鶴見 立ち飲み「とっちゃん」鶴見店第2回

居酒屋探偵DAITENの生活 第403回 2011年2月26日(土) 【地域別】  【時間順】




鶴見 立ち飲み「とっちゃん」鶴見店 第2回


  鶴見立ち飲みとっちゃん

 
     にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→


 読者の方からの情報は大切である。以前から気になっていたあるお店のことを、読者の方からコメントで改めてすすめていただいた。
 土曜日の夕方、時間が出来たのでJR蒲田駅周辺を少し散策した後、京急蒲田駅まで歩き、そこから京浜急行線に乗った。おすすめのお店が京急鶴見駅の東側の一画にあるからである。
 京急鶴見駅の改札を出て試しに左手の方へ出てみた。ここで一瞬戸惑いを覚える。まったく違う駅にたどり着いてしまったような錯覚を受けたのである。そこに見えるはずのJR鶴見駅ビルが無いのである。
 駅ビルがあった場所は四角く切り取られたようになっていて、前は見えなかった駅西側の西友ストアの看板が見え、夕日に照らされ輝いていたのである。(下写真)
 
  JR京浜東北線鶴見駅 ← JR京浜東北線鶴見駅・駅ビル跡

 京浜急行鶴見駅の東側に出て、目の前の道を入ってゆく。
 そこに広がっているのは、「鶴見三業地」と呼ばれる地区である。三業地とは、料理屋芸者置屋待合茶屋の三業が営業される場所のことである。もちろん、今はそのようなお店は無い。「鶴見三業地」という言葉と「土地の記憶」のようなものがあるだけである。
 左右には様々なお店が点在している。やがて、第1京浜国道が見えてきた。その第一京浜国道に出る少し手前の右に目的のお店があった。
 しかし、残念なことにシャッターが閉まっており、体調不良の為、臨時休業である旨が書かれた紙が貼ってあった。誠に残念である。それから「鶴見三業地」を少し散策する。以前に歩いた時よりもお店の数が減っているような気がする。時間があればくまなく歩いてどこかのお店に入っても良かった。しかし、時間がない。もつ焼きを食べるつもりだったので、やはり馴染みのもつ焼きのお店に向かうことにした。

 ※  ※  ※

 向かったのは、第347回で紹介した立ち飲み「とっちゃん」鶴見店である。京浜急行の京急蒲田駅の近くにある本店にも時々うかがう。
 
 黄色い看板の下、黄色い光に照らされた暖簾をくぐると、思いの外広い空間である。入って左手に長く伸びるカウンターの一番手前辺りに立つ。こちらのお店のカウンターに立つと、背後がとても広く通り易いことに気づく。入口近くと奥の右手にある立ち飲みテーブルの周囲も広くて立ち易い。
 まずは、いつものフローズンホッピー(395円)とマカロニサラダ(200円)を頼む。

 「マカサラください」
 「マカロニサラダの胡椒はどうされます?」
 「たっぷりかけてください」

 いつものやりとりである。トロリとなるまで氷らせたキンミヤ焼酎を入れた氷らせたホッピージョッキに、冷えたホッピーを全量投入したフローズンホッピーがやってくる。
 3冷ホッピーも冷えたホッピージョッキに冷えた焼酎を入れ、ホッピー1瓶を投入した状態でやってくる。これに対して、ホッピーセットというと、ホッピージョッキに焼酎と氷を入れ、ホッピー瓶を付けた状態のものが来る。「中」を追加したい方はこのタイプを頼むのが良い。「ホッピー原理主義者」というのは、私自身が原理主義的に飲みたいのであって、ホッピーの中と外を繰り返す、あの飲み方が良い方は、そのようにすれば良いと思っている。酒の飲み方は自由である。

 焼き物は、かしらたんレバーを頼む。焼き台の前の辺りに立っているので注文がしやすい。各80円。

 店の外から子供達の声が聞こえた。母親らしき女性と一緒である。「立ち飲み」に子供連れで入るのかと思っていると「お持ち帰り」の注文であった。注文をして出来上がる頃に再び来店するらしい。
 ところが少しして、背後からも子供の声が聞こえてきたのである。若いお父さんらしき人が小学校低学年くらいの男の子をつれていたのである。お勘定をして帰るのだ。やはり、土曜日である。
 
 焼き物がやってくる。こちらのもつ焼きは安くて美味しい。
 もつ焼きをすぐに食べてしまい、次にささみの刺身(300円)と三冷ホッピー(395円)を注文する。

 「ささみは、ニンニク、ワサビ、しょうが、ゆずこしょうとありますけど、どれになさいます?」
 「ゆずこしょうをお願いします。」

 ゆずこしょうのピリッとした辛さが良い。前回のお店に続いて、鳥刺しを食べたことになる。

 冒頭に書いた通り、残念ながら本来の目的のお店は入ることが出来なかったけれど、今日も「とっちゃん」のホッピーともつ焼きを楽しむことが出来た。必ず近々に「鶴見三業地」のそのお店を訪問したいと思う。

 午後5時15分から6時まで45分の滞在。御勘定は1,530円であった。

 帰りは、工事中の駅ビルの中を通る通路を使って駅構内に入り、JR京浜東北線に乗って家路についた。



鶴見 立ち飲み「とっちゃん」鶴見店
住 所 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-8-11 日鋼ビル
電 話 045-503-5188
定休日 日曜・祝日
営業時間 16:00~23:30
交通 JR京浜東北線鶴見駅下車東口より徒歩2分・京浜急行京急鶴見駅下車徒歩3分


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる