渋谷 天風酒蔵「やまがた」

居酒屋探偵DAITENの生活 第298回 2009年12月28日(月) 【地域別】  【時間順】



渋谷 天風酒蔵「やまがた」


  渋谷「やまがた」外観    ←クリックお願いします。  にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  ←クリックお願いします。


 ホッケの顔も二度三度

 前回訪れた東京で最も有名な立ち飲み店を出たGAIと私は、すぐそばのJRのガード下にある店、天風酒蔵「やまがた」に入った。8割くらいの入り、客層は中年サラリーマンよりも若い人たちが多かった。どこかで会社の忘年会を済ませた若いサラリーマンの男女が上司や先輩をまいた後に集まったという感じのグループが何組か来ていた。

 まずは、ビール大瓶(520円)を一本飲む。
 実は咲良舎の稽古場がこの近くにあった時期があり、稽古帰りに役者たちと、この天風酒蔵「やまがた」に入ることが多かったのである。その当時のことをGAIに話し、彼の知らない様々な流転の日々について語った。芝居をやってゆくということは、出逢いと別れと戦いの連続である。
 
 ホッケ塩焼(520円)を頼んだ。ホッケを頼むと今から30年前のあるエピソードを思い出す。GAIにその時のことを話した。
 居酒屋で酒を飲むということになれていなかった頃、友人二人と新宿コマ劇場の下にあった居酒屋に入った。その店は一人一品頼めば500円で生ビールが飲み放題の店だった。店は広く若い学生客でいっぱいだった。入口に近い席に3人で座る。お店の人がやってきて何を頼むか聞かれた。「生ビール飲み放題で・・・」と言う。3人とも金がない。つまみを一人一品とるように言われ、私は一番量があってその一品のみで長持ちするものを選んだ。それが「ホッケの塩焼」だった。すると、友人の一人が「僕もホッケ」と言う。さらに、もう一人も「ホッケ」と言う。3人で別々のつまみをとって分けるという考えも浮かばないのである。店の人は忠告することもなく去って行く。
 やがて、生ビール3杯がやってきた。不器用に乾杯をして飲み始める。やがて、ホッケが三つやってきた。とても大きなホッケで、ホッケ三つの皿だけでテーブルが一杯になってしまった。生ビール三つと巨大ホッケ3匹のみのテーブルである。実に間抜けだ。
 2杯目の生ビールを飲む為には、自分でジョッキを持ち、通路を奥にすすんでビール・サーバーの前に立つ恐そうな親父にジョッキを渡さなければならない。途中、通路の真ん中で学生らしき男性が寝込んでしまっている。誰も彼を助けたり、連れて行こうとする者もいない。学生の身体の上をまたいでビール・サーバーのところまで行く。苦虫をかみつぶしたような顔をしながら親父さんが黙ってビールを入れてくれる。誰かがジョッキを何個も持って代表するということは許されていないようで、一人一つのジョッキを持って、みんな列を作る。
 これを繰り返して、3人で3匹のホッケをつつきながら生ビールを飲み続けた。私は7杯ほど飲んだような気がする。3人とも気の利いた話も出来ず、黙って飲み続け、友人の一人はテーブルで寝込んでしまった。居酒屋を楽しむということも知らず、現実を忘れる為に酒を大量に飲むことしか出来なかった貧しい時代の思い出である。

 この話をすると、GAI「ホッケの顔も二度三度」と言う。「仏の顔も二度三度」から考えたギャグだ。酔っているので無性に可笑しいのである。そして「あの親父は何杯も何杯も生ビールを飲まれるのが嫌だったんだろうなあ」と、当たり前のことを考える。「嫌なら飲み放題なんてしなければ良いのに」と当時は思った。しかし、ものには限度がある。バブル期の若者たち、学生たちは本当によく飲んだのである。私もその一人であった。

 お酒二合(520円)を注文。話がはずみ、さらに、もう一本お酒を追加する。煮込み(470円)も頼んだ。

 午後9時10分から10時30分まで1時間20分ほどの滞在。お勘定は2,850円であった。

 この後、渋谷の街を歩き、コンビニで発泡酒を2本買って二人で飲みながら、道玄坂の道端に座って話した。年末の渋谷の若者たちの流れを見る。様々な姿をした若者たちの列。いったいこの国はどこへ行くのだろうか。そんなことを考えてしまう。
 井の頭線の駅までGAIを見送り、家路につく。2009年もあと3日。明日もまた飲む予定である。


渋谷「やまがた」看板

  
渋谷 天風酒蔵「やまがた」
住所 東京都渋谷区渋谷3-29-71
電話 03-3464-7766
定休日 年末年始のみ
営業時間 16:00~24:00
交通 JR渋谷駅西口下車徒歩3分

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

恥の多い生涯

taka様

コメントありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。

笑っていただいて、とてもうれしく思います。
私の場合、未だに昔のことを思い出して、恥ずかしくなることがたくさんあります。
太宰治の「人間失格」の言葉を引用すれば、「恥の多い生涯を送って来ました。」です。

No title

完全に声に出して笑えます
そう そうなんですよ
どうしてあんなに頓馬だったのか いや そんなことより
どうしてあんなことをしていたのか してしまったのか
思い出すたび心のなかで絶叫した季節はとうに通り過ぎ
35年過ぎればもはや不条理漫画の一コマと変わりない他人事

それにしても滅多に(滅多に)しなくなりました
FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる