沼部 和食処「花膳」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第548回 2014年2月28日(金) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】





 沼部 和食処「花膳」

   ~ 「桜坂」の街に良き店をみつける ~
 
 沼部/花膳外観

 
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→


 
 前々回東京急行電鉄の元々の社名が目黒蒲田電鉄であること、その目黒蒲田電鉄が最初に開業させたのが目蒲線であること、そして、その目蒲線は2000年8月から目黒・日吉間の目黒線、多摩川・蒲田間の東急多摩川線に分かれたこと等に触れた。
 その後、目蒲線が1923年の開業から半年間、目黒・蒲田間全線開通前、目黒駅から沼辺駅までだけであった頃、現在と同じ目黒線という名称であったことを知った。
 さらに、沼辺駅は開業時には丸子駅という名称であり、翌年、武蔵丸子駅という名称に変わり、さらに、2年後、現在の沼辺駅という名称に変わったそうなのである。
 
 その沼辺駅に降り立った。
 静かな駅である。多摩川方面の改札前には店舗などはまったくなかった。
 多摩川線と平行に走る多摩堤通りは沼部駅の北側で左に直角に曲がり、多摩川線の踏切を渡って多摩川の東岸に出て、丸子橋脇で中原街道と交差する。
 この沼部駅の北西側駅脇の踏切を渡る。まっすぐ坂を登ってゆけば、環状8号線と中原街道の交差点近くに出て、池上線の雪が谷大塚駅方面に出る。
 その坂が福山雅治の歌で有名になった「桜坂」である。

 反対側の蒲田方面の改札前に行ってみると、コンビニ1軒、中華料理店とバーなどがある小さな商店街があった。
 その商店街に入って行き、左に曲がると左手に小さな和食のお店がある。その先で、道は多摩堤通りに再び出る。 
 お店の前には白いアクリル看板があり、そこには「和食処 花膳」と書いてあった。
 実は、ずっと前から気になっていたお店である。

 左手の戸を開けて中に入る。
 右手は7人が座れるL字カウンターになっており、中で飲み物を作れるバーコーナーのようになっている。カウンターの手前部分に先客の方が一人いらっしゃる。左手には二人席テーブルが二つ。手前のテーブルに座ることにした。

 店の奥が調理場となっており、中がよく見える。その調理場には料理人の方が一人。
 そして、女性の方が忙しそうに2階席から降りてきた。
 様子を見て、緑茶ハイ(300円)と真蛸刺(580円)を頼んだ。

 緑茶ハイで口をさっぱりさせて、真蛸刺をいただく。蛸が歯ごたえよく美味しかった。
 どうやら、2階席では宴会中のようである。さらに、2階には次々にお客さんが上がってゆく。どれくらいの広さのお店なのだろうか。1階では解らない。

 熱燗を頼もうと思っていた。しかし、忙しい様子を見ているうちに気が変わった。

 合間を見て「お酒一合冷で・・・」と私。手の掛からない「冷や」にしたのである。

 松竹梅豪快(400円)。

 お酒のことを伝票に書く時に、一緒に食べ物も頼み、書いてもらうことにした。

 「それと、出汁巻き玉子もお願いします」

 少しして、お銚子に入ったお酒とお猪口を持ってきてくれた。

 「お酒、常温です。」

 燗酒でもない冷酒でもない「冷や」をゆっくり飲むのも良い。

 メニューを見れば、基本的には定食のお店のようだ。
 てんぷら定食(950円)、刺身定食(950円)、天刺し定食(1500円)等の定食がある。定食のライスは大、中、小を選ぶことが出来て、しかもすべて同料金だ。
 お茶は、定食屋さんらしくセルフサービスになっている。

 しかし、単品メニューが豊富なので居酒屋としても機能してくれる。
 出汁巻き玉子が美味かった。ちょっと甘く、大根おろしと一緒にいただくとさらに美味。
 ちゃんとしたお店である。しかも高くない。

 トイレが二階なので上がってみた。階段を上がって右手、暖簾の向こうがお座敷席になっている。
 10人くらいは座れるだろうか。宴もたけなわとなっていた。
 階段を上がって左手は独立したテーブル席の部屋になっている。四人席二つ、六人席が一つ。ゆったりとしたテーブル配置である。テーブル席にも二組の方々が座っておられた。

 一階に降りて、残りのお酒をいただく。すぐに若いカップルの方もいらっしゃって定食を頼まれていた。
 お勘定をお願いする。午後7時から7時45分まで45分の滞在。お勘定は1,760円であった。

 静かな街の駅近くのそのお店は、予想を越えた定食屋さんであった。
 この街に来た時、何度も前を通りながら今まで入らなかったことが残念なくらいである。
 次回は刺身定食を食べてみよう。


 沼部/花膳看板

沼部 和食処「花膳」
住所 東京都大田区田園調布本町29-8
電話 03-3721-0121
定休日 第1・第2・第3火曜日
営業時間 11:30~14:30/17:00~24:00
交通 東急多摩川線沼部駅から徒歩1分。



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

千鳥町 居酒屋「浮かれ海老」第2回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第547回 2014年2月9日(日) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】


 ※2014年2月9日 1,250,000カウント通過。感謝!


 千鳥町 居酒屋「浮かれ海老」 第2回

   ~ 久しぶりのMマスターとの日曜居酒屋 ~
 
 

 
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→


 急速に発達した低気圧の影響で2014年2月8日金曜日、日本列島は広い範囲で強風を伴った雪が降り、平野部でもまとまった積雪となった。東京都心では20年ぶりに積雪が20センチを超えた。
 それから2日たった日曜日である。裏路地には、まだ雪がかなり残っている。道路脇にも雪が積み上げられていた。
 何故かお店の中に屋台がある雪谷のBAR「OVAL」Mマスターからお誘いのメールが来た。

 「軽くのみませんか?」

 待ち合わせて二人で向かったのは東急池上線の千鳥町駅である。五反田方面の改札口を出ると、すぐ目の前に目的のお店はあった。Mマスターが行ってみたいと前からおっしゃっていたお店である。店名は「浮かれ海老」である。私が一人で来店した2009年6月20日(土)のことは、第217回で紹介している。
 着いたのは午後4時45分。開店までまだ15分あった。照明などまだ点いていない。そこでMマスターが暖簾をくぐって中に入ろうとすると、ちょうど中からママさんが出てこられた。店内にはマスターの姿もある。

 「まだ、ですよね」とMマスターが聞く。
 「いいですよ、今、片づけますから・・・」とママさん。
 
 やはり、開店前に開けてもらうのは申し訳ない。少しして戻ってくることにした。

 「ちょっと、周りをぐるっと見学してから来ます」とお伝えして、すぐ脇の池上線の踏切を蒲田方面の改札側へと渡った。
 
 踏切を渡って、すぐに池上線脇の道を蒲田方面に歩いた。すると、左手にはやはりMマスターと入ったお店、2011年9月18日(日)の第446回で紹介した居酒屋「じゃんぼ」さんがあった。もちろん早くから営業しているお店なので暖簾が出ていた。時間がもっと早ければ入ってしまったに違いない。
 近くにある、2011年12月4日(日)の第461回で紹介したバル「ちバル」さんの前も通ってみた。そして、その斜め前に昔からある鈴木豆腐店さんの懐かしい外観が興味深い。(写真はこちらにある)
 
 15分ほど周辺を散策して、開店時間となったので「浮かれ海老」さんに戻った。
 入ってすぐ右手にテーブル席が二つ。左手はカウンター席、カウンターの中は調理場、右手は3卓ある小上がり席になっている。カウンター席は真ん中が調理場への通路になっていて、4席ずつ二つに分かれている。一番奥のカウンター席の端に座った。その奥はトイレになっている。
 我々がカウンター席に座ると、直後に数名の方々が次々に入ってこられ、入口右手のテーブル席に座られた。

 まずは、キリンビール大瓶(680円)を頼む。それから串焼き類の中からレバー1本、正肉2本、かしら2本、つくね2本を頼んだ。さらに、あじタタキ(680円)とチキンカツ玉子とじ(580円)も追加する。

 ビールを飲み終わり、ホッピーセット氷なし(450円)を2セット頼む。
 ジョッキに焼酎の入ったもの、リターナルではないタイプのホッピー瓶1本、そして、二杯目の分の焼酎が別グラスで着いてくる。これで450円は安い。

 いつも、居酒屋に行くと自分はテーブルの上をどんどん片づけてしまう方である。お店の方が運びやすいように整理してしまうのである。
 Mマスターも同じようにしてくれる。やはり、お店をされているからであろうか。私にとっては、ベストな居酒屋巡りパートナーといえる。
 2杯目用の焼酎をMマスターに進呈する。

 私は蕎麦店でお酒を飲むのが好きである。落ち着くのだ。
 蕎麦店で「カツ丼」の御飯無し、つまり、上の部分を「カツ煮」といったり、中には「かつどんの頭」といったりするつまみがある。
 チキンカツ玉子とじ(580円)はそれに似た感じである。味付けは甘め。

 ホッピー外(300円)を2本追加でもらった。

 次々に、地元の皆さんが入ってくる。すると、お店の一番奥の我々の席から、ちょうど池上線千鳥町駅の自動改札口がよく見えるのである。
 皆さん、日曜日の夕暮れ時の待ち合わせての飲み会。やはり、どの席も雪かきの話が多い。気が付けばほぼ満席の盛況となっていた。

 やがて、SAKURAからメールが入った。別の街で3人集合することになった。お勘定をお願いする。

 午後5時から6時15分、1時間15分の滞在。お勘定は5,000円ぴったりであった。



千鳥町 居酒屋「浮かれ海老」
住所 東京都大田区千鳥1-21-4
電話 03-3758-5799
定休日 火曜日 ※以前水曜日だった定休日が変わったとのこと。
営業時間 17:00~24:00
交通 東急池上線千鳥町駅下車徒歩20秒 ※五反田方面改札から見える。



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

大岡山 季節の旬彩「りきちゃん」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第546回 2014年2月2日(日)  【地域別】 【池上線】 【時間順】 【がっかり集】



 大岡山 季節の旬彩「りきちゃん」

   ~ 変わりゆく街の中で ~
 

  
 
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→


 東京城南地区から川崎市と横浜市にかけて、広範囲に広がる東京急行電鉄の沿線の中でも東急目黒線の沿線の駅は一番変化したかもしれない。東京急行電鉄の元々の社名は目黒蒲田電鉄といった。その目黒蒲田電鉄が最初に開業させたのが目蒲線であった。思えば一番最初に資本をかけたとしても不思議はないのである。
 目黒駅から蒲田駅まであった目蒲線は、目黒駅から日吉駅までの目黒線と多摩川駅から蒲田駅までの東急多摩川線の2本の線に分けられたのは2000年8月からである。
 目黒線の目黒駅、不動前駅、武蔵小山駅、西小山駅、洗足駅、大岡山駅、奥沢駅、多摩川駅、田園調布駅、新丸子駅、武蔵小杉駅、元住吉駅、日吉駅の13駅の全てが新しい駅舎となっている。

 大岡山駅は地下駅の上の人工地盤に5階建の建物が建てられており、1階の一部と2階から5階までが東急病院となっている。改札を出たすぐ目の前には広く美しいロータリーもあり、その向こうには、国立大学法人東京工業大学とその同窓会組織である社団法人蔵前工業会との共同事業で建てられた東工大蔵前会館の美しい姿も見える。因みに、同会館の前にあるモニュメント「飛翔」を寄贈されたのは株式会社ぐるなび会長・創業者の滝久雄氏である。

 稽古帰りのSAKURAと待ち合わせたのは大岡山駅の改札であった。改札を出て左手へ自然に歩いて行き、東急病院の建物を左に回り込んだところで、二人とも驚いたのである。駅の南側にいつの間にかマンションが建っていたのである。
 しかし、その左隣の角には、変わらず「大岡山地下飲食店街」を地下にもつ雑居ビルがちゃんと建っていた。

 

 1階にはストアと郵便局が入っており、2階には、カラオケBOXやファミリーレストラン「サイゼリア」、そして、地下が「大岡山地下飲食店街」となっている。

 地下へ降りる階段は北西端と南西端の2箇所ある。
 北西端の階段上には店内案内図になっている看板がある。

 


 階段を降りきると、まっすぐに行く通路がある。この通路は奥で右に折れ、さらに右に折れ、回遊できるようになっている。そちらには行かず右に折れることにした。

 


 右折してまっすぐ行くと、前述の回遊する通路と合流できる。その合流点に新しいお店を発見した。

 


 赤提灯もちゃんと下がっている。地下の飲食街である。ここにぶらさがっている限り、常に照明で照らされ、暗がりに浮かび上がる赤提灯本来の姿を見せることにはならないのだと思うと面白い。

 

 
 SAKURAが暖簾をくぐり、ドアの小さな窓から中を見る。

 ふり返って「なんだか、いい感じよ」とSAKURAが言い、ドアを手前に開いて先に立って入ってゆく。
 
 左手にカウンターが10席、手前から奥へ一直線にある。カウンターの中とその奥が調理場になっており、テーブル席は無い。カウンターの中に大将がお一人。
 カウンターの椅子が面白い。立ちのみにも使えるような高いカウンターに、高い回転椅子である。椅子には肘置きがついていて、身体を包まれる感覚でくつろげる。隣のお客さんとの距離が保てるので女性には特に良いかもしれない。

 メニューを見れば、お刺身から焼き物、様々な料理があり、創作和食といった感じの印象。

 まずは、私は雪の山形純米(600円)を燗にしてもらう。
 sakuraは芋焼酎さつま美人お湯割り(480円)である。

 本日の三種盛(680円)を頼んでみる。
 これは八種の中から三種を選ぶようになっている。

 菊花カブの酢の物メカブ釜揚げしらすを選んだ。

 人には好き嫌いがある。だから、自分の好きなものを少しずつ選ぶことが出来るのはとても良い。
 自宅で夕食を済ませた後、外に出て飲みたい人には、軽いつまみは助かるに違いない。
 お店にとっても、何かを作り過ぎた場合、翌日に回すことも出来るというメリットだけではなく、どの料理が客に人気があるのか、自然とアンケートをとっていることにもなる。人気があれば、単品に昇格させれば良いのだ。
 
 菊花カブは、刻みがとても綺麗で食べやす、美味しかった。釜揚げしらすもお酒のお供としては最高である。

 メニューの中ににしん刺しを発見、珍しいので頼んでみた。にしん刺し(580円)に都内で出会ったことはほとんど無い、足が早いからであろう。

 自家製ぬか漬け(380円)を頼むことにする。

 「あの自家製ぬか漬けお願いします」
 「ああ、すいません、今、調整中なんですよ」と大将。
 「いや、私も自分でぬか漬けをやるので解ります」と私。
 
 実はここのところ休んでしまっているは反省である。
 北海道生まれのSAKURAはにしんの刺身が気に入ったようだ。

 「にしんの刺身、素晴らしいですね」とSAKURA。
 「黙って食べたらわかりませんね」と私。
 「はい、でも、骨を抜くのが大変なんですよ」と大将。

 豚もつ煮込み(480円)も頼んでみた。野菜が多いタイプである。

 前菜、刺身、煮込みときたので、焼き物の中から鳥もも(120円)を2本お願いする。

 とても、大串で美味しいももであった。

 讃岐うどん(500円)もあるので、しめに良いかも知れない。
 瓶ビール(360円)は小瓶なので独り客にはちょうど良い。これを最初に飲んで、後は酒や焼酎を飲みながら料理を楽しみ、最後は讃岐うどんでしめる。

 SAKURA芋焼酎ど黒のお湯割りを頼んでいた。

 トイレも明るく綺麗。これは今時は必要な要因である。

 5時30分から6時30分まで1時間の滞在。
 お勘定は二人4,100円であった。

 外に出て、階段を上がりながら話す。

 「良いお店を見つけたよね」
 「大岡山に来た時、ちょうど良い店が出来たね」
 「なんていうお店だっけ・・・」
 「あっ、そうだ、忘れてた」

 急いで階段をかけおりて、お店の前まで戻って、前述の赤提灯の隣に暖簾を発見した二人であった。

 

 店名は「りきちゃん」であった。
 失礼な話なので、心の中でお店に陳謝したい。

 「りきちゃん」は、また来てみたいお店であった。




  

大岡山 季節の旬彩「りきちゃん」
住所 東京都大田区北千束3-26-12 B1
電話 03-3728-3308
定休日 不定休
営業時間 17:00~24:00
交通 東急大井町線・目黒線大岡山駅下車徒歩1分。
公式ブログ→「りきちゃんのブログ」


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

池上 もつ焼「もつっ娘」第2回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第545回 2014年2月1日(土) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】





 池上 もつ焼「もつっ娘」 第2回

   ~ 探検家のように探し、遊牧民のように巡り、回遊魚のように戻ってくる ~
 
  

 
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→


 
 東急池上線の沿線には黒湯温泉が多い。特に池上駅周辺には、池上温泉桜館、そして、久松温泉の3軒の黒湯温泉施設がある。
 その中でも来客の年齢層が高く比較的静かで、一番入りやすい温泉が久松温泉である。黒湯の温度がとても熱く設定されているのも年齢層が高い理由かもしれない。

 土曜日の午後3時、久松温泉でゆっくりと黒湯を堪能した後、目の前の道を左にまっすぐに進み、次の十字路を渡り、さらに池上本門寺さんへの参道となっている池上本門寺通り商店会の道を渡ると、次に静かなT字路にぶつかる。このT字路を右に曲がると第522回で紹介したもつ焼き「もつっ娘」さんがある。

 暖簾も無く、地味でさっぱりとした外観である。 

 


 午後4時を少し回った時間である。左手のL字カウンターの一番手前左端に座らせてもらった。カウンター席の一番奥に女性の先客が一人。カウンターの中の髭のマスターと話をされていた。

 ホッピーセット黒氷なし(450円)をお願いする。

 今回は、「レモンいれますか?」とは聞かれず、そのまま川崎スタイルにはならなかった。私はホッピーに小さなレモンを一片入れてくれるホッピーを川崎スタイルホッピーと呼んでいる。
 お通しはカボチャとあげの煮物である。
 
 土曜日の始まりの時間は、3時ではなく4時からになったようである。実は久松温泉に行く前、3時過ぎにちょっと寄ってみるとまだ準備中だったのだ。

 「焼き物お願いします」と言うと、
 「今日は砂肝が無いんですけど」とマスター。
 「それじゃ、ネギ、カシラ、テッポーを1本ずつお願いします」

 ネギ串(120円)、カシラ串(150円)、テッポー串(150円)を各1本頼んだ。

 柚子胡椒付きでカシラが出てきた。これをつけて食べる。美味しい。
 なにしろ、湯上がりである。
 ホッピーはすぐに無くなってしまった。
 
 2杯目はトマト割(400円)。無塩トマトジュースを使用、炭酸で薄めたトマトサワーとは違う。
 ヤリイカ刺(350円)もお願いする。焼き物の後には刺身類を少し食べたくなるのだ。

 カウンターの上の焼け焦げの話をマスターがされていた。お寿司屋さんは、実はカウンターでタバコを吸う人を嫌う。白木のカウンターを愛しているのである。高級寿司店に行ったら煙草を吸うのはもつろん御法度。これは賛成である。さらに、と言われるには最初に腕時計を外すところまでしなければならないという。

 「カウンターの焼け焦げは勲章ですよ」とマスターがおっしゃる。流石は大衆酒場の大将だ。渋い。

 今日は予約が入っているそうで、この後、6時から女性5人がいらっしゃるとのこと。
 
 ガツ刺し(300円)は前回頼んだ。コブクロ焼き(450円)も気になる。
 迷いに迷って、前回断念したもつ煮(400円)を選んだ。
 誘惑に負けたのでる。

 「熱いので気をつけてください」と言いながらマスターが出してくれたモツ煮。

 このモツ煮が素晴らしい。様々な部位が入っている。一般的な煮込みとは違う、モツそのものを楽しめる、まさにモツ煮であった。逆に前回我慢したことを少し残念に思うのであった。このお店には、また来ようと思う。

 探検家のように探し、遊牧民のように巡り、回遊魚のように戻ってくる。それが私の居酒屋巡りの理想である。

 待ち合わせの女性たちが次々に入ってくる。やがて、予約された女性たちもいらっしゃる。店内はもうすぐ女性で満席となるのだ。途中からママさんもいらしている。私とマスター以外、店内は女性ばかりになりそうだ。

 「そうだ、店名はもつっ娘だった」と独り笑い、お勘定をお願いした。

 午後4時45分から5時30分まで45分ほどの滞在。お勘定は2,220円であった。




池上 もつ焼「もつっ娘」
住所 東京都大田区池上4-31-4
電話 ?
定休日 第1水曜日
営業時間 平日17:00~23:00/土曜・日曜16:00~23:00
交通 東急池上線池上駅下車徒歩5分。


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる