中目黒 居酒屋「串八」第5回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第505回 2013年1月20日(日) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】




※2013年1月22日 1,090,000カウント通過。感謝!

中目黒 居酒屋「串八」 第5回

 ~ ちくわぶとちくわぶとちくわぶ ~

  

    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクがあります→


 渋谷駅の近くで買物を済ませた時、SAKURAからメールが入った。
 
 「稽古の後、中目黒の串八でGAIと少し飲んでいる」とのこと。

 東急東横線の渋谷駅正面口改札へと向かった。
 駅に構内放送が流れていた。元住吉駅で人身事故があり、すべての電車が各駅停車の武蔵小杉止まりになっているという。迷わず一番早い電車に飛び乗った。走り出した電車の車窓から外を見る。山の手線の上を渡る陸橋の脇に建つ渋谷清掃工場の煙突が見える。昨日この東横線の陸橋下を歩いたことを思い出す。

 日曜日の夕暮れ時、広大な車両基地に隣接する元住吉駅の長いホームの端に立つ孤独な人影が頭に浮かんだ。

 中目黒駅で降りる。渋谷方面の改札を出た。目の前は山手通りである。左手へ歩き、すぐに左に曲がりガード沿いの道へ入る。少し歩けば右手に「串八」さんがあった。
 正面から見て、右と左に一つづつ入口がある。全面ガラスなので中がよく見える。コの字カウンターの右手には常連らしき方々が座っていらっしゃった。入口辺りもお客さんが入っている。左手の奥の方にSAKURAGAIの姿を発見した。
 左手のカウンター席にも談笑する方々。その背後の一部が柱の為に狭くなっているので、後ろを通らせてもらうのは申し訳ないと考え、裏技を使うことにした。
 お店は雑居ビルの1階。左側の階段ホールの通路からも鉄の扉を開けて、お店の真ん中辺りに入ることが出来る。そんな裏技を使って店内に入り、背後からGAIに声を掛けた。
 とても驚いていた。まさに、予想外だったわけである。
 カウンターの左端からSAKURAGAIの順で座る。

 中目黒串八といえば、1340円の「晩酌セット」である。
 酒3杯・料理3品で1,340円という驚異的リーズナブルなセットである。
 二人とも「晩酌セット」を頼んで、すでにそれぞれ2杯目にかかっていた。
 
 お魚の箸置きが私の前に置かれる。1杯目は生ビールを頼んだ。

 そして、1品目に頼んだつまみは、天然北海道かんぱち刺し(600円)。

 の、はずだった。

 ところが、私の口から出てきた言葉は何故か天然勘八刺し(600円)であった。

 演出家と役者が稽古帰りに飲んだいるのだから当然といえば当然だけれど、二人は芝居の話に夢中である。
 私は店内の様子を眺める。日曜日のゆったりした雰囲気のお客さんたちで店内はいっぱいであった。

 店内左手奥のテレビでは、大相撲初場所8日目の放送が流れていた。
 

 2杯目は熱燗をお願いする。桝の中に入れたグラスに注がれる燗酒を飲む。暖まる。

 つまみは、おでんにしようかと考える。

 「おでんにしようかな・・・」
 「ちくわぶちくわぶちくわぶってたのめよ」とGAIが言う。
 「いやあ・・・ちくわぶちくわぶちくわぶなんて、言えないなあ」と私。
 「代わりに頼んでやろうか・・・ちくわぶちくわぶちくわぶって」
 
 だんだんな可笑しくなってくる2人である。

 お店の女将さんがやってきた。

 「おでんは・・・好きなものを頼んでいいんですよね」と私。
 「どうぞ~」と言って女将さんは行ってしまう。

 「おでんお願いします」と私。
 「はい、どうぞ」と女性が注文を待っていてくれる。

 やはり「ちくわぶちくわぶちくわぶ」とは言えない。遠慮してしまう。

 「あの、ちくわぶ二個とがんもお願いします」

 ところが、おでん鍋の前へ行った女性がこうおっしゃる
 
 「ちくわぶ、一つしかなくて、他に何か」
 「何がありますか?」
 「そうですね、フランクフルトとか、ええと・・・」
 「俺はフランクフルト好きだなあ」とGAI
 「それじゃ、フランクフルトお願いします」

 「ちくわぶ最後の一つだったのか・・・」と
 「運がいいじゃないか」とGAI
 
 ちくわぶが一つしかなくて、結局おでんは、ちくわぶフランクフルトがんもの3品となった。

 良かった。最後のちくわぶだったのだ。ちくわぶ一つで幸せになれるのである。

 たった一つある4人掛テーブル席のグループ客の皆さんの間で面白いやりとりがあった。

 ホッピーセットを4本頼んで、実際にホッピー瓶が出てくると、一人の女性がホッピーを全員のジョッキについであげているのであった。
 親切心からのことで、以前にも他で見かけたことがある。
 他の女性が何が間違っているかを笑いながら教えてあげていた。

 ホッピーは他人についではいけないのである
 
 演出家と役者は演劇論。探偵は独りの世界。助かるのである。

 3杯目は、焼酎お湯割にした。3品目は、あぶりしめ鯖(500円)である。

 コの字カウンターの私達とは反対側の端からカウンターの中に入り、カウンター内を通って、お店の方用のカウンター下の口をくぐり、SAKURAの背後のトイレに入っていった常連の女性の方がいた。面白い。

 最後に瓶ビールを1本飲むことにした。キリン一番搾り大(500円)である。

 GAIは今、チェーホフの戯曲『煙草の害について』に取り組んでいる。名作独り芝居である。

 まさに、「GAIの『煙草の害について』」である。公演の際は是非御観劇を。

 そろそろ帰ることにして、お勘定をお願いした。5時から6時45分までの滞在。ゆっくりと時間を楽しむことが出来た。

 SAKURAは、お湯割りの焼酎2杯を二階堂にしていたので、50円増×2杯で1,440円。
 ガイは1,340円。私は1,840円である。

 中目黒駅は駅耐震化工事の中、今までの渋谷寄りにあった改札口と反対側の横浜よりにも改札口が出来た。
 その新しい改札口でGAIと別れた。

 SAKURAがバスに乗りたいという。

 実際にバス停まで行くと歩きたいという。

 寒い。でも、歩き始める。言いなりである。



中目黒 串揚げ「串八」
住所 東京都目黒区上目黒3-7-5 三起ビル1F
電話 03-3710-7832
定休日 無休・但し12月31日~1月3日迄は休み
営業時間 16:00~24:00(L.O.23:30)
交通 東急東横線・営団地下鉄日比谷線中目黒駅下車徒歩1分。



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

渋谷 居酒屋「やまがた 本店」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第504回 2013年1月19日(土) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】





渋谷 居酒屋「やまがた本店」

  ~ 渋谷川に映る空 ~

  

    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクがあります→


 JR目黒駅でSAKURAと待ち合わせをした。そして、歩き始めたのは午後4時近くであった。
 近くでの用事を済ませ、日の丸自動車学校の前を通り、恵比寿ガーデンプレイスの高層ビルを右手に見上げながら歩き、山手線の上をまたぐ恵比寿南橋を渡る。ここから山手線の東側の右にカーブした坂を下って行くと、「恵比寿駅東口」という交差点に出る。ここで左斜め方向に歩いてゆくと、斜めに入った道沿いに、緑色の懐かしい看板を発見した。「梅歴酒店」さんである。

  ←「梅歴酒店」

 SAKURAが暖かいお酒で温まりたいというので入ってみることにした。因みに、こちらのお店は2007年5月2日第21回で紹介している。ずいぶん前のことである。
 緑色の扉を開けて中に入ると、左手に6人から7人が立てる立ち飲みカウンターがある。その奥の方には少し広くなっている空間があり、壁カウンターに向かって立つことが出来る。そこの高い位置に「梅暦」という文字のネオン看板が眩しく輝いていた。そして、カウンターの端には、液晶テレビがあった。このテレビは6年前には無かったような気がする。
 SAKURA芋焼酎お湯割(400円)、私はお酒(300円)を冷やで頼んだ。銘柄は八重壽とのこと。
 30分ほどの滞在。実は店内に値段の入ったメニューを見つけることが出来なかった。

 「わざと別々に払おうよ、値段も解るから」SAKURAが言う。面白い。その通りであった。
 それぞれ400円と300円を払って外に出た。

 駒沢通りを渡り、山手線の線路の西側の道を渋谷を目指す。そして、3月16日からの地下化が決まっている東急東横線の下をくぐり、渋谷手前で右に曲がり、再び東横線の下をくぐって渋谷川を渡る稲荷橋の上に立った。

  ←渋谷川

 渋谷川の地上部分は渋谷駅近くの今は無き宮益橋からこの稲荷橋、さらに天現寺橋までの2.6kmのことであり、天現寺橋から東京湾までの下流は古川と呼ばれているそうである。
 そして、この稲荷橋の上流から渋谷川は暗渠の中に消えるのである。
 
 3月以降消えようとしている東横線の高架と明治通りに面した雑居ビル群の背中側に挟まれた狭い場所にひっそりと流れる渋谷川に映る夕暮れ時の空を眺めていると、いいしれぬ物悲しさを感じる。
 
 明治通りに出て、渋谷駅の東口側に出た。そこであの新しく出来た高層ビルに出会う。
 下の部分よりも上の部分が大きく、とても不安定な感じを受け、私はこの高層ビルのことが好きになれない。そこにかつてあったドーム型のプラネタリウムがのった東急文化会館の建物が懐かしい。

 渋谷駅近くで用事を済ませ、向かったのは渋谷駅の西側の飲屋街。まずは、京王井の頭線渋谷駅の南側の道に入る。左手に何軒もある居酒屋「山家」やきとり「鳥竹本店」などの歴史ある飲み屋さんを眺めながらすすみ、右手に京王井の頭線渋谷駅西口改札が見える場所に出た。。
 ここで左に曲がると、すぐ左手の「魚がし福ちゃん」「第三福ちゃん」の入っていた雑居ビルは、驚いたことに更地になっていた。
 さらに進み、次の十字路を左に曲がる。この十字路の左角は居酒屋「千両」さんがある。
 
 いろいろと迷ったけれど、結局入ったのは、その並びにある黄色い看板がよく目立つ居酒屋「やまがた本店」さんであった。 
 「山形清酒天誉酒蔵やまがた」と書かれた黄色看板とアサヒビールの丸い提灯の下を通って、ガラス戸をあけて中に入る。
 入ってすぐ左手に四人席テーブルが二つ。その先には、20席ほどの小上がり座敷がある。その先は左手に5人ほどの短いカウンター席があり、カウンターの中が調理場である。
 右手には勘定場があり、その先は六人席テーブルが三つ、四人席テーブルがふたつと奥まで続いている。
 
 席はかなり埋まっていた。その中で、一番奥のカウンター席には男性1人客が2人。右手奥のテーブル席は空いていた。出来るだけ静かな場所を好む我々は、この一番奥の右手のテーブル席に座った。

 調理場には男性2人、フロアーには女性が一人だけであった。
 さっそく熱燗二合(500円)とお猪口2つを頼んだ。
 御通し切り干し大根である。

 熱燗を一口飲んで身体を温めてから玉こんにゃく(420円)をお願いする。
 山形料理である。昔、山形の山寺の下で玉こんにゃくを食べたことを思い出す。醤油味がよく染みていてお酒に合う。
 
 2品目は、ふきのとうの天ぷら(420円)。苦みを楽しむ、まさに大人のつまみである。

 「ここにいると渋谷にいると思えない、いいね」SAKURAが言う。

 まさに、その通りである。

 1974年公開の監督野村芳太郎/脚本橋本忍・山田洋次の映画『砂の器』の中で、丹波哲郎と森田健作が演ずる刑事たちが「事件」のことを話しながら酒を呑んでいた場所もこのあたりであった。
 ある時は会社の上司や先輩に連れて来られ、ある時は学生時代の友人と連れだって、とことん飲んだ酒場である。まさに、昭和時代の酒場だ。
 そして、樽酒一升(3,500円)、白酒一升(3,500円)という一升瓶の酒もメニューにある。ここは、一升瓶が似合う酒場でもある。

 身体も暖まり、ビールを飲みたくなった。

 瓶ビール大瓶(525円)を頼む。

 やがて、いわゆる「ガテン系」の方が先客の二人の男性の間のカウンター席へ座られた。

 「雰囲気があるなあ」と思う。そして、並ぶ男性三人の背中に「人生」を感じる。

 麦焼酎お湯割(368円)を最後に1杯だけもらい二人で分けて飲む。

 御勘定をしてもらった。2,570円であった。

 外に出る。今日は目黒恵比寿渋谷と「街」を歩いた。街はどんどん変わってゆく。様々なものが壊されてゆく。

 せめて、少しだけ残された「昭和」を完全には奪わないでもらいたいと思う。
 



  

渋谷 居酒屋「やまがた 本店」
住所 東京都渋谷区道玄坂1-6-5
電話 050-5816-3883
定休 年末年始休
営業時間 15:00~24:00
交通 JR渋谷駅西口から徒歩3分



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

蒲田 居酒屋「源氏酒蔵」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第503回 2013年1月18日(金) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】



蒲田 居酒屋「源氏酒蔵」

~ 不思議な形のテーブル ~


   

    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクがあります→


 2013年1月14日。本州の南海上を低気圧が急速に発達しながら通過して、太平洋側の広い範囲で雪が降った。
 首都圏では東京都心で8センチ、横浜で14センチ、千葉で8センチの積雪を観測、7年ぶりの大雪となり、転倒事故が多発、道路・鉄道・空の交通機関に大きな影響を及ぼした。
 その後も気温は上がらず、4日たっても街には汚れた雪が残されたままだった。

 ほんの少し時間を作ることが出来た。JR蒲田駅西口側に降り立ったのは午後7時前くらいであった。
 目の前のロータリーに立つと、右斜め方向の道から東急バスがやってきて、目の前で大きく曲がり、駅からまっすぐに伸びる広い通りに向かって入ってゆくのが見える。そのロータリーを渡ると、すぐ目の前に路地の入口があり、のぞけば、そこがお酒を飲ませてくれる店が集まっている路地であることがわかる。

 路地に入ってゆくと、右手には、第395回で紹介したお店、居酒屋「赤穂」さんがある。
 そのすぐ斜め前に、本当に地味な外観のお店があった。何の情報もないまま入るのには、ちょっと勇気が必要なお店かもしれない。
 暖簾が無いのである。二間ほどの間口のうち、右手の一間分がガラス格子になっている引き戸である。左手は壁、そこに縦長のメニュー看板が出ている。その左手に「源氏酒蔵」と書かれたアクリル製看板が置いてあった。

 ガラス格子から中を少し覗いてから思い切って中に入ってみる。

 入ってすぐ左手に二人掛けのテーブルが一つ。そのさらに左手には、手前から奥にかけて、四人掛のテーブル席が三つ並んでいる。思いの外、お店の中は広い。
 しかし、このお店の特徴は右手側の「ホームベース状テーブル席」にある。
 入口から見て手前側と奥側に2つあるそのテーブルは、右の壁から始まって、お店の中央の通路側にかけて伸びており、上から見ると通路側の端が山型になっていて、長すぎる野球のホームベースのようである。
 そして、通路側に山型に突きだした部分には、ちょうど二人が少し斜めに寄り添うように座ることが出来て、テーブル全体では8人が座れるようになっている。
 また、このテーブルの上には真ん中に顔の高さくらいの衝立が立っており。手前側と奥側に座ったお客さんが気兼ねなく座ることができるのだ。つまり、周りを囲むように座るカウンターのような大テーブルが二つあるのである。

 店の一番奥の方には調理場がある。調理場の手前はカウンターにはなっておらず、配膳口となっている。調理場の中に大女将らしき女性、手前の調理場の外に女将さんらしき女性の方がたっていらっしゃる。

 まずは、「酎ハイお願いします」と言った。
 それから、「ポテトサラダお願いします」と付け加える。 

 まずは、酎ハイ(280円)が出てくる。

 酎ハイを飲みながら店内を見回す。
 2つある「ホームベース状テーブル席」の入口に近い側に男性1人客が2人座っていらっしゃる。私の座っている奥の側にも、やはり、男性1人客が3人座っていらっしゃり、私が4人目の客である。

 お酒は1階で作られ、洗い物は1階の調理場内にいらっしゃるもう一人の女性がするのであろうか。
 しかし、調理場で料理を作ってる様子がない。料理はインターホンで2階へ注文するようになっているのだった。

 2階で調理された料理はダムウェーター(昇降機)で降りてくる。
 やがて、ポテトサラダ(400円)がやってきた。

 「ホームベース状テーブル席」がカウンター席の役目を担っているので、私のような一人客は助かるのである。

 酎ハイを飲み終えて、次はお酒にしてみた。男山(400円)である。
 お酒にあうつまみとして、イカ納豆(300円)を頼んだ。

 女将さんがインターホンのところへ行く。

 「いか納豆いち願います」
 
 なにやら、それを聞いているだけで気分が良い。
 「いいなあ・・・」とつぶやく。

 テレビはNHKである。番組はクローズアップ現代。テーマは「家族葬」である。

 黒い升の中に入ったグラスに一升瓶でついでくれる。

 続いて、いか納豆が出てきた。酒にイカ納豆、日本の味である。

 同じテーブルの男性が静かに「あお、くれる」と女将さんにおっしゃる。
 すると、「あおですね」と答えた。

 少しして、燗酒の徳利が出てきた。徳利が青い色のものであった。

 「ああ、だから、あおと呼ぶんだなあ」と心の中でつぶやく。

 「ホームベース状テーブル席」の真ん中にある低い衝立状の仕切には、亀甲形の穴がいくつか空いており、向側の人の気配が伝わってくる。

 男山を飲み終え、角ハイボール(350円)を飲んでみようと思う。
 これに合うツマミを選ぶ。若鶏もも串焼(350円)である。

 「もも串焼き、願います」の声。

 ハイボールを飲む。これが効いてしまった。一期に酔いがやってきた。

 もも串焼きは、竹串ではなく金串にささって出てきた。肉は大ぶりである。美味しくいただく。

 そこへ、新年会帰りらしき方々が入ってこられた。
 女将さんが席を2つくっつける。常連の方々であろうか。
 皆さん、酔いが回り楽しそうである。
 
 午後7時15分から8時まで、45分ほどの滞在。御勘定は2,080円であった。

 やはり、独り酒が一番である。

 「何者でもない自分になれる場所」をまた一カ所見つけることが出来たようである。

 


  

蒲田 居酒屋「源氏酒蔵」
住所 東京都大田区西蒲田7-46-2
電話 03-3731-2837
定休 日曜・祝日
営業時間 17:00~24:00
交通 JR蒲田駅西口下車徒歩2分・東急池上線蒲田駅下車徒歩2分・多摩川線蒲田駅下車徒歩2分




ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる