洗足池 居酒屋・季節料理「一藤」

居酒屋探偵DAITENの生活 第206回  2009年5月1日(金)   【地域別】  【時間順】


洗足池 居酒屋・季節料理「一藤」

   洗足池「一藤」外観   にほんブログ村 グルメブログへ ←「東京食べ歩き」参加中。


 銭湯に行きたいと思い、夜道を歩き始めた。東急池上線の洗足池駅前から商店街を南東方向に歩き、ちょうど商店街の終わり辺りである。
 そこに「小松湯」という銭湯がある。「小松湯」の周りには中華料理店、そば屋、寿司店、沖縄料理居酒屋など飲食店が集まっている。
 その「小松湯」の斜め前に一軒の居酒屋があった。この店は何年も前から気になっていた店である。しかし、何度行ってみてもその度に営業していないのであった。営業していても急いで帰らなければならない日であったりして何故か縁の薄い店であった。実に三年がかりでついに中に入ることが出来たのである。このことは、第133回西馬込 居酒屋「とんちゃん」の回でも書いている。

 古い店構えである。アクリル製の白い看板には「季節料理 一藤」と書いてあった。赤い小さな提灯には「居酒屋 一藤」と書いてある。

   洗足池「一藤」提灯

 ガラス戸を開けて中に入ると、左手には四人掛けのテーブルが一つ。右手には六人が座れるカウンターがある。奥には座敷があって、座卓に六人は座れるようである。しかし、座卓の上には植木が置いてあって、なにやら生活用品が置かれている。客が座ることはあまりないようである。
 カウンターの一番奥に女性一人、その手前に男性一人、左手のテーブル席に男性二人が座っている。年齢層は高い。カウンターの中にマスターとママさんがいらっしゃる。お二人とも年輪を重ねたご様子。

 まずは、レモンサワー(350円)をお願いした。ママさんがゆっくりとレモンサワーを作ってくださる。カウンターの上にはネタケースが乗っていて、魚介類がたくさん入っており、白地に赤文字の値札が添えてある。こちらの店は刺身類が主な食材のようであった。レモンサワーと一緒に出てきた突き出しは、ポテトサラダと佃煮であった。レモンサワーを受け取る時に、生まぐろぶつ切り(500円)を頼んだ。この日、夕食に「まぐろの串焼き」を食べているというのにまた頼んでしまう。「マグロ好きの日本人」の一人である自分をつくづく感じる。

 ママさんは品が良い。カウンターの上から生まぐろが出される時、私の隣に立って「お父さん、こちらからお願いします」とおっしゃる。マスターから器を受け取ると、丁寧に私の前に置いてくださる。ゆったりとした微笑ましいやりとりである。
 最近、東京城南居酒屋探偵団のメンバーであるcroquettepunchさんのブログでこちらの店が紹介されていた。その中でも書かれているように、生まぐろの刺身の上に、青唐辛子と貝割れ大根がのせてあった。青唐辛子と一緒にマグロをいただくと美味いことをここで発見したのである。

 一人客の方が入ってきた。マスターがそばに行って声を掛ける。皆さん楽しく話していらっしゃる。ママもマスターもお客さんたちと話し込む。お客さんたちがママを誉める。ママが謙遜する。そして、ちょっとした合間にママがマスターをいたわる様子が微笑ましい。
 話の間を推し量って、焼酎緑茶割り(350円)と美味うるめ(500円)をお願いした。 常連の一人客の方が「大根おろし、味噌入れて」とおっしゃる。細かいリクエストにちゃんと答えている。

 うるめいわしは本当に美味であった。やはり、お酒を飲みたくなってしまった。しかし、これから銭湯に入るのである。我慢をすることにした。
 緑茶割りもなくなった頃、男性二人客と女性客が帰られた。店内は、私の他に男性の一人客二人だけになった。ママとマスターがこれから遅いお食事をされる様子である。
 「たしか、○○が残っていたでしょ、あれを食べようよ」といった日常のやりとりが微笑ましい。お食事を邪魔してはいけないと考え、お勘定をお願いした。支払いを済ませると、ママさんが丁寧に送り出してくれた。穏やかな一時を過ごすことが出来た。

 午後9時25分から10時25分まで1時間の滞在。二杯二品を守ることが出来た。支払った金額は1,900円であった。

 さて、銭湯である。すぐに斜め前の銭湯「小松湯」さんに入った。お客さんが少ないので、ゆったりした気分で風呂に入ることが出来た。実は私は「居酒屋巡り」を趣味とする前は「銭湯巡り」を趣味としていたのである。大田区、品川区、目黒区、世田谷区等城南地区の多くの銭湯を巡り歩いた。少なくとも「黒湯」の出る銭湯は全て入ったように思う。
 そして、銭湯の近くには良い「大衆酒場」があることを経験的に知っているのである。
 銭湯と居酒屋をセットで歩くシリーズを始めようとも思うのであった。

 追伸 こちらの店内の様子を味わいある写真で御覧になりたい方は、croquettepunchさんのブログのこちらの記事を御覧いただきたい。

  洗足池「一藤」看板

洗足池 居酒屋・季節料理「一藤」
住所 東京都大田区上池台3-37-17
電話 03-3728-5170
定休 ?
営業時間 ?
交通 東急池上線洗足池駅下車徒歩6分

にほんブログ村 グルメブログへ ←ブログ村の「東京食べ歩き」に参加しています。こちらをクリックしていただくと順位が上がります。

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

taka様

居酒屋探偵DAITENです。

> 小松湯経由一藤「マグロぶつ」経由Tops帰宅鯛カマ下拵え焼酎肴つくり んでPC
>
> 湯とビール というより一藤 歩いて五分の世界 これ 常習です

コメントありがとうございます。
銭湯の近くには良い居酒屋があります。
十代の頃、実は銭湯の斜め前に数年間住んだことがあります。
銭湯の行き帰りの人々が通って行くのを家の二階から眺めたものです。
昨日も久が原駅前の黒湯銭湯「益の湯」に入りに行きました。
近くにおすすめの居酒屋さんもあります。
銭湯近く居酒屋のシリーズをやりたいと思ってます。


No title

遅ればせ じつに遅ればせながら で ご無沙汰しておりました 
今帰ってまいりました 
小松湯経由一藤「マグロぶつ」経由Tops帰宅鯛カマ下拵え焼酎肴つくり んでPC

湯とビール というより一藤 歩いて五分の世界 これ 常習です
仰ること 正しい わたくし実践してます 二週に一回くらいの銭湯 他に無い気分解放 で フラーリと フラーーリと 斜め右前方の赤提灯に… 
ビールが染むんです シュワー−ンと そう 五臓六腑って奴にです 
ちょっと話し込んでも 兎に角いいんです

大田区は「温泉郷」と呼ばれています。

croquettepunch様

居酒屋探偵DAITENです。
「吟遊詩人的街歩き」
いい言葉ですね。
こうなったら詩作でもいたしましょうかあ。

大田区は「温泉郷」と呼ばれています。
いい湯、いい酒、いい肴、ですね。
池上、蒲田、雑色、行くべきところは沢山あります。

それでは、今後とも提携関係をよろしくお願いします。

うはは!

銭湯まで堪能されたんですか!
いいですねえ,そういう吟遊詩人的街歩き.
私も夕方に小松湯で一風呂あびて,
一藤で冷たいハイボール,ってのが今夏予定の必殺技です.
FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる