蓮沼 居酒屋「パライソ」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第386回 2010年12月2日(木) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】


※2010年12月2日 620,000カウント通過 感謝!


蓮沼 居酒屋「パライソ」

  
  居酒屋パライソ外観

    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→



 東急池上線の蓮沼駅の脇には踏み切りがある。その踏切を田園調布駅から蒲田駅まで運行されている東急バスが通っている。そのバス通りを蒲田の駅前方面に歩いてゆき、三つ目の「大田都税前」という交差点を左に曲がる。比較的広い道である。その道は二つ目の角から急に狭くなっている。そして、その角にある木造の建物の中に数軒のお店が入っているのだ。
 その建物の角地に、以前地味な名前のお店が入っていた。そのお店が無くなって、数年前、なにやら楽しい名前の居酒屋さんが出来たのである。その楽しい名前とは「居酒屋パライソ」
 古典酒場的外観に似合わぬカタカナの「パライソ」とい名前が気になり、前を通る度に、是非入ってみたい思っていた。しかし、私が通る時は何故かいつもカウンター席が満席であった。それが今日は、曇りガラスを通して、カウンター席が空いているのが解ったのである。思い切って入ってみた。

 メガネのマスターが「いらっしゃいませ」と元気に言ってくれる。おしぼりで手を拭きながら飲物を考える。
 ピルスナー生ビール(440円)というのを頼んでみた。グラスで提供される生ビールである。カウンター席は5席。右手の奥に個室になっている小さな小上がり座敷があるようだ。カウンターの左端には常連らしきカップルの方々が座っていらっしゃった。

 つまみは、かつお土佐造り(360円)を頼んでみた。さらに、合鴨つくね串2本(160円)を追加する。

 2杯目はホッピーセット。メニューにはホッピー1瓶(300円)、中身(150円)と表記されている。いつものように氷り無しでお願いしてしまう。
 「氷無しで、と言われるのはうちでは初めてです」とマスター。

 こちらのお店では焼酎のボトルキープをされているお客さんが多いので、あくまでホッピーは割物という分類のようである。ゆえに、氷を入れるのが当然なのである。それをふまえた上で、「3冷ホッピー」についての説明を一通りさせてもらった。

 「私が3冷で飲みたいだけで、人に押しつけるつもりもなければ、通ぶるつもりもありません」とお話した。
 かつおをいただき、合鴨のつくねを食べる。どちらもリーズナブルな価格設定である。

 「こちらはどのくらい経つんですか?」と聞いてみる。
 「ええ、開店して3年4ヶ月ですね、よく続きましたあ」と笑顔。
 「たしか、パライソって楽園とか・・・そういう意味ですよね」
 「スペイン語で「天国」って意味でして、居酒屋じゃないんですけど、前に働いていた店からもらったんですよ」
 
 カップルの方々が帰られ、入れ替わるように若い男性の方が入ってこられた。キープしてある焼酎を出してもらい、ホッピー瓶を注文された。ホッピー仲間である。

 手造りギョウザ(270円)がこちらの人気商品であることは、蒲田の女王から情報をいただいて知っており、是非食べたいと思っていたのである。しかし、今日は平日、ニンニクのことで躊躇っていたのだ。

 「手造りギョウザ・・・いいですね・・・でも、まだ木曜日なんで・・・」
 「・・・うちのギョウザ、ニンニク使ってませんよ」
 「そうですかあ、それなら話は違った、一人前お願いします・・・明日、仕事なんで躊躇っていたんですよ」
 「大丈夫ですよ、うちのは本場の作りだから・・・」
 
 3杯目はトマトサワー(350円)をお願いした。

 「はい、トマトサワーです。お好みでタバスコをどうぞ、特に夏の暑い時なんかタバスコ入れると美味しいですよ。」とマスター。実際に入れてみると本当に美味しかった。
 「奥に座敷があるんですね。何人くらい座れるんですか?」と聞く。
 「だいたい、6人くらいは座れると思いますけど、最高9人入ったことがあります」とのこと。驚きである。 詳しく聞いてみると、その方々は第303回で紹介したあのお店の帰りに寄られた皆さんであったとのこと。まさに納得である。

 餃子が出てきた。通常の餃子とは違う形の餃子が4つ。たしかにニンニクが入っておらず、とても美味しかった。
 ここで、並びの常連の方のおすすめの一品に目がゆく。一種の裏メニュー的なもの。値段は350円であった。これが量も多く、とても美味しかった。

 何を飲もうか、メニューを見ながら考える。すると、マスターがこう切り出した。
 「そろそろ、日本酒ですか?」
 当たりである。
 「よく、解りますね・・・」
 「いえいえ・・・いろいろと飲まれるんですねえ・・・」と笑顔のマスター。
 「つまみによっていろいろと変えてみるんです」と答える。
 まさか、「一種類を何杯も飲み続けたのでは、ブログの読者の方に、そのお店の飲み物や価格が伝わらないからなんです」などと、裏事情を話すわけにもゆかないのである。

 福徳長というお酒を燗酒(310円)にしてもらった。

 やがて、若い男性2人の方々が入ってこられた。お二人とも別々に来られて、そばで会ったのだそうである。外の雨足が強くなってきたようである。
 最後に、美人まっこり(380円)をいただく。ここで、お店の常連の方々と乾杯などする。
 思えば、5種類のお酒を飲んだことになる。これもまた珍しい。

 御勘定をお願いする。つまみ4品、お酒5種5杯で3070円であった。楽しさについつい飲み過ぎてしまった。 
 マスターや常連の皆さんに声をかけお店を後にする。お酒やツマミの種類も豊富で単価も安い。まさに庶民の味方である。また一軒良い店をみつけてしまった。

 傘を差し、冷たい雨の中に出てゆく。しかし、心は温かい。
 

 居酒屋パライソ看板

蓮沼 居酒屋「パライソ」
住所 東京都大田区西蒲田6-18-18(1F南側)
電話 03-3734-1171
定休日 月曜休
営業時間 午後6時~
交通 東急池上線蓮沼駅下車徒歩3分。

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: こんばんは

happy_thursday様

居酒屋探偵DAITENこと新岳大典です。

> >傘を差し、冷たい雨の中に出てゆく。しかし、心は温かい。
>
> なによりこの文章が心に残りました。
> 上質な小説を読んでいるようです。

おほめの言葉をいただき恐縮です。
パブーhttp://p.booklog.jp/という電子書籍のサイトがあり、
まだ、公開は初めていませんが書きためております。
公開した時にはよろしくお願いいたします。

こんばんは

こんばんは。

ご無沙汰しております。
少しの間、ネット無しの生活をしておりました。
先週からまた観ております。

酒場との巡り会いとしては、なんとも理想的ですね。
ついつい予定外にもう一杯やってしまう・・・。
心地良い、ほろ酔いの気持ち良さが伝わってきました。

>傘を差し、冷たい雨の中に出てゆく。しかし、心は温かい。

なによりこの文章が心に残りました。
上質な小説を読んでいるようです。

Re: 夜に浮かぶパライソ

南武侍様

居酒屋探偵DAITENです。

> そんなに回数は行った事はないのですが、落ち着くお店ですね。初めて行った時、餃子が美味しいのと、トマトサワーが微炭酸なのには驚きました。

餃子もトマトサワーもいただいたので、まったく同感です。両方とも美味しかったです。
やはり、居酒屋は「人」ですね。
お店の作りや照明や空疎なマニュアル接客ではだまされませんねえ。
パライソさんにはそんなところは微塵もありません。
落ち着くお店ですが、あまり落ち着き過ぎると、他のお客さんや
お店の方が困ってしまうので、ほどほどにしたいと思っております。

夜に浮かぶパライソ

そんなに回数は行った事はないのですが、落ち着くお店ですね。初めて行った時、餃子が美味しいのと、トマトサワーが微炭酸なのには驚きました。

Re: とうとう行かれましたね!

kimimatsu様

居酒屋探偵DAITENです。
ご無沙汰してます。

> なんだか不思議な雰囲気を持つお店ですよね。

マスターの柔らかい語り口調が素敵です。もっと遅い時間は常連の皆さんでいつも一杯なようですね。
今回、やっと行くことが出来て、しかもとても良いお店だったので、幸せな気持ちにさせてもらえました。

> ところでリンクが貼ってあるあの店の常連さんが喫茶色えんぴつというお店を環八の新蒲田1丁目信号を六郷方面へ入ったところでやってらっしゃるのですが、居酒屋タイムもはじめたようです。
> 17-20時頃と基本の営業時間は短くおそらく土日休み。
> だけど価格はあの店並にお安いようです。
> 調査されてみては。

貴重な情報ありがとうございます。是非、調査に入らせていただきます。


とうとう行かれましたね!

なんだか不思議な雰囲気を持つお店ですよね。

ところでリンクが貼ってあるあの店の常連さんが喫茶色えんぴつというお店を環八の新蒲田1丁目信号を六郷方面へ入ったところでやってらっしゃるのですが、居酒屋タイムもはじめたようです。
17-20時頃と基本の営業時間は短くおそらく土日休み。
だけど価格はあの店並にお安いようです。
調査されてみては。
FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

横浜 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる