FC2ブログ

武蔵小山 立ち飲み 串カツ・おでん「晶太の串」

居酒屋探偵DAITENの生活 第251回 2009年8月25日(火) 【地域別】  【時間順】


※2009年8月26日 330,000カウント通過 感謝!


武蔵小山 立ち飲み 串カツ・おでん「晶太の串」

   武蔵小山晶太の串外観     にほんブログ村 グルメブログへ ←「東京食べ歩き」参加中。


 久しぶりに東急目黒線武蔵小山駅周辺を歩いた。駅ロータリーには屋根が付けられ、車から降りて地下の改札口まで濡れずに行くことが出来るようになっていた。駅の上の地上部分には、新しく駅ビルの建築が始まるようである。目黒線がまだ目蒲線であった頃、目黒方面から乗ってきた目蒲線の車窓から左手に見える線路沿いの道、そこの居酒屋さんでよく飲んだものである。武蔵小山と聞いて、最初に思いつくのは、全長800メートルにおよぶ武蔵小山商店街である。線路沿いのその道はあまり注目されるような地域ではなかった。しかし、駅ビルの出現によって、これから新たな商業地域に生まれ変わるかもしれない。

 その通りの裏手に広がる駅の東側の飲食店街(飲み屋街)については、第231回の記事でも書いた。
 その時に紹介した居酒屋 大集酒場「ぴょん吉」の前を通ってみた。店内は盛況のようである。そばには、第203回で紹介した「愛酒道場」もある。
 新たな立ち飲み店も最近出来た。その店については近々に紹介する予定だ。小さな店がひしめきあう迷路のようなこの地域がいつまでも残ってくれたらと思う。

 前述の旧目蒲線の線路脇の道沿いに、2006年の暮れ、串カツとおでんの立ち飲み店が出来ていた。駅改札を出て左手のエスカレーターを上がると目の前に路地がある。その路地には入らず、左へ進むと、三つ目の路地の向こう角に、その店、串カツ・おでん「晶太の串」がある。

 入口の上の「晶太の串」という看板が斜めに、それも逆さまに取り付けてある。さすがに建物の角のタテ書きの看板は上下正しく設置してあった。
 店に入ると、左手の揚げ場の前に胸のあたりまである高いカウンターがあり、そこに四人ほどが立てる。その奥に腹の上くらいの高さのカウンターがあり、そこに8人程が立てる。さらに、入って右の窓際にも5人位が硝子越しに外を見ながら立てるカウンターがある。

 串カツは回転寿司によくあるような品名の書かれた伝票に本数を記入して注文する。シークァーサーサワー(380円)をカウンターの中の男性に注文して、伝票を見ながら、牛肉フィレ、きす、たこ(各95円)の3品にそれぞれ1と数字を記入、揚げ場の前に立つ別の男性に渡した。
 「ソース二度浸け禁止」の文字がある。しかし、本場浪速の串カツ店という風情ではまったくない。店の作りは「バー」のようである。店内に流れている音楽はジャパンポップス。ちょうど、平井堅の歌が大音量で流れていた。
 やがて、串カツが揚がってくる。とても細かいパン粉であり、油を吸っておらず、サイズも小さいので何本も食べることが出来る。すぐに食べてしまい、続けて、やまいも、プチトマト、ハム(各95円)を各1本ずつ伝票に記入した。
 プチトマトを受け取る時、「プチトマトは中身がものすぐく熱くなっているので、気を付けてください」と、お店の方が教えてくれた。本当に熱かった。

 角ハイボール(480円)を飲んでみた。ステンレス製のカップに入ってくる。最近のサントリーのウイスキー・ハイボール販売戦略は本当にすごい。あちらこちらの店で角ハイボールを飲むことが出来るようになっている。それも、焼酎のハイボール並に安い価格で出しているところが多い。480円というのは、その中でも比較的高いと感じさせられる価格設定ではないだろうか。

 常連率が高く、店に入ってきて、さっと飲んでさっと帰る人が多いようである。中には、私より後に入ってきて、飲み物だけで先に帰ってしまう人までいた。女性の一人客もいる。子供を二人連れたお母さんもいた。次回は、おでんを食べてみたいと思う。

 午後6時30分から7時15分まで45分ほどの滞在。お勘定は1,430円であった。

武蔵小山 立ち飲み 串カツ・おでん「晶太の串」
住所 東京都品川区小山3丁目14-5
電話 03-3786-1212
定休日 日曜・祝日
営業時間 18:00~25:00
交通 東急目黒線武蔵小山駅下車徒歩1分。


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」
武蔵小山

Comments 0