ある居酒屋にて

居酒屋探偵DAITENの生活 番外編 第2回       【地域別】  【時間順】 ←今回はこれらの一覧には未掲載。



居酒屋探偵DAITENの生活 番外編 第2回

 ある居酒屋にて

 ~すべてを紹介しない理由~

   ←クリックお願いします。  にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  ←クリックお願いします。
 
 blogram投票ボタン ←クリックお願いします。



 〈居酒屋探偵DAITENの生活〉では、大規模居酒屋チェーン店は取り上げない。このことは前にも何度も書いている。しかし、今回は〈居酒屋探偵DAITENの生活・番外編〉として、日本全国どこの街にも必ずある、緩やかなフランチャイズチェーンの店のことを書いてみることにした。ただし、このお店の店名や場所はあえて公開しない。

   ※  ※  ※

 「おしゃれな」という言葉で形容されるある街に、古い飲食店や居酒屋が集まっている地区がある。人気の居酒屋も数軒あって、どの店も居酒屋ファンの方なら一度は聞いたことのある名前かもしれない。
 それぞれの店の前で、満席の為に入ることの出来ない人がたたずんでいる。順番を待つその人のそばを通り過ぎ、目的の店に入った。いつも空いているので、すんなりと入ることが出来る。店はずいぶんと古い造りである。何十年か前の開店当初は派手な色合いの看板がとても目立ったに違いない。しかし、今はその色もくすんでしまっている。
 午後7時を少し廻った、普通は居酒屋が一番混み合うはずの時間だというのに、カウンター席に座っているお客さんは二人だけであった。この店には何度も来ている。来る度に何故か先客は二人だけである。

 瓶ビールの大瓶と煮込みを頼んだ。私の好きな銘柄である。うまい。
 ここのマスターはとても丁寧に相手をしてくれる。初めて来た時から今に至るまでそれは一貫している。そして、仕事も丁寧であり、まったく変わらない。ゆえに、たくさんのお客さんが来ても対応できないように思う。

 酎ハイと谷中新生姜を頼んだ。
 店内を見渡す。最近のコンセプト系レトロ居酒屋とは違い、本当に古い昭和の品々が壁や棚の上に残っている。そして、全体にとても落ち着いた緩い雰囲気が漂っている。何か注文をすると、硬い切符型の食券が発券され、カウンターの上に置かれる。今から40年以上前、両親と行ったデパートの「お好み食堂」を思い出す。

 二階席も存在する。しかし、マスター一人なので二階席は使われておらず、客が二階にあがるのはトイレに行く時だけである。その二階に上がってみる。衝立で仕切られた向こう側にほこりを被ったテーブルや備品が置かれている。今にも衝立の向こうから何かの注文の声が聞こえてきそうである。

 自分の席に戻り、マスターの手が空くのを待って生酒を頼んだ。

 マニュアルではない機転のきいたマスターの接客が好きである。常連たちは、マスターを気遣い、マスターもそれに甘えることなく、礼儀正しく接している。
 やがて、マスターが奥の調理場に入っている時、常連らしき方が入ってきた。その方は何も言わず、根気よく待っている。マスターが一人で店をやっていることをよく知っているからに違いない。他の人の注文した物を持ってマスターが調理場から出てくる。気づいたマスターが丁寧に謝り、「瓶ビールですか」と聞く。うなずく。瓶ビールが出される。それを飲む。深く小さな溜息。沈黙。

 別の方が生ビールのお代わりを頼んだ。
 「そっち終わってからでいいよ」とおっしゃる。

 「お忘れものないように、ありがとうございました」とマスターは丁寧に送り出してくれる。
 いつ来ても同じである。滑舌がよく、口跡が美しいのである。
 また、来ようと思う。取材ではなく、ただ癒されたいからだ。
 
 ある意味、私にとっての理想の店かもしれない。

 初夏の夕暮れ間近、まどろむ夢の中にいるような、そんな気分で外にでることが出来た。


 (初夏・某日)

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

taka様

居酒屋探偵DAITENです。

たしかに暑い。暑すぎる。
「生ビールがうまい」なんて言ってられないくらいに暑いですね。
あまり暑いと、一度家に帰ってから再び外に出るという気持ちには
なりませんね。

No title

僕の町にはそれがない。
昔住んでいた経堂にはそれが、朝日屋があったけど、長原にも洗足池にもそれがない。
外で呑むこともめっきり減ってしまって、残念とも言いうるし、でもどうでもいいこととも言えそうだ。
きっとこんなに暑いからだ。

Re: 数寄屋

GAI殿

居酒屋探偵DAITENです。

> 店主の人柄ですね。
> ときどき会いに行きたくなる。
> 側に居たくなる。
> 大切にしたい時と場。
> 茶室だな。
>
> わが町にも、「おちゃけ室」があるよ。燗酒が飲みたくなる頃にご一緒しましょかね。

まったく、居酒屋は人が大事、酒と食べ物だけじゃものたりない。
その「おちゃけ室」よろしく。

数寄屋

店主の人柄ですね。
ときどき会いに行きたくなる。
側に居たくなる。
大切にしたい時と場。
茶室だな。

わが町にも、「おちゃけ室」があるよ。燗酒が飲みたくなる頃にご一緒しましょかね。
FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

横浜 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる