居酒屋探偵DAITENの「がっかり録」第1回/がっかりは渋谷センター街から

居酒屋探偵DAITENの「がっかり録」第1回    【地域別】 【時間順】 【がっかり集】




 がっかりは渋谷センター街から


 「居酒屋探偵DAITENの生活」では、自分が比較的良いと思えた店だけを紹介するようにしている。ゆえに、紹介できる店を探してずいぶん飲み歩いてもいるのである。その中で、「はずれの店」も多々あり、がっかりさせられる場合も多いのである。だからといって、その店の名前を公表して、本文である「居酒屋探偵DAITENの生活」の中で酷評、逆宣伝をするエネルギーも私にはない。

 しかし、「これは考えものだな」と思う店に出会った時のやり場のない思いをなんとかしたいのである。
 私の基準は特別に高いわけではない。「比較的質の良い食材を提供してくれ、ごく普通の皆さんが気軽に寄ることが出来る雰囲気であり、価格の安い店であること。」それだけである。さらに、儲ける為だけを考えた「方法」「システム」「マニュアル」が露骨に見える店も好きにはなれない。

 今回から居酒屋探偵DAITENの「がっかり録」というカテゴリーを増やさせてもらうことにした。がっかりした店について、店名を伏せて「愚痴」を言わせていただくのである。


11月某日 渋谷の某立ち飲み店

 その店の場所は渋谷で最も若者たちが集まるであろう地域である。日曜日の午後4時であるから店の前の道に会社員は歩いていない。ほとんどがカジュアルなファッションの若い男女ばかりである。
 日曜だけ午後4時からやっているという。広い店内に丸い立ち飲み用の高いテーブルが点在しており、その向こうにも、同じように胸の高さの立ち飲みL字カウンターがあり、その中が調理場になっている。70人位は入ることが出来るのではないだろうか。大箱店である。
 
 店の外にあった生ビール200円という看板に誘われて入ったのである。さっそく、生ビールを頼む。カウンターに小さなカゴが置いてあって、その中にお金を入れておくと、店の人間が値段を言いながら、精算してゆくというシステム。客の出入りを監視する必要が無いので店側としては便利である。客側も最初に金を入れておいて、今日はこの予算で飲むと決めてしまえば、それ以上飲まずに済むので良いかもしれない。

 しかし、後から小銭をカゴに追加すると、いくら払ったから解らなくなってしまうので、割り勘には不向きかもしれない。やはり、自分の呑んだものは自分で払うと決めてカゴを人数分用意するか。全部俺が払うという人が中心の飲み会に良いのかもしれない。領収書が必要な場合も不向きである。まぁ、こんな大箱の立ち飲み店で領収書をお願いする人はいないだろうが・・・。

 飲み物のメニューを見ると、ホッピーセットが500円であった。二杯目の飲み物として、実験的に「ホッピー1つ」とだけ言ってみた。すると自動的に氷と焼酎の入った小生ビールグラスにホッピーの瓶がついてやってくる。中身の焼酎を他のジョッキに移して量を計ってみると、所謂、ホッピージョッキの下の星程度の量であった。少ない焼酎の量で500円というのは、家賃の高い場所であるにしてもちょっと考え物である。

 この店は、他の飲み物も全部500円という単価になっている。最近のあまり酒を飲まない若者、1杯の甘いドリンクを前に置いて、1時間も話し続ける若者たちを相手に商売をするには、仕方がないのかもしれない。 ドリンクを500円という高い価格に統一したのは商売として、これが戦略なのかもしれない。しかし、何杯も飲みたい親父世代にはそっぽを向かれるかもしれない。事実、私たちの後に入って来たカジュアルなかっこうをした壮年男性はビール1杯を飲んだだけで出ていってしまった。

 フード関係は、300円から500円、何品か取ってみたけれど、ちゃんと量と価格のバランスを考えてあって、客側から見たお得感はない。特にうまい訳でもないが、まずい訳でもない。無難な線を出ない。
 日曜日の夕方という時間であるから、平日に来てみないと解らないけれど、若者たちが呑みながら話をするカフェの延長のような店なのかもしれない。

 今回書いたような店を私は「一期一会の店」と呼んでいる。仲間と話す時も、「今回は一期一会だったね」と話すことにしている。「こんな店、二度と来ない」などとお下劣な言い方はしないことにしている。
 
 居酒屋探偵DAITENの「がっかり録」に、最後までおつきあいいただき、まことに申し訳なく思うのである。そして、また、このような「愚痴」をこれからも書いてしまうことをお許し願いたい。


 (了)


   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  ←クリックお願いします。


「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる