沼部 若鳥焼「鳥勢本店」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第493回 2012年9月26日(水) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】



※2012年10月6日 1,040,000カウント通過。感謝!

沼部 若鳥焼「鳥勢本店」



  沼部鳥勢外観

 
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→



 前回「鵜の木駅」近くのお店を紹介した際、「東急多摩川線の7つある駅の中で「鵜の木駅」「沼部駅」の店を紹介したことがない」と書いた。そこで、今回は、鵜の木駅に続いて、沼部駅のお店も紹介することにしたのである。
 
 「沼部駅」近くには、ネットやマスコミでも取り上げられている焼き鳥店がある。すでに、訪問もしており、行ったことのある方からの聞き込みも終わっている。
 しかし、そのお店は、「居酒屋探偵DAITENの生活」としては高級店の部類に入るので、紹介はしないでいた。

 こちらのお店を見つけたのは、前回のお店を出た後に乗ったタクシーの車内からであった。
 調べてみると、インターネットでまったく紹介もされず、マップにもまったく載っていないお店であった。

 沼部駅の蒲田方面の改札を出ると、目の前は細い路地である。
 右手へ進むと、路地は左へ直角に曲がっていた。路なりに行くと多摩堤通りに出る。多摩堤通りを右方向へ歩き始めた。下丸子駅から多摩川駅まで多摩堤通り東急多摩川を線は平行に走っているので、800メートルほど歩けば、前回「鵜の木駅」のそばに出る。
 歩き始めると、すぐ目の前にガードが見えた。ガードの上を通っているのは、横須賀線東海道新幹線である。ガードをくぐり150メートルほど歩くと左手に蕎麦屋さんが見えた。そのすぐ前が一際明るくなっていた。
 蕎麦屋さん側から外観を撮影し眺める。酒場好きとしては、ほれぼれとする美しい光景である(写真)。「アサヒ生ビール」の立てかけ看板が4枚も立ち、「アサヒの丸提灯」が4つ掛かっている。古いホッピー提灯ホッピーの宣伝短冊も貼ってある。左手の方のガラス引き戸には、紺色の暖簾に「若鳥焼」の三文字。
 表のアクリル看板には、こう書いてある。
 「年中生ビールの旨い店 若鳥焼のお持ち帰りできます 鳥勢」
 店名は、若鳥焼「鳥勢本店」である。
 以前、第402回の記事にも書いた通り、城南地区には若鳥焼のお店が多い。こちらもそのうちの一軒である。

 思い切って中に入ってみた。右手には、奥行が狭いカウンター席が6席、カウンターの中の調理場との間には冷蔵ケースがあり、調理場とカウンター席とは隔絶している。左側に狭めの四人掛テーブル席が二つ。その向こうには、ビールやお酒用の冷蔵庫やテレビが置かれていた。

 カウンターとテーブルの間が狭いので、カウンターに五人座っていらっしゃる常連の方々は、カウンター席に貼りつくように、そして、奥に向かってややななめに向いて、座っておられる。奥のテレビを見る為の様子。
 奥側のテーブル席には「予約席」と書かれたテーブルサインがのっていた。カウンターの一番手前の一人分くらいの場所だけ調理場から客席が見えるようになっているようで、そこからのぞかれた大将らしき方と目があう。

 「一人なんですが・・・ここいいですか?」と言って、手前のテーブル席に一人座らせてもらった。

 奥の方から顔を出された大将に一言。

 「ホッピー、氷無しでお願いします」

 こちらのホッピーセットは黒ホッピー(430円)である。

 出てきたセットは、凍らせたビールジョッキに焼酎がはいり、冷えたホッピー瓶が着いてきた。

 鳥串焼五本一人前(400円)とお新香(300円)を頼んだ。

 すぐに出てきたお新香は、いろいろなつけものが盛り合わせである。

 カウンターの手前端から二番目の先客の方から声をかけていただいた。

 「お近くなんですか?」の一言から始まり、カウンターの手前隣の方も加わって、近隣の様々な飲み屋さんの話で盛り上がった。
 あまり、話をせず、黙って飲むのがお好きな方もいらっしゃるので、どこのお店に行っても、私の方から先客の方に声をかけることは少ない。しかし、常連の皆さんから気軽に声をかけていただくのは、取材を考えている私としては、とても助かるのである。
 
 2杯目は、ハイサワー(380円)である。
 ここで、女性の方が入ってこられる。いつもは、カウンターの端の席に座られるそうである。今日は先客の方がいるので、私と同じテーブルに座られた。カウンター席の方ともお知り合いで、皆さんで楽しそうに話されていた。
 そのカウンターの一番手前の席の前に小さな紙が貼ってあり、「特別席」と書いてあった。

 「特別席」という紙が貼ってあるのは、どうしてなんですか?」と、皆さんに聞いてみる。

 そこだけ冷蔵ケースがカウンターの上に無いので、調理場の中の店主の方と話が出来る。ゆえに、特別席なのである。
 しかし、女性の方が「あたしの座る席だから特別席なのよ」と笑顔でおっしゃるのが面白かった。
 さすが常連である。

 3杯目は、ウコン茶ハイ(400円)である。
 お相席になった女性に、おつまみを分けていただいた。
 もちろん、自分から分けて欲しいと言ったわけではないけれど、まるで吉田類さんである。食べたそうな顔を私がしていたのだろうか。

 「特別席」に座られていた方が帰られるのをきっかけに、私も御勘定をお願いした。

 午後7時20分から8時10分まで50分ほどの滞在。
 お勘定は、「三杯二品」で1,910円であった。

 地元の皆さんのお店である。

 女性の方は、後から「特別席」に移動されたに違いない。
 

  沼部鳥勢看板

沼部 若鳥焼「鳥勢」
住所 東京都大田区田園調布南18-6
電話 03-3787-3587
定休日 ?
営業時間 ?
交通 東急多摩川線沼部駅下車徒歩3分。



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

鵜の木 居酒屋「美味鮮菜~祭~」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第492回 2012年9月19日(水) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】




鵜の木 居酒屋「美味鮮菜~祭~」


 

 
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→



 時折、たった一人になりたい時がある。

 山奥の誰もいない森の中で本当に独りになりたい訳ではない。
 都会の中、見知らぬ人々に囲まれ、ひとりになりたいのである。

 東急多摩川線の7つある駅の中で「鵜の木駅」「沼部駅」の店を紹介したことがない。
 今日は、そのうちの「鵜の木駅」で降りてみることにした。以前に駅周辺を巡り歩いてみた時は、時間切れとなって再び電車に乗って帰った。その時、気になった店に、今回は入ってみることにした。
 鵜の木駅の脇には、あまり広くない道が線路と直角に交叉している。多摩川方面の改札口を出て、左に踏切を渡る。まっすぐ行けば、すぐに多摩堤通りが通っている。そして、線路際から多摩堤通りにかけて、その道沿いにビルが建っている。
 一番線路沿いの階段下から見上げると、外階段の外壁に「赤い看板」が取り付けられており、それがよく目立つ。

   ←「赤い目立つ看板」

 その「祭」の文字を見上げてから下を見ると、気になる告知を発見する。

  

 「寄り道セット 小鉢、小盛り刺身、店長おすすめ料理二品、生ビール一杯、ウーロンサワー、レモンサワー、どちらか二杯付 大サービス 1,570円」と書いてあった。
 これは、お得である。
 
 二階へ上がると、すぐ左手に「美味鮮菜 祭」と書かれた木の看板が掲げられ、「御祭禮」の提灯も下がっていた。
 ちょっと地味な感じの入口である。引き戸をあけて中に入った。足元を見れば、靴を脱いで一段高い店内へ上がるようになっていた。
 右手には、掘りごたつのようになったカウンターに座椅子が10個ほど並んでいる。
 カウンターの中は、とても広い調理場になっている。調理場の中は、大将と女将さんの二人。人差し指を立てて、「一人なんですけど・・・」と女将さんに伝えると、「奥へどうぞ~」と言われた。

 靴を脱いで上がってゆくと、左手は座敷席になっている。手前から8人、6人、8人と座卓があり、そちらも掘りごたつになっている。つまり、全席掘りごたつということになる。

 カウンター手前の方に数人の方が座っておられ、奥の方のお二人の間に座らせてもらった。
 奥のカウンター席に座っている方が座敷に移ってくださった為、一番奥の落ち着く席に座ることが出来た。
 どうやら、後からお仲間がいらっしゃるようである。

 座ってすぐに、女将さんに「寄り道セットお願いします」と伝える。

 寄り道セット(1,570円)の内容が楽しみである。

 まずは、生ビールがやってくる。グラス生ではない、ちゃんとした中生ビールである。
 飲む。うまい。

 同時に、小鉢らしきものが出てきた。小鉢といっても大きめの小鉢である。
 見れば、ポテトサラダのようである。食べてみると、マカロニサラダのようでもある。
 それは、茹でたマカロニをポテトサラダと和えた、ポテトマカロニサラダであった。

 次に出てきたのは、白身の刺身が6切れほど。
 美味しかったので、目の前の調理場に立つ大将に聞いてみることにした。

 「このお刺身、何のお刺身ですか?」
 「カンパチです。」

 刺身が美味しかったので、日本酒を頼みたいけれど、寄り道セットの一部のレモンサワーをお願いする。
 
 レモンサワーを飲む。そこへ次の店長おすすめ料理二品の一品がカウンターの中の大将から渡される。

 丸干し二本であった。

 これがでかい。ふっくらとして、焼き加減も最高である。これをレモンと大根おろしでいただく。
 感動である。

 レモンサワーがすすむ。

 メニューを見る。飲み物は、生ビール(550円)、瓶ビール(550円)、レモンサワー(300円)、ウーロンハイ(300円)など。
 刺身、煮付け、焼き物、揚げ物、定食もたくさんあって、これは助かるお店である。

 気がつけば、カウンター席も常連の皆さんでいっぱいになっていた。
 椅子ではなく、掘りごたつ状態のカウンター席は実におちつくのである。 

 店長おすすめ料理二品のもう一品が出てきた。

 大将の手渡しで出されたのは、大きいカツである。

 「チキンカツですか?」
 「とんかつです・・・大丈夫ですか?」
 「大好きです」

 サイズが大きかったので、チキンカツだと思ったのである。
 心の中で「いえいえ、とんかつ屋の息子ですから・・・」などと言って、独りで笑ってしまう。
 実際、私は子供の頃、とんかつ屋の息子だったのである。
 
 ここで、ウーロンハイをお願いする。

 揚げ物にあうウーロンハイを飲みながら美味しくとんかつをいただいた。

 工夫と努力の寄り道セットであった。

 こんなにリーズナブルな「寄り道セット」は、そうは無いと思う。

 店内の会話を聞いていれば、大将と女将さんが常連を大切にされていることが解る。
 窓の外から東急多摩川線の踏切音が聞こえ、電車が走ってゆく音がする。
 どこか、地方のローカル線の駅前のお店にいるような気持ちになった。
 
 ふと、箸袋を見る。「飛騨高山店」と書いてあった。驚きである。
 さらに、蒲田に季節料理「飛騨」というお店もあるようだ。

 お腹も気持ちも満足して、御勘定をお願いする。

 1,570円を予定通り支払って外に出る。

 6時45分から7時30分迄、45分ほどの滞在。

 珍しく、タクシーに乗った。

 その車中から気になる店を発見した。




  

鵜の木 居酒屋「美味鮮菜~祭~」
住所 東京都大田区鵜の木2-5-1 イーグルビル2F
電話 03-3750-2873
定休日 ?
営業時間 11:30~15:00/17:30~24:30
交通 東急多摩川線鵜の木駅下車徒歩10秒。


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

蓮沼 立呑処「勘藏」第11回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第491回 2012年9月13日(木) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】


※2012年9月14日 1,030,000カウント通過。感謝!

蓮沼 立呑処「勘藏」 第11回


 
  立呑処「勘藏」20100101外観

    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→

 
 池上線の踏切に人が立ち入った為、ダイヤが乱れているという放送が東急線蒲田駅構内に流れていた。
 混み合った電車が苦手である。蒲田駅周辺で少し時間をつぶすことにした。
 JR蒲田駅西口ロータリー前に立ち、右斜めの道をすすんで多摩堤通りへ向かう。多摩堤通りに出て左へ、次の十字路の左向うにそのお店はある。
 最近はテレビ雑誌でも取り上げられ、立ち飲みの有名店となっている。
 2012年5月12日土曜日夜9時から放送された、「出没!アド街ック天国」「大田区 蓮沼」の回の第28位で紹介された。
 そのお店とは、立呑処「勘蔵」さんである。
 
 ガラス戸から中を見ると、私の好きなカウンター右端の辺りが空いている。
 さっそく中に入った。先客はカウンターの左端に男性客が2名のみであった。

 カウンターの中のマスター、関さんと目が会う。

 「おお、お久しぶり」と、いつもの笑顔。
 
 まずは、生ビールセット(500円)をお願いする。
 生ビールに枝豆と、好きなツマミを選べる。
 何を頼むか迷っていると、関さんが一言。

 「わたくしにまかせていただければ・・・」と、いつもの丁寧な言い回しでおっしゃる。
 「おまかせします・・・因みに何ですか?」
 「チクワブです・・・」
 「それは良いですね、死ぬ前にはチクワブを食べたいと思っているんで・・・」
 
 関さんは、それを聞いて微笑む。

 実際、調べてみると、過去にこちらのお店を紹介した全10回のうち、第7回第8回でもチクワブの煮物を食べているのであった。

 生ビールを飲む。うまい。

 そして、枝豆と共に、チクワブと厚揚げ煮が出てきた。

 奥にいらっしゃる常連の方々のうちのお一人が、第4回の時に、店内で「ヨコハマBJブルース」を歌って下さった方、淳さんであった。

 「もしかして、だいてんさんですか?」と淳さん
 「はい、お久しぶりです」と答える。

 少し、お話をするうちに、店内にはどんどん常連の方々が入ってこられ、カウンターは8割程の入りとなった。

 並びに立たれた女性の方と乾杯をする。はじめて同志でも話が出来るのがこちらのお店の持つ雰囲気である。

 2杯目トマト割り(300円)である。

 次のツマミは、並びの方が選んで、私ものせてもらったキクラゲみょうがポン酢(150円)。

 3杯目は、最初、レガッタ(200円)を頼もうと思った。
 レガッタは、ウイスキーのウーロン割りにポッキーがささっているもの。
 
 しかし、壁の短冊の「ポッカ」の文字に目がひかれて、レガッタは止めて、ポッカのライムサワー(250円)にしてしまう。

 「どうして、ポッカのライムなんですか?」と聞いてみる。
 「いろいろ使って・・・ポッカが良かったんです」と関さん

 関さんは、出来上がったつまみや飲物を置いて、目の前の皿から小銭を持ってゆく時、ちゃんと小銭を見せてから持ってゆかれる。

 その仕草が良いなあと思う。

 「今日はお連れ様は?」と関さん
 「今日は一人なんです」と私。
 「今年も流しそうめんやられたんですか?」
 「はい、やらせてもらいました。毎年の風物詩になってきました。」
 「初めての時は、びっくりしました・・・ちょっと水がもれてしまったりしてね」
 「今は、結構うまくできるようになりました。」
 「楽しかったですね」
 「面白い店にしないとダメだなあと思います。」と、しみじみとおっしゃる。


 100円玉を皿に追加で入れ、最後にゆでたまご(50円)とフランスパン(50円)をお願いした。

 黄身だけをガーリックトーストになっているフランスパンの上にのせる。

 うまい。勝手に作った新メニューであった。

 午後7時から7時45分まで45分ほどの滞在。

 久しぶりの勘蔵さんは、やはり楽しかった。


   ※    ※    ※

 勘蔵さんの公式ブログが出来ていた。

 勘蔵のブログである。


立呑処「勘蔵」に関する過去の紹介記事
第10回紹介 居酒屋探偵DAITENの生活 第394回 2011年1月29日(土)
第9回紹介 居酒屋探偵DAITENの生活 第361回 2010年8月7日(土)
第8回紹介 居酒屋探偵DAITENの生活 第300回 2010年1月1日(木)
第7回紹介 居酒屋探偵DAITENの生活 第288回 2009年11月24日(火)
第6回紹介 居酒屋探偵DAITENの生活 第268回 2009年10月12日(月)
第5回紹介 居酒屋探偵DAITENの生活 第243回 2009年8月8日(土)
第4回紹介 居酒屋探偵DAITENの生活 第221回 2009年5月30日(土) 
第3回紹介 居酒屋探偵DAITENの生活 第191回 2009年3月15日(日) 
第2回紹介 居酒屋探偵DAITENの生活 第166回 2009年1月1日(木)
第1回紹介 居酒屋探偵DAITENの生活 第156回 2008年11月8日(土)


立呑処「勘藏」20100101看板

蓮沼 立呑処「勘蔵」
住所 東京都大田区西蒲田7-9-5
電話 ?
定休日 年中無休
営業時間 16:00~26:00
交通 東急池上線蓮沼駅下車徒歩5分。JR蒲田駅下車徒歩3分。
公式ブログ http://kannzou.blog.fc2.com/

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

自由が丘 やきとり「かとりや」第4回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第490回 2012年9月8日(土) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】



自由が丘 やきとり「かとりや」 第4回


 
  


    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→


 久しぶりに、東急東横線の自由が丘へ行った。
 自由が丘駅から東急目黒線の奥沢駅方面に5分ほど歩くと奥沢駅の手前にある奥澤神社のお祭りに行く為である。
 SAKURAと祐天寺での用事を済ませ、自由が丘駅で降りると、ガード下の北口改札を出て右手へ向かう。
 ガード下を抜け、すぐ左に曲がると、そこは言わずと知れた自由が丘に唯一残る「居酒屋好きの聖地」とも言える一画である。

 その中でも最近はSAKURAの行きつけのお店となっている「かとりや」に入ってみることにした。
 
 開け放たれた入口から中に入る。L字カウンターには、すでに多くのお客さんが座っていらっしゃる。
 その中で、右手の焼き台前と、目の前左手、手前から奥に連なるカウンターにも空きが少しあった。
 美人のママさんが右手の焼台右手の辺りを示す。
 「二名さんですか・・・そちらへどうぞ」
 
 カウンターのお客様の後ろを通って、焼台右手の空席に滑り込む。右手はカップル。左手は白人男性二人である。
 「瓶ビールください」
 「アサヒ、サッポロ、どっちにします」
 「サッポロお願いします。」
 
 「焼き物どうしますか?」
 「かしら、なんこつ、はつ、お願いします」
 「なんこつは鳥ですか?」
 「鳥で・・・やげんでお願いします」
 「タレですか?、塩ですか?」
 「塩で」
 「はいよ~」

 ママさんの「はいよ~」を聞くのも久しぶりである。
 
 注文したのは、かしら(100円)、鳥軟骨(100円)、はつ(100円)が各2本づつである。

 サッポロの瓶ビール大瓶(600円)と、グラスが無造作に渡される。ついで、飲む。うまい。

 左隣は大きな身体の白人男性の二人組である。二人の会話はもちろん英語または米語である。
 しかし、ひとたび、お店の皆さんとの会話になると、驚くほどうまい日本語で話される。

 「ママ、酎ハイ二つレモンなしね・・・」と一人の方がおっしゃる。
 「酎ハイ二つ~」とママ。
 「(自分たちのグラスを示して)入ってるレモンそのままでいいから」とその方。
 「セツヤク、セツヤク・・・でもグラス間違えないでね」と隣の方がジョーク。
 「あと、生レバね」と、さらに最初の方がジョーク。
 
 さらに、

 「生レバ、まだ、だめかねえ・・・」と、ちょっとしみじみした口調。
 「駄目ですね・・・」とお店の方。

 やはり、日本を本当に味わうには、外国の方も「居酒屋」に来るのが一番である。

 「トマト割り、あるわよ」とSAKURA。
 「うん、次に頼もうと思ってた」と私。

 私の2杯目は、好物のトマト割り(380円)である。

 5時を過ぎた頃から、どんどん、お客さんが入ってくる。

 「お兄さん、左にずれてね・・・旦那さんはこっちへねえ・・・」

 ママの仕切りは、今日も的確である。

 ママが煮込みの鍋へ。その様子を見て、すかさず、煮込み(380円)もお願いする。

 ちょっと甘口、量が多い煮込みである。

 やはり、お祭りを見に行く前には、御神酒をいただかなければならない。

 冷酒二合(580円)を頼む。

 御神酒を飲んでしまい、5時半になった。

 「お勘定お願いします」

 「こちらの店は長いんですか?」とSAKURAが隣の白人男性たちに聞く。
 「2メートル35センチです。」と、またジョークが返ってくる。

 素晴らしい。

 午後4時45分から5時30分まで45分ほどの滞在。お勘定は2,540円であった。


   ※   ※   ※

 奥澤神社へ。写真のみの掲載である。


 ← 奥沢神社入口


 ← 奥沢神社鳥居上の大蛇


 ← 神楽殿


 ← 奥沢駅前の神輿


 ← 奥沢駅前の神輿

 
第3回紹介 居酒屋探偵DAITENの生活 第379回 2010年10月30日(土)
第2回紹介 居酒屋探偵DAITENの生活 第91回 2008年4月13日(日)
第1回紹介 居酒屋探偵DAITENの生活 第38回 2007年9月9日(日)


自由が丘 やきとり「かとりや」
住所 東京都目黒区自由が丘1-12-9
電話 03-3718-5505
定休日 日曜・祝日
営業時間 17:00~23:00
交通 東急東横線・営団地下鉄日比谷線自由が丘駅北口下車徒歩1分。

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる