FC2ブログ

北品川 居酒屋「ほ志乃」

居酒屋探偵DAITENの生活 第165回  2008年12月22日(月)  【地域別】  【時間順】



北品川 居酒屋「ほ志乃」


  北品川ほ志乃外観    にほんブログ村 グルメブログへ ←「東京食べ歩き」参加中。

 前回の続きである。ASIMO君と二人、旧東海道「江戸」の方向に歩き始めた。本日の本来の目的の店に向かう為である。すでに午後9時近くなっていた。
 正面に京浜急行の踏切が見え、電車が通ってゆく、その少し手前の右手に目的の店「ほ志乃」がある。2時間近く前に来て、満席で断られた店である。ガラス窓越しに見ると、やはり満席の様子だ。祈るような気持ちで開けようとすると、ガラス戸越しに人の動きがある。お勘定を済ませ、外に出る気配である。この人たちが座っていた席に座ろうと思い、入口で待つ。やがて、かなり先輩の方々が外に出てきた。三人が出てきたのに、残りの二人がなかなか出てこない。「よいお年を」などとお店の方々に挨拶をしている。常連の皆さんに違いない。先に出た人たちが「待っている人がいるんだから早くしろ」と言ってくれる。すれ違う時に「すいませんね」とおっしゃる。皆さん良い機嫌である。
 こちらの店は、テレビ東京の「出没!アド街ック天国」北品川の回で21位となっていたお店だ。ブログやグルメ情報でもよく取り上げられている。混んでいるのも仕方がないのである。

 中に入ると、右手に5人が座れるテーブル席が空いていた。その向こう側に四人席テーブルが二つ。その向こうにも四人席テーブルが一つある。左手には8人ほど座れるカウンター席。カウンター席の中は調理場である。天井に扇風機が取り付けられ、蛍光灯の明かりに照らされた店内は食堂のような雰囲気である。飾ったところの少しもない合理的な店構えである。真ん中のテーブルと奥のテーブルの間を通り抜けると、右手奥にトイレがある。

 さっそくホッピー(400円)を頼む。事前の情報通り、ホッピー瓶がついてくるのではなく、グラスに作った状態で出てくる。当然、私の氷無しのホッピーは少な目である。ここは残念な点である。
 まずは、焼き物を頼む。カシラ(120円)、レバ(120円)、シロ(130円)を2本ずつと、こちらの店の名物である煮込み(500円)をお願いする。
 煮込みは噂通り美味であった。やがて、やって来た焼き物も良い。ASIMO君が「このシロは臭みがまったくなく、弾力も適当にあって、うまいですね」と言う。本当である。シロは、よく洗わなければならないので手間がかかる。他の焼き物よりシロが10円高い理由である。さらに、ニラたまご炒め(500円)も注文した。

 ここで私はお酒に切り替えることにした。あさ開冷酒(800円)である。ASIMO君はレモンサワー(400円)に切り替え、繰り返し飲んでいた。
 さらに、さつまあげ(500円)を注文する。この〈さつまあげ〉はインパクトがあった。よいつまみになる。
 〈ニラたまご炒め〉がなかなか出てこないので聞いてみた。やはり忘れられていたのである。しかし、後の対応が良い、〈ニラたまご炒め〉とは別に〈スパゲティサラダ〉をサービスで出してくれたのである。この気配りがうれしい。酒のみはそんな小さなことで、その店を好きになってしまうのである。「損して得を取れ」とはこのことである。
 トイレに入ろうとすると、お店の方が「頭に気を付けてください」と言ってくれる。このトイレは入口の高さが低いので長身の方は注意された方がよい。お店の方がちゃんと客を見ているのである。まさに気配りである。

 やがて、午後10時のラストオーダーの時間になった。
 感動のシロを再び2本焼いてもらうことにした。さらに、レモンサワー(400円)を2杯頼んで締めとした。シロの美味しさを再度確認する。

 午後9時から10時45分まで1時間45分の滞在。お勘定は二人で5,700円であった。

 お勘定を済ませ、外に出ようとする。すると、ある程度の酒量を呑むと出始めるASIMO君のクシャミが始まった。「実に懐かしいねえ」と言う。楽しそうにASIMO君が笑った。北品川駅には戻らず、京浜急行の踏切を渡って、目の前に見えている品川駅を目指し歩き始めた。素晴らしい夜景が広がっている。そして、来年の1月、以前から検案の世田谷線の有名店での鍋の約束をする。楽しみである。
 今日も新しい店との出会いがあった。旧東海道の居酒屋旅は今後の課題の一つとなったようである。


北品川 居酒屋「ほ志乃」
住所 東京都品川区北品川1-3-20
電話 03-3471-2596
定休日 土日祝日
営業時間 17:00~23:00(LO22:00)
交通 京浜急行北品川駅下車徒歩3分。
ホッピー有。(瓶は付かないグラス売り)


にほんブログ村 グルメブログへ ←にほんブログ村の「関東食べ歩きランキング」に参加しています。こちらをクリックお願いします。

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」
北品川

Comments 0