FC2ブログ

武蔵小山 焼鳥「鳥勇」駅前店

居酒屋探偵DAITENの生活 第289回 2009年11月29日(日) 【地域別】  【時間順】



武蔵小山 焼鳥「鳥勇」駅前店


  武蔵小山鳥勇外観    ←クリックお願いします。  にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  ←クリックお願いします。


 武蔵小山温泉・清水湯

 この日はsakuraと一緒に武蔵小山にやってきた。10年以上前に入ったことがある黒湯銭湯が大幅なリニューアルをしたという噂を聞いて、やってきたのである。その銭湯というのが「武蔵小山温泉・清水湯」である。
 まず、立派な外観に驚いた。入口の前にある門をくぐり玄関に入って、さらに驚いた下足入れが全て使われているのである。仕方なく、靴を下足入れの上に置いた。

  武蔵小山温泉清水湯 ←「武蔵小山温泉 清水湯」

 ロビーは広い。最新のマッサージ機が二台置いてある。缶ビールや飲物も豊富で、ロビーカウンターには生ビールのサーバーもある。
 脱衣所もいっぱいであった。やっと自分のロッカーを確保して風呂に入る。内風呂の浴槽はすべて黒湯である。左手が洗い場になっており、右手手前からサウナ、水風呂(黒)、黒湯の座湯が3つほど並び、その先が黒湯の浴槽である。やはり、満杯であった。
 身体を洗い、一番奥の二重扉を開いて庭に出る。左手に、5、6人用の黒湯の露天風呂がある。黒湯の前には椅子が数個。右手の階段を上がって一段高い場所に赤い色の露天風呂がある。こちらも5、6人用である。その左手にはサマーベッドが並んでいる。
 一通り、お湯に入り、外に出てきた。どんどん人が入ってくる。女性の脱衣所に入った若い女性が戻ってきて、ロッカーが一つも無いんですがと相談していた。
 外観も内部もとてもきれいであり、黒湯と赤湯の2種類の温泉に入ることが出来て、二つも露天風呂がある。それで値段は一般の銭湯と同じである。混むのが解る。
 今日もまた、「居酒屋探偵」ならぬ「銭湯探偵DAITEN」であった。


 武蔵小山駅東側再開発地区
 
 清水湯から武蔵小山駅近くまで歩いてきた。武蔵小山駅の東側に広がる飲屋街の中を歩く。この場所は再開発地区となっており、すでに、駐車場になっている部分も多い。悲しいことである。
 武蔵小山駅前まで行き、ちょっと寄ったのが焼鳥の有名店「鳥勇」駅前店である。この「鳥勇」は、武蔵小山商店街(パルム)の入口付近に駅前店があって、同商店街の出口付近に本店がある。武蔵小山商店街がマスコミで取り上げられる時、必ず紹介される店である。今まで当ブログで紹介しなかったのが不思議なくらい、城南地区では有名な店である。

 焼鳥「鳥勇」駅前店の近辺には第254回で紹介した立呑み「晩杯屋」第251回で紹介した立ち飲み・串カツ・おでん「晶太の串」第231回で紹介した大集酒場「ぴょん吉」第203回で紹介した居酒屋「愛酒酒場」、など、小さな良い居酒屋が点在している。これらの店が武蔵小山駅東口の再開発が進む中、残ってくれることを切望する。

 焼鳥「鳥勇」駅前店は、店の前の大皿にタレ焼きの焼鳥がきれいに積み上げてある。お客さんはそれを取り、食べる。支払いは串の数で計算される。1本がすべて同じ価格であるから計算は簡単だ。店は角地にある。正面側に立つお客さんは2、3本食べたり、土産として買って帰ってゆく。右の路地に面した側に、冬は透明のビニールテントがつけられ、その中に立って飲みながら食べるお客さんも多い。私たちもその中に入った。

 sakuraは生ビール(500円)、私は緑茶割(350円)をいただく。ここの焼鳥は、注文して焼いてもらうのではなく、基本的には焼いてあるものを選んで食べる。ゆえに、塩焼きは無くタレ焼きのみだ。正肉、ししとう、レバー、鳥皮、つくねを選んで食べた。串はカウンターに置いてゆく。肉が大ぶりで食べ応えがある。
 カウンターから調理場の奥を見ると、店内奥に座ることの出来るカウンター席がある。路地側の入口をあけて中に入るのである。この席のことを知らない人も多いに違いない。しかし、こちらの店は長居するべき店ではないので、外カウンターに立って飲むのが一番である。

 二人で飲物2杯、焼鳥5本で、支払いは1,600円であった。15分ほどの滞在である。そして、次の店へと向かうのであった。

 (つづく)


武蔵小山 焼鳥「鳥勇」駅前店
住所 東京都品川区小山3-19-10
電話 03-3788-3458
定休日 無休
営業時間 [月~金] 14:00~22:00 [土・日・祝] 12:00~22:00
交通 東急目黒線武蔵小山駅下車徒歩30秒


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」
武蔵小山

Comments 0