雪谷大塚 店内に屋台のあるBAR「OVAL」第1回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第620回 2016年7月20日(水)  【地域別】 【時間順】 【池上線】 【がっかり集】



 雪谷大塚 BAR「OVAL」 第1回


  ~ 店内に屋台のあるBAR「OVAL」現在地移転後初紹介  ~

  


 
     にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。


 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←新岳大典作小説無料公開中。「新岳大典」で検索してください。


 久しぶりに、池上線の雪谷大塚駅の近くにある、店内に屋台のあるBAR「OVAL」さんに行くことにした。

  

 池上線の雪谷大塚駅の西側に乾杯横丁という飲み屋街があった。
 今は乾杯横丁の場所は再開発され、マンションとなっている。その飲み屋街に、「OVAL」というBARがあって、私も常連となった。当時のことは、居酒屋探偵DAITENの生活第340回番外編第4回で紹介している。その時代のことは、それぞれの記事を読んでいただきたい。

 その後、乾杯横丁から一度、自由が丘駅のホームが見える久品仏駅と自由が丘駅の間の線路沿いへ移り、それから現在の雪谷大塚駅近くのマンション一階に移転されたのである。
 思えば、現在の場所に移転してから居酒屋探偵DAITENの生活で紹介したことが無かった。今回移転後の初紹介である。
 
 その日は池上線の雪谷大塚駅からではなく、東急多摩川線の沼部駅から歩いて、桜坂をまっすぐ登った。
 桜坂の上にかかる「桜橋」という歩道橋の脇を歩いた。福山雅治の有名な曲「桜坂」のモデルになった場所で、特に「桜橋」の上では、カップルの姿をよくみかけたものである。(下写真)

  
 
 桜坂をまっすぐに進むと、環状8号線と中原街道が交わる辺りに出る。環状8号線を渡り、中原街道を五反田方面へ少し歩くと、右手の大きなマンションの一階には喫茶店、絨毯販売店、和食店、スナック、居酒屋等があり、その一番端にラーメン店がある。
 そのラーメン店の角を右に入ると、そこにBAR「OVAL」がある。

  

 お店の前辺りは薄暗い。正面から見て右側のシャッターは一年中閉まっている。(上写真)
 この時点で初めての人は入店を躊躇するかもしれない。

  

 しかし、中に入ってしまえば、店内の奥の方に洋風の屋台が置かれ、バー・カウンターとして使われている不思議な様子に驚かされ、心を奪われるに違いない。(上写真)

 BAR「OVAL」は月曜日から金曜日の平日夜、開店から八時まではハッピーアワーとなっていて飲み物の割引があり、たとえば、レーベンブロイ生が通常五〇〇円のところが三〇〇円で呑めるのだ。(下写真)

  


 つまみは、もつ煮込み(三〇〇円)と自家製スモークの中からたまご(一〇〇円)とチーズ(一〇〇円)を選んだ。(写真)

  

 つまみ類は、あまりバーらしくない物が多いけれど、楽しめる。
 「大人の駄菓子屋」というコンセプトで、インスタントの焼きそばがあったり、伝説のみりんせん(一〇〇円)という、駄菓子屋で子供の頃に食べたような食べ物もある。柿の種はセルフサービスでガラス瓶からレンゲで小皿に出して食べる。

   伝説のみりんせん

 ハッピーアワー終了の午後八時まで時間があった。梅酢サワー(四〇〇円)は三〇〇円で呑める。
 
 店内を眺めると、ちょっと遠くの国に来ているような不思議な感じをうける。そこに屋台があるのだから面白い。
 
  
  
  

 昔からオーナーのMマスターにはいろいろと話を聞いてもらってきた。
 愚痴を言って、世間話をする。それで癒される。

 パチレモンサワー(四〇〇円)もハッピーアワーで三〇〇円。
 レモンはレモンだけど「ポッカレモンブランド」ではないからパチレモンサワーと呼ぶそうだ。発想が楽しい。

 実は、私はこちらのお店の公式ブログを作っているのだ。
 このお店で起きた過去からの様々な記録、乾杯横丁時代、自由が丘時代、そして、現在のお店の開店から現在までの様子は公式ブログを是非読んでいただきたいと思う。

 公式ブログ「楕円生活の方法」 http://daenseikatsusha.blog.fc2.com/

 午後六時半から八時までの滞在。御勘定はハッピーアワーもあって、一四〇〇円であった。
 私はビールとかサワーばかり飲んでいるけれど、本当はシングルモルトの銘柄ウイスキーもとても豊富であり、美味しいウイスキー目当ての常連客の方も多いのである。

 


 雪谷大塚 BAR「OVAL」
 住 所 東京都大田区南雪谷2丁目18-2
 電 話 非公開
 営業時間 18:00~ (開店時間が変わる場合あり)
 定休日 日曜日
     (但し、月曜祝日の時は日曜を営業して月曜休、年末年始、連休なども営業する場合多し)
 アクセス 東急池上線雪が谷大塚駅下車徒歩3分。
     中原街道沿歩道を環八方面へ。TSUTAYA右手路地入る。
 公式ブログ「楕円生活の方法」 http://daenseikatsusha.blog.fc2.com/


 「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

 演出家守輪咲良の劇集団「咲良舎」と演技私塾「櫻塾」

 街の手帖については、コトノハ/街の手帖編集部へ。



テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

天王町 居酒屋「おもいで横丁」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第619回 2016年7月10日(日)  【地域別】 【時間順】 【池上線】 【がっかり集】



 天王町 居酒屋「おもいで横丁」


  ~ 信用できる三〇〇円均一居酒屋 ~


  

 
     にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。


 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←新岳大典作小説無料公開中。「新岳大典」で検索してください。


 

 二八〇円均一とか、二九〇円均一とか、三〇〇円均一とか、そういう居酒屋チェーンの看板を繁華街でよくみかける。
 いわゆる、「激安均一価格居酒屋」である。しかし、看板につられて、いざ入ってみると、量、質ともに残念な気持ちにさせられる時が多い。繁華街に出店、家賃は高いけれど、少ない従業員で回し、大量一括仕入による薄利多売で利益を生む商売である。しかし、いざ入店してみると残念な気持ちにさせられることが多いのだ。そして、テーブルとテーブルの間が異様に近く、詰め込まれた感じを受ける店が多い。

 そんな大規模チェーン店の一つと思い、しばらく入店せずにいたお店があった。調べてみると、横浜駅近くの鶴屋町と相鉄線天王町駅前の2店のみ。大規模チェーンではなかった。店名は「おもいで横丁」。しかし、あの「新宿おもいで横丁」とはまったく関係がないようだ。

 正面から見ると、外観はちょっと派手である(下写真)。

 

 実際に入店してみると、これがなかなか良かった。一年近く前に入店してからパートナーのSAKURAと二人、ともにお気に入りの店となっている。
 間口が狭く、奥に長いビルの一階。建物正面の右手に地下の別のお店に降りる階段がある。回り込んで階段で、二階、三階の別のお店に行ける。その階段近くまで通路を行くと正面入口。その通路を眺められるような位置、左手にガラスで囲われたカウンター席のみの空間がある。空間の前に白い提灯が六つ並ぶ。ここは、お店の奥のほうの空間と独立した場所になっており、一人または二人の時はここが良いかもしれない。
 入口を入って中央の通路を挟んで左手は調理場、右手には六席テーブルが手前から奥へ五列並んでおり、その向こうにやはり六席のテーブルが方向を変えて置いてある。
 一番奥にトイレが二箇所。その手前の左手は広くなっていて、十人テーブルが一つある。その手前、調理場の向こう側にカウンター席が五席。ここも一人客には良い席である。

 日曜日なので店内は比較的すいていた。手前から数えて五つ目の六人テーブルに通された。奥壁のテレビが見やすい。
 まずは、SAKURA生ビール中ジョッキ(三〇〇円)。
 そして、私はホッピーセット白氷無し(三〇〇円)。ホッピーセット三〇〇円均一商品の一つに入っているのは驚異的である。最初からジョッキに氷とともに焼酎とホッピーを入れてあり、一本のホッピーを使いまわすような姑息なことはしない。ちゃんとジョッキに焼酎が入り、ホッピーも一瓶ついてくるのだ。ホッピー瓶の原価を考えれば、申し訳ないほどに安い。しかし、これは目玉商品として是非続けて欲しいと思う。お通しは三〇〇円。今日は筍煮であった。日によって違うが今日は「当たり」である。
 
 ホッピーと生ビールでのどを潤し、注文である。
 アボカドの刺身(三〇〇円)は、ノリの佃煮など、四種のディップがついていて良いつまみになる。
 そして、焼きそば(三〇〇円)はしっかりとした量。実際、他のテーブルの方々も頼んでいた。

 自宅ではなかなか作れない煮魚から一品、カレイの煮付け(三〇〇円)を頼む。ここは全体に魚料理が素晴らしい。

 私はの二杯目はホッピーセット黒氷無し(三〇〇円)。SAKURAによれば、ホッピーセットを八〇〇円で売っているお店が最近あったそうで、商売をされる方の自由ではあるがホッピーファンとして許せない私がいる。

 テレビでは懐かしい時代劇ドラマ「剣客商売」が流れている。
 店内にはレトロ感を大切にした品物が並ぶ、招き猫、古い理容室の回転看板、黒電話、古い手さげ金庫、ホーロー看板、昔のラジカセ。まさに、「昭和のおもいで」がコンセプトなのである。
 
 日本酒は種類は少ないが安くて美味しいものを揃えている。
 SAKURA新潟県清酒八海山(三〇〇円)、私は土佐鶴本醸辛口(三〇〇円)。升にグラスを入れて上から注ぎ、グラスから升にこぼれる一般的な提供方法。同時に氷水を持ってきてくれる。細やかな心遣いである。

 日本酒にあうつまみとして、SAKURA刺身三点盛り(三〇〇円)を頼む。
 これがマグロカンパチトロサーモン三点盛り。マグロの切り身が厚い。

 「これが三〇〇円は驚きだね」と
 「今日は大当たりだね」とSAKURA

 午後六時から七時半まで一時間半ほどの滞在。お勘定は入口脇のレジでする。二人で三千三百円で税込は三八八八円。やはり安い。

 Wi-Fiが入るのはネットが無くてはいられない我々夫婦にとって助かる。
 料理のクオリティの高さと量、基本三〇〇円の安いお値段で勝負している。
 
 因みに三〇〇円均一商品の他に刺身の点数が増えたり、その日特別に入った魚介類などは「おすすめ」として別料金のものも少しは用意されている。適正な値つけで頼んでがっかりしたことはない。
 前述した通り、横浜の鶴屋町にも支店がある。
 
 ここは信用できる三〇〇円均一居酒屋である。



 

天王町 居酒屋「おもいで横丁」
住所 神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町2-46-18 第8増田ビル1F
電話 045-332-7779
定休日 なし
営業時間 16:00~24:00
交通 相鉄線天王町駅下車徒歩30秒。




 「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

 演出家守輪咲良の劇集団「咲良舎」と演技私塾「櫻塾」

 街の手帖については、コトノハ/街の手帖編集部へ。



テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

藤沢 やきとり「みなづき」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第618回 2016年7月9日(土)  【地域別】 【時間順】 【池上線】 【がっかり集】



 藤沢 やきとり「みなづき」

  ~ 酒場の宝庫「藤沢」駅近く・路地に古典酒場発見  ~


 
 
     にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。


 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←新岳大典作小説無料公開中。「新岳大典」で検索してください。

 
 この日は藤沢にSAKURAと二人向かった。
 藤沢の湘南画廊でSAKURAがニューヨークでロフト暮らしだった頃の友人、彫刻家の熊坂兌子氏の展覧会を観る為である

 THREE ARTISTS in ONE FAMIRY 熊坂満・SAIL SWARZ・ 熊坂兌子 / 湘南画廊 7/6-7/24

 熊坂兌子氏の作品に加え、お父上である熊坂満氏、ご主人であるSAIL SWARZ氏の作品を紹介する作品展。こちらの湘南画廊での作品展をはじめ、東京で行われた作品展にも何度も二人でうかがっており、毎回、感動をいただいている。
 そんな素敵な作品を見た後でも、居酒屋好きの二人は、おしゃれな湘南フレンチやイタリアンなどには寄らず、実は居酒屋の宝庫である藤沢の町を居酒屋探偵巡りであった。
 そして、普通なら見つからないような暗い路地の中にこちらのお店を発見したのである。JR藤沢駅徒歩2分、小田急江ノ島線藤沢駅からなら1分という近さにあるやきとり「みなづき」さん(下写真)。まったく、偶然の出会いである。
 
 

 店の右手には持ち帰り用のやきとりの入った冷蔵ケースが置かれ、右手の焼き台が見える。
 左手にはビールケースが無造作に積み上げられ、紺地に赤く「やきとり」と書かれた暖簾がかかっている。もちろん、年季の入った赤提灯もある。
 暖簾をくぐり中に入ってゆく。右手にカウンター席が8席、カウンターの中が調理場である。マスターと若い女性の従業員の方。
 左手の階段をあがると二十席ほどのテーブル席があるようだ。
 一期に、二人とも興奮をしてしまう風情。年季の入った酒場は我々をウキウキさせるのだ。
  まずは、瓶ビール中瓶(五八〇円)とグラス二つ。そして、やきとりである。
 かしら(一三〇円)、なんこつ(一三〇円)、はつ(一三〇円)を各二本づつ。めかぶ(三二〇円)も頼む。

 瓶ビール中瓶の2本目を注文。そして、ホッピーセット氷なし(四二〇円)。

 カウンター上に珍しい焼酎のボトルを発見。糖蜜ととうもろこしで造ったサッポロ焼酎(写真)。なかなか、出会わないボトルである。

 

 おすすめのジャガイモと塩辛の炒め物(四二〇円)を頼む。
 ここで、北海道出身のSAKURAの北海道自慢の話になる。その流れでマスターが日本最西端の島、与那国島の御出身であることがわかり、北と南の話でもりあがった。与那国島には沖縄本島とも違う、固有の文化があるのだ。

 冷酒(八四〇円)に切り替える。

 焼き物は、もつ味噌(一五〇円)とししとう巻き(二一〇円)を一本づつ。
 SAKURAししとうの辛いのによく当たる。シシトウを一個づつ食べてみる。いつものロシアンルーレットだ。オールクリアだった。

 定番のレモンサワー(四二〇円)も飲む。

 美しいジャガイモが目の前にある。故にジャガバタ(三二〇円)を頼む。
 銘柄はキタアカリとのこと。ジャガバタのできあがりの美しさに感動する。

 瓶ビール中瓶、さらに、生酒と飲んでしまう。二人とも機嫌が良い。
 午後五時半から午後七時過ぎまでの滞在。御勘定をお願いする。二人で六〇二〇円。

 再訪を告げて、外にでる。路地を出て、人通りの多い商店街で空を見上げると美しい夕暮れの空であった。

  

 藤沢には居酒屋がまだまだ豊富にある。また来てみたい。
 子供の頃、湘南電車と呼んでいた電車に乗って帰路についた。

 

藤沢 やきとり「みなづき」
住所 神奈川県藤沢市南藤沢2−1−3 (株)ダイヤモンドビル
電話 0466-26-9268
定休日 日曜日
営業時間 16:00~23:30
交通 JR藤沢駅下車徒歩2分。小田急江ノ島線藤沢駅下車徒歩1分。江ノ電藤沢駅徒歩3分。




 「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

 演出家守輪咲良の劇集団「咲良舎」と演技私塾「櫻塾」

 街の手帖については、コトノハ/街の手帖編集部へ。



テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

蒲田 立飲み集会所「日本酒人」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第617回 2016年7月6日(水)  【地域別】 【時間順】 【池上線】 【がっかり集】



 蒲田 立飲み集会所「日本酒人」


  ~ 酒を試すのによい立ち飲み店  ~

  


     にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。


 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←新岳大典作小説無料公開中。「新岳大典」で検索してください。

 
 東急池上線と多摩川線の蒲田駅ホームの北側にある「バーボンロード」の数ある立ち飲み店の中にあって、味、量、安さ、運営方法などで異彩を放っていた立ち飲み店がかつてあった。初めての来店客はとまどうばかり、しかし、店内は常連客で満員盛況であった。十年ほど前、居酒屋ブロガーの間でもそのお店のことは書かない、名前を出さないという暗黙のルールのようなものがあって、私も紹介することはなかった。
 その店のあった場所に新しい立ち飲み店が去年秋に出来たのである。

 少しだけ時間が出来た時に蒲田駅西口の「バーボン・ロード」は選択肢が多く助かるのである。
 SAKURAと「一時間だけ」という限定で入ったのは日本酒を三〇〇円からという安い価格で呑ませる立ち飲み店、立飲み集会所「日本酒人」である。

 

 「日本酒300円、つまみ100円」という看板は魅力的である。
 
  

 店内に入ると、左手にカウンターがあり、十人近く立てるようである。さらに、右手の壁際にも入口から奥にかけて壁カウンターが作ってある。さらに奥は少し広い空間になっていて、壁際にテーブル席がつくってある。周囲に立つか、置いてある簡易的な椅子に座ることもできるようだ。
 我々は一番奥のテーブルについた。SAKURAは椅子に座らせてもらい、私はやはり立って飲むことにした。
 まずは、恵比寿瓶ビール中瓶(四八〇円)をもらい。私は石川県の加賀鳶辛口純米(三〇〇円)を頼む。メニューに酒ごとの注文番号があって、加賀鳶辛口純米8番立飲み集会所「日本酒人」と書かれた専用の利き酒用ぐい飲みで提供される。(下写真)

  

 酒に合うつまみが豊富に用意されている。まずは、さつま揚げ盛り合わせ(三〇〇円)を注文、さらに、佐賀産塩のり(一〇〇円)とアジ刺(三八〇円)も追加した。

 水のボトルとグラスを出してくれるのが良い。水を飲みながら酒を試してゆくのはとても助かる。

 二杯目は、福島県のお酒、自然郷夏芳醇純米(四〇〇円)、注文番号は4番

 「4番くださいと」と言えばよいのは、間違いがなくてよい。

 自然郷(しぜんごう)は思い出のある酒である。二十年近く前、自然郷活性にごりを人生の師匠たる方から何度もいただいて、好きになった。やはり、美味い。

 さつま揚げが美味しかった。塩のりアジ刺もちゃんとしている。

 SAKURAが食べてみたいのいうので、いぶりがっこ(二〇〇円)も頼む。

 マスターに開店日を聞いてみる。
 昨年、2015年10月17日開店とのこと。定休日は今のところ無いそうだ。

 三杯目は、南部美人特別純米(三〇〇円)、注文番号17番である。

 これも美味しかった。

 酒は、三〇〇円四〇〇円五〇〇円、そして、それ以上の様々なものがあって豊富だ。

 進化した酒試飲店としても使える。このシステムはとても助かる。

 午後6時45分から7時45分まで一時間の滞在。二人で酒三杯とビール一本、つまみを四品でお勘定は税込み二六五七円であった。




蒲田 立飲み集会所「日本酒人」
住所 東京都大田区西蒲田7-63-8 バーボンロード
電話 03-6428-6306
定休日 なし
営業時間 16:00~24:00
交通 東急池上線・多摩川線蒲田駅下車徒歩3分。JR京浜東北線蒲田駅下車徒歩4分。




 「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

 演出家守輪咲良の劇集団「咲良舎」と演技私塾「櫻塾」

 街の手帖については、コトノハ/街の手帖編集部へ。



テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

元住吉 平沼橋 天王町 蒲田 吉田町 保土ヶ谷 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 武蔵新田 二俣川 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 王子 十条 世田谷 山下 豪徳寺 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる