FC2ブログ

天王町 ダイニング・バー「サロン・ド・ライオン」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第636回 2016年12月4日(日)  【地域別】 【池上線】 【時間順】 【がっかり集】


 天王町 ダイニング・バー「サロン・ド・ライオン」


  ~ どこか遠くの外国の街に来たような ~

  
  
 その不思議な外観に惹かれて一年前くらいに入ってみて、すでに、7、8回は来ているだろうか。
 店の外の壁に手書きの黒板メニューがあった。
 この位置から格子越しに店内をのぞいてみる。遅い時間は混んでいるけれど、今日はまだ早い時間なのですいている様子だった。

  


 入口を高い格子状の塀で囲まれいる。独特な外観だ。
 その左手の一部を開けると中に入ることができるが、基本的に開店時は開いている。
 格子の中の右手の外側にはカウンター席があって、ここで外を見ながら呑むこともできる。
 店の中に入ると、左手端から右手奥方向に、八人ほど座れるL字カウンターがあり、その中は調理場。L字カウンターの右側にテーブル席があり五人ほどが並んで座れるようになっている。

  

 今日は先客は一人。カウンターの右角の先に座る。いつもなんとなくこの場所が定位置。
 
 「いらっしゃい」とマスターの低音の声。
 「ハートランドの生ください。」

 ここでは、必ずハートランドビール生(五〇〇円)を毎回頼むことにしている。

 こちらのお店は食べ物、つまみ類が豊富である。 
 ツナポテサラダ(四〇〇円)はいつものメニュー。

 一時、マスターが外国への長期新婚旅行の為、お店を留守にして、従業員の女性たちだけで営業されていた頃があった。
 一年以上前のことだろうか。その時の話をマスターと少しする。

 ツナポテサラダは、作り置きではなく、その都度作ってくれる。
 これが美味しかった。中身はポテト、きゅうり、玉ねぎ、ツナ。レシピを盗みたい。

 二杯目は芋焼酎にする。

 「黒霧島ください」
 「飲み方はどうされますか」とマスターの良い声。
 「水割で・・・」
 「黒霧島、水割ですね」

 このやりとりのマスターの声がいい。

 芋焼酎黒霧島水割り(五〇〇円)。

 入口の扉が開いて、数人のお客様たちが入ってくる。にぎやかな様子。
 マスターとのやりとりで常連であることがわかる。
 「まなぶさん」とマスターのことをみんなが呼ぶ。
  
 マスターは〈まなぶさん〉である。。

 そばのお店であったイベントで飲んでいたらしく。
 その店名にはなじみがある。十時間も呑んでいるそうだ。

 「何か作りましょうか?」とマスター。

 ブロッコリーを食べたいいう青年。マスターが何かブロッコリーを使った料理を作り始める。

 どこか、ドラマの「深夜食堂」のようなやりとり。

 もう一杯、ハートランド生(五〇〇円)を呑むことにした。

 皆さんの話を聞きながら独り呑む。
 酒場を巡る人々の物語がここにはある。

 「何故、サロン・ド・ライオンという店名なんですか?」

 とマスターに聞いてみた。

 「分かりやすくしたかったんです」とのこと。

 BARという形態は居酒屋以上に客同士の関係が濃いものだ。
 やがて、入ってきた女性二人。彼らもマスターを「まなぶさん」と呼んでいた。
 まなぶさんは若い女性客のゲームの相手もしてあげる。
 まなぶさんは本当に声が良い。
 
 流れる音楽を聞く。

 「この音楽は何ですか」と聞いてみた。
 「キャプテンビーフハートです・・・」とマスター。
 フランクザッパの友達である。

 店内が混み合ってきたので退散することにした。
 これからは常連の皆さんの時間である。
 いつも混んでいる店だ。
 
 つまみ一品、酒三杯で一九〇〇円。
 
 天王町には外国人の姿が多い。様々な言語が聞こえてくる街だ。
 「サロン・ド・ライオン」は、どこか遠くの外国の街の酒場のようである。


天王町 ダイニング・バー「サロン・ド・ライオン」
住所 横浜市保土ケ谷区神戸町4-3-1
電話 050-5861-0812
定休日 火曜日
営業時間 [月~土・祝前日] 18:00~28:00 [日] 15:00~25:00 [祝] 18:00~25:00
交通 相鉄線天王町駅下車徒歩2分。



 「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

 演出家守輪咲良の劇集団「咲良舎」と演技私塾「櫻塾」

 街の手帖については、コトノハ/街の手帖編集部へ。

天王町

Comments 0