三鷹 居酒屋「加賀屋 三鷹店」

居酒屋探偵DAITENの生活 第414回 2011年4月16日(土) 【地域別】  【時間順】



三鷹 居酒屋「加賀屋 三鷹店」

 ~イントロ酒場ではない店を探して~


  三鷹加賀屋外観全体 ← 加賀屋三鷹店全体外観


   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。


 第410回第411回第412回の3回に渡って、親友のGAIと二人で飲み歩いたことを書いた。父の墓の修復の下見の帰りのことである。今回は実際の修復にかかる前に墓内の植木を処理する為であった。
 生木を切るということは、心身ともに疲れるものであるとGAIが言う。やはり、命を奪うことになるからだ。霊園を午後4時頃に出た時には、二人とも「エネルギーの注入」が必要であるとの結論に達していた。エネルギーとは「酒」である。

 本来ならば、GAIの地元である吉祥寺に再び行くつもりだったのだけれど、JR中央線の吉祥寺の西隣の駅、三鷹に行ってみようというGAIの提案に従うことにした。三鷹の街に来るのも二十年ぶりであった。隣町に住むGAIでさえも十数年ぶりであるという。

 まずは、南口側に降りてみる。駅の売店で缶ビールを購入。古い記憶を辿り、飲みながらの散策である。
 ところが、予想を遙かに超えて街は変わってしまっていた。駅改札の高さからそのままいくつかのビルへ行くことが出来るペデストリアンデッキが出来ていた。
 放射状の道が数本あって、その道と道の間がうまくつながらない。建ち並ぶマンションとマンションの間に小さな家や雑居ビルが押し込められていて、マンション予定地に違いない広大な土地が駐車場になっている。思いの外、歩き回ってしまった。迷子になったような感覚である。

 店を選んで歩いているうちにGAIがこういった。
 「また、イントロかあ・・・」
 「イントロ?」
 「インチキレトロってことだよ」
 「イントロ酒場かあ、自然にお店が古くなっていい味わいになったのではなく、無理矢理つくったレトロ趣味の店ってことか・・・そうだよなあ、最近多いよな、変な装飾ばかりで、中身の無い店・・・」
 それからはこういう会話が続いた。
 「ここはどうかなあ?」
 「イントロだね」
 「あっ、また、イントロ酒場だあ・・・」

 結局、北口側に行くことにした。
 北口もまた、ずいぶん変わってしまっていた。広いロータリーに降り立つと、目の前に2本のタワーマンションが建っているのが見えた。周辺を少し歩く。古い店が残る路地などもない。

 結局、1時間も歩いて入りたいと思うお店を発見できないのである。
 二人とも疲労感でいっぱいになっていた。

 「俺たちのオアシスはどこにあるんだ!」と叫んでしまった。GAIが笑う。
 「ひとたび酒が入りはじめると、古典酒場チャージが切れはじめるんだ」と私。
 「ウルトラマンのカラータイマーだな・・・」とGAI

 2本のタワーマンションの間を歩いてゆくと、駅前に至る広い通りが見えた。
 
 GAIが何かに気が付いた。
 「おい、あのホッピーの旗みたいなのは・・・」
 「ホッピーの幟だろ・・・」
 「なんで、あんな駐車場の脇の何もないような場所に立ってるんだ?」
 「・・・ということは、その向かい側にきっと店が・・・」
 二人で急いで道を渡り、急ぎ足でゆく。
 すると、その幟の向かい側に見えてきたのは、なんと「加賀屋」の看板であった。
 「居酒屋探偵DAITENの目が変わったな、獲物を見つけたハンターの目だ」とGAIが笑う。
 
 ところが同じ「加賀屋」の看板をつけた店が二店舗並んでいたのである。外からのぞく。左手の店の方が狭く、右手の店の方が新しく広いようである。

 両店とも外から写真撮影をした。  

  三鷹加賀屋外観左側 ← 加賀屋三鷹店/左店舗   三鷹加賀屋外観右側 ← 加賀屋三鷹店/右店舗

 何度か書いている通り、やはり「困った時の加賀屋」である。
 過去に加賀屋の支店を紹介したのは、第16回第89回第194回第270回の4回である。

 右手の広い方のお店に入ってみることにした。
 苦労が報われた気持ちである。入って右手には7席のカウンター席、カウンターの中は調理場である。6人掛けテーブル席が2つと4人掛けテーブルが2つほど。
 まずは、ホッピーセット(420円)の白を氷無しで2つと、特製煮込み(420円)を頼む。「大串もつ焼き2本220円」と書いてある。カシラナンコツは塩で、コブクロはタレでお願いする。

