東神奈川 立呑み串揚げ「龍馬」

居酒屋探偵DAITENの生活 第399回 2011年2月12日(土) 【地域別】  【時間順】




東神奈川特集第1弾 その1

東神奈川 立呑み串揚げ「龍馬」

 
  東神奈川立ち呑み串揚げ「龍馬」外観

 
   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。


  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 JR京浜東北線に東京方面から乗って行くと「横浜」の1つ手前に「東神奈川」という駅がある。「東神奈川」と聞くと、なにやら広い地域を想像してしまうけれど、実際に「東神奈川」という町名を持つ町は、京浜東北線や京浜急行新町検車区の東南側、京浜急行線の仲木戸と神奈川新町の間の線路沿いの狭い地域のみである。因みに東急東横線の白楽駅と東白楽駅の間あたりからJR東神奈川駅の西口辺りにかけて「西神奈川」という町が存在する。

 東神奈川駅の東口側の変化には驚かされる。西側にある京浜急行線の仲木戸駅とに挟まれたこの再開発地区周辺は「かなっくシティ」と呼ばれている。ペデストリアンデッキ(歩道橋)が二つの駅と駅前の二つのビルの4点を結んでいる。因みに、このペデストリアンデッキ(歩道橋)は「かなっくウォーク」と呼ばれている。また、東口に出て右手にあるザ・ステーションタワーの2階から4階の部分の横浜市神奈川区民文化センターは、通称「かなっくホール」と呼ばれている。

 今日は久しぶりに、親友のRUM元帥と会うことになった。
 それぞれの用事を済ませ、待ち合わせたのは東神奈川駅の改札で午後4時半であった。私の用事は早めに終わってしまい、東神奈川駅についたのは午後3時30分。待ち合わせまで1時間ある。そこで、酒場巡りをする人間の習性として、「0次会」と称して、待ち合わせの相手が来る前に早めに飲んでしまうのである。これを「フライング」と呼ぶ人も多い。 
 東神奈川駅改札を出ると左手に歩いてゆく。すぐ右手のペデストリアンデッキ(歩道橋)を渡れば「かなっくホール」へ行ける。
 まっすぐにペデストリアンデッキ(歩道橋)を渡り、駅前ロータリーの中心にある駐輪場の上を通ってまっすぐ行けば京浜急行の仲木戸駅の改札がある。その改札の手前を左に曲がって、ペデストリアンデッキ(歩道橋)を歩いてゆけば、リーデンスフォート横浜というビルの二階部分につながっている。歩道橋の途中からすでにそのお店は見えている(下写真)。いや、駅前からすでにこちらのお店はよく見えているのである。
 
 ガラス張りの外観。入口の右手のガラスには坂本龍馬の「絵姿」が貼ってある。入口の左手のガラスには「立呑み龍馬」の大きな文字。暖簾をくぐり中に入る。目の前にコの字カウンターがある。右側、手前、左側にそれぞれ5人程度、左の奥の壁際にカウンターが連なって、そちらにも数人が立てる。柄杓型カウンターとでもいうのであろうか。入って右手の方に二人用の立ちテーブルが6個あって、十数人が立てるようになっている。
 そちらの一番手前にカップル、一番奥の方に男性二人の先客が飲んでおられた。土曜日の営業時間は午後1時。土曜の午後から飲める店である。立呑み串揚げ「龍馬」である。
 
 カウンターの中を女性がやってきて、まずはボールに入ったキャベツを置いてゆく。それからもう一度やってきて注文をとる。まずはレモンサワー(290円)と、串揚げは紅ショウガ(90円)、キス(120円)、カキ(150円)の3本を頼んだ。

 レモンサワーを飲みながら店内を見回す。店内の注意書きを読むと、トイレは1階の廊下にあるようで、近くのエレベーターで1階に降りてすぐ隣とのこと。「立ち小便厳禁」とも書いてある。
 串揚げ店によくあるサービスセットは、豚肉、キス、玉葱、うずら、ソーセージの5本で550円。他に魚介類のセットのあった。
 串揚げ以外のメニューを見ると、もつ煮(320円)、冷奴(200円)、のりチーズ(200円)などがある。サワー類は290円と安い、お酒は吉乃川(290円)がある。
 ちょうど熱燗をつける機械の上に逆さに立っている一升瓶の中身が無くなったようで、お店の方が引き抜いた。手がすべり、一瞬、一升瓶が宙を舞う。しかし、その方は「ナイスキャッチ」。目が会う。微笑む。見ていた私もホッとして笑顔。

 2杯目は玉露ハイ(290円)、野菜も食べたかったので青じそ広島菜(200円)も頼む。広島菜はかなり塩辛い。漬物類は人数の多い時の箸休めとして食べるべきであった。
 
 そろそろ、RUM元帥が改札に到着する時間である。お勘定をお願いする。1,140円の支払い。午後3時45分から4時15分まで30分の滞在であった。

 RUM元帥と行く予定の店、「居酒屋探偵DAITENの生活」の記念すべき第400回目の訪問店はすでに決まっている。

 
 (その2へ つづく)


  東神奈川立ち呑み串揚げ「龍馬」外観2 ←歩道橋の上から撮影


東神奈川 立呑み串揚げ「龍馬」
住所 神奈川県横浜市神奈川区東神奈川1-12-5 リーデンスフォート横浜 2F
電話 045-453-3588
定休 無休
営業時間 平日16:00~23:00 土日祝13:00~22:00
交通 JR京浜東北線・横浜線東神奈川駅徒歩2分 京浜急行線仲木戸駅下車徒歩1分


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる