武蔵新田 やきとり「まるすみ商店」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第515回 2013年4月24日(水) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】



武蔵新田 やきとり「まるすみ商店」

  ~ 名残りの街 ~

  

     にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクがあります→



 東急多摩川線の武蔵新田駅の周辺にはお酒を飲ませる店が多い。
 居酒屋も多く、駅の近くには、第272回で紹介した角打ち的立ち飲み、飯田酒店さんもある。
 「武蔵新田」という街に初めて足を踏み入れたのは、今から十数年前かもしれない。
 大田区、品川区、目黒区等、東京城南地区に点在する「黒湯温泉」に入ることを楽しみにしていた時期があった。
 今のように「居酒屋」を探して歩くのではなく、「黒湯温泉」の銭湯に入った帰り、居酒屋で食事をすることが多かったのである。
 「武蔵新田」には、「新田浴場」「森の湯」の2軒の黒湯温泉の銭湯がある。駅から少し離れた新田神社の並びにあるのが「新田浴場」であり、駅前通り沿いにあるのが「森の湯」である。
 その「森の湯」の斜め前に「新田ストアー」という、いわゆる「マーケット」があり、何軒かのお店が入っていた。
 時が経ち、生鮮食料品の店が集まった「マーケット」という形態は無くなって、入口に「肉のまさきや」という肉屋さんだけとなっていた。

 駅改札から歩いてきて、「肉のまさきや」さんの前を通りすぎると、そこは五叉路になっている。五叉路の一角に「山縣屋」さんという「うなぎ屋」さんの味わいある建物が建っていたことを思い出す。「山縣屋」さんは取り壊されて、今はコインパーキングとなっている。脇を通りながら右へ曲がった。

 「この先に何か赤提灯が見えないかなあ」と思いながら歩く。

 右手を見た。すると小さな空き地があり、「四角いトンネル」の中からの灯りがその空き地を照らしていた。近づいてみる。すると、それは、前述の「新田ストアー」の裏口だった。

 

 裏口側に一番近い一画はお店ではない。表口の方には「肉のまさきや」さんが見えた。そして、その間に挟まれた場所に黄色い提灯がぶら下がっていた。前を通ってみる。それはやきとり屋さんであった。
 しかし、その日は中に入って見なかった。カウンターは満席の様子。時間も無く、その日は入店を躊躇った。

    ※   ※   ※

 さて、2週間ほどして再訪。こちらのお店に入ってみることにした。
 つまり、上と下の写真には2週間の時間差があるのである。

 店名は「まるすみ商店」。今日はカウンター席に座っている方はお二人だけであった。

 

 間口が広く奥行きが狭い店構えである。右手の方の入口を入ると右手に四人席テーブルが一つ。左手に一直線のカウンターがあり、その中が調理場となっている。二週間前とは違い、カウンター席には先客がお二人だけであった。

 カウンターの中には若いマスターがお一人。
 寒い日であり、雨模様だったのでコートを着ていた。コートを脱ぎ、背後の柱にかかったハンガーにかける。
  
 恰幅の良い先客の方から「雨はふっておりますか?」と聞かれる。
 「はい、さきほどは降っていましたが今は止んでいます」と答えた。
 やはり、天気の話は酒場でのコミュニケーションのきっかけになる。

 席にやっとおちついて、酎ハイ(300円)をお願いする。お通しは、大根と厚揚げ煮のあんかけである。
 
 「やきものは1本でも良いですか?」
 「どうぞ、大丈夫です」
 
 そこで、とり串(100円)、なんこつ(ヤゲン)(120円)、せせり(120円)、限定はつもと(150円)を1本ずつ頼んだ。

 少しして、若いマスターが申し訳なさそな顔になった。 
 「すみません、はつもと、今日は入ってませんでした」とのこと。仕方なく、代わりにはつ(100円)を選ぶ。残念である。

 酎ハイを一口飲んで、店内を見廻す、また飲んで見廻す。居酒屋探偵はちょっと挙動不審である。
 カウンターの上の壁に4月のお休みが書いてあった。
 4月は4日(木曜)、14日(日曜)、23日(火曜)、29日(月・祝)が休みとのこと。変則的で、まさに不定休である。

 やきものは少しずつ出てくる。はつもとではないけれど、代わりのはつも美味しかった。
 もう一人お客様が入ってこられた。水ぎょうざ(380円)をその方が頼まれた。

 「私も便乗させてもらって、水ぎょうざお願いします」と頼んだ。

 2杯目は、100%グレープフルーツハイ(350円)である。

 お客さんから蒲田に出来た有名店の話がでる。酒場でのお店の噂は面白い。
 そこには「情報」があり、「本音」を聞くことが出来る。タイアップ取材の多いマスコミ情報など宛にはならないのである。

 水ぎょうざは、酢醤油とポン酢のうち、酢醤油を選んで食べた。一つ一つ手作りとのこと。

 後から入ってこられた方もはつもとを注文される。無いという答えに残念そうであった。

 酎水(300円)というものに目がとまった。

 「ちゅうすいというのは、焼酎の水割りのことですか?」とマスターに聞く。
 「はい、前に働いていた店が「ちゅうすい」と呼んでいたので、そのまま書いてしまったんです」とのこと。
 面白い。3杯目は酎水(300円)にした。

 ゴマはつ(120円)が気になった。1本だけではちょっと申しわけないので、他の方の焼き物と一緒に頼んだ。ごま油、万能ネギ、ニンニクのタレがかかっていた。うまい。他に、ゴマればもある。

 「開店してどのくらいなんですか?」と聞いてみる。
 「2012年6月7日に開店ですから、もう少しで一年たちます」とのこと。

 左となりの方がレバーペースト(380円)を頼まれた。
 子供の頃、よくレバーペーストの缶詰を空けて食べたことを思い出す。

 酎水(ちゅうすい)の残りを飲んで、御勘定をお願いする。コートを着て、リュックを背負う。身支度がたいへんだ。

 午後7時から8時まで1時間ほどの滞在。御勘定は2,090円だった。千円札2枚と100円玉を出して、10円のおつりをもらう。リーズナブルである。良い店だ。

    ※   ※   ※

 歴史を調べてみると、この街の背景、奥行きを感じる。太平洋戦争で日本が敗れた直後に出来た場所、いわゆる「大人の街」があったのだ。その辺りに実際に行ってみる。もちろん、すでに住宅街となっており、名残りを感じさせるものは少ない。

 ただ、「鮨芳」さんという味わいある佇まいの鮨屋さんがあった。
 昭和14年に発表された岡本かの子の小説「鮨」を思いだす。
 その頃の「大人たち」も入ったに違いないと、勝手な想像をする。

 「名残りの街」を少し歩いてから、家路につくため武蔵新田駅に戻った。
 そして、武蔵新田駅の作りつけのベンチに久しぶりに座ってみる。
 ことのほか低いベンチである。駅の開業は大正12年であるが、このベンチはいつからあるのだろうか。
 そして、どれだけたくさんの人が座ったのだろうか。そんなことを思う。



  

武蔵新田 やきとり「まるすみ商店」
住所 東京都大田区矢口1-17-4
電話  03-5482-6330
営業時間 17:00~25:00
定休日 不定休
交通 東急多摩川線武蔵新田駅から徒歩1分



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

黄金町 喰道楽「たみや」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第514回 2013年4月14日(日)  【地域別】 【池上線】 【時間順】 【がっかり集】



※2013年4月13日 1,130,000カウント通過。感謝!

黄金町 喰道楽「たみや」

  ~ 街のシルエット ~

  
  
     にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←新岳大典作小説無料公開中。「新岳大典」で検索してください。



 ある用事の為、京浜急行黄金町駅で濱也耕誠氏と待ち合わせたのは日曜日の午後5時であった。

 その用事の前に、また別の件で保土ヶ谷に行き、その後、城南居酒屋探偵団横浜支団長yousaku氏と会って、二人で黄金町駅まで来て、改札口で濱也耕誠氏の登場を待った。
 見れば、黄金町駅改札脇に面白い店を発見、いつか二人で入ってみようとyousaku氏と話したのどあった。

 濱也耕誠氏登場。黄金町改札前の大通りの歩道を右手へ歩き、太田橋北側交叉点の信号を渡り、大岡川にかかる太田橋を渡って、太田橋交叉点を渡る。まっすぐ200メートルほど行けば、横浜市営地下鉄ブルーラインの阪東橋駅である。

 右手に第511回で紹介したお店があり、次に末吉町四丁目という小さな交叉点に出る。その交叉点の角のビルの3階を見あげると、第512回で紹介したお店の窓が見えた。

 交叉点を渡り、その隣のビルで濱也耕誠氏と用事を済ませた。
 用事が終われば、「居酒屋巡り」である。

 「どこか良い店はありませんかねえ・・・」と私。
 「いつもの「みゆき」へ行く?」と濱也氏。
 「それは2軒目ということにして、どこか新しいところはないでしょうか?」
 「そうだ、一週間くらい前に出来た店があるから行ってみよう」
 「いいですね」

 末吉四丁目の交叉点の信号を渡り、阪東橋交叉点方面に歩いて、すぐに左の道を入った。もう、そこは末吉町ではなく、伊勢佐木町となる。
 次の小さな四つ角の右手前角にそのお店はあった。
 
 表のメニュー看板に喰道楽「たみや」と書いてあった。

 そして、手書きメニューも立ててある。(下写真)

 

 刺身類、ポテトサラダ、いたわさ、鳥唐揚げ、カレイ唐揚げなどもあり、さらに、ラーメン、タンメン、サンマーメンと書いてある。あの神奈川県の一部のローカル麺、サンマーメンを食べることが出来るのがうれしい。

 濱也耕誠氏のお話によれば、このお店が出来る前は「里希帆」という中華料理のお店であったそうで、「里希帆」とは3人の方の名前から一字づつとってつけた店名であったとのこと。

 角店の角の入口を入ると目の前に手前から右手奥までのL字カウンター席があった。全部で8人ほどであろうか。すでに、5人ほどの方が座っていらっしゃる。カウンターの中には大将がお一人。カウンターのお客さんが席を空けようとしてくれたが3人は無理そうであった。
 しかし、実際には左手奥、マスターの背後に6畳ほどの座敷席があるのが見えた。カウンターのお客さんに「ありがとうございます」と言って、左手に回り込み座敷席に行った。
 そこにも先客の方が二人。何故か広さに対して多すぎる座卓。先客の方々の御協力もいただいて、座卓を動かして、自分たちで座布団を敷き、やっと席に座った。
 
 濱也耕誠氏がお店のマスターにいろいろと聞いてくれるので助かる。
 開店してからまだ一週間ほどであるとのこと。

 まずは、生ビール(400円)を3杯お願いした。
 たった一人でやっておられる店のようなので、何か頼んで、それを持ってきてくれた時に、次を頼もうと決めた。

 生ビールをもってきてくれた時に頼んだのは、とりの唐揚げ(450円)、麻婆豆腐(650円)、豆いかのネギ和え(500円)の3品である。

 豆いかのネギ和えは、茹でた小さなイカとネギを塩ダレで和えたもの、よいつまみである。

 麻婆豆腐は辛かった。yousaku氏と私と一口だけ食べて降参である。残りは濱也耕誠氏に食べてもらった。一口だけなのにyousaku氏は汗びっしょり。
 やはり、同窓生の方が経営されている「中華街一番の辛さをほこる麻婆豆腐を出す中華料理店」が行きつけのは違う。

 いつものように、私とyousaku氏熱燗二合(700円)に移行。鰹たたき(550円)も頼む。濱也耕誠氏は、お酒も飲みながら生ビール追加である。

 さらに、カレイの唐揚げ(500円)を2個、自家製シメサバ(600円)も頼んだ。濱也耕誠氏は、お酒も飲みながら、生ビール3杯目である。熱燗二合(700円)の2本目も追加。

 カレイの唐揚げがやってくる。じっくり揚げてあり、本当に美味しかった。3人で一期に食べてしまった。
 次回は表に書いてあったサンマーメンが食べたいと思った。お二人は炒飯が食べてみたいとのこと。

 午後5時15分から6時45分まで1時間半の滞在。お勘定は7,000円ピッタリ。端数を切ってくれたのかもしれない。

 さて、外に出るとまだ少し明るさが残っていた。

   ※    ※    ※

 我々3人が揃って、一軒で済むことはない。さきほど話がでていた通り梯子酒となる。
 
 前々回に行った居酒屋「みゆき」さんが二軒目。濱也耕誠氏の隠れ家的行きつけ店である。

 お二人は、再び生ビール小(400円)である。私は、プリン体を恐れてトマトハイ(400円)を2杯続けて飲んだ。
 お通しはもつ煮。お腹はだいぶ一杯なので、濱也耕誠氏の好きな、カニサラダ(650円)にした。
 濱也耕誠氏「海老蟹星人」という肩書きの名刺まで作ってしまっているほどの海老と蟹が大好物な人である。私もその名刺を一枚いただいた。

 燗酒二合(900円)を2本飲みながら楽しい時間は過ぎてゆく。すっかり盛り上がって、演劇プロデュースの話まで飛び出した。

 午後7時から8時15分まで。お勘定は3人で5,250円。


 太田橋まで戻る。

 第511回の時、「太田橋の両端の親柱は、まるで時代劇に出てくる木造の常夜灯を思わせる」と書いたけれど、夜、通ってみれば、まさに「常夜灯」のようであった。(下写真)

 

 淡い光が周囲を照らし、そのシルエットは堂々として、凛々しく美しい姿であった。

 黄金町駅に向かった3人。私は横浜駅で乗り換え帰路に就いた。
 しかし、お二人は横浜の夜の街へと消えていかれた。




 
 
黄金町 喰道楽「たみや」
住所 神奈川県横浜市中区伊勢佐木町6-146-1
定休日 未定
交通 京浜急行黄金町駅下車徒歩3分。


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

鵜の木 おうち酒場「優味恵」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第513回 2013年4月5日(金) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】




鵜の木 おうち酒場「優味恵」

  ~ 完全禁煙酒場にて ~

  鵜の木おうち酒場「優味恵」外観
  
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクがあります→



 某テレビ番組のナレーションのように言うとしたら、次のようになるのかもしれない。
 「まず、一番最初に有権者の皆様にお訴え申し上げたいことは、こちらの居酒屋さんが「完全禁煙酒場」であるということなのです」
 
 1年ほど前からお店のホームページを発見していた。実際に近くまで行って場所も確認していた。とても行きたいと思っていた。
 しかし、なかなかスケジュールが合わなかったのである。
 その理由は、こちらのお店の「定休日」にあった。実は、定休日が日曜、月曜、火曜、水曜の四日間。
 いや、営業日が木曜、金曜、土曜であると言わなければいけないのかもしれない。

 数週間前に、いつものように探偵事務所で呑んでいる時、御一緒になったY氏からすすめられたお店がこちらであった。リアルな情報を得て、ますます行ってみたくなったのである。

 金曜日の夕方、時間が少し出来たので、タクシーを飛ばした。
 住宅街の中に一軒だけあるお店である。
 タクシーが去った後、静かな住宅街に一人立つ。そして、お店を撮影する。
 白い壁である。
 入口の右側には三方にガラスの入った出窓が壁から突き出ており、レースのカーテンとガラス越しに室内の天井が見える。まるで、よそ様のお宅の居間を覗いている感じである。

 入口の前には暖簾。左手に赤提灯が下がっている。入口の上に「おうち酒場 優味恵」の文字。
 暖簾をくぐり、左にスライドする扉を開けて中に入った。店内はにぎやかな様子。
 そこは玄関であった。靴を脱ぐ。左手の下駄箱に靴を入れる。初めての方は戸惑うかもしれない。
 
 店内はフローリングの床。右奥の方にL字カウンターがあった。左から右に三人、手前から奥に三人が座れるカウンター席は合わせて六席。そこには、カジュアルな身なりの地元御常連らしき男性が二人座っておられた。
 手前右手の出窓前に四人掛けテーブル席があり、カウンター席の椅子を借りているのか、そこに五人の男性客。
 左手に四人席があり、その席の向こう側の高い位置にテレビがのせてある。こちらにも男性客が二人。
 
 男性客ばかりである。
 
 カウンター席の奥の方から二つ目の席にすべり込ませてもらう。店内の照明は比較的暗く、落ち着いた雰囲気を演出している。

 こちらでは、時間を区切ってのハッピーアワーではなく、「生ビール1杯目」(290円)というメニューがある。2杯目からの「生ビール」は450円となっている。実は外にもこのことが書いてあった。

 席につくと、カウンターの上には様々なお酒が並んでいてカウンター内の調理場はみえにくい。中で忙しく働く若いママが奥の方から顔を出す。美人である。しかも着物美人。噂は真実であった。

 やはり、この生ビール1杯目(290円)をたのむことにした。
 お通しは、奴豆腐にメカブがのったもの。お通しを食べ、生ビールを飲む。喉が渇いていたのでうまい。
 定番のメニューの中から本日の出し巻き卵(250円)を選び、カウンターの上に掲げられた手書きメニューからマグロカルパッチョ(450円)を選んだ。カウンターの中でもう一人の女性が料理を作っておられる様子。
 
 出窓前の五人グループのお仲間の男性が二人来られ、四人掛けのところに七人がすわる盛況となった。どうやら近くの大企業の皆さんのようである。

 だし巻き卵は、大きなものをケーキのように切って提供される。美味しかった。カルパッチョは野菜がいっぱいである。

 さて、2杯目はヨーグルトハイ(390円)。無糖のヨーグルトで焼酎を割ったものである。ちょっと、マッコリのような感じでうまい。この飲み方を気に入ってしまう自分がいる。

 さらに、男性二人組の仲間の男性一人がお店を探しながらやってこられた。

 普通のお宅のダイニングキッチンのように思える場所、そこに、十三人もの男性があがりこんで楽しそうに呑んでいる。しかも、完全禁煙。それが面白い。

 「この中暑いですか?」と、ママに笑顔で聞かれる。
 「そうですね・・・お客さんが一杯ですからね」と、笑顔で答える私である。

 「ホッピー白を氷なしでお願いします」とたのむ。
 
 冷えたジョッキに焼酎が入り、冷えたホッピーが出てきた。私が勝手に決めている、ホッピーセット価格ボーダーライン400円以下の390円だ。良心的である。

 ホッピーを呑みながらスマートフォンを使う。yousaku氏濱也耕誠氏探偵事務所Mマスターとメールのやりとりもあった。
 ソフトバンクのWi-Fiスポットになっているので、ネット環境も整っている。

 さて、帰らなければならない時間となってきた。御勘定をお願いする。

 6時50分から7時50分まで1時間ほどの滞在。御勘定は2,110円であった。
 小銭を出してピッタリ払うことが出来た。気分がよい。

 笑顔でおくられながら外に出る。防音がしっかりしているのであろう。お店の外は静かである。

 暗い住宅街を歩いて多摩川線の鵜の木駅を目指した。

 どうも不思議に元気な自分がいた。



  鵜の木おうち酒場「優味恵」提灯

完全禁煙
鵜の木 おうち酒場「優味恵」 
住所 東京都大田区鵜の木2-48-4
電話 03-3758-2176
営業時間 木・土18:00~24:00 金17:00~24:00
営業日 木・金・土 / 定休日 日・月・火・水
交通 東急多摩川線鵜の木駅から徒歩5分/下丸子駅から徒歩6分
公式サイト http://www.yumiejapan.com/

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる