FC2ブログ

平沼橋 やきとり「たにむら」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第641回 2016年3月3日(金) 
【横浜市】 【池上線】 【その他】 【時間順】 【がっかり】


 平沼橋 やきとり「たにむら」


  ~ 横浜環状一号線浅間下バス停前の焼き鳥店 ~

  

 横浜駅周辺を散歩することが多い。
 横浜駅西口側に出ると高島屋デパートの北側を歩いて、帷子川(かたびらがわ)から分流する新田間川(あらたまがわ)が横浜駅前の手前で直角に曲がる辺りの内海橋を渡り、そのまま岡野交差点を渡って、次の岡野公園交差点へ至り、交差点を右へ曲がった。
 しばらく歩いて、再び新田間川(あらたまがわ)にかかる橋を渡って、浅間町郵便局の交差点を左に曲がり環状一号線の歩道を歩いていると浅間下バス停があった。
 今日の目的地はそのバス停近くにあるやきとり「たにむら」

 

 やきとり「たにむら」さんを知ったのは、第613回で紹介した天王町の焼き鳥「とりいちもんじ」さんの本店が浅間下辺りにあって、店名をやきとり「たにむら」というらしいと人から聞いたのである。

 今まで二回ほど店の前まで来てみたのだけれど、いつも満席の様子。入れずにそのままバスに乗って移動した。

 

 入ると右手に十人ほどが座れるL字カウンター。今日は不思議と空いていて、店内に先客は二名。
 カウンターの真ん中辺りに座らせてもらう。カウンターの中にお店の方が二人。いずれも男性だ。

 まずは、茅ヶ崎の酒、天青(六五〇円)の熱燗を頼む。

 チロリで温めた燗酒。少し吞むと、チロリに残った分もぐい呑に入れてくれる。

 やきとりを頼む。もも(一六〇円)、ぼんじり(一六〇円)、せせり(一八〇円)、なんこつ(一八〇円)を各一本。

 母さんのポテトサラダ(三〇〇円)はきゅうり玉ねぎが多く入っている。健康を考えてくれるから「母さんの」なのだろうか。

 やきとりを食べていると、「塩加減大丈夫ですか?」と笑顔で聞いてくれる。
 気を使っていろいろと声をかけてくれるのは支店と同じである。

 カウンターに座っていた先客の方が立ち上がる。
 そして、「時刻見てくる」と外へゆき、すぐに戻ってこられた。
 浅間下バス停はたくさんの系統のバスが通るので便利である。


 鶏肉専門店「梅や」というシールが焼き台側に貼ってある。

 先日、「かたびら・スペース・しばた。」の柴田オーナーが買ってきてくれた焼き鳥も「梅や」だった。鶏肉専門店「梅や」野毛都橋の近くにある有名な鶏肉専門店である。

 ささみ(一四〇円)はうめみそわさびゆずから選ぶ。うめにすることにした。ねぎ(一四〇円)も塩で頼む。
 
 少しのどが渇いた。ちっちゃいビール(三五〇円)で締めることにした。

 さあ、バスが来る。帰ろう。お勘定をお願いする。
 午後七時から七時四〇分まで四〇分ほどの滞在。お勘定は二六二〇円であった。

 因みに、やきとり「たにむら」さんは環状一号線沿いの浅間下バス停そばにあり、支店の「とりいちもんじ」さんも同じく環状一号線沿いの大門通りバス停前である。




平沼橋 焼鳥「たにむら」
住所 横浜市西区浅間町2-101-3
電話 045-313-0094
定休日 火曜日
営業時間 月曜・水曜~土曜 18:00~07:00 日曜日・祝日 18:00~23:00
交通 相鉄線平沼橋駅から徒歩8分/JR横浜駅西口から徒歩15分




 「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

 演出家守輪咲良の劇集団「咲良舎」と演技私塾「櫻塾」

 街の手帖については、コトノハ/街の手帖編集部へ。

平沼橋

Comments 0