 店内を見回す。ここで、さきほど、外側から2店舗に見えたお店が実は奥の方でつながっていることが解った。迷う必要はなかったのである。
 煮込みは鍋に入って出てくる。加賀屋定番商品の特製煮込みである。ジャガイモが入っているのが面白い。
 焼き物が来る。肉がおおぶりで、カシラナンコツも歯ごたえが良い。コブクロも弾力があり美味い。

 さらに、ポテトサラダ(350円)を頼んだ。アイスクリームサーバーで半球が2つ造ってある。
 美味ヤキニク2本(280円)と元祖ホルモン2本(280円)の2つのメニューが気になり迷う。

 黒ホッピーセット(420円)の氷無しを2つ頼み、ジョッキに入ってきた焼酎を半分GAIに進呈する。
 最近は、酒が弱くなっている。ホッピーセットを頼む時、セットを頼まないうちに、いきなり「外」と言ってしまいそうである。「これがホントのホッピー原理主義という話もある(笑)。

 山ゴボウ漬け(280円)と小肌酢(420円)を頼む。小肌酢についていたレモンをホッピーの中へ少し入れる。

 トイレに立った時、奥でつながっているもう一つのお店の方をのぞいてみる。テーブルが6つほど、それから奥の方に20人くらいは座れる座敷もあった。思いの外広いお店である。

 やっと決めることが出来て、元祖ホルモン2本(280円)を頼んだ。そして、それに合う飲物として、また瓶ビールで締めることにした。サッポロ黒ラベル大瓶(550円)である。

 厚揚げ(350円)も頼んだ。厚揚げが一つまるまるやってきてリーズナブルである。

 さきほどの1本が最後にならず、2本目のサッポロ黒ラベル大瓶(550円)を頼んでしまった。二人で話していると話が尽きることがない。

 午後6時15分から午後8時30分まで、2時間15分というのは私としては長い。お勘定は2人で5,470円であった。

 外に出る。JR三鷹駅から中央線に乗り、吉祥寺で降りた。改札で握手をしてGAIと別れた。

 京王井の頭線に乗り換え帰ることになる。この路線の途中には、子供の頃の苦い思い出の場所がある。また、その記憶がよみがえるのだった。墓参りとは記憶を呼び覚ますものだ。


 
  三鷹加賀屋外看板 ← 加賀屋三鷹店/外看板

三鷹 居酒屋「加賀屋 三鷹店」
住所 東京都武蔵野市中町1-9-8
電話 0422-51-2811
定休 日曜日 祝祭日
営業時間 17:00~23:00
交通 JR三鷹駅下車徒歩5分


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」
 

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

GAI殿

居酒屋探偵DAITENです。

> あの瞬間、君の嬉しそうだったこと。
> 加賀屋だぁ!と指さしてさ。
> 目つきが尋常ではなかったよ。
> やはり、居酒屋探偵なんですね。

ああ、そうなんだよな、
居酒屋好きなんだなあって自分でも思うよ。

> 店に入ってくる客もさ。
> 皆、従順になってさ。
> 「おあしす」なんだね。

独りのお客さんもたくさんいたけど、
そばに誰かがいてくれる、それだけで
心強いものなんだと思う。
落ち着ける良いお店だった。
困った時の加賀屋だね、まったく。

> え?伝統歴史無しのまやかしの映画のセットみたいな
> インチキなレトロ風酒場を略してイントロ!
> そんな罵詈雑言を俺が言ったのぉ?
> 覚えてないなぁ。笑

ははは、言ったよ、言った。
やはり、直感とインスピレーションの人だよ君は。

古典酒場はイントロ酒場とは対局にあるもの・・・。
でも、本当は物理的な古さではないんだ。
そこに人がいて、人が和む場所、
安く、美味しく、楽しめる場所、
毎日通いたくなる場所、それが古典酒場なのだよ。

あれだけ酒場を一緒に探してくれる相棒もいない。
また、どこかの街を探し歩こう、もちろん、呑みながらだけどね。

No title

あの瞬間、君の嬉しそうだったこと。
加賀屋だぁ!と指さしてさ。
目つきが尋常ではなかったよ。
やはり、居酒屋探偵なんですね。

店に入ってくる客もさ。
皆、従順になってさ。
「おあしす」なんだね。

え?伝統歴史無しのまやかしの映画のセットみたいな
インチキなレトロ風酒場を略してイントロ!
そんな罵詈雑言を俺が言ったのぉ?
覚えてないなぁ。笑
FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる