スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池上 居酒屋「滝亭」第3回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第593回 2015年06月19日(金) 【地域別】 【池上線】 【時間順】 【がっかり集】




 池上 居酒屋「滝亭」 第3回

 ~ この空間を楽しむ為に  ~


 



     にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←新岳大典作小説無料公開中。「新岳大典」で検索してください。

 
 東京では珍しくなった構内踏み切りを有する木造駅舎。東急池上線池上駅の五反田方面のホームのすぐ南側の道沿いにそのお店はある。
 入口から入ると、左側に四人掛けのテーブル、その向こうに六人掛けのテーブルが三つ。右側に席は無い。
 入口右側に四角く区切られた場所があり、そこは串焼きの焼き台がある。一番奥に調理場があり、壁の色なども茶色く変色していて、全体に古く渋い作りである。

 

 店全体がやや左に傾いている。客の側の勝手な言い分ではあるが、リニューアルせず、壊れた所を修理しながら、是非このまま維持して欲しい。
 「女性一人でも安心して入れる店」などという、最近流行りの言葉の似合う店になど変わらないでいただきたい。
 私は「女性が一人で入るには躊躇われるような店」に、平気で入ることの出来るような女性の方に魅力を感じてしまう。

 レモンサワーの氷は白く白濁していた。三五〇円は安い。酸っぱいのも好みである。お通しは魚の煮物であった。
 煮込み(四七〇円)を頼み、すぐに串物を選ぶ。カシラナンコツレバーシロハツタンネギの七種から五本選んで一人前四二〇円。いわゆる「選べる五本縛り」である。私はレバーシロ以外の五本でお願いした。
 調理場と客席を隔てる境は斜めに傾いでいる。その調理場から焼き物がトレイに出され、入口を入って右手の焼き台で焼くのだ。

 「串物の方は辛子味噌はお付けしますか?」
 「お願いします」

 煮込みは豆腐、大根、ごぼう、こんにゃくなど入って、レンゲがそえてある。辛子もいい。
 御高齢の御婦人とその息子さんくらいの御常連。
 「◯◯さん、ジャガベーコン」と調理場の白衣のお父さんへ。長年のつき合いであることが伝わってくる。

 焼き物がやってくる。
 ナンコツがシッカリコリコリ。昔、こういうものを日暮里のあるもつ焼き店では「コウコツ」と呼んでいた。
 壁を見れば、「当店は外税です。」の張り紙がある。

 左手の壁は全面が鏡になっており、店内を広く見せている。
 四本の肉の串を食べる度に、ネギを一個、串から食べる。次の肉を食べたら次のネギを食べる。
 二杯目は白鶴燗酒の大徳利(四八〇円)
 定番メニュー以外もある。キーマカレーオーブン焼きトマトカレーピザカレーチーズ焼きそばもあって、面白い。

 いつもたのむ地ダコの刺身(四七〇円)を注文する。
 別の新しいお客様から「サワラの炙り刺し」の注文が入る。
 店内を歩くマスターがサワラの炙り刺しを作るため調理場に戻る途中で、自分の地ダコの刺身もお願いした。

 酒を口に運び、地ダコの刺身を口に入れ、店内を眺め、ただただ、この空間を楽しむのだ。

 昔来た時、店内左手奥の高い棚にあったブラウン管テレビが液晶テレビに変わっていた。
 床もなんとなく、調理場の棚もなんとなく、全てが傾いでいる。
 しかし、これは悪口ではない。
 この空間にいると、不思議と落ち着くのである。

 

 お勘定をお願いした。
 二四七〇円か。千円札二枚と五百円玉で払い、十円玉を三枚受け取る。
 マスターと少し話ができた。

 「こちらのお店は何年前に始められたのですか」
 「昭和四十三年です」
 「そうですか、僕が最初に来たのは二十何年前なんです。」
 「それじゃ、うちが養老の滝だった頃ですね。」
 「そうですね、きっと」
 「お忘れなく、また来てくださってありがとうございます」

 外に出る。外はすっかり暗くなっていた。
 池上駅の踏み切りとは別に、駅構内の踏み切りも鳴り始める。

 自分は池上線沿線にいるのだと改めて感じた。

 

 


 (了)

 

 

池上 居酒屋「滝亭」
住所 東京都大田区池上6-8-9
電話 03-3754-3285
定休日 月曜休
営業時間 17:00~23:00
交通 東急池上線池上駅下車徒歩1分


 街の手帖については、コトノハ/街の手帖編集部へ。

 「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

 実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE
スポンサーサイト

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

蒲田 もつ焼き「とんた」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第592回 2015年06月2日(火) 【地域別】 【池上線】 【時間順】 【がっかり集】



 ※2015年6月14日 1,380,000カウント通過。感謝!

 蒲田 もつ焼き「とんた」

 ~ 路地裏の猫のあとを追って ~


  


     にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←新岳大典作小説無料公開中。「新岳大典」で検索してください。

 
 池上線と東急多摩川線の蒲田駅のホームと、JR蒲田西口駅前から東急線と平行に並んで西に延びるアーケード街「サンロード」との間の辺りは、「蒲田」でもっとも酒場が密集している地域かもしれない。東急蒲田駅脇の道は、駅近くから「くいだおれ横丁」、続いて「バーボン・ロード」となる。今まで、この地域の酒場をたくさん紹介してきたけれど、今回は久しぶりにこの地域での新店舗に行ってみることにした。新店舗といっても出来たのは昨年の十月らしい。
 「くいだおれ横丁」ではなく、薬局が入り口にある細い方のアーケード街「サン・ロード」をまっすぐに歩いた。
 「サン・ロード」のアーケードが終わると十字路に出る。そこから突き当たりのT字路までの左右に酒場がある。定食の「壱番隊」、餃子の金春新館、老舗のうなぎ店「寿々喜」など食事の出来る店を左手に見ながら歩いていると、二匹の猫に出会った。白と黒のまざった毛色の猫たちである。一匹の猫が歩きはじめた。その後についてゆく。もつ焼き「とんた」があった。
  
   もつ焼き「とんた」

 のれんが巻き上げてあり、「仕込み中」の札も下がっている。「金宮」のマークの入ったガラス戸は開け放たれていた。

 「あの、いいですか・・・」と言う。
 「まだ、仕込み中で少し待ってもらうものもあるんですが・・・」とマスター。
 「飲みながら待ってます・・・」と言って中に入り、右手のカウンター席の一番入り口寄りに座った。目の前の焼き台の様子がよく見える。

 カウンター席は四席、左手のテーブル席は八席、でも、壁際が連続したシートになっているので、テーブルを融通をすれば十人は座れるに違いない。宴会も可能だ。テーブル席には先客のグループ。
 まずは、ハイサワー(三九〇円)を頼む。
 金宮グラスかち割り氷がよい。ハイサワーが一瓶が付いてきて、炭酸豊富で飲めるのがよい。焼酎は金宮。私は、ホッピーレモンサワーも、なか(焼酎)をおかわりせず、使い切って飲みたい方である。

 大串もつ焼き二本(三〇〇円)。
 カシラナンコツを頼む。
 もつ焼き(豚)だけではなく焼き鳥もあるのが良い。
 鳥ボンジリ(三〇〇円)も頼んだ。

 「食べ方はどうしますか?」
 「全部塩で・・・」

 レモンサワーを口にしながら外を見る。さきほどの白と黒の猫が通りかかる。
 開け放った戸、外は飲屋街の路地。
 私にとってこんなに落ち着くシチュエーションはない。
 しかし、明日からは梅雨に入るらしい。
 でも、今は吹く風が心地よい。
 そして、焼き台から顔に伝わる火の温かみがうれしい。

 並びの方にもつ焼きが出された。
 「俺の記憶が間違っていなければ、山椒あったよね」と並びの方。
 〈山椒もいいな・・・〉と思う。
 
 カシラがくる。今日は七味にした。大串である。
 ゆっくりじっくり焼いてくれる。うまい。
 先日行ってがっかりした大規模店舗のもつ焼き屋があった。
 デカイだけで硬く旨みの無いそれとはちがって、こちらのもつ焼きは旨い。

 ここで、マスターがタオルを頭に巻いた。
 戦闘モードへ切り替えか。
 外へ出てゆかれた。
 プレートを「営業中」に返す。
 店内にもどる時に声をかけた。

 「あの、ホッピーを・・・」
 「はい」
 「氷なしで」
 「はい、氷なしですね」

 金宮焼酎の入ったホッピーグラス業務用ホッピー瓶一本
 焼酎はホッピーグラスの上の星まで。氷無し。
 値段は私の勝手に作ったボーダーライン四〇〇円である。素晴らしい。
 
 マスターは仕込みを静かに続ける。
 ホッピーがうまい。やはり、ポテトサラダが食べたくなる。ポテトサラダ(四二〇円)を頼もう。

 「すいません、ポテサラを・・・」
 「ポテトサラダ、多めですけど、ハーフとかにしておきますか?」
 「ポテサラ好きなんで、見てみたいです」
 「ほお、見てみたい・・・」と、マスターの笑顔。

 ポテトサラダがやってくる。
 黒胡椒をたっぷり掛けてある。うず高く盛り上げず、どんと盛り付けてあるのが食べやすい。
 でも、ポテトサラダに強烈な思い入れのない一般の人は、マスターのアドバイス通りにハーフをおすすめする。

 メニューにしそバイスサワー(三九〇円)を発見する。

 「すいません、僕にバイスを」
 「はい、バイス」

 コダマサワーの名入れ瓶から焼酎と氷の入ったグラスにコダマサワーを注ぐ、グラスの姿が実に美しい。
 こちらのお店では、ホッピーバイスレモンサワー、そして、クエン酸サワーも飲める。
 因みに飲み切り金宮ボトルは一七五〇円。「なか八発分」と書いてある。

 「お勘定お願いします」と言う。
 「完食しました」と、ポテサラの空の皿をマスターに見せた。
 「でも、次は何人かで食べます・・・ご馳走さまでした」

 午後七時から七時五〇分まで五十分ほどの滞在。
 お勘定は二三七〇円であった。

 外に出る。
 路地の二匹の白黒の猫に再び出会った。

 「おまえたちもこの路地が好きなんだな・・・おやすみ・・・」

 猫たちに挨拶をして、駅に向かった。

 (了)





蒲田 もつ焼「とんた」
住所 東京都大田区西蒲田7-62-9
電話 03-3737-6223
定休日 無休
営業時間 [月~金] 17:00~23:00  [土・日・祝] 15:00~23:00
交通 東急池上線・多摩川線蒲田駅下車徒歩5分。JR京浜東北線蒲田駅下車徒歩5分。



 街の手帖については、コトノハ/街の手帖編集部へ。

 「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

 実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

横浜 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。