西横浜 揚げ屋「一献」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第605回 2016年1月16日(土)  【地域別】 【池上線】 【時間順】 【がっかり集】


 西横浜 揚げ屋「一献」 

  ~ 藤棚商店街の楽しみ ~


  


  
     にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←新岳大典作小説無料公開中。「新岳大典」で検索してください。


 最近、横浜市西区の西区役所の近くにある商店街を歩くことが多い。
 いわゆる藤棚商店街と一言で言われている商店街は、実は、久保町ニコニコ商店会、協同組合サンモール西横浜、藤棚商店会、藤棚一番街協同組合、西前銀座商店街協同組合という五つの商店会からなっている。この五つの商店街で藤棚地区商店街連合会が構成されているのである。藤棚商店街はカフェや喫茶店が多くあり、くつろぐ場所が多くある商店街なのだ。そして、今日の目的地は揚げ屋「一献」である。

   ←揚げ屋「一献」

 歩き回るうちに、西前銀座商店街協同組合から少し入った、願生寺さんというお寺のすぐ前にある「シネマノヴェチェント」という小さな映画館を発見した。

   ← 映画館「シネマノヴェチェント」外観

  外には、懐かしい有名映画俳優の絵看板が上がっていて楽しい。
  スティーブ・マックイーン、ジョン・ウエイン、オードリー・ヘップバーン、アラン・ドロン、萬屋錦之介、志村喬・・・。
 でも、あまりにも懐かしい時代のスターばかりなので若い方は誰なのか解らないかもしれない。

   ← 映画館「シネマノヴェチェント」入口

 席数28席というこの小さな映画館「シネマノヴェチェント」のすごいところは、映画を見るだけではなく、ロビーでおつまみをいただきながらお酒を飲むこともできることなのである。

 後日、館内を見学させてもらい、さらにその数日後、実際に映画を見させてもらって、少しお酒も飲ませてもらった。

 商店街沿いに出て、少し歩いて揚げ屋「一献」さんまで戻った。

   ←揚げ屋「一献」

 赤提灯を見ながら、暖簾をくぐり店内に入る。入って左手に四席のテーブル二つ。カウンター席五席。照明は消してあったけれど、奥まで奥行きがあり、トイレの手前に一〇席程度が小上がり座敷もある。
 左手の四人テーブル席に二人で座る。手前の四人席に先客のお二人。カウンターで楽しそうに話す常連客の皆さん。
 完全に地元密着のお店である。

 私はレモンサワー(三五〇円)、sakuraは生ビール(三八〇円)にする。
 散歩のあとの一杯はうまい。

 お通しはない。これは実に良い。
 料理を食べず、酒だけを飲み続ける客もいる。お通し代をとるのは、お店側の生活防衛かもしれない。
 でも、ちゃんとツマミを食べる人は、頼まないものを食べさせられるという不当な感じを受けてしまう。
 お店を新しく始める方には「お通しを出すのはあまりおすすめできない」と言うことにしている。
 価格に対して内容が伴わないお通しを出された時、私は次回の来店を考えてしまう。
 こちらのお店はその点とても良い。

 こちらは、串揚げのお店である。カボチャ(八〇円)、イカ(一〇〇円)ホタテ(一三〇円)、レンコン(八〇円)二本を頼んだ。
 串揚げをマスターが細かいパン粉で揚げたサッパリタイプ。私の好きな姿である。
 揚げたそばからマスターがタイミングよく席まで運んでくださる。

 メニューを見れば、カツ丼(六五〇円)やカツカレー(七五〇円)などもある。
 
 ゆるい時間が過ぎて行く。sakuraと二人、次回の映画鑑賞の予定を考える。

 芋焼酎お湯割(四〇〇円)と鶏ポン酢(一八〇円)もいただく。

 マスターの細かい気づかいと優しさを御常連の方々との会話の中に感じた。
 また、来よう。そう思わせるお店だ。

 午後六時から七時まで一時間ほどの滞在。御勘定は二人で二一六〇円であった。







西横浜 揚げ屋「一献」
住所 神奈川県横浜市西区中央2-3-11 小暮ビル1F
電話 045-321-2601
定休日 ?
営業時間 ?
交通 相鉄線西横浜駅徒歩8分/京浜急行戸部駅下車徒歩7分。



 「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

 演出家守輪咲良の劇集団「咲良舎」と演技私塾「櫻塾」

 街の手帖については、コトノハ/街の手帖編集部へ。

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

西横浜 角打「大和屋酒店」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第604回 2016年1月11日(月・祝)  【地域別】【池上線】【時間順】【がっかり集】


 西横浜 角打「大和屋酒店」


  ~ 何よりも大切なものは時間 ~


  


  
     にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←新岳大典作小説無料公開中。「新岳大典」で検索してください。

 成人の日である。日々忙しくしている身としては、正月明けにもう一度連休があるのはとても助かる。夕方まであったイベントに参加してから向かったのは西横浜。以前から気になっていたお店への初訪問。
 相鉄線の西横浜駅の島ホームから階段をあがって改札口へ。そのまま直進すると西口側に降りる歩道橋、左手は東口側へ降りる歩道橋がある。
 左手の歩道橋を渡り、そこにあったエレベーターを降りると、少し先に国道一号線(東海道)が通っている。目の前の横断歩道を渡り、国道一号線を保土ケ谷駅方面へと南下する。
 やがて、国道一号線とJR東海道線、横須賀線を一期にまたぐ大規模な歩道橋が見えてくる。その歩道橋はくぐらず、左斜めにグリーンロードという商店街がはじまる。
 この道はそのまま、順に久保町ニコニコ商店会、協同組合サンモール西横浜、藤棚商店会、藤棚一番街協同組合、西前銀座商店街協同組合という五つの商店会となっている。この五つの商店街で藤棚地区商店街連合会が構成されているのである。
 グリーンロードの入口に味わいあるたたずまいの酒屋さんがあった。
 大和屋酒店さんといって、店脇に区切られたスペースがあって、少し飲ませてもらえるのだ。いわゆる角打である。

  ←角打「大和屋酒店」

 入口のガラス扉に「立ち飲みできます」の小さな文字。
 自動販売機脇の小さな扉を開けて中に入る。
 お店の右側が区切ってある。細長い台形になっている。
 高いカウンターと低いカウンターがあり、その向こうにレジがある。
 小柄な女将さんがレジ前にお一人座っておられ、その前の低いカウンターに先客の方が座られている。
 左手の高いカウンター前に立つ。

 「飲ませてもらえますか・・・」
 「お酒かビールしかありませんよ。」
 「大丈夫です」
 「何しますか」
 「ワンカップお願いします」

 ワンカップ大関(二五〇円)。

 店内と角打側との区切りの向こう側のレジ前にも別の方が座って新聞を読んでおられた。

 「お豆腐もありますよ」
 「いただきます」

 冷や奴(一〇〇円)を小皿にのせ、割り箸と共に出してくださる。

 「空いてますからお座りください」と、こちら側の御常連が気を遣ってくださる。

 おさかなソーセージ(一〇〇円)が食べたい。

 「魚肉ソーセージが食べたいのですが・・・」
 「このままですか?、切りますか?」
 「切ってもらえますか・・・」
 「はいはい」

 切ってから、新しいお皿をソーセージを出してくださりそうになる。
 
 「お皿汚しちゃいけないんで、ここにお願いします」

 と言って、冷や奴の皿を示し、冷奴の皿に魚肉ソーセージを入れてもらった。

 冬は練炭があるので焼いてもらえるとのこと。

 「豆腐は冬場は湯豆腐もできますよ・・・」
 「ありがとうございます。次は何を飲もうかなあ・・・」
 「自分で冷蔵庫を見てご覧になってくださいね。」
 
 一度、扉から店の外に出て、お店側に入り、冷蔵庫を眺める。

 冷蔵庫を見ると、ビールではなくタカラ焼酎ハイボール(一六〇円)を発見。

 それから常連の方々と様々な酒場の話になった。
 新橋の飲み屋街の喧噪から始まり、野毛の話になる。

 「三盃屋さん、御存じですか?」と常連の方。
 「ええ、野毛の武蔵屋さんですね」
 「そうそう、さんばいやさんて私たちは呼んでました」
 「閉店されましたよね、残念です」
 「残念です」

 『横浜・野毛の三杯屋「武蔵屋」、二〇一五年七月三十一日で閉店』というニュースはネット上の居酒屋ファンの間でも話題になった話である。女将さんは九十三歳。体力の限界とのこと。時間がたったということであろうか。
 洪福寺松原商店街の立ち飲みの出来る角打「伊達屋渡辺商店」さんが二〇一五年十月三〇日に閉店されていたこともお話する。同業の女将さんも知らなかったそうである。
 ひとしきり店内の様子や何故「武蔵屋」が三盃屋というかなどのお話をしてから「ホッピー仙人」など野毛の有名店の話がでた。興がのってしまい三本目となる。

 のどごし生(一五〇円)を冷蔵庫から出してきて、柿ピー(60円)も食べる。

 競馬場の話。競輪場などギャンブルの話。
 フリーアナウンサーの徳光さんの武勇伝。
 小説家浅田次郎の作品の話。
 すっかり、楽しいお話が出来て、盛り上がった。

 午後七時二〇分から八時二〇分まで一時間の滞在。
 酒三杯、ツマミ三種で八二〇円であった。

 すっかりお店を気に入り、その後も何度かお邪魔することになった。
 「何よりも大切なものは時間である」との感慨をもった夜であった。



西横浜 角打「大和屋酒店」
住所 神奈川県横浜市西区久保町30-23
定休日 年中無休
営業時間 11:00~21:00
交通 西横浜駅下車徒歩4分。




 「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

 演出家守輪咲良の劇集団「咲良舎」と演技私塾「櫻塾」

 街の手帖については、コトノハ/街の手帖編集部へ。

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

「居酒屋探偵DAITENの生活」2016年 新年の御挨拶

Life of the izakaya detective DAITEN
「居酒屋探偵DAITENの生活」2016年 新年の御挨拶




  謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

  


 「居酒屋探偵DAITENの生活」もちょうど8年半となり、メインカテゴリーの「居酒屋探偵DAITENの生活」第600回、紹介店も440店となりました。また、アクセス数も1410000カウントを越えました。これも、読者の皆様のおかげと思っております。
 今年は新しい企画も考えております。

 皆様、今年も「居酒屋探偵DAITENの生活」をよろしくお願いいたします。

                   居酒屋探偵DAITENこと、新岳大典(aratake daiten)



 地域別に見ていただくには【居酒屋地域別一覧表】を御覧下さい。
 第1回から振り返って見ていただくには、【時間順一覧表】もございます。
 さらに、【がっかり集】も御笑覧ください。よろしくお願いします。


    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

 「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

 演出家守輪咲良の劇集団「咲良舎」と演技私塾「櫻塾」

 街の手帖については、コトノハ/街の手帖編集部へ。

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる