【番外編】天王町 中華食堂「日高屋」天王町店

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 番外編 第13回 2017年1月26日(木) 【地域別】 【池上線】 【時間順】 【がっかり集】


 
【番外編】天王町 中華食堂「日高屋」天王町店

   ~ チェーン飲食店は居酒屋の強敵 ~



 

  
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→


 前回居酒屋探偵DAITENの生活番外編中華食堂「日高屋」田園調布東口店であった。
 その時の記事にはこう書いてある。
 

 ファミリーレストランでの「ちょい飲み」や、牛丼の吉野屋での「吉呑み」などが流行っている昨今、取材をしておくべきだと思い、まずは、我々庶民の生活に根付いている中華関係の大規模チェーンの中でも、東証1部上場、年商300億円の企業となった「日高屋」に行ってみることにした。行き先は高級住宅街田園調布である。2013年の夏に「日高屋」が田園調布に出店した時は驚いた。「日高屋」「田園調布」のイメージがつながらなかったのである。
 

 その「日高屋」がもっとも安く吞める居酒屋の多い街の一つ、相鉄線の天王町駅前に出店したのである。
 今回はまさにイメージそのままの出店と言える。
 
 

 天王町駅改札を出て左手へゆくと、そこは旧東海道。道の先に流れる帷子川にかかる帷子橋までの五十メートルほどの間に、多くの飲食店と酒場が並んでいる。その中にあった新聞配達店の場所に日高屋天王町店が出来たのである。因みに二階はホルモン料理の店となっている。

 

 派手な看板の下、入口を入ると左手には、外側に向かって窓際カウンター席が三席、衝立をはさんで合い席でも気にならないように作られた六人用のカウンター形テーブル席が二つ続く。トイレへの入口を挟んで、その奥は二人席一つと四人席が一つ。
 ここは少し引っ込んでいて独立したコーナーになっている。従業員がまかない食を食べる場所か。

 右手には手前から二人席一つ。四人席が三つ。二人席が一つ。
 フロアの店員の女性が二人。調理場には男性一人しか見えない。
 
 入って右手のレジ脇の二人席、その壁側に座る。居酒屋探偵としては、出来るだけ店全体を観察できる席を選ぶようにしているのだ。
 店内を見れば、ジョッキやグラスを目の前に置いたお客様がいる。やはり、看板に「ちょい飲み」とあるように最初少し飲んでから夕食をとる一人客が多いに違いない。

 ホッピーセットを頼んだ一人客の目の前にプラスチックのマグカップが並んでいた。ホッピーの中(焼酎)追加をプラスチックのマグカップで提供、そのまま置いてゆくようだ。つみあげてゆくと、何杯飲んだかわかるようになっているのか。

 私もホッピーセット(三七〇円)を頼んだ。
 飲み物は安い。ハイボールレモンサワーウーロンハイ緑茶ハイが二七〇円。酎ハイは二五〇円。キリン一番搾り生中瓶は四三〇円、キリン一番搾り生ジョッキは三一〇円。

 つまみも安い。ポテトサラダ(一九〇円)、中華風味付けメンマ(一二〇円)、やきとりネギ和え(一七〇円)を頼む。このやきとりはセットメニューで勧めているやきとり丼(二三〇円)に使われるので無駄が無い。

 店内は一人客が多く、回転が早い。早いはずである。調理時間が短いのだ。そして、お客さんが注文を決めるのも早い。日高屋のシステムになれた常連客が多く、お客様が店のペースに合わせているように思える。
 中華そばを頼んだ人がいたので、出来上がる時間をiPhoneのストップウォッチで測ってみた。なんと1分かかっていない。中華そばが注文されてできるまで1分である。回転が早く、孤食の人が素早く食事を済ませたいというニーズに合う。
 その中で、日高屋で「ちょい飲み」だけで出てくる私のような客は少し異質である。
 生冷酒(三六〇円)を頼んでみた。
 
 アレルギーのある方がゴマ油を抜いて欲しいというニーズにもちゃんと答えている。
 
 とにかく静かである。一人客が多いからである。

 改札から三十秒の場所ですばやく飲んで、食事も済ませることが出来る。
 すぐそばのとんかつの松乃家、牛丼の松家でも「ちょい飲み」を推奨している。
 やはり、こういったチェーン飲食店は、居酒屋にとって強敵に違いない。

 すこしおなかが空いてきた。
 半ラーメン(二〇〇円)は締めに良いかもしれない。
 さきほどのホッピーセットの一人飲みの方も中華そば三九〇円を頼んでいた。
 でも、私は帰って食事をしなければいけない。

 午後七時一〇分から七時五十五分まで四十五分の滞在。食事の為に来た一人客の皆さんは十分とかかっていない。
 お勘定は一四一〇円であった。

 閉店は午前四時とのこと。これから長い夜が続く。


中華食堂「日高屋」天王町店
住所 横浜市保土ヶ谷区天王町2-46-17
電話 045-334-2700
定休日 無休
営業時間 11:00~ラストオーダー深夜3:30、深夜4:00閉店
交通 相鉄線天王町駅下車徒歩30秒。




 「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

 演出家守輪咲良の劇集団「咲良舎」と演技私塾「櫻塾」

 街の手帖については、コトノハ/街の手帖編集部へ。


テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

蒲田 立ち飲み「炙り安」第6回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第639回 2016年1月11日(水)  【地域別】 【池上線】 【時間順】 【がっかり集】


 蒲田 立ち飲み「炙り安」 第6回


  ~ 立ち呑み激戦区で人気の立ち呑み店  ~

  

 

     にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←新岳大典作小説無料公開中。「新岳大典」で検索してください。


 蒲田に用事があった時、ちょっとだけ寄る立ち呑み店といえば駅からすぐの立ち呑み激戦区にある「炙り安」さんである。2009年3月1日の第1回から数えて、今回で6回目の紹介。時折寄らせてもらうお店だ。

 

 店内は1階がカウンター席。手前からはじまって奥で左に曲がるL字カウンター。十人くらいが立てるだろうか。
 やはり、常連の皆さんは奥の店の入口が見える場所が落ち着くようだ。我々は入口に近い方に立たせてもらう。
 皆さん、入ってきてお互い声をかけあい、帰る時も挨拶をしてゆく。ここは常連の皆さんの集う楽しい酒場である。

 栄川原酒(五〇〇円)を発見。福島のお酒で、この銘柄を見つけると吞むことにしている。
 SAKURAサッポロラガー中瓶(五〇〇円)。

 珍しいツマミがあった。くわいの素揚げ(三〇〇円)である。
 さらに、タコのお刺身(三五〇円)も頼む。

 クワイは縁起の良い食材として、煮物にしておせち料理で食べられる。
 ちょっと調べてみると、クワイの食する部分は「塊茎(かいけい)といって、短縮した地下茎自身が肥大化し球状になったもので、薄皮で包まれていないもの」とあった。
 素揚げしてあるのでホクホクとして美味、ビールに合う。

 さらに、おでん。
 ちくわぶ(一〇〇円)、大根(一〇〇円)、牛すじ(一〇〇円)を選んだ。
 私がちくわぶを選ぶのは毎回のこと、最近はSAKURAは牛すじを頼むことが多い。

 

 二杯目はトマトサワー(三五〇円)を二つ。
 焼酎をトマトジュースで割ったトマト割りではなく、焼酎にトマトジュースを入れて炭酸で割るトマトサワーである。

 以前に来た時にも見かけた男性お二人が登場。数ヶ月前のことなのによく覚えているのは、その方々のホッピーの飲み方の為である。
 お二人はホッピーセットを頼む時、黒ホッピーセット白ホッピーセットを一つづつ頼んで、お互いの黒ホッピーと白ホッピーを半分づつ注ぎ、黒白ハーフホッピーにして吞むのである。
 淡色麦芽で造られるのがホッピー、濃色麦芽で造られるのが黒ホッピー、これをハーフにする飲み方もなかなか良いのである。
 この飲み方は私もやったことがあるがこれはこれで美味しい。二人で来て、仲良くハーフホッピーセットを吞む。これはもっと普及しても良い飲み方だと思う。
 
 サッポロラガー中瓶(五〇〇円)の二本目を頼む。ハーフホッピーに影響され、二人でビールをハーフでのんだのである。

 立ち呑み激戦区のこの通りにあって、人気の立ち呑み店は今日も盛況であった。

 午後六時四十五分から七時半までの滞在。この日は二人で三一五〇円であった。
 お勘定もハーフにすると一人一五七五円。


蒲田 立ち飲み「炙り安」
住所 東京都大田区西蒲田7-67-12
電話 03-6313-1657
定休日 第2第4日曜日
営業時間 17:00~23:00
交通 東急池上線・東急多摩川線蒲田駅下車徒歩1分、JR京浜東北線蒲田駅下車徒歩2分




 「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

 演出家守輪咲良の劇集団「咲良舎」と演技私塾「櫻塾」

 街の手帖については、コトノハ/街の手帖編集部へ。

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

吉田町 立ち飲み「蔵人」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第638回 2016年1月4日(水)  【地域別】 【池上線】 【時間順】 【がっかり集】


 吉田町 立ち飲み「蔵人」


  ~ 新年の横浜を歩く ~


  



  
     にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←新岳大典作小説無料公開中。「新岳大典」で検索してください。


 横浜市中区に吉田町という町がある。横浜市民でなければ知らない方も多いかもしれない。
 JR根岸線の桜木町駅の東側を流れる大岡川と、同路線の関内駅の西側の商店街、伊勢佐木モールに挟まれた町で、有名な野毛にも近い位置でありながら地味な印象があるけれど、最近はBARの街として注目されている。

 今回は吉田町を目的地として念頭に入れ、正月の横浜の街をsakuraと二人で歩いてみた。
 相鉄線の天王町駅を出発点として東へ。おなじく相鉄線の西横浜駅の歩道橋を渡り、藤棚の交差点に出て、長いだらだら坂を上がって行くと、ここには、昔市電が通っていたという。やがて、関東学院高等学校が右手に見えてくる。
 京浜急行の黄金町駅が遠くに見えてきた頃、左手の道に入って行き、京浜急行の線路の下をくぐり、大岡川沿いに出て、末吉橋という橋を渡ると、伊勢佐木モールに出た。

 歌手の青江美奈さんの「伊勢佐木町ブルース」のピアノの形をしたモニュメントがあった。その向こうに青江美奈さんのイラスト看板が見える。

 

 モニュメントには「伊勢佐木町ブルース」の譜面と歌詞が刻まれていた。

 

 正月らしく獅子舞が店から店へと巡ってゆく。
 イセザキモールには「美喜屋獅子舞工房」という獅子頭専門店があるのだから、当然といえば当然。
 久しぶりに良いものを見せていただいた。

 

 伊勢佐木モールをさらに関内駅方面へと歩いてゆく。そして、伊勢佐木モールの関内側の入口の巨大モニュメントの下に出ると左に曲がった。交番が見えてくる。
吉田町本通りといい、野毛方面へ抜ける道だ。交番を過ぎればそこは吉田町である。

 

 地面に照射された文字は「吉田町」、そして、ローマ字表記で「YOSHIDAMACHI」であった。
 ここは、よしだちょうではなく、よしだまちなのである。

 

 吉田町本通りの左手には、昭和三十年代初頭に建てられた吉田町第一名店ビルというビルが建っている。
 骨董店やBARが立ち並び、近年は「おしゃれな街」として認知されているようだ。
 そのビルが途切れた角を左に入ると左角に「立ち吞み処 蔵人」の文字。様々な雑誌やメディアで紹介されている看板である。

  

 吉田町 立ち飲み「蔵人」に入ってみた。
 こちらのお店は年中無休。正月の4日でも営業をされていた。
 
 入ると左側の柱を囲むように立ち飲むカウンターがある。左手の奥に調理場があり、その前もカウンター。角店なので左手側にも入口がある。右手の壁際にもカウンター。
 こちらは、テーブルの上のカゴにお金を入れて、そこから清算される方式。

 SAKURA生ビール(四〇〇円)、私は菊水辛口(五〇〇円)を頼む。

 新年会の流れの方々か。だいぶ元気で、酔って酒をこぼしたりしている。

 「愚痴こぼすな、酒こぼすな」というある美人女優さんの口癖を思い出す。

 つまみは、鎌倉ウインナ(三〇〇円)

 カップ酒(五〇〇円)の文字。今日は越後杜氏の里という銘柄である。

 酔っていたお客さんの差し入れのシューマイ二個を我々にマスターがくれる。

 帰る方もあり、酒屋さんがお酒やビールのタンクなど持ち込み、店内はリセット。
 我々も散歩のリセットが出来た。また、平日に来てみたいと思う。

 さて、散歩の続きである。
 お支払いは二人で千二百円。たぶん。 

 外に出ると再び吉田町本通りに戻り、再び野毛方面へ。都橋の向う河岸にあったのは都橋商店街。
 カーブした独特な形状の二階建ての飲食店が入るビルである。一階の店舗には道沿いから入り、二階の店舗へは、川側の二階廊下から入るようになっている。その二階側にあるのは有名なホッピー専門のBAR、ホッピー仙人さん。
 前回、おじゃましたのは、真夏の2016年8月1日、その時のことは、第621回で紹介している。
 二階廊下へ上がってみた。

 

 ホッピー仙人さんは正月休みなのでまだ開店していない。

 

 それから、都橋から野毛の辺りを歩いてみた。開けていない店も多い。
 古くからある寿司店「秀吉」さんで軽く夕食。

 

 新年4日目の比較的静かな正月の横浜散歩、獅子舞を見たり、なかなか楽しい散歩になった。



 

吉田町 立ち飲み「蔵人」
住所 横浜市中区吉田町3-11 1F
電話 045-261-3357
定休日 年中無休
営業時間 17:00~23:00
交通 JR関内駅下車徒歩3分。



 「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

 演出家守輪咲良の劇集団「咲良舎」と演技私塾「櫻塾」

 街の手帖については、コトノハ/街の手帖編集部へ。

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

元住吉 平沼橋 天王町 蒲田 吉田町 保土ヶ谷 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 武蔵新田 二俣川 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 王子 十条 世田谷 山下 豪徳寺 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる