洗足池 居酒屋「とんちゃん」第2回

居酒屋探偵DAITENの生活 第285回 2009年11月23日(月) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】



洗足池 居酒屋「とんちゃん」 第2回


  西馬込とんちゃん外観  

 
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→


 休日の夕暮れ時である。散歩がてら買い物を済ませ、ふと思いついて入ったのが2008年8月27日第133回の記事で紹介した「とんちゃん」である。その時に書いたように、場所は、洗足池、石川台、雪谷大塚、御嶽山、そして、都営地下鉄浅草線の西馬込のいずれからも遠い場所にある。新幹線と横須賀線・湘南新宿ラインが通っている大ガードの近くである。

 入口の浮世絵の描かれた紅白の暖簾をくぐって中に入る。右手のカウンター席にはお客さんが何人か座っておられる。カウンターの中の調理場に女将さん、カウンターの外に大将が立っている。左手の二人掛けのテーブルに座ろうとすると、大将に「奥へどうぞ」と言われ、カウンターの一番奥の席に通された。
 まずは、最近の流行のウイスキィのハイボール(350円)をいただく。さらに、定番の豚もつ煮込み(350円)を頼んだ。お通しは豚肉を甘く煮たもの(300円)である。豚の角煮が四角いのではなく、平べったくなったような感じである。とても美味い。

 豚もつ煮込みがやってくる。これも美味い。
 壁に「ばくだん 450円 はじめました」という文字がある。物騒であるが爆弾ではない。ちょうど、並びのお客さんが「ばくだんって何?」と聞いた。女将さんが「ウイスキィをビールで割ったものよ」と答えている。
 バクダンという飲物に時々出会う。しかし、焼酎をビールで割った場合もあれば、ウイスキーをビールで割った場合もあり、微妙に違うようである。最近はアルコール度数の高い飲物はあまり飲まないことにしているので私は遠慮した。
 
 2杯目はホッピー(450円)を飲むことにする。
 
 「ホッピーを氷無しでください」
 「黒ですか? 白ですか?」
 「白でお願いします」
 冷えたジョッキに焼酎を入れ、冷えたホッピー瓶が一緒に出てくる。
 マスターが瓶とジョッキを渡しながら言う。
 「ホッピー氷なしってのは通ですねえ」
 「ええ、まあ、ビールに氷入れる人はいないってのと同じで・・・」
 同じ会話を以前に来た時にもしたような気がする。

 2品目のつまみは、マグロかつ(500円)をいただいた。焼鳥も食べたかったのだけれど、こちらは五本縛りなので躊躇する。
 やがて、マグロかつを女将さんがソースと一緒に出してくれる。御飯をもらえば定食として夕ご飯になる量である。隣の常連の方はメニューなど見ずに、「卵焼いてくれる」などとおっしゃる。女将さんが対応する。常連中心の居酒屋でよくある風景である。

 「(メニューを見ずに)○○焼いてくれる・・・」
 「○○いれる?」
 「うん、いれて」
 「○○はどうする?」
 「それにして・・・」

 こういう会話が自然に出来るようになれば、本当の常連である。毎日のように来なければこうはならないであろう。私自身は「探偵」なので、こういうお店はまったくない。名前で呼ばれることもない。
 マグロかつを食べ終わり、ホッピーを飲み干して出ることにした。
 午後6時10分から55分まで45分の滞在。お勘定は1,950円であった。


第1回紹介 居酒屋探偵DAITENの生活 第133回 2008年8月27日(水)


  西馬込とんちゃん看板

洗足池 居酒屋 「とんちゃん」
住所 東京都大田区東雪谷5丁目9-6
電話 03-3728-6949
交通 東急池上線洗足池徒歩20分・バス5分・都営地下鉄浅草線西馬込徒歩15分
東急バス(系統/森06・森07・森05)上池上バス停より徒歩1分
※大田東雪谷五郵便局並び
森05系統=大森~池上~洗足池
森06系統=大森~上池上循環(外回り)
森07系統=大森~上池上循環(内回り)


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

五本縛りは酒飲みを縛ります

バッカス様

居酒屋探偵DAITENです。

飲み方は本来自由です。叱ったりいたしません。
私も冷えてない時は、一度氷を入れて冷やし、すぐに氷を回収して強制3冷にします。
初めて美味しい3冷をいただいた時の感動が忘れられないのです。
次に頼んで、氷が入っていた時のがっかりした気持ち、その不味さもまた忘れられないのです。
五本縛りについて、まったく同感です。
五本縛りは酒飲みを縛ります。
一人酒の身にはつらいシステムですね。

No title

ホッピー氷なしは今の流通量からすれば少数派なんでしょうね。
自分も冷えてないよりは氷。。(なんて言うとDAITENさんに叱られますね)

それはそうと、ところどころで見かける、やきとり&もつ焼きの5本縛り。
これは勘弁いただきたいシステムです。

食べてる間に冷める(後半)、肉ばかりで飽きる・・・
飲みながらという前提では美味しく串を食べられる環境ではないですよね。

おすすめです

はまちゃん様

居酒屋探偵DAITENです。
私も始めて入る時は躊躇しました。
その後、ある若い役者の一人が知っている店
であったこともあって、親しみを持っています。
もちろん、そんな話はしませんが・・・。
特にローカルルールもなく、
居心地の良いお店です。
奥に座敷があるので家族連れでも入りやすいと思います。
おすすめです。

一番近いですが・・・

家から一番近いのに一回も行った事が無く。。。^^;

ここは完全に常連さん中心の店ですからね。

気になってるので今度チャレンジしてみますね。
FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる