居酒屋探偵DAITENの「がっかり録」第8回/中目黒・金曜日の杞憂

居酒屋探偵DAITENの「がっかり録」第8回    【地域別】 【時間順】 【がっかり集】



中目黒・金曜日の杞憂




 SAKURAと二人向かったのは、居酒屋ファンならば誰でもが知っている中目黒の有名店である。
 ある舞台関係の社長さんからその店を教えていただいたのは、もう十数年前であった。「店は小さいけれど、安くてうまい物を出す居酒屋がある。でも、いつも混んでいるので今日は入れるかどうか・・・」とおっしゃる。行ってみると、やはり満席で入れなかった。
 それを機に、中目黒での稽古帰りに数人で時々寄るようになった。お連れした俳優の皆さんやスタッフも喜んでくれた。裏通りの小さな店なので、ふりの客は少ない。ほとんどが常連客のようであった。それは、お店の方がほとんどのお客さんを名前や愛称で呼ぶのですぐに解った。これがこの店の客との距離感なのだなと思ったものである。それからずいぶんと時が流れた。


 ある金曜日の夜、今日も入れないことを覚悟しながらその店の前までやってきた。しかし、春の嵐とも言える大雨の日であり、すでに午後10時を過ぎているので、少しは空いているかもしれない。
 引き戸を開けてみる。だが、予想に反して、店内はほぼ満席の様子であった。
 普段は通路になっている場所に席を作ってくれ、やっと入ることが出来た。

 瓶ビール大瓶を頼み、のどを潤す。店は十数年前に比べて数倍に拡張されていた。その広い店内が客でいっぱいである。私の座らされた場所がちょうど要の位置なので、私の身体が人通りを止めてしまうのではと心配になる。帰る客がいる。どんどん入ってくる客もいる。すぐ近くのトイレの前に列ができた。とても午後十時過ぎとは思えない盛況ぶりである。
 店内は混乱していた。すでに、品切れとなっているツマミも多かった。ホッピーの氷無しを頼んだのに、氷入りで出てくる。しかし、特に怒ったつもりはないが、反応した私の声が大きかったのか、顔が恐かったのか、すぐに気がついて取り替えてくれた。

 次々に注文が飛び交う。店員が通りかかると、どんどん注文の声がかかる。すでにお客さんたちもずいぶんと酔っているので、自分の注文を通すことだけを考えている。大声で叫ぶ。店員と客のタイミングも合わない。まるで、アメリカのドラマ「ER」の手術シーンを見ているように言葉が飛び交うのである。実に落ち着かない。
 
 やがて、常連客らしい年輩の男性がやってきた。店の人がカウンターの左右の客に声をかけてづれてもらい、そこに椅子を持ってきて、やっと座ることが出来た。
 店内のほとんどが若い客である。女性比率も高い。男女の合同コンパのような雰囲気の団体もいる。会社帰りのサラリーマンらしき集団もいる。ほとんどがグループ客なのである。その中に大声で騒ぐ若い娘がいた。太く雑音の多い声質である。自分の声がどんなに他人にとって耳障りなのか解らないようである。周囲の客がその娘を見る。しかし、本人は気づかない。今時の言葉を使えば「KY=空気が読めない」なのである。こういう女性客はチェーン居酒屋でよく見かける。店の人は無視をしている。やはり、さりげなく注意をするべきである。

 そんな喧噪の中、ボトルキープされた焼酎を飲みながら、窮屈そうに一人座っている常連らしき男性客。昔はこの店の主役は、このような男性の独り客であったに違いない。何かが変わってしまった。
 SAKURAが「あの頃の常連さんは、ほとんどいないでしょうね」と言う。

 今や予約をしないと入れない店になってしまったそうである。30分ほどで外に出ることにした。お勘定をお願いする。価格は昔ほど安くはない。お通しの価格が高かった。

 店の外に出る。ホッとする。
 「金曜日に来たのが失敗だね」と私が言うと、
 「もう私はこの店に来ることはないと思う」とSAKURAが言った。
 もの皆、変わってゆくのである。

 今日の私の一言、「店にとって最大の見方も最大のも客である」

 (了)

  前回の居酒屋探偵DAITENの「がっかり録」へ


    ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  ←クリックお願いします。



「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

そう思われます

mariruu様

ご想像のお店だと思います。ついついノスタルジックになってしまい。愚痴が出てしまいました。

どうして予約があんなに入るのか。それは有名になってしまったから。
そして、良い店があると、書いて宣伝してしまう自分がいる。
宣伝をすれば、ますます予約が入る。
そして、混みすぎて客が入り過ぎると愚痴を言ってしまう自分もいる。
自己矛盾に悩む今日この頃です。

横浜のある有名もつ焼き店には
「インターネットのグルメサイトで情報を得て来たお客さんには何も売りません」と書いてあったそうです。
何かあったのでしょうね・・・。
近所の一般常連客と、グルメサイト等で情報を得て遠くからやってくる流れ者客。
この2つの勢力のバランスの問題ですね。

やはり、店は団体客の為だけのものではないですね。日本人は一人一人は良い人なのに、
集団になると急に我が物顔になり、暴走する傾向にあります。

私も劇団などという物をやっておりますで、気をつけたいと思います。



恐らく・・・

あのお店ですね?
確かに金曜の夜は団体が入りすぎで落ちつかないかも知れませんね。特にテーブル席だと。
カウンターだと、狭くはありますが、結構楽しめます。他の独り客さんと話しが合ったりして。

って、、全然違う店の話しでしたら、ごめんなさい。
FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

元住吉 天王町 蒲田 吉田町 保土ヶ谷 黄金町 所沢 自由が丘 平沼橋 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 武蔵新田 二俣川 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 王子 十条 世田谷 山下 豪徳寺 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる