新丸子 やきとり「おしどり」第2回

居酒屋探偵DAITENの生活 第424回 2011年5月13日(金) 【地域別】  【時間順】





 新丸子 やきとり「おしどり」 第2回


  新丸子おしどり外観

   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。


 久しぶりにOZAKI先生と会うことになった。
 今年の1月、五反田の角打・有限会社「かとう」で一緒に飲んで以来である。
 これまで何度も書いているけれど、OZAKI先生は教師ではない。教職の資格を持っている訳でもない。「OZAKI先生」というニックネームを持つ友人である。

 OZAKI先生と待ち合わせたのは東急東横線の新丸子駅の改札口であった。午後8時30分という時間なので、通勤客の数も少なく。改札辺りは比較的静かである。

 高架下にある新丸子駅の改札を出ると、目の前は高架線の西側と東側をつなぐ通路になっており、東急ストアの入口が見え、そこには自転車を押す人を含め、改札を出入りする以外の人の流れがある。
 改札を出て左手に行くと、まっすぐに綱島街道まで商店街が伸びている。2つ目の十字路を左に曲がる。
 すると、高い位置に取り付けられた白く大きなアクリル看板の「やきとりおしどり」という文字が見えてくる。入口の上のアクリル看板にも「やきとりおしどり」とあり、「やきとり」の文字だけが赤い。引き戸は開け放ってあり、中がよく見える。
 手前から左手奥にかけてL字カウンターがあり、正面側に4人、左手から奥に4人ほどが座ることが出来る。
 左手奥の方に男性と女性、手前角辺りに男性二人、右の方に男性一人と、五人の方がゆったり座っておられる。 暖簾をくぐり中に入る。左右のお客さんに少しずれていただき、OZAKI先生と二人、並んで座った。

 まずは、ビール大瓶(700円)1本とピアタンブラーを2ついただく。前回と同じように、1杯目はマスターがついでくれる。こちらのお店を記事にするのは、今回が2回目である。一緒に出されたお通し豆(100円)を食べる。

 「豆好きなんだよなあ」と私。
 「西日暮里の菊一を思い出しますよね」とOZAKI先生

 西日暮里のもつ焼き「菊一」さんのことは第95回で紹介した。
 あれから3年の時が経っていることに驚く。

 「何か焼きますか?」とマスター。OZAKI先生と一緒に飲む時、焼き物の本数で必ずやりとりがある。理由は、OZAKI先生が小食な人であるからだ。相談の上、なんこつ(100円)、れば(100円)、ねぎま(100円)を各2本ずつお願いする。

 電話やメールでやりとりすることはあっても、実際に会って話をするのは数ヶ月ぶりであった。その間に起きたことを話す。地震、原発事故、節電、話はどうしてもそういう話になる。

 二人客の方は別だけれど、他の一人客の皆さんはマスターといろいろと話されている。常連中心でお客さんが集まるお店もいろいろとあるけれど、やはり、客筋の雰囲気はどこもマスターのキャラクターに左右される。
 こちらのマスターは、きちんと目配りをしてくれると思うので、安心して飲める雰囲気がある。だからだろうか、毎回、女性一人のお客さんがいらっしゃる。
 
 2杯目はウーロンハイ(350円)を2つもらって飲む。
 
 午後8時40分から9時20分まで40分ほどの滞在。お勘定は二人で2,200円であった。
 
 「少し歩こうか」と言いながら外に出た。
 OZAKI先生と飲む時は歩くことが多くなる。二人ともほろ酔いで歩くのが好きだからである。
 
 新丸子駅の改札前に戻り、東横線の西側に行く。
 駅周辺を歩いているうちに、「○○パブ ○○○」という看板の店の前で、男性に呼び止められた。ある程度年齢を重ねた女性のことを呼ぶ一般的な呼び方が「パブ」の前についている。そんなカテゴリーの店があるのだと、二人で驚いていると、男性は次のように言った。

 「あの~お話だけでもいかがですか?」

 やんわりと断って店の前から離れてから二人で話す。

 「お話だけですって・・・」とOZAKI先生がうけてしまい、笑っている。
 「お話だけってどういう意味だ?」と、私も笑いが止まらない。

 世の中いろいろである。


 (つづく)

strong>新丸子 やきとり「おしどり」
住所 神奈川県川崎市中原区新丸子東1-785
電話 ?
定休日 ?
営業時間 17:00~23:00
交通 東急東横線/東急目黒線新丸子駅下車徒歩3分。


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」
 

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

バッカス様

居酒屋探偵DAITENです。

> >OZAKI先生と一緒に飲む時、焼き物の本数で必ずやりとりがある。理由は、OZAKI先生が小食な人であるからだ。
>
> こういうところに気を使ってくれる飲み仲間(=DAITENさん)ありがたいですね~

 私は相手に合わせてしまう性格なものですから・・・飲む相手によって雰囲気が変わりますね。

> 自分の周りは酒のつまみとしてではなく、バックバク勢い良く食べる仲間が多くて。(昨晩もそうでしたが)

 実は、昔私も「一番飲んで、一番食べて、一番しゃべりまくって、割り勘はずるいですよ」と言われる酒呑みでした。

> しかし、ピンク系店舗のネタは珍しいですね(笑
> しっかりとウケさせていただきました(^△^

 恐縮です。いい年をして二人とも本当にビックリしたものですから・・・ついつい書いてしまいました。
 なんだか、お話だけでもしてみたかったような・・・お子さんの学校の話とか(笑)

 

No title

>OZAKI先生と一緒に飲む時、焼き物の本数で必ずやりとりがある。理由は、OZAKI先生が小食な人であるからだ。

こういうところに気を使ってくれる飲み仲間(=DAITENさん)ありがたいですね~
自分の周りは酒のつまみとしてではなく、バックバク勢い良く食べる仲間が多くて。(昨晩もそうでしたが)

しかし、ピンク系店舗のネタは珍しいですね(笑
しっかりとウケさせていただきました(^△^
池袋には、ぽ○ゃパブなんていう、ふくよかな女性目当ての店があったりします(笑
FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる