西小山 やきとり「つくば鶏銀や」

居酒屋探偵DAITENの生活 第279回 2009年11月12日(木) 【地域別】  【時間順】



西小山 焼鳥「つくば鶏 銀や」


   西小山つくば鶏銀外観   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  ←クリックお願いします。


 最近は「居酒屋探偵DAITENの生活」の取材の際、街を彷徨うだけで終わってしまうことが多い。大規模チェーン居酒屋やダイニングやレストランといったものを対象とせず、中華料理系やエスニック料理系の居酒屋的な店も載せない。まず、店がきれいというだけで対象外なのだから取材対象が狭まるのは当たり前なのである。まったく成果が無いまま終わる夜も多い。今日は東急目黒線の武蔵小山から西小山にかけて徘徊をすることになった。そのうち、「居酒屋老人DAITENの徘徊」にブログ名を変えなければならないのではないかと思う。

 東京では駅前などの再開発が進み、居酒屋が集まるような駅の近くの路地などが様変わりしてゆく。今日おとずれた東急目黒線の西小山駅もその最たる例である。第83回で紹介したやきとん「三鶴」の旧店舗があった場所は、道路が付け替えられ、まるで分譲地のような状態になっていた。
 西小山駅の上には、東急フードステーションが2階に、レストランサイゼリアが3階に入った美しくライトアップされた駅ビルが建っている。新しく出来た駅前ロータリーのおかげで車も寄せやすくなった。西小山駅前は数年前とはまったく違う雰囲気になっている。(写真)

   西小山駅ビル ←東急目黒線西小山駅前

 そんな駅前ロータリーから東側と南側に向かって商店街が続いている。その2方向の角地の絶好の場所に焼鳥の店が出来たのはいつのことだったろうか。
 店名は「つくば鶏 銀や」である。ネットで調べてみても、他の地域に店舗がないので、最近増えているもつ焼きや焼き鳥のチェーン店ではない。
 赤いテントに「つくば鶏 銀や」と書かれ、鶏の絵が描いてある。斜め前から見て、角と左側の台の上に焼いたタレ焼きの焼き鳥が山積みされている。ちょうど、隣の武蔵小山に2店舗ある焼き鳥店「鳥勇」のようである。これはお持ち帰り用の分だ。男性の方が店の前で買っている。直後に別の方がまた買いに来た。やはり商売的には好立地である。角地の右側面には立ち飲みスタンドがある。店全体が厚手のビニールで囲まれていて、冷気から守ってくれるようになっているが今日は風が強く、ビニールの囲いがあまり役に立たない。。
 ビニールをかきわけ、中にはいると、奥行きの狭いカウンターがあって、立って飲むことが出来るようになっている。カウンターの下を見ると、最初の一杯のみ生ビール中を450円のところ250円で飲むことが出来ると書いてある。
 さっそく、生ビールを頼む。風が冷たく、どちらかといえば熱燗かもしれない。
 「何か焼きますか?」と聞かれ、かしわ(150円)と、ぼんじり(150円)を1本づつ頼む。「塩ですか?、タレですか?」と聞いてくれたので塩にした。積み上げてあるお持ち帰りの焼き鳥はタレのみだ。塩焼きではすぐに硬くなってしまうので積み上げておくのは無理がある。だから、作り置きの持ち帰りの焼き鳥はタレと決まっている。

 つづけてもつ煮込み(300円)も追加した。焼き台前である。寒いのでちょうど温かくて良いがやはり煙い。煙で燻されながら生ビールを飲む。
 こちらの店はこの5、6人が立てるスタンドに立ち、一回1000円以上使うとオレンジ色の回数券と書かれた紙を1枚くれる。そして、この回数券を3枚集めると、次回、生ビール、チューハイ、ウーロンハイ、緑茶ハイの中から1杯無料で飲むことが出来るのだ。それというのもこのスタンド席の右脇に入口があって、店内に入ると座る席があるのだ。十数人が座れるだろうか。この座る席と立ち飲み席の差別化を図り、立ち飲みの客を増やして回転率をあげる方法かもしれない。
 
 煮込みは野菜の多いタイプ。空きっ腹にはありがたい。焼き鳥の価格はちょっと高めであるがそれなりに美味しい。
 やがて、常連らしき方が入ってきた。生ビールを頼み、かしわ(150円)と、ぼんじり(150円)を塩で頼んでいる。私の頼み方は正解だったのかもしれない。
 お店の方は、年輩の男性が2人と女性が1人である。他にアルバイトが何人かいるらしい。年末年始も営業するそうである。常連の方とお店の方々が野球の話などしている。チェーン店とは違い、無理のない普通なやりとりだ。この緩い雰囲気がとても良い。
 
 2杯目はチューハイ(350円)にした。から揚げ(400円)など他の鳥料理もあって、次回は中で座って飲みたいと思う。
 お勘定をすると、ちゃんと前述の回数券をくれた。トイレを借りてから、店の女性に定休日はいつかと聞くと、休みは無いそうである。持ち帰りは3時頃からやっているがお店で飲むことが出来るのは4時頃からであり、ラストオーダーが11時半であるそうだ。

 6時45分から7時10分まで25分ほどの滞在。お勘定は1,200円であった。


西小山 焼鳥「つくば鶏銀や」
住所 東京都品川区小山6-5-1
電話 03-3785-9404
定休日 年中無休
営業時間 15:00~23:30
交通 交通 東急目黒線西小山駅下車徒歩30秒


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる