円)と焼鳥セセリ(180円)を焼いてもらう。七厘に乗せ、丁寧に炭火で焼いてくれる焼き鳥はうまそうである。
 実際に、大ぶりのモモ肉がとても美味しかった。

 奥に入られた方が「白レバ」を頼んでおられる。
 すでに評判の白レバである。私の前で美味そうに焼かれてゆく白レバ。通風気味の私は今日のところは我慢をするのであった。

 二杯目は、金魚(380円)と呼ばれる飲物を選んだ。マスターと相談して、辛さ薄目でお願いする。唐辛子を漬け込んだ焼酎を使って、唐辛子1本と大葉が入っているのである。
 色が変わるほどの辛さのものもあるそうである。

 三杯目は、お疲れ酸(380円)を選んだ。マスターに聞いてみる前からクエン酸入りかなと思う。聞いてみれば、やはりそうであった。

 メニューには、ラーメン(600円)もあった。「たまにあります」と短冊には書いてある。
 
 壁に、「今月は水曜日が定休日」と書いてある。月ごとに変わるようである。

 初めての店に入り、ゆっくりと観察しながら滞在するのは、やはり楽しい。蒲田にまた良い立ち飲み店が一軒増えたのである。

 午後4時から4時50分まで50分の滞在。結局支払ったのは1,740円であった。

 あの出来事から考えても、蒲田はやはり、都会の「迷宮(ラビリンス)」である。

 路地を抜け、歩いてゆくうちに、また、あの歌詞が頭に浮かんだ。


 グッドバイ
 作詞/浅川マキ 作曲/板橋文夫

 今 しずかな夜
 ちょうど いい季節
 誰も知らない抜け道を
 急ぐ あなたが見える

 自分にさえもサヨナラした
 あなたの 背中がゆく

 もう愛せないの
 闇を駆ける さすらいびと





蒲田 立呑「絶好鳥」
住所 東京都大田区西蒲田7-63-1
電話 090-8818-4868
営業時間 16:00~24:00
定休日 月ごとに定休の曜日が変化
交通 東急池上線・多摩川線蒲田駅下車徒歩3分。JR京浜東北線蒲田駅下車徒歩4分。


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

石川台 炭火焼「隆屋」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第484回 2012年6月11日(月) 【地域別】 【時間順】 【がっかり集】



※2012年6月7日 980,000カウント通過。感謝!

石川台 炭火焼「隆屋」



  石川台炭火焼「隆屋」

  
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→

 
 様々な雑事に追われ、最近は「居酒屋探偵」として活動する時間もなかった。
 そんな中、久しぶりに東急池上線の「石川台駅」に降り立った。
 五反田方面の洗足池駅側の切通しと、蒲田方面の雪谷大塚駅側の高台に挟まれた石川台駅の周辺には新しい飲食店が増えつつある。
 特にインドやネパール系のカレー店は全部で4軒もある。さらに、石川台駅前の通り沿いには、焼きとりを出すお店が増えた。今日はそんな一軒に行ってみることにした。

 池上線の五反田方面の改札を出て、踏切を渡らず中原街道の方まで歩く。
 中原街道に出る手前には、昔から数軒の飲食店が並んでいた。今年の3月頃、その中の一軒が新しいお店になったと情報を得ていたのである。

 少し歩くと不動産会社があり、スポーツクラブがある。その先にインド料理店、鍼灸院、ラーメン店があって、今日の目的の店があった。炭火焼「隆屋」さんである。
 左側の入口上の看板や提灯に隆屋(TAKASHIYA)とある。
 開け放たれた左手の扉から中に入る。右手すぐの壁際に二人ほどが座れる壁際カウンター席がある。手前右から弓なりに曲がり店の中央を奥に向かってカウンター席が続いている。席数は11席だろうか。
 
 焼台は奥の方にある。手前の方のカウンター上には、焼酎の一升瓶がたくさん並んでいる。そのカウンターの中に美人のママさん、焼台の前にはマスターが立っていらっしゃる。店内に流れる音楽は懐かしい和製ポップス。照明は少し暗めで壁も黒い。

 まずは、レモンサワー(400円)。
 
 焼き物を頼む。せせり(150円)、ほんじり(150円)、なんこつ(150円)を全部塩でお願いする。
 後から焼酎ロックも呑みたいと考え、トウフの味噌漬け(350円)も追加しておいた。

 焼き物は、1本焼ける度に小判皿に乗せて出してくれる。
 甘辛い味噌の小皿もつく。この味噌を自分の好みでつけて食べるのである。

 トウフの味噌漬けは、ウニを食べたような、チーズのような感じであり、これで焼酎がすすんでしまいそうである。
 2杯目は、純米焼酎・七田(しちだ)(500円)を頼んだ。純米焼酎・七田(しちだ)は、佐賀県小城市天山酒造株式会社の純米焼酎。
 しかし、七田(しちだ)は純米と純米吟醸のブランドであり、基本的には「無濾過の生」が主流とのこと。しかし、この純米焼酎・七田(しちだ)もまた美味かった。

 お店に置いている焼酎は種類が多く、「ALL500円」となっているので、焼酎好きの方は焼酎バー的にこちらのお店を楽しむのも良いかもしれない。このスタイルのお店は実に多い。

 焼き物はどれも美味しかった。ゆえに、次も頼む。
 ささみ(150円)は、梅味とワサビ味のうち、梅味を選んだ。
 つくね(200円)は、塩ではなく、やはりタレを選ぶ。

 さらに、メニューの中にぶたまねぎま(200円)というものを発見。面白いので頼むことにした。

 「あの、ぶ・・・ぶたま・・・」うまく言えないのである。
 「ぶたまねぎまですね・・・」とマスター。
 「言いにくいですよねえ」とママさん。
 「早口言葉みたいですね・・・」と私。

 3杯目の飲物は、バイスサワー(400円)を選ぶ。
 いわゆるバイスだと思うがバイスの瓶は付いてこない。

 ささみは梅肉でもいただき、最初に出してもらった辛味噌でもいただいてみる。
 つくねはふっくら大きめ。
 ぶたまねぎまもいただく。長ネギと鶏モモ肉の「ねぎま」ではなく、豚肉と玉葱の「ネギマ」なのである。

 午後7時10分から8時10分まで1時間ほどの滞在。
 お勘定をお願いすると、2,650円であった。 
 入口に営業時間が書いてあった。午前2時までやっていてくれる。休みは日曜日とのこと。
 遅い時間までやっているので、夜食に寄るのも良いかもしれない。

 「また、来ます」と言って外に出た。
 
 私は、再び来たいと思う店でしか「また、来ます」とは言わないことにしている。



石川台 炭火焼「隆屋(TAKASHIYA)」
住所 東京都大田区東雪谷2-4-6
電話 03-3728-8118
営業時間 17:30~26:00
定休日 日曜日
交通 東急池上線石川台駅下車徒歩2分


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

咲良舎ランチシアター「チェホンテ・ア・ラ・カルト3」

 盛況のうちに無事公演を終えることができました。ありがとうございました。(2012.6.11)

-------------------------------

 居酒屋探偵DAITENからのまたまたお誘いです。
 新岳大典が制作しております咲良舎の演劇公演です。4月、5月に引き続き、6月9日、10日に「その3」を上演いたします。
 会場は、私の旧友であり城南居酒屋探偵団のメンバーである増茂光夫氏がオーナーのお店、中目黒のエスニック系の料理とお酒を楽しめるライブハウス「楽屋(らくや)」です。
 土曜と日曜の昼のランチシアターという変則的ロングランで続けて参りたいと思います。休日の午後、美味しい料理とお酒を楽しみながら、短編の芝居を気軽に楽しんでみませんか?

-------------------------------------------------------------------------------------

中目黒・楽屋公演
咲良舎ランチシアター「チェホンテ・ア・ラ・カルト3」
《チェホンテの世界》! ランチと一緒に楽しみませんか?

咲良舎ランチシアターチェホンテ・アラカルト2


チェホンテ
それは、ロシアの世界的劇作家チェーホフの若き日のペンネーム。
書かれた300以上の短編小説や一幕物の戯曲はユーモアと笑いと風刺に満ち
かつ胸打たれる傑作、名作ぞろい。
彼のことを、あの文豪トルストイが絶賛しています。
春のウィークエンドのひととき、ランチを食べながら
「チェホンテ・ア・ラ・カルト」一品一品をじっくりお楽しみください。

☆演目
「水死芸人」
海で溺れるのを見せ、商売にしている水死芸人。。。
キャスト 大槻博之、高橋健夫、蓮池奈緒


「家庭教師」
今月の給料は、あれを引かれて、これを引かれて、それも引くのですか?
え、たったのこれだけ。。。
キャスト/齋藤綾子、五百蔵久子

「教育」
息子を一人前の男にするために、売春宿に連れていく父親。
はたして、彼は。。。
キャスト 大槻博之、高橋健夫、蓮池奈緒

以上、チェーホフを意図した戯曲集「名医先生」より
作:ニール・サイモン


「熊」
一幕の笑劇。
夫が死んで、七ヶ月。
今だに喪服を身につけて、四つの壁の中へ
生きながらにして自分を閉じこめている。
そんな女の屋敷へ、借金取りに訪ねてきた男。
まさかの結末。。。

作:アントン・チェーホフ

キャスト 春日井順三、志賀由美、北田浩之

☆演出 守輪咲良

☆制作 咲良舎

☆出演
五百蔵久子、大槻博之、春日井順三、北田浩之、齋藤綾子、志賀由美、高橋健夫、蓮池奈緒

☆会場
中目黒楽屋(らくや) http://rakuya.asia/
東京都目黒区上目黒2-15-6
(目黒銀座商店街二番街中程
二番街の大きな看板(真下の右側)が目印)
Tel/Fax  03-3714-2607
E-Mail   music@rakuya.net


※席には限りがございます。ご来場の際は必ずご予約ください。ご予約のない場合、入場をお断りする場合がございます。ご了承ください。 予約は中目黒楽屋(らくや) http://rakuya.asia/まで。


楽屋 主なメニュー

 ベトナム風 海老の生春巻き(一本)(380円)/トムヤムフライドチキン(750円)/ベトナム麺 フォーガー(鶏)(880円)/タイ風 海老とナスのグリーンカレー(1050円)・・・これ以外にも多数ございます。ビール、ワイン、ウヰスキー、ソフトドリンクなど飲み物も豊富に取りそろえています。

 楽屋の公式サイトhttp://rakuya.asia/を見ていただければ、楽屋の料理を写真入りで見ていただけます。地図、店内レイアウト、店内写真などを御覧いただけます。

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 王子 十条 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる