蓮沼 居酒屋「パライソ」第3回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第573回 2014年10月31日(金)  【地域別】 【池上線】 【時間順】 【がっかり集】


 
 蓮沼 居酒屋「パライソ」 第3回
 
  ~ 初めてでも安心なお店 ~

  

     にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←新岳大典作小説無料公開中。「新岳大典」で検索してください。

 
 小雨の降る夜であった。JR蒲田駅西口で降りると、いつものように西蒲田界隈を散策する。
 特に用事も無いというのに「西蒲田」をよく歩くようになって何年たったであろうか。
 この日も蒲田から東急池上線の蓮沼駅に向かって歩き始めた。目的の店があるのだ。居酒屋「パライソ」である。
 前回2014年7月2日(水)第562回の時、マスターが帰り際におっしゃった、「四年に一回とは言わず、半年に一回くらいお越しくださいませねぇ」という言葉の通り、前回から四ヶ月ほどで行ってみることにしたのである。
 地味な店構えなのに、看板のみ派手な外観は変わらない(下写真)。

  居酒屋「パライソ」

 脇に回り、少し先にある別のお店の前まで行ってみた。薄暗い赤提灯一つ。一度入ってみたいと思う。
 お店の前に戻ってみると、さっきまで無かった自転車が置いてあった。ママさんのもののようである。
 看板の右手の入口、その一番右端を開けてみる。今日は五人が座れるカウンターには、どなたもいらっしゃらない。奥の座敷も静かである。

 「いらっしゃいませ」とマスター。
 「今日は、まだどなたもいらっしゃらないんですね」
 「そうですね、今日はこんな感じです・・・今、一度うちにいらっしゃいましたよね」
 「はい、脇のお店が気になって・・・」
 「そうですかぁ・・・」

 気がつかれたようである。ちょっと挙動不審に見えたのかもしれない。探偵としては不覚であった。
 まずは、チューハイ(三〇〇円)と手造りギョーザ(三〇〇円)を頼む。
 こちらのギョーザはママの手造りである。
 さらに、「ママがいる時はママが作ります」とメニューに書いてあるトマトたまご炒め(四〇〇円)とのりチーズ(一二〇円)も追加した。今はどなたもいなくても、すぐに常連で混むのは解っているので、珍しく素早く一期に頼んだのである。すぐに、男性のお客さんが一人入ってこられ五人カウンターの右端に座られた。予約の電話も入ってきたようだ。

 のりチーズは、ブロセスチーズ2個とのり。
 手造りギョーザがいつものように美味しい。トマトたまご炒めは甘い味付け。
 男性のお客さんが入ってこられ、待ち合わせらしく、奥の座敷へ通された。

 二杯目の飲物は黒ホッピーセット氷なし(四五〇円)を頼む。
 待ち合わせの方々が来られ、奥の座敷へ。
 次は若い女性一人。私の右隣に座る。さらに、その隣に別の常連らしい女性も座られた。満席に近い状態。

 「初めてですか?」と、若い女性にマスターが聞いている。
 「はい、前から入りたかったんですが・・・なかなか入れなくて・・・」
 「怪しいものねぇ・・・」と、常連の女性が言うと笑いが起こる。常連の方の愛ある一言なのだ。
 「たしかに・・・」と私も心の中で思う。

 トマト割り(三七〇円)を頼んだ。
 奥の方の座敷も顔ぶれがそろったようで乾杯の声が聞こえる。
 食べるものを食べ、飲物を飲んで、落ち着いてテレビを見ていると時間がゆるく流れる。

 また一人男性の方が顔を出された。
 八時に待ち合わせている相手もいるようだ。
 マスターが困った様子である。
 「もう帰りますからここ大丈夫ですよ・・・」と私。
 「そうですかぁ・・・すみませんねぇ」とマスター。
 「他に用事があるので・・・・・・お勘定しておいてください」と言い、足元の荷物を整理し、傘を探す。
 
 マスターは恐縮されているが小さなお店では当たり前のことである。
 午後七時十五分から八時まで四十五分の滞在。お勘定は二〇九〇円であった。
 初めてあった同志が仲良く話をされている。
 「パライソ」さんは、初めてでも安心なお店、そして、いつ来ても盛況である。






蓮沼 居酒屋「パライソ」
住所 東京都大田区西蒲田6-18-18(1F南側)
電話 03-3734-1171
定休日 月曜・木曜休
営業時間 18:00~ 
交通 東急池上線蓮沼駅下車徒歩3分。




「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

蒲田 立呑「絶好鳥」 新店舗

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第572回 2014年10月24日(金)  【地域別】 【池上線】 【時間順】 【がっかり集】


 ※2014年10月31日 1,330,000カウント通過。感謝!

蒲田 立ちのみ「絶好鳥」 新店舗
 
  ~ 移転して再出発 ~

  

     にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←新岳大典作小説無料公開中。「新岳大典」で検索してください。

 
 「蒲田」で最も狭い地域に多くの酒場が集中してあるのは、池上線と東急多摩川線の蒲田駅と、西口駅前から西に延びるサンロードとサンライズの二本のアーケード商店街との間に挟まれた路地かもしれない。
 そのことを改めて確かめる為、東急線の蒲田駅に降り立った。
 駅下に降りて、ガード下の東急ストアを左手に見て、路地に入ってゆく。この道沿いにあるのは、ほとんどが酒場としての機能をもった店ばかりである。左手の東急電鉄蒲田駅下側の店は耐震化工事により、珈琲店、台湾料理店など古い店はなくなり、ほとんどが新しい居酒屋となっている。右手には割烹、焼肉店、ラーメン店、天ぷら、立ちのみ、チェーン系居酒屋などが並んでいる。次の角から先は「バーボンロード」となり、右手には間口の狭い、うなぎ、串揚げ、もつ焼き等の立ち呑み店、右手は元々スナックだった店舗がリニューアルされ、店内がよく見え、奥行きが狭く、間口の広い食事のできる酒場が並んでいる。中には、まさに「バーボンロード」という店名のバーもある。
 池上線の線路が駅の高さよりだんだんに低くなり、ガード下に店舗が入らなくなった辺の二つ目の角を右に曲がる。
 すると、少し先の右角に、今日の目的の立ちのみ「絶好鳥」が見えた。(上写真)

 こちらのお店は一月半ほど前に、斜め前の位置に間口の狭い店舗から移転したのである。旧店舗が閉店して、新店舗が工事をしている時にたまたま前を通って気がついたのである。その旧店舗を紹介したのは、二〇一二年六月二三(土)第四八五回であった。今回は、すぐ近くとはいえ、やはり、別のお店として数えるべきであると考え、「第二回」ではなく「新店舗」として紹介することにした。
 新店舗のすぐ前の角には有名なカレーとシナそばの店「インディアン」がある。入ってゆけば、左右にうなぎ店や鮨店、定食屋さんもあり、その先は駅前に向かうアーケード商店街「サンロード」となっている。京浜急行の京急蒲田駅前の大規模再開発が実行された今、蒲田全体で最も古き時代の名残を残す酒場街は、この辺りかもしれない。(下写真)

 
 写真左手にあるのが「絶好鳥」。

 白い外壁の店舗。外に「ホッピー幟」が何本も立っている。お店の角部分にある入口が自動ドアになっている。上から見ると台形をした店舗の四角い部分の真ん中にコの字カウンターがあり、ぐるりと囲むように立てる。
 入って右手側の入ってすぐの角辺りに立つ。丸刈りのマスターが奥の調理場がこちらを見る。まずは、樽生ホッピー(五〇〇円)とポテトサラダ(二〇〇円)を頼む。目の前ま灰皿にお金を入れて、品物と交換にお金を払うシステム。おしぼりは、必要ならば自分壁際のおしぼり器から出して使う。
 樽生ホッピーを飲みながら店内を見回す。入って左手側に3名の方々が立って呑んでおられる。
 流れる音楽は可愛い系のジャパンポップス。時間とともに変わってゆく内容が面白い。先客の三名の皆さんは、マスターも加わって「野球」の話題で盛り上がっている。酒場の話題としては、スポーツが一番良い。
 奥の調理場の右手に焼き台がある。このカウンターには、二十人近くは立てるかもしれない。西蒲田の立ち飲みとしては大箱。
 二杯目はすっぱいレモンチューハイ(三五〇円)。焼き物メニューからは、やげん(一五〇円)とはつ(一五〇円)を一本づつ。やげんとは鳥なんこつのことである。燻製メニューからチーズ(一五〇円)も頼んだ。

 飲物のメニューの中にウイスキー。ジャックダニエル(四〇〇円)、レベッカ(バーボン)(四〇〇円)、ラフロルグ(五〇〇円)などもある。
 三杯目はトマトハイ(四〇〇円)。焼酎をトマトジュースで割ったタイプ。
 先客の三名の方々は、それぞれ次の目的の為に帰られる。仕事場から別の目的の場所に移動する途中、少しだけ寄る場所というのも「立ち呑み酒場」の一つの機能である。
 自動ドアの立ち飲みはなかなか会えない。よく見れば、自動ドア脇にあるトイレに行くたびに、自動ドアのドア上のセンサーに感知されないように、センサーは斜めにしてある。ゆえに、センサーの向かう方向と逆側から出る時には、左手を軽くあげてドアを開ける必要があるようだ。常連の皆さんはそれぞれ同じようにして帰って行かれた。
 一期に静かになった。おでんは各一つ一〇〇円である。

 「あの、おでん食べたいんですけど、ちくわぶ二個とかいいですか・・・」
 「ちくわぶ、たしか二個ありますよ」とマスターが鍋を見に行ってくれる。
 「あっ、ありますね・・・」
 「じゃ、ちくわぶ二個お願いします」
 「温めるので、ちょっとお待ちください」

 前のお店でもおでんをやりたかったけれど、場所がないのでできなかったとのこと。
 すぐにまた、一人、また一人といらっしゃる常連。

 「お客さんは、また三名に戻ったなぁ・・・・あっ、自分を入れて四人だった・・・」などと考える。

 移転されて1ヶ月半がたったそうである。久方ぶりに来店されたという方から前の店との違いを質問されて、マスターが答えていた。
 「団体が一期に来た時、入れるのがいいですよね」と。

 私も次の目的地に移動することにしよう。午後七時から七時四五分まで四五分間の滞在。
 払った金額は二一〇〇円であった。





 

蒲田 立呑「絶好鳥」 新店舗
住所 東京都大田区西蒲田7-62-8 蒲田銀座ビル1F
電話 090-8818-4868
営業時間 16:00~24:00
定休日 ?
交通 東急池上線・多摩川線蒲田駅下車徒歩3分。JR京浜東北線蒲田駅下車徒歩4分。


「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

長原 串焼酒場「環七酒場」第2回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第571回 2014年10月11日(土)  【地域別】 【池上線】 【時間順】 【がっかり集】



長原 串焼居酒屋「環七酒場」 第2回
 
  ~ 50年間の重み ~

  

     にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←新岳大典作小説無料公開中。「新岳大典」で検索してください。


 東急池上線と東急大井町線が交差する旗の台駅を頂点として、旗の台駅より五〇〇メートル東南東にある大井町線荏原町駅、旗の台駅より六〇〇メートルほど南西にある池上線長原駅、この三箇所を結ぶ細長い三角地帯は、散歩がてら最も多く出没する地域であった。
 旗の台や荏原町の商店街を歩いた後、帰りは長原駅辺りまでまっすぐ住宅街の道を歩いて帰るのだ。その途中、環七通りの長原駅入口という信号を渡る。その信号に立ち、斜め左を見ると、マンションの一階に歴史ある酒場が存在するのだ。店名は、串焼居酒屋 「環七酒場」である。

 

 手前のコンビニエンスストアや店の左手のステーキハウス、右手のチェーンの牛丼店などの派手な看板照明と比べて地味ではあるけれど、実は2014年1月20日放送「吉田類の酒場放浪記」でも紹介されたお店なのである。

 土曜日の午後六時である。環状7号線に面した入口から入ると、左手にカウンター席八席、カウンターの中は調理場、奥にテーブル席が一つある。カウンターの奥の御常連三名。カウンターの中に、坊主頭の大将が立っておられる。隣に立つ女性の方が私に気づいてくれた。

 「いらっしゃいませ」
 
 いつものように店内を見回して、飲物のメニューを探す。あまり待たせても悪いので、いつもの一言である。

 「レモンサワーください」 

 レモンサワー(四〇〇円)とお通し(二〇〇円)が出てきた。お通しゆで卵入りの野菜サラダである。
 前回、こちらのお店を紹介したのは、2008年6月11日に訪問した第105回であるから六年以上前になる。全570回のうちの第105回であるからごく初期といえる。
 しかし、店内は特に何も変わっていない。大将も御元気で、常連の方達との会話もはずんでいた。
 するめイカ刺身(五〇〇円)が気になったので、大将がこちらを見た時、頼んでみた。

 「あの、墨イカ刺しお願いします・・・」
 「するめイカでいいですか?」
 「はい、そうです、頭の中ではするめイカって解っていたのに、口から墨イカって言葉が出てしまいました・・・」

 いつものの言い間違いである。
 するめイカ刺しが出てくる。

 「お醤油解ります?」と女性の方。カウンターの上に、ヤマサ醤油の「鮮度の一滴」の五〇〇ミリリットル入りが何本も置いてあった。ちょっと驚きである。
 御常連の方々の前にボトルが置いてある。ボトルは眞露(二〇〇〇円)や黒霧島(二五〇〇円)である。
 さらに、御常連来訪。
 やきとりを頼むことにした。もも肉(一〇〇円)を二本と、手羽先(一五〇円)を一本、さらに、芳泉一合燗酒(三五〇円)も頼んだ。

 また、御常連がいらっしゃる。カウンター席は私を入れて六名。長年通っている方々ばかりの様子。

 「来年五十周年だって?」の言葉が聞こえる。
 「五十年かあ・・・すごいなぁ」と心の中で一言。 
 「初めてですか?」と女性の方に聞かれる。
 「いいえ、何年か前に何回か来て、だいぶ経ってしまったんですが・・・」と私。

 八海山(六五〇円)を最後にいただく。

 常連の方々は懐かしい映画の話をされている。原千佐子、小林稔侍・・・映画俳優の方々の名前を思い出す。
 盛り上がる。そして、思い出せない。夜中に急に思い出す。
 なんでもスマートホンで検索してしまう世代とは違い、ここには思い出す楽しみがある。
 壁のキリンラガー菅原文太さんのポスターがいつもより素敵に見える。

 「外にアベックがいるよ・・・」と常連の方。
 「アベックは古いよ・・・カップルだろ」とおっしゃる方。
 「入ってきそうだね・・・」と笑顔。なにやら皆さん楽しそうである。
 常連の方だと思っていたサスペンダーをした方が営業モード。
 「よろしかったらどうぞ」と、外に出て声をかけていらっしゃる。

 カップルが入ってこられた。
 「外に準備中と出ています」と教えてくださる。
 「あら、忘れてました・・・」と、また盛り上がる。
 サスペンダーの方は、本当はお店の方なのだろうか。
 御常連が席を移動して若いカップルに譲り、席は満席となった。

 皆さんの楽しそうな会話を聞かせてもらい一人楽しむ。
 さぁ、帰ろう。
 「ありがとうございます」という言葉でおくりだされる。

 居酒屋のシーンが多く、味わいある内容であった映画「駅」の中で、主演の高倉健さんは美しく「ありがとう」と言う。そのことを思い出した。

 ここには、五十年の重みがある。

 午後六時から七時まで一時間ほどの滞在。お勘定は二四五〇円であった。






 

長原 串焼居酒屋「環七酒場」
住所 東京都大田区上池台1-44-1 ライオンズマンション上池台104
電話 03-3729-5170
交通 東急池上線長原駅下車徒歩3分
定休日 木曜日
営業時間 17:00~24:00


「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

元住吉 平沼橋 天王町 蒲田 吉田町 保土ヶ谷 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 武蔵新田 二俣川 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 王子 十条 世田谷 山下 豪徳寺 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる