FC2ブログ

新丸子「三ちゃん食堂」第4回

居酒屋探偵DAITENの生活 第396回 2011年1月30日(日) 【地域別】  【時間順】





新丸子 「三ちゃん食堂」 第4回

 
   新丸子三ちゃん食堂
 
   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。

   電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←居酒屋短編小説を発表中(無料)。「新岳大典」で検索。



 私もsakuraも散歩が好きである。今日はかなり寒い。それでも外に出たくなるのである。日も暮れかかっているというのにである。いろいろと用事を済ませて疲れた日曜日。それでも歩くのである。
 中原街道を歩いていると雪がちらついてきた。乾燥注意報が1ヶ月以上も続く今年の東京では珍しいことである。東の方を見ると空はまだ明るい。西の方を見ると夕焼けが美しく、丸子橋に近づいた頃、遠くに赤く富士山が見えた。それなのに空から雪が降ってくる。不思議な感覚である。
 多摩川にかかる丸子橋を渡る。風が強く冷たい。道は丸子橋交差点で左に大きく曲がる。そのまま中原街道が続くように思えるけれど、実際にはこの丸子橋交叉点からは綱島街道が始まるのである。右に分岐しているかのように思える車線の少ない道が中原街道である。 
 丸子橋の交叉点の信号を渡り、綱島街道沿いを少し南下する。それから右に曲がり、東急東横線の新丸子駅の北側のガードをくぐった。線路沿いの道をすすみ、西口駅前に一度出てから右に回り込む道を北上、すぐ左に曲がると新丸子の有名店「三ちゃん食堂」の前に出た。

 風が強く寒い。暖簾をくぐり、ガラス戸を開け急いで中に入る。そして、店内を見回した。
 入口側から奥の調理場側にかけて三列にテーブルが連なっている。店内の奥の方、調理場に近い辺りから席が埋まってゆく。今まで私達もそのようにしていた。調理場前の壁にほとんどの手書きメニューが書いてあり、お店の従業員の女性たちもその辺りに立っているので、品物を選びやすく注文がしやすいのである。
 ところが今日は、その辺りの席が全部埋まってしまっており、仕方なく右手の入口から二つ目のテーブルに座ることになった。やはり、メニューから遠く、手書きメニューが見えない。仕方なく立って近くまで行って席に戻り、二人で相談の上、他の席にきたお店の女性に頼む。

 私は三ちゃん角ハイボール(350円)、sakura中生ビール(400円)である。
 つまみは、春菊のゴマあえ(200円)とカキフライ(480円)である。

 ハイボールを飲みながら店内を見回す。隣では男性のグループが大声で笑い、盛り上がっている。反対隣は御老人と連れの若いカップル。こちらもずっとお話をされている。
 入って左手に大画面の液晶テレビがあるけれど、それを見ている人は少ない。sakuraは壁際に座っているので、テレビの画面を見ることが出来る。テレビに背を向けて座っている私は右手の壁の大きな鏡にうつるテレビの画面を見ている。

 「交代する?」とsakuraに言われた。特に見たい番組でもない。
 「いや、このままでいいよ」と答える。頭の芯の方が疲れて麻痺しているのだ。

 左右が逆になってしまっているテレビ画面を眺めていると、さらに頭がゆるんでゆくようだ。周囲がうるさいので会話もあまり出来ない。

 カキフライがやってくる。数が多い。食べる。カキは疲れをとってくれるので良いと思う。春菊は甘い味付け。

 食べ終わり、飲み終わり、それだけで帰るはずもなく、さらにつぶ貝刺身(450円)と松竹梅淡辛(600円)を頼んだ。

 つぶ貝刺身は量が多かった。貝も疲れをとってくれる食べ物だ。そして、生酒が身体に染みわたると、少し元気が出てきた。また、歩いて帰ることにしよう。
 午後5時45分から6時45分まで1時間の滞在。御勘定は合計2,480円であった。

 今日は軽くいただくことにしていた。しかし、また、中華料理のお店なのに中華料理は何も頼んでいない。それでも違和感はまったく感じない。いつもながら不思議な感覚である。面白い。

 


第3回紹介 居酒屋探偵DAITENの生活 第313回 2010年2月6日(土)
第2回紹介 居酒屋探偵DAITENの生活 第94回 2008年4月20日(日)
第1回紹介 居酒屋探偵DAITENの生活 第59回 2007年12月23日(日)


新丸子「三ちゃん食堂」
住所 神奈川県川崎市中原区新丸子733
電話 044-722-2863
定休 水曜日
営業時間 12:00~20:00
交通 東急東横線新丸子駅西口徒歩2分


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」
新丸子

Comments 3

新岳大典

Re: No title

はちはな様

居酒屋探偵DAITENです。
コメントありがとうございます。

> ご無沙汰しています。(もう忘れてしまったもしれませんが…)

ログはメールで全て残してあります。ちゃんと覚えておりますよ。
デザインについて以前ご指摘を受けたことで、ずっと見やすくなったと言っていただけます。
とても、感謝しております。
 
>  でも全く知らない人が遠くから訪ねてきてくれたり、いろいろ宣伝してくるれるのは本当にありがたいと言っていました。また訪ねてあげてくださいね。

 うれしいお言葉ですね。味わいある酒場には、ずっと残っていただきたいので、少しでもお役に立てることができればと思っております。

>  ちょっと前のブログ記事で、「友人であるお酒との距離を少しあけなければ」と書いてあったので、体調でも悪くしたのかと心配していました。お元気そうなのでホッとしています。今年も居酒屋探偵を楽しみにしていますよ〜。

 メタボの自分をこのままにしておくと、たいへんなことになりそうなので、スポーツジムに通うようにしました。また、お酒の為に身体を壊してしまい亡くなった方がいたり、いろいろな事件が暮れから新年にかけてあったものですから・・・。いろいろ反省をして・・・。酒量を控え、細く長く「酒」と付き合ってゆきたいと思ったのです。また、私が本当に好きなのは「酒」よりも「酒場」のような気もしております。

>
>  新橋「和作」が閉店するそうです。常連だった私としてはとても残念です。

 私は「和作」さんには未訪なのですが、自分のよく行く酒場が閉店するというのは、悲しいですね。

 今後とも「居酒屋探偵DAITENの生活」をよろしくお願いします。

はちはな

No title

ご無沙汰しています。(もう忘れてしまったもしれませんが…)

 今日、地元新丸子の飲み屋に入ったら、三ちゃん食堂経営者ご夫婦が高齢のお母様と三人で飲んでいました。
 「ネットに三ちゃん食堂が載っていましたよ」とお話ししたのですが、「私たちコンピューターは苦手だから」と笑っていました。
 
 でも全く知らない人が遠くから訪ねてきてくれたり、いろいろ宣伝してくるれるのは本当にありがたいと言っていました。また訪ねてあげてくださいね。

 ちょっと前のブログ記事で、「友人であるお酒との距離を少しあけなければ」と書いてあったので、体調でも悪くしたのかと心配していました。お元気そうなのでホッとしています。今年も居酒屋探偵を楽しみにしていますよ〜。

 新橋「和作」が閉店するそうです。常連だった私としてはとても残念です。

  • 2011-02-09 (Wed) 21:56
  • REPLY
新岳大典

Re: へべれけ御免

南武侍様

居酒屋探偵DAITENです。
いつもコメントありがとうございます。

「三ちゃん」は昼夜と使えて良いお店ですね。

> 追追伸、稚拙な文章ながらアメーバにて“へべれけ赤提灯”なる備防録をしています。もし良かったら覗いてやって下さい。

さっそく、我が方のリンク集に載せました。
訪問させていただきます。


  • 2011-02-09 (Wed) 11:38
  • REPLY