スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪谷大塚 居酒屋「ChieZou」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第561回 2014年6月22日(日)  【地域別】 【池上線】 【時間順】 【がっかり集】



 雪谷大塚 居酒屋「ChieZou」

 ~ 自由通りの終りにて ~

  
 
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→

 
 日曜日の夕暮時である。
 かなり前から馴染みにさせてもらっているお店に、久しぶりに顔を出してみることにした。
 池上線の雪谷大塚駅改札口を出て右手へ、中原街道側の階段を降り、中原街道を多摩川方面へ向かって歩くと、すぐにT字路がある。
 世田谷区の上馬3丁目を起点とし自由が丘・奥沢を経由する東京都道426号上馬奥沢線(通称自由通り)が中原街道に至り、このT字路で終点となる。
 このT字路の信号を駅側から渡って、自由通りに少し入ると、次の十字路の向側左手に見えてくるのが今日のお店、居酒屋「ChieZou」である。自由通り沿い最後の酒場というわけだ。
 
 

 表に掲げられた木彫りの「ChieZou」と書かれた看板がまず目に入る。
 入口を開けて中へ。左手のカウンターは四人掛。その中は通常よりも広めにとった調理場である。左手の焼き台も大きめの仕様。調理場の中でマスターが笑顔で迎えてくれる。他にお客さんはいらっしゃらない。

 マスターが私のボトルを探してくれた。でも、前に来た時に全部呑んでしまったように記憶している。
 まずは、単品の飲物を選んだ。ウーロンハイ(400円)である。
 正面の高い位置にかかげられたホワイトボードメニューからタコブツ(400円)を選ぶ。
 「居酒屋探偵」などやっていると、一般的にいう毎日のようにやってくる「常連」にはなかなかなれない。次の来店まで間が空いてしまうのに、ボトルを頼んでお店の棚をずっと借りたままにしてしまうのが心苦しく躊躇してしまうのである。

 「今日は、まだ常連の方は来ていらっしゃらないんですか?」
 「もう、早めに一組来て、今帰られたところなんです」
 
 先日ひょんなところで偶然にお会いした時のこと、それぞれの近況など二人でしずかにお話をする。
 カウンター席の背後の壁は全面鏡となっており、そこに四人掛けテーブルが二つある。
 さらに、二階席もある。一階奥左手から階段を上がると板の間になっていて、そこから靴を脱いで上がる座敷席がある。そこは、天井を抜いてあり、山小屋のような広い空間になっているのだ。時折、仕事の打ち合わせやちょっとした会合で、この二階席を何度か貸し切りで使わせてもらったことがある。お任せでお願いすれば、マスターがその場で考えて、いろいろな料理を二階まで持ってきてくださるのだ。ただし、マスターはお一人なので、我々仲間は出来るだけ自分たちで運ぶようにしている。

 マスターと話しているうちに、腰が落ち着いてしまい、やはり、てげてげ芋焼酎ボトルル(2700円)を入れてしまった。
 「最初からそうすれば良いのに・・・」と思われるかもしれないが、優柔不断な私にとっては日常である。

 グラスに焼酎瓶と氷入れとウーロン茶が置かれ、それを少しずつ入れながら呑む。自分で勝手にさせてもらえるこの飲み方がとても助かる。
 タコブツもいただいてしまったので、2品目としてとりささみパン粉焼き(350円)を頼んだ。

 「油の中に入れて揚げないんで、油を気にする人には良いんですよ」とマスター
 
 丁寧に作られ、出てきたのは、完全にチキンカツに見えるパン粉焼きであった。これに軽くソースをかけていただくのだ。
 チキンカツ好きなのに、最近は出来る限り、揚げ物をやめている私としては助かるメニューである。
 美味しくいただいた。

 そこへ、差し入れの食材を渡すだけの為に寄られた方がいた。こちらのお店ではよく見る光景だ。マスターの人徳である。

 文筆に力を入れなければと思いながら、ままならない、でも、忙しいことは理由にならないのだ。 
 こちらのマスターと二人で話していると心が落ち着く。
 マスターにずいぶんと励まされた。そして、良いヒントをいただいた。自分のするべきことがはっきりしたのだ。
  
 常連の方々が一人、そして、二人とやって来られる。
 午後6時から7時半まで1時間半ほどの滞在。お勘定はボトルを入れて4000円ちょうどである。

 今日もマスターが外まで送ってくださる。マスターはいつも変わらない。

 因みに、マスターのお名前はChieZouさんではない。


 店内の様子が解る写真はこちらのブログにあり。



 雪谷大塚 居酒屋「ChieZou」
 住所 東京都大田区雪が谷大塚町19-7
 電話 03-6425-8668
 定休日 不定休
 営業時間 18:00~
 交通 東急池上線雪が谷大塚駅下車徒歩3分。





ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE
スポンサーサイト

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

矢口渡 もつ家「大西」矢口店

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第560回 2014年6月13日(金) 【地域別】 【池上線】 【時間順】 【がっかり集】



 矢口渡 もつ家「大西」矢口店

  ~ 大森の人気店の新店舗が出店・・・ ~


  

    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→

 
 矢口渡駅の近くに、新しくもつ屋さんができたという噂を友人に聞いた。
 そのお店は、大森海岸駅と大森駅に出店している人気のもつのお店もつ家「大西」さんである。
 友人からその出店場所の説明を受けた。
 矢口渡駅の多摩川方面の改札を出て、踏切を渡らず左方向へ歩いて行くと、右手に曲がる道があり、T字路になっている。そこを過ぎて、道幅の広い四つ角を過ぎて、狭い四つ角を過ぎ、次の広い四つ角にさしかかる。その四つ角に立ち、左に曲がると、その通りの右手にそのお店はあるそうだ。
 聞けば聞くほど私の好きなあのお店と同じ場所だった。私の知っているあのお店は無くなってしまったのだろうか。
 しかし、すぐに違う考えが浮かんだ。これはマスターの次の一手であると・・・。
 それから数日後の夕暮れ時、別の用事があり、実際にそのお店の前まで行ってみた。
 店名も変わり、看板は前の店よりもずっと派手になっている。
 「100人中88人が旨い! 極上生もつ使用 もつ家大西」と大きく書いてあった。
 開け放たれた入口から店内の様子が見え、私の考えが正しかったことを確認してその日は帰った。

 その時から一週間後、ついに顔を出してみたのである。
 「どうも、来ました」
 マスターは、すぐに気がついて笑顔で答えてくれる。
 私としては面が割れている数少ないケースである。
 「こうなってから始めてでしたっけ?」
 「ええ、こうなってからは・・・」

 まずは、酎ハイ(180円)を頼んだ。この値段は「大西」さんのひとつの特徴である。一杯目にビールをあまり飲まない私にはとても助かる。
 酎ハイを飲みながら店内を見回す。入口を入って左手にカウンター席がある。席数は9席。その真ん中辺りに座った。
 以前と変わったのは、入って右手の壁際のテーブル席二つが無くなって、壁向きのカウンター6席となったこと。
 そして、お店の一番奥の小上がり座敷が取り払われ、そこに奥に向かって壁際カウンター席が出来ていた。その手前に板を組み合わせて作った手作りテーブルが二つ。
 左手カウンター手前側に四人、右手の壁カウンターにも四人の方々が座っておられる。

 まずは、モツ煮こみ(380円)を頼み、少しして焼き物を注文した。
 カシラ(120円)、ハツ(120円)、なんこつ(120円)、鶏もも(120円)を各1本づつ。

 2杯目は、やはりホッピーセット白氷なし(350円)である。単品で中(焼酎)は150円、外(ホッピー瓶)は250円とのこと。

 さきほどの酎ハイに入っていたレモンをホッピーに入れて、私が勝手に言っている「川崎スタイル」で呑む。

 煮込みがやってくる。旨い。私が煮込みの汁を全部飲んでしまうのはここぐらいかもしれない。ホロホロと崩れた肉、旨みがそこにある。

 続いて、焼き物がやってくる。
 ハツを、こんなに柔らかく焼くことが素晴らしい。
 カシラは、カシラ好きにはたまらないアブラかげんである。
 なんこつ(豚)も硬すぎず適度の硬さだ。
 私の好物、鶏ももも柔らかい。
 全体に塩うちもちょうどよい。
 たしかに、肉が素晴らしいのかもしれない。
 でも、美味しい理由は、このマスターのにあると私は思っている。

 3杯目はホッピーセット黒氷なし(350円)である。
 がつ刺し(480円)も頼んでみた。ネギを多く使った、酒のつまみによいタイプ。

 マスターの手が少し空くと、ホッピーの話など少しできた。
 7時20分から8時10分まで1時間10分ほどの滞在。お勘定は2220円であった。
 まるで、出世魚のように、名を変え、このお店は進化したのである。


  

矢口渡 もつ家「大西」矢口店
住 所 東京都大田区多摩川1-32-3 プライム多摩川1-D
電 話 03-3750-4044
定休日 日曜休
営業時間 17:00~24:00
交通 東急多摩川線矢口渡駅徒歩3分




ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

横浜 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。