スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三軒茶屋 酒蔵「池田屋」

居酒屋探偵DAITENの生活 第292回 2009年12月11日(金) 【地域別】  【時間順】



三軒茶屋 酒蔵「池田屋」


  三軒茶屋池田屋外観    ←クリックお願いします。  にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  ←クリックお願いします。

 雨の降る夜である。本当に久しぶりに、ozaki先生asimo君と3人で呑むことになった。時間順一覧表を見ると、3人で飲むのは、2008年4月28日の第95回第96回以来であり、実に1年8ヶ月ぶりである。
 東急田園都市線の三軒茶屋駅の改札についたのは、待ち合わせ時間の7時より15分ほど前であった。三軒茶屋駅は地下駅である。まずは、一人で駅周辺を歩いて、目的の店の場所も確認しておいた。待ち合わせの時間になって、駅改札口に戻ってみると、ozaki先生が来ていた。asimo君から少し遅れる旨のメールを受けていたので、まずは、ozaki先生と目的の店に入り、後でasimo君を迎えに行くことにした。

 ozaki先生と二人で、改札から通路を抜け、南口側に上がってみる。近くの立ちのみ店を確認する為である。それから玉川通りを渡り、玉川通りと世田谷通りが二又に別れる間の三角地帯側に渡った。それから、世田谷通り方面に少し歩き、「エコー仲見世」の2本の通りを左に見てから、次の路地を左に曲がる。少し進み、左を見ると「三茶三番街」という路地があった(下写真)。この路地を抜けると玉川通り側に出る。

  三軒茶屋三茶三番街 ←「三茶三番街」

 さらに進む。今度は左に「ゆうらく通り」が見えた(下写真)。やはり、この路地を抜けても玉川通りに出る。

  三軒茶屋ゆうらく通り ←「ゆうらく通り」

 さらに進むと道が細くなってゆく。そこもまた飲屋街である。次の角を右に曲がると分岐に出た。右斜めに行けば世田谷通りへ戻る。左に行き、次の十字路を右に曲がり、左に曲がる。次の角を右には曲がらず、まっすぐに行く。すると、右手に地味な外観の重厚な感じの店が見えてくる。
 紺色の暖簾には「酒蔵 池田屋」と書かれている。暖簾をくぐり中に入る。左には手前から奥にかけて一直線のカウンターがある。右は小上がり座敷席。間には四人掛けテーブル席が三つ。驚くほど、テーブルとテーブル、椅子と椅子の間に余裕がある。チェーン居酒屋ならば、もっとテーブルを増やし、たくさん客を詰め込むであろう。それをしないことに好感を持った。
 まずは、キリンラガー中瓶(550円)、牛もつ煮込(300円)、新ぎんなん(400円)、やりいか刺身(500円)を一期に頼んだ。ビールで乾杯をして近況などを少し話す。

 やがて、asimo君からメールが入った。すぐに三軒茶屋駅改札へ向かった。asimo君に合流。前述の三角地帯のいちばん尖ったあたりの世田谷通り口から地上へ上がり、ozaki先生を案内した道を再び歩いて池田屋へ向かう。「凄いところですね」とasimo君が言う。こうやって、良い居酒屋を目指して人を案内してゆく時の楽しさは、口ではなかなか表現できない。世の「案内人」という仕事の楽しさはきっとこんな感じなのかもしれない。

 ozaki先生が待つ「池田屋」さんに到着。asimo君も、「池田屋」さんの外観に驚いていた。
 キリンラガーをもう一本頼み、今度は三人で乾杯だ。

 揚げ出しナス(300円)、やき鳥5本(400円)を追加。asimo君と私はレモンサワー(300円)。7やってきた、揚げ出しナスがとてもうまい。ナスは油と本当によくあう。さらに、レモンサワーを2杯とウーロンサワー(300円)を追加。最後のつまみは、あじ梅巻揚げ(400円)にする。
 昔の共通の友人の話、様々な居酒屋の話をする。それから本日の次の予定の店の名前を言うとasimo君が微笑んだ。その店に行く為、お勘定を済ませ外に出る。

 午後7時から8時30分まで1時間半の滞在。お勘定は3人で7,200円であった。「池田屋」さんのような店が三軒茶屋に残っていることがうれしい。本当に落ち着く店である。

 「池田屋」さんを出ると左に進み、右に曲がり、左に曲がって、世田谷通りに出た。雨の中をどんどん歩いて行く。雨もぜんぜん苦にならない。それほど、次もまた魅力的な店なのである。

 (つづく)

三軒茶屋池田屋看板


三軒茶屋 酒蔵「池田屋」
住所 東京都世田谷区三軒茶屋2-14-22
TEL 03-3410-5511
営業時間 17:00~23:00
定休日 日曜日・祝日
交通 東急田園都市線三軒茶屋駅下車徒歩3分・東急世田谷線三軒茶屋駅下車徒歩3分。


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

ご共感、うれしく思います

happy_thursday様

居酒屋探偵DAITENです。

記事へのご共感、ありがとうございます。
このようなコメントをいただくと、本当に励みになります。
こういうコメントはブログを続けていられる源泉です。
今後ともよろしくお願いします。

No title

こんにちは。
古い酒場で飲むのが好きで、ここのブログをたまに
覗いている者です。

>こうやって、良い居酒屋を目指して人を案内してゆく時の楽しさは、
口ではなかなか表現できない。

この文章にとても共感するものです。
読んでいてあまりにも共感し、頷いてしまったので、
コメントしました。
これからも味わい深い記事を楽しみにしております。
FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

横浜 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。