中目黒 串かつ「殿金」(立ち飲み)

居酒屋探偵DAITENの生活 第378回 2010年10月30日(土) 【地域別】  【時間順】


※2010年11月1日 600,000カウント通過 感謝!


中目黒 串かつ「殿金」(立ち飲み)


 中目黒串かつ殿金外観
 
   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。


 10月も最後の土曜日である。それなのに関東地方には台風14号が近づいていた。
 午前11時の段階でのネット上のニュースには「台風14号は八丈島の西南西約240キロを時速約35キロで北東へ進んだ。中心気圧は980ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。半径110キロ以内が風速25メートル以上の暴風域で、東側560キロ以内と西側330キロ以内で15メートル以上の強風が吹いている」とあった。
 午後3時頃、外に出てみた。やはり風と雨が強い。そんな中、外に出たのは、友人であるMASSIMO氏を尋ねて、彼の経営する中目黒のライブスペース、「楽屋」に行く為である。楽屋での公演に関する打ち合わせだ。
 2階の事務所を訪ねてから1階の店内一番後ろのテーブル席へ移動。ステージでは、ちょうどその日の出演バンドの「アラディーン」のリハーサル中であった。中近東のその音楽は、まさに血湧き肉躍る音。毎月最終土曜日の夜、レギュラーで入っている「ベリーダンスと音楽の夜」というライブの出演バンドである。次回は是非、ステージを見に来たいと思う。

 打ち合わせを済ませ、外に出たのは4時半を少し回った頃であった。少し飲んで帰りたいと思う。実は、雨や雪や台風のような条件の悪い時の居酒屋が好きなのである。店が空いていて、お店の方とも話がしやすいからだ。
 「楽屋」は中目黒の目黒銀座商店街の中程にある。商店街を駅の方へ向かって戻り、商店街の入口の十字路に出た。中目黒ゲイトタウンが左手にある。地上25階、高さ120メートルのGTタワーを中心とした、その新しい街が出来上がったのは平成14年である。その時は驚きと共に、そこにあった居酒屋やスナックが建ち並ぶ「裏路地」が消えてしまったことを悲しんだものである。

 GTタワーを左手に見ながら、十字路を右に曲がり、次のT字路を左に曲がった。その道の左手には、数年前、「根室食堂」という魚介類中心の立ち飲み店があった。そのお店は現在渋谷に移ってしまっている。その少し先の左手にある「殿金」という立ち飲みの串かつ店のことを思い出したのである。本来の店名は「大阪串かつ二代目 殿金」。店が出来て4年ほどであろうか。

 私の歩いているすぐ前で二人連れの方が店に入っていった。続けて、お店に入る。お店の方は一人のみ。二人連れの方が注文を聞かれている。
 「少しお待ちください」と言われ、その間に店内の観察をする。間口は狭いけれど、奥行きがある。入口に数人が立てるカウンター席が左右に少しあり、そこから奥にかけて長いカウンターが伸びて、奥の方で右に曲がっている。一見するとL字カウンターに見えるけれど、変則的なコの字カウンターである。店の一番奥の壁際にもカウンターがある。全部で25人以上は入れるかもしれない。立ち飲み店としては比較的大きな店だ。

 入店したのは、午後4時45分頃であった。入口に貼ってあった紙に営業時間が書いてある。月曜から土曜までは午後3時から午前1時、日曜は午後3時から午前0時までの営業。年中無休である。
 まずは、元祖焼ハイ・ホイス(380円)を頼んだ。最初にお通しのキャベツ(100円?)が出てくる。
 つまみは、串揚げから本日のサービス品のカボチャ(130円が10円)、活アジ(80円)、大山地鶏ささみ(130円)、チーズ(130円)を頼む。白和えがまだ出来ておらず、どて煮(400円)を代わりに頼んだ。

 カウンターには「二度付け禁止と書かれたソースの入れ物」が置いてある。最近はすっかり有名になってしまい、ソースのことで戸惑う人も少ないに違いない。
 活アジが出てきた。開いていない小アジが2匹くっついた状態で揚げてあった。これで80円は安い。ソースにはつけず、備え付けてあった瓶入りのレモン汁で食べる。レモン汁は気が利いている。さらに、ポンズも使ってみた。

 店内に流れる音楽はサザンオールスターズ。
 次に出てきた大山地鶏ささみはポンズとマスタードで食べてみた。
 どて煮は小鉢に大盛、下のステンレスの受け皿にこぼれるほど葱をかけてある。串かつも大ぶりであり、全体に量が多いことを前面に出しているようだ。

 2杯目は男山御免酒純米(470円)にした。先客の二人連れの方々が帰ってゆかれた。そこで、仕込みをしているお店の方とお話が出来た。
 2杯だけで出るつもりがお店の方と話しているうちに、3杯目の一番絞り生ビール(490円)を頼んでしまった。今週も「飲みすぎの土曜日」の予感である。
 店名の「大阪串かつ二代目 殿金」の由来は、オーナーのお母さんが大阪で「殿金」という串カツのお店を経営されていたことがあり、その後を継いだので「二代目」となったとのこと。
 また、学芸大学にあった系列のジンギスカン「殿金」は、今年の6月からこちらと同じ業態になっているとのこと。
 一時、椅子を入れて欲しいというお客さんの要望に負けそうになってしまった時期もあったそうだ。「椅子を置いたら立ち飲み店の良さが無くなって、立ち飲み好きが来なくなってしまいますよ」といい、立ち飲み店であることを続けてくれるようにお願いした。いつも、立ち飲み業態のお店の方とする会話である。

 外まで丁寧に送ってくださり、「次回は台風ではない時にもお越し下さい」とお店の方が笑顔でおっしゃる。

 午後4時45分から6時まで1時間15分ほどの滞在。御勘定は2,190円であった。

 通りに出る。中目黒ゲイトタウンの周辺の強風は凄かった。冒頭に書いた通り、雨や雪や台風のような条件の悪い時の居酒屋が好きなのである。軽くのつもりが3杯飲んでしまった。気分も良い。1軒目だけで済むとは思えなくなってきた。

 (つづく)

※  ※  ※

 追記

 11月5日の夜、中目黒「楽屋」金子マリさんのライブを見た帰り、GAIOZAKI先生と3人で訪問。時間は午後11時を過ぎていた。二人ともすでに酔っているので、立ち飲みに連れてきたのである。座って飲めば眠ってしまう可能性もある。立ち飲みならばそのまま連れ出すことも可能だ。今日は午前0時までとのこと。その時間に追いだしてもらった方が都合がよい。
 サワーやお酒を飲んで、串揚げを食べて外に出る。終電に間に合うことが出来た。やはり、立ち飲みは良い。
 


 中目黒串かつ殿金提灯

中目黒 串かつ「殿金」(立ち飲み)
住所 東京都目黒区上目黒2-6-3K&F中目黒101
電話 03-3760-1011
定休日 無休
営業時間 月曜から土曜は15:00~25:00。日曜祝日は15:00~24:00。
交通 東急東横線・営団地下鉄日比谷線中目黒駅下車徒歩2分。

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 引用させて頂きました

GAI殿

居酒屋探偵DAITENです。
了解しました。

引用させて頂きました

追記を読んだよ。
そして、俺のブログに引用させて頂きました。
勘弁してください。
美味いものを食った記憶は確かにあります。
いい店だとも。

いつも、素敵な店へ招待してくれてありがとう。

Re: これはとても楽しみです

happy_thursday様


居酒屋探偵DAITENです。
本当によく、細かい点まで読んでいただいていることが解り、感動しております。
そして、とても恐縮しております。

お察しの通り、幼少期から現在に至るまで、様々な問題を切り抜けながら生きて参りました。
やっと、ふりかえる余裕が出てきたのが最近です。
これからは、過去を見直し、まとめる作業に入ってゆきたいと思っております。

頑張ります。

これはとても楽しみです

こんばんは。
お返事ありがとうございました。

5,6年前頃からか「居酒屋訪問記」といった感じの
書籍を多数目にします。
著名な方のそれを手に取ったことがあるのですが、
どうもしっくりこないのです。
中身は酒場だし、よだれがでるような内容なのですが。

なぜかと考えたら、やはり描写でした。
これは個人的な好みの問題ですので、大して
意味はないのですが、私にとってのDAITENさんの
描写には、文章には表れていない目に見えない物が
常に詰まっているように感じて、それがたまらなく好き
なのです。

その最たるものが、人間の内面に思えたのです。
その文章は常に地に足が着いていて浮ついていない、
そしてしっかりと心の中の奥の裏側を見抜いて、ときには
想像して優しく描いていて、なんとも味わい深いのです。

描写、と言いましたが、そのような描写ができる人間は
かつての人生の中で人の痛みが分かる経験をされたのは
間違いない、という私の勝手な見方・想像があります。
心の描写ができる=辛酸をなめた人生経験が豊富な方、と
私には感じるのです。
ここが大きいのです。

>「寒いね、熱燗くれる。さっきさ、郵便局の角でさ、滑ってころんだ
>お年寄りがいてさ、とりあえず大丈夫だってんで、駅まで送って
>やったんだよ、そしたらすっかり冷えこんじまってね。これで飲んで
>きちまった理由が出来たってもんだよ、最近、うちのカアちゃんが
>うるさくてねえ・・・そんでさ・・・」

ただ単に、楽しくおいしく酒場で過ごせればいい、という方には
サラッとこのような文章は書けないと思うのです。

>そのうち、作品として居酒屋話をまとめたいと思っております。

これはとても楽しみです。
楽しみにしております。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

雪の居酒屋

happy_thursday様

居酒屋探偵DAITENです。

コメントありがとうございます。
共感していただき、うれしく思います。
また、描写や文章についても気に入っていただけているようで、これもうれしいです。
実は、ある時、簡単な描写に手こずっている自分に気づいて、始めたブログです。
ゆえに、写真で店内の様子や道順を表現することを避けて参りました。

> 台風情報のNHKを見ながらの酒場、しかも土曜の夕方、

> 土砂降りや嵐の夜の酒場は、穏やかな天気の夜以上に
> 画になるし、ドラマになっていると思うのですが・・・。

どんな時でも居酒屋にやってこられる方は必ず
小さなドラマを抱えてやってきます。
それが、台風や雨や雪の日には、ちょっとあらわになったりします。

雪の日に、静かに座って店にいる。寒がりながら店に飛び込んでくる方がいた。
雪の中、飲みに来るには理由があるのかもしれせん。
その理由を勝手に想像してみる楽しみもあります。

「寒いね、熱燗くれる。さっきさ、郵便局の角でさ、滑ってころんだお年寄りがいてさ、とりあえず大丈夫だってんで、駅まで送ってやったんだよ、そしたらすっかり冷えこんじまってね。これで飲んできちまった理由が出来たってもんだよ、最近、うちのカアちゃんがうるさくてねえ・・・そんでさ・・・」
そんなセリフが浮かびます。

そのうち、作品として居酒屋話をまとめたいと思っております。
今後ともよろしくお願いします。




私もそうです

こんばんは

>実は、雨や雪や台風のような条件の悪い時の居酒屋が好きなのである。

これ、私もそうなのです。
同じです。
それにしても、DAITENさんの書く人間の心の中の
描写・文章は本当に好きです。
酒場の味わいも増す、というものです。

ちなみにこの日、私は立会川の「あの店」へ行ってました。
台風情報のNHKを見ながらの酒場、しかも土曜の夕方、
これは良いですよね。
(天災としての台風という意味合いもありますので、少々
不謹慎ですが)
土砂降りや嵐の夜の酒場は、穏やかな天気の夜以上に
画になるし、ドラマになっていると思うのですが・・・。
FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

横浜 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる