鹿島田 立ち飲み「夢中」

居酒屋探偵DAITENの生活 第433回 2011年6月9日(木) 【地域別】  【時間順】





鹿島田 立ち飲み「夢中」 第2回


  鹿島田立ち飲み夢中


   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。


 雨が降り始めていた。どんな小ぶりでも今は必ず傘をさして歩く。

 前回のお店の「大サービスハイボール」が効いてしまい、かなり酔っているというのに、私の足は最寄りの鹿島田駅の改札へは向かわず、駅を通り過ぎ、JR南武線の踏切を渡って、西側へと私を連れていってしまうのである。
 南武線沿線を中心に歩いていらっしゃる南武侍さんブログに、鹿島田の立ちのみ店がリニューアルをしたことが掲載されてから、ずっと再訪したいと思っていたのだ。前回、私が紹介したのは2009年3月10日第189回であるから2年以上前である。
 
 南武侍さんも注目されていた通り、当時、看板にはこう書いてあった。
 「安くて、飲んだり、食べたり、思ったり、立ち飲み夢中」(下写真)
 この「思ったり」がとても面白かったのである。

  立ち飲み「夢中」旧看板

 私の見落としだったかもしれないけれど、その看板はすでに無くなっており、「立ち飲み夢中」と書かれたシンプルな普通の看板に変わっていた。(下写真)

  鹿島田立ち飲み夢中新看板

 ホッピーセット(400円)をお願いした。価格は同じである。因みに中200円。外250円も代わらない。「これは小銭入れです」と書いてある入れ物にお金を入れておくシステムである。
 前回のお店でホッピーが売り切れていたので、やはり飲まずにはいられないのである。

 ホッピーを飲みながら店内を見回した。従来の店から2倍半はある広さである。そして、驚くほど明るいのだ。
 従来の店は屋根のあるマーケットのような建物の通路に少し入った場所にあった。表通り側にあったお店が撤退をされた後、従来の店との間の壁を取り去り、トイレを作り、リニューアルしたのである。
 前の店の壁には「大変ごめんどうお掛けしますがトイレは共同トイレとなっていますのでご協力お願いいたします。」と書いてあった。
 今まで遠い共同トイレまで行かなければならなかったのが、店内にきれいな専用トイレを作ったことは大きい。
 これなら女性客も入りやすいに違いない。

 10人ほどが立つことが出来る従来のカウンターが店の奥に横一列にある。その手前に広い空間があり、そこに立ち飲み用テーブルが8人用が2つ、4人用が2つ、3人用が1つある。間に広い空間があるのでかなり大人数にも対応できる。この辺りは近くに大きな企業があるので、このようになっている方が良い。
 カウンターに男性2人客。立ち飲みテーブルには3人ほどのグループの方が立っておられた。

 つまみは厚揚げ納豆(250円)をいただいた。これがうまい。

 並びに立っておられた二人組の常連の皆さんが昔のお店の話をなさっていた。私もその頃のお店のことを思い浮かべる。それからマスターと少しお話が出来た。撤退された隣のお店というのはお米屋さんだったそうである。

 やがて、女性をまじえたグループの方々が入ってこられた。やはり、女性も入り易いお店になったということに違いない。

 立ち飲みテーブルの方々が帰る様子であった。自分たちで飲んでいたテーブルの上を片付けて、皿やグラスをマスターのいるカウンターに持ってきてくれる。皆さん、マスターが1人であることをよく知っているのである。

 2杯目を考える。サワー類が無いのが面白い。ウコン茶割り(300円)を頼む。飲み過ぎた時でも、メニューにこれがあると「明日のことを考えて」などと言って、この1杯を選んでしまうのである。本当はその1杯を飲まない方が明日の為には良いのである。
 2品目のつまみは、ポテトサラダ(250円)にした。

 午後9時45分から10時30分まで45分ほどの滞在。支払った金額は2杯2品で1,200円であった。

 今日の自分は何かのたがが外れてしまったように感じる。食べ過ぎている、そして、飲み過ぎている。

 鹿島田駅から混み合うJR南武線に乗車して移動。ある駅で降りてからタクシーで帰宅したのは、とても懸命な選択であったように思う。タクシーの中で、すでに「夢の中」になりつつあったのである。

 (了)



 追記 南武侍さんからコメントをいただき、教えていただきました。実は、看板の裏側が下記の看板だったようです。やはり、ずいぶん酔っていたのですね。反省です。笑ってやってくださいませ。

 立ち飲み「夢中」旧看板




鹿島田 立ち飲み「夢中」
住 所 神奈川県川崎市幸区鹿島田1133
電 話 044-556-5548
定休日 日曜・祝日
営業時間 17:00-24:00
交通 JR南武線鹿島田駅下車徒歩2分。




ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 破壊無くして再生無しか……。

南武侍様

居酒屋探偵DAITENです。

> “夢中”の帰りに道を挟んだ向かいの通りの酒場がいつもは開いているはずなのにシャッターに貼紙がしてあり、見てみたら、どの店も、再開発の立ち退き閉店でした……。界隈では名の知れた“鳥國”さえも…わかります、わかるのだけれど“こうして”昭和は平成に淘汰されて行くのですね……。
>
> その中でも頑強に抵抗している酒場もありますがいづれは………。

そうですね。出来れば味わいのある酒場には残ってもらいたいですね。
南武線沿線はまだまだ残っている方なのでしょうが、寂しいですね。
でも、元々のお店の良さを残しながら、是非近くで復活してほしいものです。
何か勘違いして、どっち付かずのお店になってしまわないで欲しいです。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 今日もここから

南武侍様

居酒屋探偵DAITENです。

> 看板の裏を見たらちゃんと あの言葉 が書いて有りましたよ。安心しました。

素晴らしい!。やはり、私の見落としだったのですね。裏側ですかあ・・・あははは。
やっぱり、酔っていたんですね。ありがとうございます。
早速追記しておきます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる