石川台 創作ダイニング「海」第2回

居酒屋探偵DAITENの生活 第301回 2010年1月7日(木)  【地域別】  【時間順】



石川台 創作ダイニング「海」 第2回

  石川台「海」    ←クリックお願いします。  にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  ←クリックお願いします。

 東急池上線の石川台駅の近くにある「石川台希望ヶ丘商店街」に、創作ダイニング「海」という店がある。前回、こちらの店を紹介したのは、2009年1月22日であるから、ちょうど一年前である。それ以前から今に至って、時々、何かのイベントの帰りに寄ることが多い店である。当初、どちらかといえば若い人向けの、いわゆるおしゃれな「創作ダイニング」的なお店であったものが、最近は親父好みの「居酒屋的メニュー」も増やしてくれた様子なので、また行ってみることにした。
 
 熱帯魚の入った大きな水槽を中心にテーブル席が五つ、余裕をもって配置された天井の空間があり、奥が一段高くなっている。そこには、6席ほどのカウンター席と四人掛テーブル席一つのみである。カウンターの中はお酒をつくるコーナーとなっていて、背後の高い位置に大型の液晶テレビがある。一番奥の左手にトイレが二つ。一番奥の右手は調理場になっている。今日はカウンター席に座り、テレビを見ながら飲むことにした。

 お通し(300円)は、鳥肉や大根の煮物とごまえごしである。飲物は私がレモンサワー小グラス(290円)、sakuraはいつもの生ビール、キリンハートランド生(500円)を飲む。つまみは、サーモンの刺身(500円)を頼んだ。
 壁を見ると、キンミヤ焼酎、サービスボトル(990円)もある。「キンミヤ」があるというのは嬉しい。そのうち頼んでみたいと思う。

 おいしい焼酎や日本酒もちゃんと置いている店なので、若い店長に何か珍しいお酒はないか聞いてみた。今、一番おすすめの酒が埼玉県の南陽醸造花陽浴であるという。花陽浴と書いて「はなあび」と読むそうである。のちに、インターネットで調べてみると、南陽醸造は、埼玉、群馬、栃木、茨城、千葉の五県が入り組んだ地域に流れる利根川の近く、川の向こうは群馬県という埼玉県羽生市にある。東武伊勢崎線の羽生駅で秩父鉄道に乗り換え、二つ目の新郷が最寄りの駅のようである。南陽酒造のブログを読むと若い蔵人たちの頑張りを御家族が支えているといった感じの酒蔵であるらしい。なんとなく創作ダイニング「海」と重なりあうイメージであった。

 花陽浴(780円)を飲んでみた。大ぶりのグラスに入ってくる。飲んでみる。
 「美味しくて、つまみ無しでも飲めてしまうんです」とは若い店長の意見。
 「お店としては困りますねえ、つまみ食べてくれないと・・・」と笑ってしまう。

 美味しい日本酒の良さを日本人はもっと大事にするべきであると思う。ただし、ワインやシャンパンのように高級化の道だけではなく、日常的に美味しい日本酒が飲めるような社会になって欲しいものである。酒税法も「日本酒」に対して優しいものであって欲しい。世界に売るものとして「SAKE」は素晴らしい商品であると思う。
 
 美味しい日本酒を呑んだ後に、突然、トマトのチーズ焼き(490円)が食べたくなった。合わせたのはハウスワイン赤(450円)。
 色々な酒に色々なつまみを合わせ、どんな酒好きにも対応でき、家族連れも食事が出来る。そんな店である。より落ち着く店になっていた。商店街を通る度に中をのぞくと、最近は満卓の場合が多い。地元の人気店である。午後10時45分から午前0時15分まで1時間半の滞在。お勘定は二人で3,610円であった。

  ※  ※  ※

 実は、3日後の1月10日の夜にもsakuraと二人で、こちらの店に行ってしまった。


  石川台「海」看板

石川台 創作ダイニング「海」
住所 東京都大田区東雪谷2-16-2
電話 03-3720-8941
定休日 火曜日
営業時間 平日17:00~24:00
交通 東急池上線石川台駅下車徒歩5分 希望ヶ丘商店街沿い
地図情報は「石川台希望ヶ丘商店街」のホームページに掲載。


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ここは。

はまちゃん様

居酒屋探偵DAITENです。

> ここはできたばかりの頃に行った事があります。
> 地元ではなかなかシャレた感じですよね。
> お酒の種類も多いですしね。

元々は靴屋さんでした。靴屋さんの前は「下駄屋さん」だったそうです。
靴屋さんの息子さんが料理人で、実家に戻って作ったお店ですね。

> DAITENさんにしては結構、長居?したんですね。
> いごごちが良いのでしょうか?

天井が高く、照明が適度に暗くなっている、好きなレゲエミュージックが流れていたり、
巨大水槽の熱帯魚を眺められるなど、古典酒場的要素がまったく無いお店です。

今や古典酒場に入るというのは、私にとってライフワーク。
「取材モード」「戦闘モード」になってしまうのです。
そんな取材を忘れてリラックスできるお店という訳です。
ゆえに、ちょっと長めになってしまいますね。
天井が高いので他の人が吸う煙草の煙が気にならないのも良いですね。
今度、中目黒で「楽屋」というライブ&ダイニングの店をやっている
友人を連れて来ようと思っています。
「海」さんはライブも可能なスペースだと思いますので。

ここは。

DAITEN様

ここはできたばかりの頃に行った事があります。
地元ではなかなかシャレた感じですよね。
お酒の種類も多いですしね。

DAITENさんにしては結構、長居?したんですね。
いごごちが良いのでしょうか?

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

横浜 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる