池上 食堂「池上食堂」第2回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第579回 2014年12月30日(火)  【地域別】 【池上線】 【時間順】 【がっかり集】


 池上 食堂「池上食堂」 第2回

  ~ 人が動き、流れてゆく ~


  池上食堂外観


     にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←新岳大典作小説無料公開中。「新岳大典」で検索してください。


 池上線の池上で用事を済ませると、少し時間が空いた。
 昼の池上通りを歩いているうちに、「池上食堂」の前にさしかかった。そして、ちょうど私の前を歩いていた年輩の方が暖簾をくぐり、曇りガラスの戸の中へ入ってゆかれた。ガラス戸が開いて中が見える。空いているようである。気が付けば、吸い込まれるように入ってしまっていた。
 左右に三つづつあるテーブル席のうち、左手の真ん中のテーブルの椅子に荷物を置く。先客は右手の入口近くのテーブルに若い男性が一人。目の前に食べ終えたどんぶりもの。私の前に入った年輩の方は目玉サラダライスを注文されていた。食事のみの注文。食堂であるからあたりまえである。
 奥のガラスケースの中のオカズを眺めながら、脇のレジのママさんに注文する。

 「お酒お願いします。」
 「お酒は菊政富翁があるんですけど」
 「富翁、お願いします」
 「常温とお燗をしたのと、それから冷やしてあるものがあります」
 「常温でお願いします」

 常温の富翁(三五〇円)は正一合のガラス瓶で提供される。キュウリタクアン漬けも付いてくる。
 冷や奴(二五〇円)はネギオカカがたっぷりかけてある。
 
 次々にお客さんが入ってこられる。ご飯と一緒にビールを頼むカップル。ご飯と一緒にお酒を頼む男性一人客。
 ママさんは「ご飯は少なめですか?多めですか?」と必ず聞く。
 
 「野菜の煮物は何ですか?」と聞いてみる。
 「今日はカボチャだけなんですけど・・・」
 「それじゃ、カボチャお願いします」

 カボチャ(二五〇円)が出てきた。そして、いつも定番の目玉サラダ(二五〇円)も追加、二本目の富翁(三五〇円)はでお願いする。

 次のカップルもビールとお食事を頼む。すでに仕事納めなのか、みなさん昼からお酒が飲め、食事が出来る。
 これも幸せである。

 目玉サラダとは卵の目玉焼きとポテトサラダとキャベツが皿にのったものである。

 入口の曇りガラスは、上と下の部分だけ透き通っている。外を通る人の足元が見え、自転車のタイヤが通り過ぎる。
 人が動き、流れてゆく様を見るのが心地よい。小津安二郎の映画を思い出す。
 また、カップルが入ってこられた。満卓となった。
 一通り頼んだ後、女性が思いだしたように言った。
 「ここ、フライも美味しいんだよね」
 ママさんが再びやって来る。
 「あの今日のフライは何ですか?」
 「メンチは一枚なんですけど、アジフライ二枚のと、コロッケ二個のと、アジフライコロッケ一つづつがあるんですけど」
 立て板に水の説明である。
 「アジフライ二枚でお願いします」

 私もアジフライは大好きである。実物が出てくるのを見てしまうと、ついつい自分も頼んでしまいそうなので、御勘定をしてもらうことにした。
 
 「御勘定をお願いします」
 「一四五〇円です・・・・お茶をお持ちすればよかったですね。お持ちしますか?」とママさん。
 「ありがとうございます。大丈夫です。」

 コートを身につけ、曇りガラスを開けて外に出る。風もない。おだやかな年の瀬である。


  池上食堂看板

池上 食堂「池上食堂」
住所 東京都大田区池上6-2-9
電話 03-3751-3138
定休日 日曜・祝祭日休
営業時間  10:00~15:00/17:00~21:00
交通 東急池上線池上駅下車徒歩1分。


「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

洗足池 たこ焼 「笛吹」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第578回 2014年12月12日(金)  【地域別】 【池上線】 【時間順】 【がっかり集】


 ※2014年12月12日 1,340,000カウント通過。感謝!

 洗足池 たこ焼 「笛吹」

  ~ 地元の集会所のように ~


  

     にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←新岳大典作小説無料公開中。「新岳大典」で検索してください。


 洗足池駅近くに缶ビールなど飲みながらたこ焼きが食べられるお店があるということは、「沿線酒場探訪」という連載記事を書かせてもらっている「街の手帖 池上線」に掲載された情報で知っていた。たまたま、少し時間があったので行ってみることにした。
 東急池上線の洗足池駅で降り、改札を出ると目の前は中原街道である。歩道橋を渡れば「洗足池」がある。改札の右手へ歩き、すぐに池上線の線路下をくぐってまっすぐ行けば、そのまま「洗足池商店街」である。右手に坂を下りてゆけば、呑川の支流である「洗足流れ」があり、道沿いが親水公園となっている。
 商店街方面を見ると、左手に細い路地がある。その路地に入って二十メートルほど歩くと左手に、目的の店、たこ焼「笛吹」さんがあった。(下写真)
 
   たこ焼「笛吹」外観
 
 サッシの戸から中がよく見え、カウンターの中にマスターらしき方の姿。サッシを開けて中に入ってみる。
 
 「いいですか?」
 「どうぞ、どうぞ、お座りください。」とマスター。
 
 右手のカウンター席には四名ほど、左手のテーブル席にも四名ほど座れるだろうか。
 カウンター席の手前から二つ目に座る。たこ焼きを焼く様子がよく見える場所である。
 テーブル席には先客の男女三名。

 サッポロ缶ビール(三五〇円)を頼むことにする。

 「缶ビールお願いします」
 「はい、ビールですね。
 「ビールがサッポロ黒生なのがいいですね」
 「恵比寿のビール坂商店街にお店があったものですから・・・」とマスター。
 「それで、サッポロなんですね」

 恵比寿ガーデンプレイス内のサッポロビール本社の北側のビール坂にお店があったそうで、二〇一三年七月にこちらに引っ越してきた後も、律儀にサッポロビールとのこと。
 飲み物は缶ビール、ウーロン割り、白ワイン、赤ワイン、焼酎ロック、焼酎お湯割り等がある。すべて三五〇円。

 たこ焼きは一番から十番までメニューがあって、その中から二番のソース+マヨネーズ(二五〇円)と五番のしょうゆ+わさび(二五〇円)を頼んだ。一番から九番は、各三個入りで二五〇円。十番のチーズ入りは6個で四五〇円とのこと。

 「青のりはかけてもいいですか?」
 「お願いします」
 「熱いので気をつけてください。」

 そんな当たり前のやりとりが楽しい。
 お持ち帰りはたこ焼き六個入りが四八〇円。エビ焼き六個入り五八〇円であると表のメニュー看板に書いてあった。(下写真)

   お持ち帰りメニュー看板

 もう一人お客さんがはいってくる。缶ビールとおまかせおつまみ(三五〇円)を注文。
 私も二本目のサッポロ缶ビール(三五〇円)とおまかせおつまみを頼むことにする。

 先客の三人の方々が帰られる。ケーブルテレビを中心に活動されているてくてくTVのスタッフの皆さんのようであった。少しだけお話をする。てくてくTVは2008年に開局された完全手作り放送局とのこと。「洗足池商店街」の公式サイトにてくてくTVさん制作の番組動画が載っていた。てくてくTVは東急沿線のケーブルテレビジョンiTSCOMでも視聴可能とのこと。

 続いて入ってこられた方は、焼酎お湯割り(三五〇円)とウインナー焼き(二三〇円)を頼まれた。そこで、おまかせおつまみを止めて、私もウインナー焼きにしたのである。

 「ウインナー焼きのニンニク入っていいですか?」とマスター。
 「今日はやめておきます。」

 人の出入りは店内から見て右手、外から見れば左手の曇りガラスのドアからするのが本当のようである。
 女性の方がドアから入ってこられ、お持ち帰りを注文された。
 実は私だけが間違えて入口ではないサッシの窓から入ってしまったのであった。ちょっと恥ずかしい。

 アーモンドマカデミアナッツをサービスで出してくださった。
 赤ワイン(三五〇円)を頼む。グラスなみなみに入っている。
 ウインナー焼きは胡椒がきいて美味しい。赤ワインに合うのである。

 「この場所は、十年以上前はおでん屋さんだったんですよね」と私。
 「そのようですね、こちらに入ってまだ間がないものですから・・・」とマスター。

 近隣のお店の話や「街の手帖 池上線」に関する話をいろいろとする。

 「五反田から池上線に乗って、途中下車できてくれるお客様がいらっしゃるんですよ、ありがたいです。」
 「いいですねえ」
 「地元の方が集まるお店にしたいんですよ」
 「気軽に集まれる集会所みたいにですね・・・」
 
 マスターはゆっくりとした口調でいろいろと話してくださる。それが心地よい。 

 午後七時十五分から八時十五分まで一時間ほどの滞在。
 
 お酒3杯とたこ焼き3種、ナッツもつけてくれて、お勘定は一七六〇円であった。
 午後二時からやっているというのもうれしい。
 リラックスできるのはマスターのお人柄に違いない。



 追記
 洗足池駅からの写真付きのアクセス案内など、充実した内容の公式サイトもあります。
  公式サイト http://takoyaki.hangry.jp/


 再訪
 1月24日(土)の夕方、SAKURAと共に再訪。優しく話し好きのマスターのお人柄にひかれ、様々な方々が入れ替わり立ち替わりに来店。皆さん、お互いに仲良くなり、楽しくて面白い方々ばかり。楽しいお店である。
 飲物は缶ビール(三五〇円)2缶、赤ワイン(三五〇円)2杯、純米会津ほまれ(三五〇円)1杯。
 つまみは、たこ焼き6個(四八〇円)を3個づつ、ソース味としょうゆ+ワサビに分けてもらい、さらに、おまかせおつまみ(三五〇円)もいただく。御勘定は二人で二五八〇円。


 再々訪問
 2月11日(水・祝)の午後、SAKURAとまたうかがう。
 飲物は缶ビール(三五〇円)2缶、白ワイン(三五〇円)3杯、つまみは、たこ焼き6個(四八〇円)を3個づつ、醤油+ワサビと、ソース+マヨネーズで、その後、ウインナー焼き6個(四二〇円)も食べ、さらにお土産にチーズ焼き6個
 また、たまたま来店された大田区・品川区の地域情報誌月刊「おとなりさん」の編集長の方ともお話が出来た。こちらでは、毎回、興味深く面白い方に会う。



 
たこ焼 「笛吹」
住所 東京都大田区上池台2-31-2 清泉ハウス 1F
電話 070-5576-5309
定休日 木曜日
営業時間 14:00~21:00
交通 東急池上線洗足池駅下車徒歩1分
公式サイト http://takoyaki.hangry.jp/


「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 王子 十条 世田谷 山下 豪徳寺 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる