天王町 もつ焼き「まる福酒場」 

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第616回 2016年6月4日(土)  【地域別】 【時間順】 【池上線】 【がっかり集】



 天王町 もつ焼き「まる福酒場」

  ~ 帷子橋のたもとでもつ焼き ~


  


 
     にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。


 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←新岳大典作小説無料公開中。「新岳大典」で検索してください。

 
 居酒屋の開店時間が早くなる傾向にある。
 土曜日は仕事が休みな人も多く、早い時間に飲みたいという気持ちになる方が多いのも当然だ。
 元々、東京下町の老舗有名居酒屋は早い時間から営業している場合が多かった。
 最近は若い方が始めた居酒屋でも午後四時営業開始のお店が増えている。
 そんな店が相鉄線天王町駅の近くにもあった。
 駅改札を出て左手へ。その道は旧東海道。五十メートルほど行くと帷子川(かたびらがわ)という川が流れており、そこに帷子橋(かたびらばし)という橋がかかっている。実はこれは何度かの改修の結果の川の位置であり、元々江戸時代には天王町駅の南側の今は公園になっている場所にあったそうである。広重「東海道五十三次之内 保土ヶ谷」は、この場所にあった橋を描いたものとのこと。公園内に旧帷子橋をイメージした場所がつくられ、旧帷子橋の表示や「江戸日本橋より八里」の石碑もある。

 今の帷子川にかかる帷子橋近くに、今日のお店、もつ焼き「まる福酒場」さんがある。
 すでに何度も来店したことがあり、この日も午後四時の開店をお店の前で待った。
 橋のたもとにいると、川風が気持ち良い。

  

 店の右手に焼き台の前の窓があり、左手に入口の扉。
 入口の左手がインフォメーションコーナーになっており、写真付きのメニューやアルバイト募集などの情報がある。
 これを見たあと、開店の時間近くなったので、SAKURAと二人、扉の前に立った。

  

 開店時間になった。二人で中へ入る。

 「いやっしゃいませ、四人様ですか?」
 「・・・・いえ、二人ですけど・・・」
 
 振り返ると我々の後ろにも男性の方が二人並んでいたのである。

 「あっ、別々です・・・」

 店内、入口右手に四人ほどのカウンター席があり、左手手前に壁に向かって四人席、その向こうに四人席五席と二人席が一つある。入口よりも奥が広くなっているのだ。我々は奥の左手の四人席に座った。

 さらに、二組ほどお客さんがこられ、午後四時からすでになかなかの盛況である。

 SAKURAは生ビール中(三九〇円)。私はホッピーセット白氷なし(四五〇円)である。
 お通し(二九〇円)が飲み物と共に出てくる。
 すぐに焼き物を頼む。
 はつ(一二〇円)、かしら(一二〇円)、たん(一二〇円)、とりねぎま(一二〇円)。すべて塩でお願いする。そして、おつまみキャベツ(二〇〇円)を一つ。

 もつ焼きは大ぶりで、その日に仕入れたもつを処理、店内で串打ちをしているとのことで、どれも新鮮でうまい。

 次は酒にすることにした。
 徳利熱燗(五八〇円)とおちょこを二つたのんだ。
 
 前述の帷子川と保土ケ谷駅方面から流れてきている今井川とが天王町駅の西側で合流しており、天王町は川の町である。川のある町は空気の流れがよい。
 ゆっくりと燗酒をのむ。土曜日の午後、外の明るいこの時は、時間そのものの流れも遅いような気がする。
 
 お勘定をお願いする。
 外税なので二六八〇円プラス消費税であった。
 
 午後四時ぴったりから午後五時まで一時間の滞在。
 外へ出る。前の道は旧東海道、帷子川の帷子橋から景色をみる。
 空が広い。遠くに横浜ランドマークタワーが見えた。



天王町 もつ焼き「まる福酒場」 
住所 神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町2-47-2
電話 045-333-7793
定休日 年中無休
営業時間 16:00~24:00
交通 相模鉄道本線天王町駅下車徒歩1分。




 「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

 演出家守輪咲良の劇集団「咲良舎」と演技私塾「櫻塾」

 街の手帖については、コトノハ/街の手帖編集部へ。


テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

武蔵新田 居酒屋「べーやん」第4回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第615回 2016年6月3日(金)  【地域別】 【時間順】 【池上線】 【がっかり集】





 武蔵新田 居酒屋「べーやん」 第4回

  ~ 完全禁煙居酒屋のおきて ~

  

 
     にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←新岳大典作小説無料公開中。「新岳大典」で検索してください。



  


 ご無沙汰していた武蔵新田の禁煙酒場「べーやん」に寄ることができた。
 あまりにも忙しく、平日の仕事帰りにどこにも寄れずに戻ることが多いのだ。
 武蔵新田駅の多摩川方面の改札を出て、すぐ脇の踏み切りを越え、多摩川線の線路の北側沿いの道を渡り、すぐに、環状八号線が見えてくる。その環状八号線を渡って、左角にレバフライで有名な「肉の茨城」さんを見ながら進むと、環状八号線と平行に走る道路にでる。その道路を渡り斜め右へゆく道に出るとすぐ右手に禁煙酒場「べーやん」さんがある。まったく行かなかったわけではないけれど、前回紹介させてもらった第三回二〇一五年十一月四日(水)であるから記事にするのは半年ぶりである。

 店の外側、右手の辺りに解りやすくメニューが掲示されたのは前回と変わった点である。
 のれんの脇から中をのぞき少し開いた扉に手をかけて引き、中に入る。

 「ああ、お久しぶりです」べーやんマスターのひっそりとした笑顔が良い。

 本当に久しぶりの訪問である。
 それでも私が何も言わなくてもべーやんマスターは行動開始。

 「これですよね」
 冷えたジョッキ冷やした焼酎のボトルが手元に。
 よくお解りである。

 「はい、よくおわかりで」

 いつものように「三冷ホッピー」を出していただいた。

 ホッピーセット氷なし(三五〇円)である。

 ホッピーを呑む、美味い。

 店内のメニューがずっとわかりやすくなったようである。
 それにしても、安い価格である。

  

 そして、「禁煙酒場」を示す表示。雑誌を持って帰ってしまう人がいるのだろうか。

  

 私が誰であるかを知ってくださっているお客様がいらっしゃった。

 「だいてんさんですよね」と笑顔の常連の方。
 私のブログがきっかけでこちらに来店するようになったとのこと。
 実に嬉しいことである。
 
 「最近、横浜のほうばかりですよね、さみしいです」と、やさしく笑顔でご指摘。
 「もっと、東京方面も取材してゆきたいのですがなかなか・・・」と、恐縮する。

 つまみは、いつものように、本日のぬた(三五〇円)。
 リーズナブルでうまい定番の一品である。 

 べーやんマスターのポリシーを示す文章があった。(許可をいただいて掲載)

  

 
 料理の注文について

 当店は、従業員が1人しかおりません。1組のお客さんが大量に注文されると、他のお客さんが長時間待つことになります。
 このため、食べ物の注文は、以下のように1回の注文につき最大3品までとさせていただきます。

 2重丸がついている(調理に時間が掛かる)料理 1品まで
 2重丸以外の料理 2品まで
 1度に注文できる料理は、上記合計の3品まで

 再度注文をされる場合は、テーブルの料理を食べ終えてから注文をお願い致します。
 ドリンクに関しては、特に制限はございません。
 ご協力の程、よろしくお願い致します。

 一人で営業されているうえでの苦肉の策であり、誠実なやり方だと思う。
 大規模チェーン店のように注文してしまう方々がいたのかもしれない。

 チューハイ(二五〇円)と、ポテトサラダ(二五〇円)を頼む。

 クラッカーにディップとして塗って食べたいポテトサラダであった。

 最後は、ドクダミハイ(二三〇円)である。
 
 最近、ご無沙汰している近隣のお店のことなど話した。

 午後六時から七時半まで一時間半の滞在。お勘定は一四三〇円であった。
 いつもながらリーズナブルである。

 禁煙なので空気が良い。
 適度に料理を注文して、適度に呑み、適度に話して帰ってゆく。
 「注文の多い料理店」のように思う方もいるかもしれないけれど、
 漢字ではないひらがなのゆるい「おきて」を守って静かに飲べば楽しい。
 お客様たちはそれを求めて集まるのである。



武蔵新田 居酒屋「べーやん」
住所 東京都大田区千鳥2-36-1
電話 080-3313-8164
定休日 月曜日・日曜日・祝日
営業時間 17:30~22:30(ラストオーダー22:00)
交通 多摩川線武蔵新田駅下車徒歩1分。




 「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

 演出家守輪咲良の劇集団「咲良舎」と演技私塾「櫻塾」

 街の手帖については、コトノハ/街の手帖編集部へ。

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

天王町 蒲田 吉田町 保土ヶ谷 黄金町 所沢 自由が丘 平沼橋 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 武蔵新田 二俣川 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 元住吉 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 王子 十条 世田谷 山下 豪徳寺 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる