東神奈川 角打「三国屋」

居酒屋探偵DAITENの生活 第427回 2011年5月26日(木) 【地域別】  【時間順】




 ※2011年5月24日 740,000カウント通過。感謝!


東神奈川 角打「三国屋」



   東神奈川三国屋


   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。


 「実は、この近くに、ちょっとサプライズな店が一軒あるんだよ」

 そう、RAM元帥に言ったのは第400回東神奈川・大衆酒場「根岸家」で飲んでいる時であった。それから4ヶ月近くの時がたって、やっと来店することが出来た。

 RAM元帥と二人で住宅街を歩いて行く。他に商店も無い一画に酒屋さんがあった。開け放たれたガラス扉の左手に自動販売機が2台ある。入口の上のブリキの外壁に「三国屋」と書いてあった。外から見れば、まさに子供の頃から見てきた普通の酒屋さんである。
 
 中に入る。右手には手前に二人、奥に向かって六人ほどが座れるL字カウンターがある。左手には周りを囲むように立つことが出来る立ちのみカウンターもある。折りたたみの椅子がいくつか置いてあって座ることも出来るようになっている。L字カウンターの手前部分に男女お二人、奥の方に男女お二人の先客、立ちのみカウンターにも男性が二人ほどおられた。L字カウンターの角の辺りに二人で座らせてもらった。
 カウンターの中がちゃんとした調理場になっている。メニューを見れば、とても角打とは思えないしっかりとした料理が並んでいる。外から見れば「酒屋さん」、実際に中に入れば、ちゃんとした「居酒屋さん」なのである。カウンターの中には、女将さんとその息子さんくらいの男性が一人働いておられる。

 まずは、瓶ビール大瓶(370円)を1本いただく。
 つまみは、戻りトロかつお(400円)、冷しトマト(200円)、そして、RAM元帥がいつも必ず頼むお新香(250円)である。

 店内を見回す。奥の壁の棚に焼酎や日本酒の一升瓶が並んでいる。壁には古い酒のポスターがディスプレイされている。富貴黄桜忠勇富久娘などの古いポスターが額に入って飾ってある。富貴高橋英樹さんであろうか?、富久娘佐久間良子さんである。黄桜の着物の女性はよくわからない。忠勇にいたっては、洋装の男女と着物の女性がパーティでワインを飲むような仕草で立ったまま杯を持っている絵であり、モデルはよく解らない。
 左手の立ちのみカウンターの背後にも酒が並び、入って左手にある棚に缶詰類が並んでいた。
 その棚からつまみ類を自分で席に持ってゆき、自己申告をするシステムになっているようだ。棚から選んだ缶詰は鮭缶大(390円)である。女将さんに申告する。自家製らっきょ(70円)も一緒にいただく。
 
 ビールの後の2杯目は、RAM元帥焼酎お湯割り(230円)、私はレモンサワー(270円)。良い風が吹いてくる。
 
 「久しぶりの幸せ感を味わってるなあ」と言う私。RAM元帥が笑っている。
 
 RAM元帥の3杯目は、やはり焼酎お湯割りである。
 
 ここで、メニューの中の昔ながらの6Pチーズ(70円)をもらい、お好み焼き(500円)を頼んでみた。このお好み焼きがとても大きくて満足感のあるものであった。

 「お休みはいつですか?」と女将さんに聞いてみる。すると、なんとお休みは無いそうであった。

 RAM元帥は、さらにお湯割り(230円)、私はお茶サワー(270円)を頼む。

 しばらくすると、男性の方が一人で入ってこられた。そして、お酒だけを買って帰られた。やはり、ここは酒屋さんなんだということを再確認する。

 午後7時から8時30分まで1時間半の滞在。お支払いは二人で3,880円であった。

 お支払いを済ませた時、女将さんと少しお話ができた。酒屋さんとしては70年経つそうである。そして、今のようなスタイルのお店にしたのは6年前とのこと。

 次回は、入って左手の「立ち飲みカウンター」の方に立って飲みたいと思う。

 女将さんが外まで送り出してくれ、RAM元帥と外に出た。東神奈川駅に向かう途中に気になる店が数軒あった。しかし、今日のところは我慢である。



東神奈川 角打「三国屋」
住 所 神奈川県横浜市神奈川区広台太田町5-2
電 話 045-323-3802
定休日 無休
営業時間 17:00~22:00
交通 JR京浜東北線・横浜線東神奈川駅下車徒歩6分。



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」
 

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: いつも

ふんわり親方様

居酒屋探偵DAITENです。

> いつかお邪魔してみたいと思っていたお店なんですよ^-^

コメントありがとうございます。
そうですかあ、味わいのある酒場を探して何年・・・この味わいは素晴らしいです。
こちらのお店は、あまりにも素晴らしく進化した角打ですが、私の中では角打が居酒屋の究極の姿ですねえ。
さらに、究極は「歩き飲み」だったり、「公園呑み」なのですが。
ようするに、本当は燃える焚き火を真ん中において、踊り歌い呑む、そんな古代の祝祭的な
・呑みが究極だと思っていたりするのですが・・・

いつも

こんばんわ^-^

こちらのお店
いつも朝ですが
ここから近くの現場へ行く際に
いつもお店の前を車で通っていて
いつかお邪魔してみたいと思っていたお店なんですよ^-^

いつか呑みに^-^
FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる