FC2ブログ

西横浜 揚げ屋「一献」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第605回 2016年1月16日(土)  【地域別】 【池上線】 【時間順】 【がっかり集】


 西横浜 揚げ屋「一献」 

  ~ 藤棚商店街の楽しみ ~


  


 最近、横浜市西区の西区役所の近くにある商店街を歩くことが多い。
 いわゆる藤棚商店街と一言で言われている商店街は、実は、久保町ニコニコ商店会、協同組合サンモール西横浜、藤棚商店会、藤棚一番街協同組合、西前銀座商店街協同組合という五つの商店会からなっている。この五つの商店街で藤棚地区商店街連合会が構成されているのである。藤棚商店街はカフェや喫茶店が多くあり、くつろぐ場所が多くある商店街なのだ。そして、今日の目的地は揚げ屋「一献」である。

   ←揚げ屋「一献」

 歩き回るうちに、西前銀座商店街協同組合から少し入った、願生寺さんというお寺のすぐ前にある「シネマノヴェチェント」という小さな映画館を発見した。

   ← 映画館「シネマノヴェチェント」外観

  外には、懐かしい有名映画俳優の絵看板が上がっていて楽しい。
  スティーブ・マックイーン、ジョン・ウエイン、オードリー・ヘップバーン、アラン・ドロン、萬屋錦之介、志村喬・・・。
 でも、あまりにも懐かしい時代のスターばかりなので若い方は誰なのか解らないかもしれない。

   ← 映画館「シネマノヴェチェント」入口

 席数28席というこの小さな映画館「シネマノヴェチェント」のすごいところは、映画を見るだけではなく、ロビーでおつまみをいただきながらお酒を飲むこともできることなのである。

 後日、館内を見学させてもらい、さらにその数日後、実際に映画を見させてもらって、少しお酒も飲ませてもらった。

 商店街沿いに出て、少し歩いて揚げ屋「一献」さんまで戻った。

   ←揚げ屋「一献」

 赤提灯を見ながら、暖簾をくぐり店内に入る。入って左手に四席のテーブル二つ。カウンター席五席。照明は消してあったけれど、奥まで奥行きがあり、トイレの手前に一〇席程度が小上がり座敷もある。
 左手の四人テーブル席に二人で座る。手前の四人席に先客のお二人。カウンターで楽しそうに話す常連客の皆さん。
 完全に地元密着のお店である。

 私はレモンサワー(三五〇円)、sakuraは生ビール(三八〇円)にする。
 散歩のあとの一杯はうまい。

 お通しはない。これは実に良い。
 料理を食べず、酒だけを飲み続ける客もいる。お通し代をとるのは、お店側の生活防衛かもしれない。
 でも、ちゃんとツマミを食べる人は、頼まないものを食べさせられるという不当な感じを受けてしまう。
 お店を新しく始める方には「お通しを出すのはあまりおすすめできない」と言うことにしている。
 価格に対して内容が伴わないお通しを出された時、私は次回の来店を考えてしまう。
 こちらのお店はその点とても良い。

 こちらは、串揚げのお店である。カボチャ(八〇円)、イカ(一〇〇円)ホタテ(一三〇円)、レンコン(八〇円)二本を頼んだ。
 串揚げをマスターが細かいパン粉で揚げたサッパリタイプ。私の好きな姿である。
 揚げたそばからマスターがタイミングよく席まで運んでくださる。

 メニューを見れば、カツ丼(六五〇円)やカツカレー(七五〇円)などもある。
 
 ゆるい時間が過ぎて行く。sakuraと二人、次回の映画鑑賞の予定を考える。

 芋焼酎お湯割(四〇〇円)と鶏ポン酢(一八〇円)もいただく。

 マスターの細かい気づかいと優しさを御常連の方々との会話の中に感じた。
 また、来よう。そう思わせるお店だ。

 午後六時から七時まで一時間ほどの滞在。御勘定は二人で二一六〇円であった。







西横浜 揚げ屋「一献」
住所 神奈川県横浜市西区中央2-3-11 小暮ビル1F
電話 045-321-2601
定休日 ?
営業時間 ?
交通 相鉄線西横浜駅徒歩8分/京浜急行戸部駅下車徒歩7分。



 「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

 演出家守輪咲良の劇集団「咲良舎」と演技私塾「櫻塾」

 街の手帖については、コトノハ/街の手帖編集部へ。

西横浜

Comments 0