居酒屋探偵DAITENの「がっかり録」第5回/その伝説は継承されず

居酒屋探偵DAITENの「がっかり録」第5回    【地域別】 【時間順】 【がっかり集】


その伝説は継承されず



 友人と「1軒だけ飲もう」ということになった。他にも候補はいくつかあったが、最終的に選んだのは、一年以上前に、数回行ったことのある五反田の店であった。
 その店は、レモンサワー発祥の地として伝説の店となっている某有名店と同じ名前である。フランチャイズや直営で様々の業態の店をたくさん経営している会社が「伝説の店」のノウハウを踏襲して作った店であるという。

 午後7時少し前、かなり混んでいることを想定して店に入った。しかし、思いの外、空いている。中央に大きなコの字カウンターがあり、20人ほどが座れるようになっている。左手には、4人掛けのテーブルが7つほど並んでいる。
 コの字カウンターには、3人ほどのお客さんが座っていた。テーブル席も半分程度の入り。私たち二人はすぐに一番奥の方のビールケースを積み重ねて、板を乗せた席に座った。

 私は、ホッピー氷なしを頼んだ。友人は、麦焼酎お湯割りを頼んだ。つまみは、マカロニサラダたこぶつを頼んだ。焼き物は、たん、はつ、かしら各2本を塩である。
 しかし、どうも注文がうまく通らないのである。アジア系外国人の女性従業員がよく解らないというのは仕方ないと思うので、あまり気にならない。しかし、日本人の若い男性もメニューの内容をまったく理解していないようであった。

 ホッピーをすぐに飲んでしまい、私はレモンサワーに移行した。
 「伝説の店」の名物飲み物は「サワー」である。250円という安い価格で、氷と焼酎の入ったジョッキに、炭酸1瓶、二つ割のレモン1個、搾り器がセットでやってくるのである。

 しかし、ここには、「サワー」というものはメニューに無い。焼酎200円、炭酸100円、レモン100円というバラで売られている。合計すれば400円になる。一般的な居酒屋での「生レモンサワー」の価格からすれば安い方ではある。
 250円という価格に、インパクトを受け、店の誠意と努力を感じていた私のような人間からすれば、これは大きな違いである。この1点だけで気持ちが萎えるのである。
「ここは、別のお店なんだ」と思い知らされた。
 
 レモンサワーの後は、ホイスである。つまみは、あつ揚げ(180円)、もつ煮込みを頼んだ。180円のあつ揚げは安い。しかし、壁に「価格破壊」と大きく書くほどのことはない。

 クエン酸サワーという飲み物を頼んだ。酸味が強く私は好きな味であった。友人は、ホッピーと、焼酎(中)を繰り返し飲んでいた。生キャベツ、穴子煮も頼んだ。この穴子煮は、妙な酸味があり不思議な味であった。

 電波の状態が悪く、画面が荒れた状態で放送内容がまったく解らない「白黒テレビ」が付けっぱなしになっていた。誰も見ていない。内容が解らないので見る人はいないのである。「昭和レトロ」な雰囲気を作るためであろうか。しかし、地球温暖化の時代、電力の無駄としか思えない演出である。

 約1時間半ほどの滞在。二人で5,410円であった。価格的にもインパクトはない。もつ焼きや煮込みの味にもこれといって特筆するべきものはない。何も知らず入れば、町中にある普通の店として客は入ると思う。しかし、伝説のあの店の名前とノウハウを継承する店としては力不足となってしまっていた。

 「そうだ、伝説のあの店に近々に行こう」、店を出てすぐにそう思った。


 (了)

 前回の居酒屋探偵DAITENの「がっかり録」へ

   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  ←クリックお願いします。

  



「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

あの人はいませんでした

私もすぐに気がつきましたが、
あの人はいませんでした。
ゆえに、強引に何かをすすめられる
ということもまったくありませんでした。
なんだか、店全体が自信を失っているように
感じられてしまったのです・・・。

こんにちは。
あの店に行ってきましたか。威勢のいい、気分の悪くなるおっちゃんは居ましたか?あのおっちゃんが居るので僕は足が遠のいていますが・・。

しかしまぁ、五反田のお店より祐天寺のほうが良いとは思うのですが、あんまり書くと中目黒のマスターに怒られそうなのでこれ位にしておきます;-)。

次回は是非祐天寺へ;-)。
FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

元住吉 天王町 蒲田 吉田町 保土ヶ谷 黄金町 所沢 自由が丘 平沼橋 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 武蔵新田 二俣川 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 王子 十条 世田谷 山下 豪徳寺 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる